www-commits
[Top][All Lists]
Advanced

[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

www/licenses/old-licenses gpl-2.0-faq.ja.html p...


From: GNUN
Subject: www/licenses/old-licenses gpl-2.0-faq.ja.html p...
Date: Fri, 01 Feb 2013 07:03:16 +0000

CVSROOT:        /web/www
Module name:    www
Changes by:     GNUN <gnun>     13/02/01 07:03:15

Modified files:
        licenses/old-licenses: gpl-2.0-faq.ja.html 
        licenses/old-licenses/po: gpl-2.0-faq.ja.po 
Added files:
        licenses/old-licenses/po: gpl-2.0-faq.ja-en.html 

Log message:
        Automatic update by GNUnited Nations.

CVSWeb URLs:
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/licenses/old-licenses/gpl-2.0-faq.ja.html?cvsroot=www&r1=1.2&r2=1.3
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/licenses/old-licenses/po/gpl-2.0-faq.ja.po?cvsroot=www&r1=1.1&r2=1.2
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/licenses/old-licenses/po/gpl-2.0-faq.ja-en.html?cvsroot=www&rev=1.1

Patches:
Index: gpl-2.0-faq.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/licenses/old-licenses/gpl-2.0-faq.ja.html,v
retrieving revision 1.2
retrieving revision 1.3
diff -u -b -r1.2 -r1.3
--- gpl-2.0-faq.ja.html 25 Jan 2013 13:30:30 -0000      1.2
+++ gpl-2.0-faq.ja.html 1 Feb 2013 07:03:03 -0000       1.3
@@ -1,2015 +1,1628 @@
-<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
-<HTML xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"; xml:lang="ja" lang="ja">
-<HEAD>
-<TITLE>GNU GPL¤Ë´Ø¤·¤ÆÎɤ¯Ê¹¤«¤ì¤ë¼ÁÌä - GNU ¥×¥í¥¸¥§¥¯¥È - 
¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢ºâÃÄ (FSF)</TITLE>
-<META http-equiv="content-type" content="text/html; charset=euc-jp">
-<LINK REV="made" HREF="mailto:address@hidden";>
-<LINK REV="translated" HREF="mailto:address@hidden";>
-</HEAD>
-<BODY BGCOLOR="#FFFFFF" TEXT="#000000" LINK="#1F00FF" ALINK="#FF0000" 
VLINK="#99
-00DD">
-<H3>GNU GPL¤Ë´Ø¤·¤ÆÎɤ¯Ê¹¤«¤ì¤ë¼ÁÌä</H3>
-
-<A HREF="/graphics/agnuhead.ja.html"><IMG SRC="/graphics/gnu-head-sm.jpg"
-   ALT=" [¥°¥Ë¥å¡¼¤ÎƬ¤Î²èÁü] "
-   WIDTH="129" HEIGHT="122"></A>
-
-[
-<!-- Please keep this list alphabetical -->
-<!-- PLEASE UPDATE THE LIST AT THE BOTTOM (OR TOP) OF THE PAGE TOO! -->
-  <A HREF="/licenses/gpl-faq.cs.html">¥Á¥§¥³¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.html">±Ñ¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.fr.html">¥Õ¥é¥ó¥¹¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.it.html">¥¤¥¿¥ê¥¢¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.ja.html">ÆüËܸì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.ko.html">´Ú¹ñ¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.pl.html">¥Ý¡¼¥é¥ó¥É¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.pt.html">¥Ý¥ë¥È¥¬¥ë¸ì</A>
-<!-- | A HREF="/boilerplate.LG.html" LANGUAGE /A  -->
-<!-- Please keep this list alphabetical -->
-<!-- PLEASE UPDATE THE LIST AT THE BOTTOM (OR TOP) OF THE PAGE TOO! -->
-]
-
-<hr>
-
-¤³¤Î¥Ú¡¼¥¸¤Ë¤Ï¡¢GNU°ìÈ̸ø½°ÍøÍѵöÂú·ÀÌó½ñ(GPL)¤Ë´Ø¤·¤Æ¤è¤¯Ê¹¤«¤ì¤ë¼ÁÌä
-¤Ø¤ÎÅú¤¨¤¬¤Þ¤È¤á¤Æ¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢ºâÃĤξ¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ë¤Ä
-¤¤¤Æ¤è¤ê¾Ü¤·¤¯ÃΤë¤Ë¤Ï¡¢<a href="/licenses/licenses.ja.html">¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î
-¥Ú¡¼¥¸</a>¤ò¤´Í÷²¼¤µ¤¤¡£
 
-<p>
   
-¤³¤ÎFAQ¤òÆɤó¤À¤¢¤È¡¢<a
-href="http://www.gnu.org/cgi-bin/license-quiz.cgi";>¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢
-¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥·¥ó¥°¤Ë´Ø¤¹¤ë¤´¼«Ê¬¤ÎÃ챤ò¥¯¥¤¥º¤Ç¤¿¤·¤«¤á¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹
-</a>¡£
+<!--#include virtual="/server/header.ja.html" -->
+
+<!-- This file is automatically generated by GNUnited Nations! -->
+ <!--#set var="ENGLISH_PAGE" 
value="/licenses/old-licenses/gpl-2.0-faq.en.html" -->
+
+<title>GNU GPL v2.0に関してよく聞かれる質問 - 
GNUプロジェクト - 
フリーソフトウェアファウンデーション(FSF)</title>
+
+<!--#include virtual="/server/banner.ja.html" -->
+<!--#include virtual="/licenses/old-licenses/po/gpl-2.0-faq.translist" -->
+<h2>GNU GPL v2.0に関してよく聞かれる質問</h2>
+
+<p>
+このページには、GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹(GPL)、v2.0に関してよく聞かれる質問への答えがまとめてあります。現行バージョンのGPLのFAQは、<a
+href="/licenses/gpl-faq.html">こちら</a>です。フリーソフトウェアファウンデーションのそのほかのライセンスについてより詳しく知るには、<a
+href="/licenses/licenses.html">ライセンスのページ</a>をご覧くだ
さい。</p>
 
+<p>
+このFAQを読んだあと、<a
+href="http://www.gnu.org/cgi-bin/license-quiz.cgi";>自由ソフトウェアのライセンシングに関するご自分の知識をクイズでたしかめることができます
+</a>。
+</p>
 
-<P>
 <!-- Replace this list with the page's contents. -->
-<H4>¤â¤¯¤¸</H4>
-<UL>
-  <h4>GPL¡¢GNU¥×¥í¥¸¥§¥¯¥È¡¢¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢ºâÃĤ˴ؤ¹¤ë´ðËÜŪ¤ÊÃμ±</h4>
+<h4>もくじ</h4>
+
+  
<h4>GPL、GNUプロジェクト、フリーソフトウェアファウンデーションに関する基本的な質問</h4>
 
   <ul>
-    <LI><A HREF="#WhatDoesGPLStandFor" NAME="TOCWhatDoesGPLStandFor">
-    ¡ÖGPL¡×¤È¤Ï²¿¤Îά¤Ç¤¹¤«?</A>
+    <li><a href="#WhatDoesGPLStandFor"
+name="TOCWhatDoesGPLStandFor">&ldquo;GPL&rdquo;とは何の略ですか?</a></li>
+
+    <li><a href="#DoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL"
+name="TOCDoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL">自由ソフトウェアである」とは、GPLを使っているという意味ですか?</a></li>
+
+    <li><a href="#WhyUseGPL" 
name="TOCWhyUseGPL">他の自由ソフトウェア・ライセンスではなく、GNU
+GPLを使ったほうが良いのはなぜですか?</a></li>
 
-    <LI><A HREF="#DoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL"
-    NAME="TOCDoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL">¡Ö¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ç¤¢
-    ¤ë¡×¤È¤Ï¡¢GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¤¤¤¦°ÕÌ£¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <li><A HREF="#WhyUseGPL" NAME="TOCWhyUseGPL">¾¤Î¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§
-    ¥¢¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ç¤Ï¤Ê¤¯¡¢GNU GPL¤òŬÍѤ·¤¿¤Û¤¦¤¬Îɤ¤¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹¤«?
-    </A>
-
-    <LI><A HREF="#DoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense"
-    NAME="TOCDoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense">¤¹¤Ù¤Æ¤ÎGNU¥½
-    ¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ë¤Ï¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤È¤·¤ÆGNU GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#DoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware"
-    NAME="TOCDoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware">GPL¤òŬÍѤ¹
-    ¤ë¤È¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ÏGNU¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ë¤Ê¤ë¤Î¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLOtherThanSoftware"
-    NAME="TOCGPLOtherThanSoftware">GPL¤ò¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢°Ê³°¤Î¤â¤Î¤Ë¤âŬÍÑ
-    ¤¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WhyNotGPLForManuals" NAME="TOCWhyNotGPLForManuals">
-    ¤É¤¦¤·¤Æ¥Þ¥Ë¥å¥¢¥ë¤Ë¤ÏGPL¤òŬÍѤ·¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLTranslations" NAME="TOCGPLTranslations">GPL¤ò¾¤Î
-    ¸À¸ì¤ËËÝÌõ¤·¤¿¤â¤Î¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WhySomeGPLAndNotLGPL"
-    NAME="TOCWhySomeGPLAndNotLGPL">¤¤¤¯¤Ä¤«¤ÎGNU¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤¬¡¢ÎôÅùGPL
-    ¤Ç¤Ï¤Ê¤¯¤Õ¤Ä¤¦¤ÎGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WhoHasThePower" NAME="TOCWhoHasThePower">GPL¤ò¶¯À©¤¹
-    ¤ë¸¢ÎϤ¬¤¢¤ë¤Î¤Ïï¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#AssignCopyright" NAME="TOCAssignCopyright">¤É¤¦¤·¤Æ
-    FSF¤Ï¡¢FSF¤¬Ãøºî¸¢¤òÊÝÍ­¤¹¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Ø¤Î¹×¸¥¼Ô¤¬¼«¤é¤ÎÃøºî¸¢¤ò
-    FSF¤Ë¾ùÅϤ¹¤ë¤³¤È¤òÍ׵᤹¤ë¤Î¤Ç¤¹¤«? ¤â¤·»ä¤¬GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¥×¥í¥°
-    ¥é¥à¤ÎÃøºî¸¢¤òÊÝÍ­¤·¤Æ¤¤¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢»ä¤âÃøºî¸¢¾ùÅϤòÍ׵᤹¤Ù¤­¤Ç¤·¤ç
-    ¤¦¤«? ¤â¤·¤½¤¦¤Ê¤é¡¢¤É¤¦¤ä¤Ã¤Æ?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLOtherThanSoftware"
-    NAME="TOCGPLOtherThanSoftware">GPL¤ò¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢°Ê³°¤Î¤â¤Î¤Ë¤âŬÍÑ
-    ¤¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</A>
+    <li><a href="#DoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense"
+name="TOCDoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense">すべてのGNUソフトウェアにはライセンスとしてGNU
+GPLが使われているのですか?</a></li>
+
+    <li><a href="#DoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware"
+name="TOCDoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware">GPLを使うとそのプログラãƒ
 ã¯GNUソフトウェアになるのですか?</a></li>
+
+    <li><a href="#GPLOtherThanSoftware"
+name="TOCGPLOtherThanSoftware">GPLをソフトウェア以外のものに使うことはできますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#WhyNotGPLForManuals"
+name="TOCWhyNotGPLForManuals">どうしてマニュアルにはGPLを使わないのですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLTranslations"
+name="TOCGPLTranslations">GPLを他の言語に翻訳したものはありますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#WhySomeGPLAndNotLGPL"
+name="TOCWhySomeGPLAndNotLGPL">いくつかのGNUライブラリが、劣等GPLではなくふつうのGPLのもとでリリースされているのはなぜですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#WhoHasThePower" 
name="TOCWhoHasThePower">GPLを強制する権力があるのは誰ですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#AssignCopyright"
+name="TOCAssignCopyright">どうしてFSFは、FSFが著作権を有するプログラãƒ
 ã¸ã®è²¢çŒ®è€…
が自らの著作権をFSFに移譲することを要求するのですか?
+もし、わたしがGPLが使われたプログラム
の著作権を有しているならば、わたしも著作権移譲を要求すべきでしょうか?
 もしそうなら、どうやって?</a></li>
+  
+    <li><a href="#ModifyGPL"
+name="TOCModifyGPL">わたしがGPLを修正して修正版のライセンスを作ることはできますか?</a></li>
 
   </ul>
 
-  <h4>GPL¤ÎÁ´ÈÌŪ¤ÊÍý²ò</h4>
+  <h4>GPLの全般的な理解</h4>
 
   <ul>
-    <LI><A
-    HREF="#WhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions"
-    NAME="TOCWhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions">GPL
-    ¤¬¥æ¡¼¥¶¤Î²þÊѤ·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Î¸øɽ¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹¤«?
-    </A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLRequireSourcePostedPublic"
-    NAME="TOCGPLRequireSourcePostedPublic"> GPL¤Ï¡¢²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç
-    ¥ó¤Î¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ò¸ø¤Ëȯɽ¤¹¤ë¤³¤È¤òÍ׵ᤷ¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WhatDoesWrittenOfferValid"
-    NAME="TOCWhatDoesWrittenOfferValid">¤³¤Î¡Ö¤¤¤«¤Ê¤ëÂè»°¼Ô¤ËÂФ·¤Æ¤â
-    ˡŪ¤ËÍ­¸ú¤Ê½ñÌ̤ˤè¤ë¥ª¥Õ¥¡¡¼(written offer valid for any third
-    party)¡×¤È¤Ï²¿¤Î¤³¤È¤Ç¤¹¤«? ¤³¤ì¤Ï¡¢À¤³¦Ãæ¤Îï¤â¤¬¡¢GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì
-    ¤Æ¤¤¤ì¤Ð¤É¤ó¤Ê¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¥½¡¼¥¹¤Ç¤â¼ê¤ËÆþ¤ì¤é¤ì¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ê¤Î¤Ç
-    ¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#TheGPLSaysModifiedVersions"
-    NAME="TOCTheGPLSaysModifiedVersions">GPL¤Ë¤è¤ë¤È¡¢²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç
-    ¥ó¤Ï¡¢¸ø³«¤µ¤ì¤¿¾ì¹ç¡Ö¤¹¤Ù¤Æ¤ÎÂè»°¼Ô¤Ë...¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤µ¤ì¡×¤Ê¤±¤ì¤Ð
-    ¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¤³¤Î¾ì¹çÂè»°¼Ô¤È¤Ïï¤Î¤³¤È¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#DoesTheGPLAllowMoney"
-    NAME="TOCDoesTheGPLAllowMoney">GPL¤Ï¶âÁ¬ÌÜŪ¤Ç¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤òÈÎ
-    Ç䤹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#DoesTheGPLAllowDownloadFee"
-    NAME="TOCDoesTheGPLAllowDownloadFee">GPL¤Ï¡¢»ä¤Î¥µ¥¤¥È¤«¤é¥×¥í¥°
-    ¥é¥à¤ò¥À¥¦¥ó¥í¡¼¥É¤¹¤ë¿Í¤ËÎÁ¶â¤ò²Ý¤¹¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#DoesTheGPLAllowRequireFee"
-    NAME="TOCDoesTheGPLAllowRequireFee"> GPL¤Ï¡¢¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò¼õ¤±¼è¤Ã
-    ¤¿¿Í´Ö¤¬»ä¤ËÎÁ¶â¤ò»Ùʧ¤¦¤³¤È¡¢¤¢¤ë¤¤¤Ï¼õ¤±¼è¤Ã¤¿»ÝÄÌÃΤ¹¤ë¤³¤È¤òµÁ
-    ̳¤Å¤±¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#DoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic"
-    NAME="TOCDoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic">GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¥½
-    ¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò¼ê¿ôÎÁ¤ò¼è¤Ã¤ÆÈÒÉÛ¤¹¤ë¾ì¹ç¡¢»ä¤Ï¸ø½°¤¬¼ê¿ôÎÁ̵¤·¤Ç¤â¥½
-    ¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò¼ê¤ËÆþ¤ì¤é¤ì¤ë¤è¤¦¤Ë¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#DoesTheGPLAllowNDA" NAME="TOCDoesTheGPLAllowNDA">GPL
-    ¤Ï¡¢²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¡¢¤¢¤ë¤¤¤Ï¥Ù¡¼¥¿ÈǤòµ¡Ì©ÊÝ»ý·ÀÌó(NDA)¤Î²¼
-    ¤ÇÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#DevelopChangesUnderNDA"
-    NAME="TOCDevelopChangesUnderNDA"> GPL¤Ï¡¢»ä¤¬µ¡Ì©ÊÝ»ý·ÀÌó(NDA)¤Î²¼
-    ¤Ç²þÊѤ·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò³«È¯¤¹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WhyMustIInclude" NAME="TOCWhyMustIInclude">GPL¤¬¡¢¥×
-    ¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤¹¤Ù¤Æ¤ËGPL¤ÎÊ£À½¤ò´Þ¤á¤ë¤³¤È¤òÍ׵᤹¤ë¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹
-    ¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WhatIfWorkIsShort" NAME="TOCWhatIfWorkIsShort">Ãøºî
-    ʪ¤¬¥é¥¤¥»¥ó¥¹¼«¿È¤è¤ê¤â¤½¤ó¤Ê¤ËŤ¯¤Ê¤¤¾ì¹ç¤Ï¤É¤¦¤·¤¿¤é¤è¤¤¤Ç¤¹¤«?
-    </A>
-
-    <li><a href="#RequiredToClaimCopyright"
-    NAME="TOCRequiredToClaimCopyright">GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë²þÊÑ
-    ¤ò²Ã¤¨¤¿¾ì¹ç¡¢¼«Ê¬¤Î²þÊÑÅÀ¤Ë´Ø¤·¤ÆÃøºî¸¢¤ò¼çÄ¥¤¹¤ëɬÍפϤ¢¤ê¤Þ¤¹¤«?
-    </a>
-
-    <LI><A HREF="#IWantCredit" NAME="TOCIWantCredit">»ä¤Ï¡¢¼«Ê¬¤ÎÃøºî
-    ʪ¤Ë¤è¤Ã¤Æ̾À¼¤òÆÀ¤¿¤¤¤·¡¢¿Í¡¹¤Ë¼«Ê¬¤¬½ñ¤¤¤¿¤â¤Î¤Î¤³¤È¤òÃΤäÆÍߤ·
-    ¤¤¤Î¤Ç¤¹¡£GPL¤òŬÍѤ·¤Æ¤â¡¢»ä¤Ï¤½¤Î¤è¤¦¤Ê̾À¼¤òÆÀ¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹
-    ¤«?</A>
+    <li><a href="#WhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions"
+name="TOCWhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions">GPLがユーザの改変した版のå
…¬é–‹ã‚’許可しているのはなぜですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLRequireSourcePostedPublic"
+name="TOCGPLRequireSourcePostedPublic">GPLは、改変された版のソースコードをå
…¬é–‹ã™ã‚‹ã“とを要求しますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLAndNonfreeOnSameMachine"
+name="TOCGPLAndNonfreeOnSameMachine">あるGPLで保護されたプログラム
と、それと関係のない不自由なプログラム
を同じコンピュータに置いても問題ありませんか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#CanIDemandACopy"
+name="TOCCanIDemandACopy">GPLで保護されたプログラム
のコピーを誰かが持っていると知っているå 
´åˆã€ã‚ãŸã—はかれにコピーを下さいと要求できますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#WhatDoesWrittenOfferValid"
+name="TOCWhatDoesWrittenOfferValid">この「いかなる第三者
に対しても法的に有効な書面による申し出」とは何のことですか?これは、世界中の誰もが、GPLが適用されたどんなプログラãƒ
 ã®ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã§ã‚‚手にå…
¥ã‚Œã‚‰ã‚Œã‚‹ã¨ã„うことなのでしょうか?</a></li>
+
+    <li><a href="#TheGPLSaysModifiedVersions"
+name="TOCTheGPLSaysModifiedVersions">GPLでは、改変されたバージョンがリリースされたå
 ´åˆã€ã€Œã™ã¹ã¦ã®ç¬¬ä¸‰è€…に&hellip;
+ライセンスされ」なければならないとされています。このå
 ´åˆã€ç¬¬ä¸‰è€…とは誰のことですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#DoesTheGPLAllowMoney"
+name="TOCDoesTheGPLAllowMoney">GPLは金銭目的でプログラム
の複製を販売することを許可していますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#DoesTheGPLAllowDownloadFee"
+name="TOCDoesTheGPLAllowDownloadFee">GPLは、わたしのサイトからプログラãƒ
 
をダウンロードする人に料金を課すことを許可していますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#DoesTheGPLAllowRequireFee"
+name="TOCDoesTheGPLAllowRequireFee">GPLは、ソフトウェアを受け取った誰もがわたしに料金を支払うこと、およびまたは、受け取った旨を通知することを義務づけることを許可していますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#DoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic"
+name="TOCDoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic">GPLが適用されたソフトウェアを料金を取ってé
…å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã€ã‚ãŸã—はå…
¬è¡†ãŒæ–™é‡‘なしでもソフトウェアを手にå…
¥ã‚Œã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—なければならないでしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#DoesTheGPLAllowNDA"
+name="TOCDoesTheGPLAllowNDA">GPLは、複製物をを機密保持契約(NDA)のもとでé
…å¸ƒã™ã‚‹ã“とを許可していますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#DoesTheGPLAllowModNDA"
+name="TOCDoesTheGPLAllowModNDA">GPLは、改変されたバージョン、あるいはベータ版を機密保持契約(NDA)のもとでé
…å¸ƒã™ã‚‹ã“とを許可していますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#DevelopChangesUnderNDA"
+name="TOCDevelopChangesUnderNDA">GPLは、わたしが機密保持契約(NDA)のもとで改変されたバージョンを開発することを許可していますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#WhyMustIInclude"
+name="TOCWhyMustIInclude">GPLが、プログラム
の複製すべてにGPLの複製を含めることを要求するのはなぜですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#WhatIfWorkIsShort"
+name="TOCWhatIfWorkIsShort">著作物がライセンス自身よりもそんなに長くないå
 ´åˆã¯ã©ã†ã—たらよいですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#TOCRequiredToClaimCopyright"
+name="RequiredToClaimCopyright">GPLで保護されたプログラム
に改変を加えたå 
´åˆã€è‡ªåˆ†ãŒæ”¹å¤‰ã—た点に関して著作権を主張する必
要はありますか?</a></li>
 
     <li><a href="#CombinePublicDomainWithGPL"
-    name="TOCCombinePublicDomainWithGPL">¤¢¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã¥¯¥É
-    ¥á¥¤¥ó¤ËÃÖ¤«¤ì¤¿¥³¡¼¥É¤ÈGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥³¡¼¥É¤«¤é¹½À®¤µ¤ì¤Æ¤¤¤¿¤È
-    ¤·¤Æ¡¢¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã¥¯¥É¥á¥¤¥ó¤ÊÉôʬ¤ò¼è¤ê½Ð¤·¤Æ¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã¥¯¥É¥á¥¤¥ó¤Ê¥³¡¼
-    ¥É¤È¤·¤ÆÍøÍѤ¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</a>
-
-
-    <li><A HREF="#GPLOmitPreamble" NAME="TOCGPLOmitPreamble">¥¹¥Ú¡¼¥¹
-    ÀáÌó¤Î¤¿¤á¡¢GPL¤ÎÁ°Ê¸¤«¼«Ê¬¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ø¤ÎŬÍÑÊýË¡¤ÎÀâÌÀ¤ò¾Ê¤¤¤Æ
-    ¤âÎɤ¤¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WhatIsCompatible" NAME="TOCWhatIsCompatible">Æó¤Ä¤Î
-    ¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬¡ÖÌ·½â¤·¤Ê¤¤(compatible)¡×¤È¤Ï¤É¤¦¤¤¤¦°ÕÌ£¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WhatDoesCompatMean" NAME="TOCWhatDoesCompatMean">¥é
-    ¥¤¥»¥ó¥¹¤¬¡ÖGPL¤ÈÌ·½â¤·¤Ê¤¤¡×¤È¤Ï¤É¤¦¤¤¤¦°ÕÌ£¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#OrigBSD" NAME="TOCOrigBSD">¤É¤¦¤·¤Æ¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¤ÎBSD¥é
-    ¥¤¥»¥ó¥¹¤ÏGPL¤ÈÌ·½â¤¹¤ë¤Î¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#MereAggregation" NAME="TOCMereAggregation">¡Öñ¤Ê¤ë
-    ½¸ÀѡפȡÖÆó¤Ä¤Î¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤ò°ì¤Ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë·ë¹ç¤¹¤ë¤³¤È¡×¤Î°ã¤¤
-    ¤Ï²¿¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#AssignCopyright" NAME="TOCAssignCopyright">¤É¤¦¤·¤Æ
-    FSF¤Ï¡¢FSF¤¬Ãøºî¸¢¤òÊÝÍ­¤¹¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Ø¤Î¹×¸¥¼Ô¤¬¼«¤é¤ÎÃøºî¸¢¤ò
-    FSF¤Ë¾ùÅϤ¹¤ë¤³¤È¤òÍ׵᤹¤ë¤Î¤Ç¤¹¤«? ¤â¤·»ä¤¬GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¥×¥í¥°
-    ¥é¥à¤ÎÃøºî¸¢¤òÊÝÍ­¤·¤Æ¤¤¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢»ä¤âÃøºî¸¢¾ùÅϤòÍ׵᤹¤Ù¤­¤Ç¤·¤ç
-    ¤¦¤«? ¤â¤·¤½¤¦¤Ê¤é¡¢¤É¤¦¤ä¤Ã¤Æ?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLCommercially" NAME="TOCGPLCommercially">GNU GPL¤Î
-    ²¼¤Ç¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î°ìÉô¤òÆþ¼ê¤·¤ÆÍøÍѤ¹¤ë¤È¤·¤Æ¡¢»ä¤Ï¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¤Î¥³¡¼
-    ¥É¤ò¿·¤·¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¹ç¤ï¤»¤Æ¼è¤ê¹þ¤ß¡¢¤½¤ì¤ò¾¦¶ÈŪ¤ËÈÒÉÛ¡¢ÈÎÇ䤹
-    ¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLOtherThanSoftware"
-    NAME="TOCGPLOtherThanSoftware">GPL¤ò¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢°Ê³°¤Î¤â¤Î¤Ë¤âŬÍÑ
-    ¤¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</A>
+name="TOCCombinePublicDomainWithGPL">あるプログラム
がパブリックドメインに置かれたコードとGPLで保護されたコードから構成されていたとして、パブリックドメインな部分を取り出してパブリックドメインなコードとして利用することができますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#IWantCredit"
+name="TOCIWantCredit">わたしは、自分の著作物によって名声を得たいし、人ã€
…
に自分が書いたもののことを知って欲しいのです。GPLを適用しても、わたしはそのような名声を得ることができますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLOmitPreamble"
+name="TOCGPLOmitPreamble">スペース節約のため、GPLの前文か自分のプログラãƒ
 ã¸ã®é©ç”¨æ–¹æ³•ã®èª¬æ˜Žã‚’省いても良いですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#WhatIsCompatible"
+name="TOCWhatIsCompatible">二つのライセンスが「両立する」とはどういう意味ですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#WhatDoesCompatMean"
+name="TOCWhatDoesCompatMean">ライセンスが「GPLと両立する」とはどういう意味ですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#OrigBSD" 
name="TOCOrigBSD">どうしてオリジナルのBSDライセンスはGPLと両立しないのですか?</a></li>
+
+    <li><a href="#MereAggregation"
+name="TOCMereAggregation">「単なる集積」と「二つのモジュールを一つのプログラãƒ
 ã«çµåˆã™ã‚‹ã“と」の違いは何ですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#AssignCopyright"
+name="TOCAssignCopyright">どうしてFSFは、FSFが著作権を有するプログラãƒ
 ã¸ã®è²¢çŒ®è€…
が自らの著作権をFSFに移譲することを要求するのですか?
+もし、わたしがGPLが使われたプログラム
の著作権を有しているならば、わたしも著作権移譲を要求すべきでしょうか?
 もしそうなら、どうやって?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLCommercially" name="TOCGPLCommercially">GNU
+GPLのもとでソフトウェアの一部をå…
¥æ‰‹ã—て利用するとして、わたしはオリジナルのコードを新しいプログラãƒ
 ã«åˆã‚ã›ã¦å–り込み、それを商業的にé…
å¸ƒã€è²©å£²ã™ã‚‹ã“とはできるでしょうか?</a></li>
+
+    <li><a href="#GPLOtherThanSoftware"
+name="TOCGPLOtherThanSoftware">GPLをソフトウェア以外のものに使うことはできますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#LGPLJava" 
name="TOCLGPLJava">LGPLはJavaにどう働きますか?</a></li>
+
 
   </ul>
 
-  <h4>GPL¤ò¼«Ê¬¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ËŬÍѤ¹¤ë</h4>
+  <h4>GPLを自分のプログラムに使う</h4>
 
   <ul>
     
-    <LI><A HREF="#CouldYouHelpApplyGPL"
-    NAME="TOCCouldYouHelpApplyGPL">GPL¤ò»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ËŬÍѤ¹¤ë¤Ë¤Ï¤É
-    ¤¦¤·¤¿¤é¤è¤¤¤«¡¢Ãà°ìÀâÌÀ¤·¤Æ¤¤¤¿¤À¤±¤Þ¤»¤ó¤«?</A>
-    
-    <li><A HREF="#WhyUseGPL" NAME="TOCWhyUseGPL">¾¤Î¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§
-    ¥¢¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ç¤Ï¤Ê¤¯¡¢GNU GPL¤òŬÍѤ·¤¿¤Û¤¦¤¬Îɤ¤¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹¤«?
-    </A>
-
-    <LI><A HREF="#WhyMustIInclude" NAME="TOCWhyMustIInclude">GPL¤¬¡¢¥×
-    ¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤¹¤Ù¤Æ¤ËGPL¤ÎÊ£À½¤ò´Þ¤á¤ë¤³¤È¤òÍ׵᤹¤ë¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹
-    ¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WhatIfWorkIsShort" NAME="TOCWhatIfWorkIsShort">Ãøºî
-    ʪ¤¬¥é¥¤¥»¥ó¥¹¼«¿È¤è¤ê¤â¤½¤ó¤Ê¤ËŤ¯¤Ê¤¤¾ì¹ç¤Ï¤É¤¦¤·¤¿¤é¤è¤¤¤Ç¤¹¤«?
-    </A>
-
-    <li><A HREF="#GPLOmitPreamble" NAME="TOCGPLOmitPreamble">¥¹¥Ú¡¼¥¹
-    ÀáÌó¤Î¤¿¤á¡¢GPL¤ÎÁ°Ê¸¤«¼«Ê¬¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ø¤ÎŬÍÑÊýË¡¤ÎÀâÌÀ¤ò¾Ê¤¤¤Æ
-    ¤âÎɤ¤¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#HowIGetCopyright" NAME="TOCHowIGetCopyright">GPL¤Î²¼
-    ¤Ç¸ø³«¤¹¤ë¤¿¤á¤Ë¡¢»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ËÂФ¹¤ëÃøºî¸¢¤òÆÀ¤ë¤Ë¤Ï¤É¤¦¤·¤¿¤é
-    Îɤ¤¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WhatIfSchool" NAME="TOCWhatIfSchool">»ä¤Î³Ø¹»¤¬¡¢»ä
-    ¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ò³Ø¹»¼«¿È¤ÎÆÈÀêŪ¤Ê¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢À½Éʤˤ·¤¿¤¤¤È»×¤Ã¤¿¤é
-    ¤É¤¦¤·¤Þ¤·¤ç¤¦?</A>
-
-    <LI><A HREF="#ReleaseUnderGPLAndNF"
-    NAME="TOCReleaseUnderGPLAndNF">¼«Ê¬¤¬½ñ¤¤¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤òGNU GPL¤Î²¼
-    ¤Ç¸ø³«¤·¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢Æ±¤¸¥³¡¼¥É¤ò¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¤Ç¤â»È¤¤
-    ¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¡£</a>
-
-    <LI><A HREF="#CanDeveloperThirdParty"
-    NAME="TOCCanDeveloperThirdParty">GPL¤ÇÈÒÉÛ¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤¢¤ë¥×¥í¥°¥é¥à
-    ¤Î³«È¯¼Ô¤¬¡¢¸å¤Ë¤Ê¤Ã¤Æ¾¤Î¿Í¤ËÇÓ¾ŪÍøÍѤòǧ¤á¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ï¤¢¤êÆÀ
-    ¤Þ¤¹¤«?</a>
-
-    <LI><A HREF="#VersionTwoOrLater" NAME="TOCVersionTwoOrLater">¥×¥í
-    ¥°¥é¥à¤Ç¡ÖGPL¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó2¤«¤½¤ì°Ê¹ß¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¡×¤È¤¤¤¦¤è¤¦¤Ê»ØÄê
-    ¤ò¤¹¤ë¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLOutput" NAME="TOCGPLOutput">¿Í¡¹¤¬»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à
-    ¤òÍøÍѤ·¤ÆÆÀ¤¿½ÐÎÏ·ë²Ì¤ËGPL¤òŬÍѤ¹¤ëÊýË¡¤Ï̵¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«? Î㤨¤Ð¡¢
-    »ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¥Ï¡¼¥É¥¦¥§¥¢¤ÎÀ߷פ˻Ȥï¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¤·¤Æ¡¢½ÐÍ褿Àß·×
-    ¿Þ¤â¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤ÈÍ׵᤹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«¡©</A>
+    <li><a href="#CouldYouHelpApplyGPL"
+name="TOCCouldYouHelpApplyGPL">GPLをわたしのプログラム
に適用するにはどうしたらよいか、逐一説明していただ
けませんか?</a></li>
+
+    <li><a href="#WhyUseGPL" 
name="TOCWhyUseGPL">他の自由ソフトウェア・ライセンスではなく、GNU
+GPLを使ったほうが良いのはなぜですか?</a></li>
+
+    <li><a href="#WhyMustIInclude"
+name="TOCWhyMustIInclude">GPLが、プログラム
の複製すべてにGPLの複製を含めることを要求するのはなぜですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#WhatIfWorkIsShort"
+name="TOCWhatIfWorkIsShort">著作物がライセンス自身よりもそんなに長くないå
 ´åˆã¯ã©ã†ã—たらよいですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLOmitPreamble"
+name="TOCGPLOmitPreamble">スペース節約のため、GPLの前文か自分のプログラãƒ
 ã¸ã®é©ç”¨æ–¹æ³•ã®èª¬æ˜Žã‚’省いても良いですか?</a></li>
+
+    <li><a href="#HowIGetCopyright"
+name="TOCHowIGetCopyright">GPLのもとでリリースするために、わたしのプログラãƒ
 ã«å¯¾ã™ã‚‹è‘—作権を得るにはどうしたら良いですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#WhatIfSchool"
+name="TOCWhatIfSchool">わたしの学校が、わたしのプログラム
を学æ 
¡è‡ªèº«ã®ãƒ—ロプライエタリ・ソフトウェア製品にしたいと思ったらどうしましょう?</a></li>
+
+    <li><a href="#ReleaseUnderGPLAndNF"
+name="TOCReleaseUnderGPLAndNF">自分が書いたプログラムをGNU
+GPLのもとでリリースしたいのですが、同じコードを自由ではないプログラãƒ
 ã§ã‚‚使いたいのです。</a></li>
+  
+    <li><a href="#CanDeveloperThirdParty"
+name="TOCCanDeveloperThirdParty">GPLでé…
å¸ƒã•ã‚Œã¦ã„るあるプログラムの開発者
が、後になって他の人に排他的利用を認めるということはあり得ますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLUSGov" 
name="TOCGPLUSGov">合衆国政府はプログラムをGNU 
GPLでリリースできますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#GPLUSGovAdd"
+name="TOCGPLUSGovAdd">合衆国政府はGPLで保護されたプログラム
に対して改善をリリースできますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#VersionTwoOrLater"
+name="TOCVersionTwoOrLater">プログラム
で「GPLのバージョン2かそれ以降のすべてのバージョン」というように述べるべきなのはなぜですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLOutput"
+name="TOCGPLOutput">人々がわたしのプログラム
を利用して得た出力結果にGPLを適用する方法はないでしょうか?
+たとえば、わたしのプログラム
がハードウェアの設計に使われているとして、その設計も自由でなければならないと要求することはできるでしょうか?</a></li>
 
-    <LI><A HREF="#WhyNotGPLForManuals" NAME="TOCWhyNotGPLForManuals">
-    ¤É¤¦¤·¤Æ¥Þ¥Ë¥å¥¢¥ë¤Ë¤ÏGPL¤òŬÍѤ·¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤¹¤«?</A>
+    <li><a href="#WhyNotGPLForManuals"
+name="TOCWhyNotGPLForManuals">どうしてマニュアルにはGPLを使わないのですか?</a></li>
 
+    <li><a href="#FontException"
+name="TOCFontException">GPLはフォントにどのように適用できるでしょうか?</a></li>
+
+    <li><a href="#WMS" name="TOCWMS">ウェブサイトのシステム
・テンプレートの保守にどのライセンスを使うべきでしょうか?</a></li>
+
+    <li><a href="#NonFreeTools"
+name="TOCNonFreeTools">不自由なツールを用いて開発したプログラãƒ
 ã‚’GPLでリリースできるでしょうか?</a></li>
   </ul>
 
-  <h4>GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÈÒÉÛ</h4>
+  <h4>GPLのもとでリリースされたプログラムの配布</h4>
 
   <ul>
 
-    <LI><A HREF="#DistributeWithSourceOnInternet"
-    NAME="TOCDistributeWithSourceOnInternet">¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤ò¡¢Âбþ¤¹¤ë¥½¡¼
-    ¥¹È´¤­¤ÇÈÒÉÛ¤·¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¥á¡¼¥ë¥ª¡¼¥À¡¼¤ÎÂå¤ï¤ê¤Ë¡¢FTP¤Ç¥½¡¼¥¹
-    ¥³¡¼¥É¤òÄ󶡤·¤Æ¤â¤è¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#SourceAndBinaryOnDifferentSites"
-    NAME="TOCSourceAndBinaryOnDifferentSites">¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤ò»ä¤Î¥¤¥ó¥¿¡¼¥Í¥Ã
-    ¥È¥µ¡¼¥Ð¤ËÃÖ¤­¡¢¥½¡¼¥¹¤Ï¾¤Î¥¤¥ó¥¿¡¼¥Í¥Ã¥È¥µ¥¤¥È¤ËÃÖ¤¯¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ï
-    ¤Ç¤­¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#DistributeExtendedBinary"
-    NAME="TOCDistributeExtendedBinary">¤¢¤ëGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Î
-    ³ÈÄ¥¤·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò¥Ð¥¤¥Ê¥ê·Á¼°¤ÇÈÒÉÛ¤·¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¥Ð¡¼
-    ¥¸¥ç¥ó¤Î¥½¡¼¥¹¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë¤À¤±¤Ç½½Ê¬¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#DistributingSourceIsInconvenient"
-    NAME="TOCDistributingSourceIsInconvenient">¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤òÈÒÉÛ¤·¤¿¤¤¤Î
-    ¤Ç¤¹¤¬¡¢´°Á´¤Ê¥½¡¼¥¹¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë¤Î¤ÏÉÔÊؤǤ¹¡£¥æ¡¼¥¶¤Ë¡¢¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤È¤¤¤Ã
-    ¤·¤ç¤Ë¡Öɸ½à¡×¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤«¤é¤Îº¹Ê¬(diff)¤òÄ󶡤¹¤ë¤À¤±¤ÇÎɤ¤¤Ç¤¹¤«?
-    </A>
-
-    <LI><A HREF="#AnonFTPAndSendSources"
-    NAME="TOCAnonFTPAndSendSource">ƿ̾(anonymous)FTP¤Ç¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤òÆþ¼ê
-    ²Äǽ¤Ë¤·¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¥½¡¼¥¹¤Ï¤½¤ì¤òÃíʸ¤·¤¿¿Í¤Ë¤Î¤ßÁ÷¤ê¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¡£
-    </A>
-
-    <LI><A HREF="#HowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource"
-    NAME="TOCHowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource">¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤ò¥À¥¦¥ó¥í¡¼
-    ¥É¤·¤¿³Æ¥æ¡¼¥¶¤¬¥½¡¼¥¹¤âÆþ¼ê¤·¤¿¤È¤¤¤¦¤³¤È¤òÊݾڤ¹¤ë¤Ë¤Ï¤É¤¦¤·¤¿¤é
-    ¤¤¤¤¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#ReleaseNotOriginal" NAME="TOCReleaseNotOriginal"> ²þ
-    ÊѤò²Ã¤¨¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ÏGPL¤Î²¼¤ÇÇÛÉÛ¤·¤ÆÎɤ¤¤¬¡¢¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¼«ÂΤÏGPL
-    ¤Î²¼¤ÇÈÒÉÛ¤·¤Æ¤Ï¤Ê¤é¤Ê¤¤¡¢¤³¤Î¤è¤¦¤Ê¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤òÉÕ¤±¤Æ¥×¥í¥°¥é¥à¤ò
-    ¥ê¥ê¡¼¥¹¤¹¤ë¤³¤È¤Ï²Äǽ¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#CompanyGPLCostsMoney"
-    NAME="TOCCompanyGPLCostsMoney"> ¤¢¤ë´ë¶È¤¬GPL¤ÎŬÍѤµ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é
-    ¥à¤ÎÊ£À½¤ò½êÍ­¤·¤Æ¤ª¤ê¡¢¤½¤ì¤òÆþ¼ê¤¹¤ë¤¿¤á¤Ë¤Ï¤ª¶â¤¬¤«¤«¤ê¤Þ¤¹¡£¥¤
-    ¥ó¥¿¡¼¥Í¥Ã¥È¾å¤ÇÆþ¼ê¤Ç¤­¤ë¤è¤¦¤Ë¤·¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦ÅÀ¤Ç¡¢Èà¤é¤ÏGPL¤Ë°ãÈ¿
-    ¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <li><A HREF="#GPLFairUse" NAME="TOCGPLFairUse">GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¥×¥í
-    ¥°¥é¥à¤Î¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ò¡Ö¸øÀµ»ÈÍÑ(fair use)¡×¤¹¤ë¸¢Íø¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤¹¤«?
-    </A>
+    <li><a href="#ModifiedJustBinary"
+name="TOCModifiedJustBinary">GPLで保護されたプログラム
の改変したバージョンをバイナリ形æ…
‹ã®ã¿ã§ãƒªãƒªãƒ¼ã‚¹ã§ãã¾ã™ã‹?</a></li>
+
+    <li><a href="#UnchangedJustBinary"
+name="TOCUnchangedJustBinary">バイナリだ
けをネットからダウンロードしました。もし、わたしがコピーをé
…å¸ƒã™ã‚‹ã¨ãã€ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã‚’取得してそれもé…
å¸ƒã—なければなりませんか?</a></li>
+
+    <li><a href="#DistributeWithSourceOnInternet"
+name="TOCDistributeWithSourceOnInternet">バイナリを、対応するソース抜きで物理的媒体でé
…
å¸ƒã—たいのですが、メールオーダーの代わりに、FTPでソースコードを提供してもよいでしょうか?</a></li>
+
+    <li><a href="#RedistributedBinariesGetSource"
+name="TOCRedistributedBinariesGetSource">わたしの友達がGPLで保護されたバイナリをソースコードの申し出とともに取得しました。そして、ひとつコピーをわたしにくれました。その申し出を使って、わたしはソースを得ることができますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#SourceAndBinaryOnDifferentSites"
+name="TOCSourceAndBinaryOnDifferentSites">バイナリをわたしのインターネットサーバに置き、ソースは他のインターネットサイトに置くということはできるでしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#DistributeExtendedBinary"
+name="TOCDistributeExtendedBinary">あるGPLで保護されたプログラム
の拡張したバージョンをバイナリ形式でé…
å¸ƒã—たいのですが、オリジナルバージョンのソースをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã ã‘で十分ですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#DistributingSourceIsInconvenient"
+name="TOCDistributingSourceIsInconvenient">バイナリをé…
å¸ƒã—たいのですが、完全なソースをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã®ã¯ä¸ä¾¿ã§ã™ã€‚ユーザに、バイナリといっしょに「標準」バージョンからの差分(diff)を提供するã
 ã‘で良いですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#AnonFTPAndSendSources" 
name="TOCAnonFTPAndSendSources">Anonymous
+FTPでバイナリをå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã—たいのですが、ソースはそれを注文した人にのみ送りたいのです。</a></li>
+
+    <li><a href="#HowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource"
+name="TOCHowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource">バイナリをダウンロードした各ユーザがソースもå
…
¥æ‰‹ã—たということを確認するにはどうしたらいいですか?</a></li>
+
+    <li><a href="#ReleaseNotOriginal"
+name="TOCReleaseNotOriginal">改変を加
えたバージョンはGPLのもとでé…
å¸ƒã—て良いが、オリジナル自体はGPLのもとでé 
’布してはならない、このようなライセンスを付けてプログラãƒ
 ã‚’リリースすることは可能でしょうか?</a></li>
+
+    <li><a href="#CompanyGPLCostsMoney"
+name="TOCCompanyGPLCostsMoney">ある企業がGPLの適用されたプログラãƒ
 ã®è¤‡è£½ã‚’所有しており、それをå…
¥æ‰‹ã™ã‚‹ãŸã‚ã«ã¯ãŠé‡‘がかかります。インターネット上でå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—ないという点で、かれらはGPLに違反しているのではないでしょうか?</a></li>
+
+    <li><a href="#UnreleasedMods"
+name="TOCUnreleasedMods">ある会社がGPLのプログラム
の改変バージョンをウェブサイトで動かしています。GPLはかれらは改変したソースコードをé
…å¸ƒã—なければならないと言ってますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#InternalDistribution"
+name="TOCInternalDistribution">一つの組織あるいは会社で使うことは「é
…å¸ƒã€ã¨ãªã‚Šã¾ã™ã‹?</a></li>
+
+    <li><a href="#StolenCopy"
+name="TOCStolenCopy">誰かがGPLで保護されたプログラム
のバージョンがå…
¥ã£ãŸCDを盗みました。GPLはかれにこのバージョンを再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’与えますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#TradeSecretRelease"
+name="TOCTradeSecretRelease">ある会社があるコピーをトレード・シークレットとしてé
…å¸ƒã—たらどうですか?</a></li>
+
+    <li><a href="#GPLFairUse" 
name="TOCGPLFairUse">GPLで保護されたプログラム
のソースコードを「公正使用(fair
+use)」する権利はありますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#DistributeSubsidiary"
+name="TOCDistributeSubsidiary">(親会社にæ 
ªã®)多数が有されて支えられた子会社にコピーを移すことはé
…å¸ƒã¨ãªã‚Šã¾ã™ã‹?</a></li>
+    
+    <li><a href="#ClickThrough"
+name="TOCClickThrough">ソフトウェア・インストーラが人々
にGPLに同意するかクリックさせることはできますか?もし、あるソフトウェアをGPLでå
…
¥æ‰‹ã—たとき、何かに同意しないといけないのですか?</a></li>
+
+    <li><a href="#GPLCompatInstaller"
+name="TOCGPLCompatInstaller">GPLのソフトウェアをある種のインストレーション・ソフトウェアと組み合わせたいと思います。このインストーラはGPLと両立するライセンスのå¿
…要がありますか?</a></li>
 
   </ul>
 
-  <h4>GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ò»È¤Ã¤Æ¾¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ò½ñ¤¯</h4>
+  <h4>GPLのもとでリリースされたプログラム
を使って他のプログラムを書く</h4>
 
   <ul>
 
-    <LI><A HREF="#CanIUseGPLToolsForNF"
-    NAME="TOCCanIUseGPLToolsForNF">¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¤ò³«È¯¤¹¤ë
-    ¤¿¤á¤Ë¡¢GNU Emacs¤Î¤è¤¦¤ÊGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥¨¥Ç¥£¥¿¤ò»È¤Ã¤Æ¤âÎɤ¤¤Ç¤·¤ç
-    ¤¦¤«? GCC¤Î¤è¤¦¤ÊGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥Ä¡¼¥ë¤ò»È¤Ã¤Æ¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°
-    ¥é¥à¤ò¥³¥ó¥Ñ¥¤¥ë¤¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLOutput" NAME="TOCGPLOutput">¿Í¡¹¤¬»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à
-    ¤òÍøÍѤ·¤ÆÆÀ¤¿½ÐÎÏ·ë²Ì¤ËGPL¤òŬÍѤ¹¤ëÊýË¡¤Ï̵¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«? Î㤨¤Ð¡¢
-    »ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¥Ï¡¼¥É¥¦¥§¥¢¤ÎÀ߷פ˻Ȥï¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¤·¤Æ¡¢½ÐÍ褿Àß·×
-    ¿Þ¤â¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤ÈÍ׵᤹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«¡©</A>
-
-    <LI><A HREF="#WhatCaseIsOutputGPL"
-    NAME="TOCWhatCaseIsOutputGPL">GPL¥×¥í¥°¥é¥à¤Î½ÐÎÏ·ë²Ì¤âGPL¤Ë¤è¤Ã¤Æ
-    Êݸ¤ì¤ë¤Î¤Ï¡¢¤É¤ó¤Ê¾ì¹ç¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#PortProgramToGL" NAME="TOCPortProgramToGL">¼«Ê¬¤Î¥×
-    ¥í¥°¥é¥à¤òGNU/Linux¾å¤Ø°Ü¿¢¤·¤¿¤é¡¢»ä¤Ï¤½¤ì¤ò¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤È
-    ¤·¤ÆGPL¤ä¤½¤Î¾¤Î¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¥ê¥ê¡¼¥¹¤·¤Ê¤±
-    ¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLInProprietarySystem"
-    NAME="TOCGPLInProprietarySystem">»ä¤ÎÆÈÀêŪ¤Ê¥·¥¹¥Æ¥à¤Ë¡¢GPL¤ÇÊݸî
-    ¤µ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤òÁȤßÆþ¤ì¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¤½¤ì¤Ï²Äǽ¤Ç¤¹¤«?</A>
+    <li><a href="#GPLAndNonfreeOnSameMachine"
+name="TOCGPLAndNonfreeOnSameMachine">あるGPLで保護されたプログラム
と、それと関係のない不自由なプログラム
を同じコンピュータに置いても問題ありませんか?</a></li>
+
+    <li><a href="#CanIUseGPLToolsForNF"
+name="TOCCanIUseGPLToolsForNF">自由でないプログラム
を開発するために、GNU
+EmacsのようなGPLで保護されたエディタを使っても良いでしょうか?
+GCCのようなGPLで保護されたツールを使って自由でないプログラãƒ
 ã‚’コンパイルすることはできますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLOutput"
+name="TOCGPLOutput">人々がわたしのプログラム
を利用して得た出力結果にGPLを適用する方法はないでしょうか?
+たとえば、わたしのプログラム
がハードウェアの設計に使われているとして、その設計も自由でなければならないと要求することはできるでしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#WhatCaseIsOutputGPL"
+name="TOCWhatCaseIsOutputGPL">GPLプログラム
の出力結果もGPLによって保護されるのは、どんなå 
´åˆã§ã™ã‹?</a></li>
+
+    <li><a href="#PortProgramToGL"
+name="TOCPortProgramToGL">自分のプログラム
をGNU/Linux上へ移植したら、わたしはそれを自由ソフトウェアとしてGPLやその他の自由ソフトウェア・ライセンスのもとでリリースしなければならないのでしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLInProprietarySystem"
+name="TOCGPLInProprietarySystem">わたしのプロプライエタリ・システãƒ
 ã«ã€GPLで保護されたソフトウェアを組みå…
¥ã‚ŒãŸã„のですが、それは可能ですか?</a></li>
+
+    <li><a href="#LibGCCException"
+name="TOCLibGCCException">libstdc++例外は動的リンクを許可しますか?</a></li>
 
   </ul>
 
-  <h4>GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤¿¥³¡¼¥É¤ÈÃøºîʪ¤ò·ë¹ç¤¹¤ë</h4>
+  
<h4>GPLのもとでリリースされたコードを結合した著作物</h4>
 
   <ul>
 
-    <LI><A HREF="#MereAggregation" NAME="TOCMereAggregation">¡Öñ¤Ê¤ë
-    ½¸ÀѡפȡÖÆó¤Ä¤Î¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤ò°ì¤Ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë·ë¹ç¤¹¤ë¤³¤È¡×¤Î°ã¤¤
-    ¤Ï²¿¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <li><A HREF="#GPLFairUse" NAME="TOCGPLFairUse">GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¥×¥í
-    ¥°¥é¥à¤Î¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ò¡Ö¸øÀµ»ÈÍÑ(fair use)¡×¤¹¤ë¸¢Íø¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤¹¤«?
-    </A>
-
-    <LI><A HREF="#IfLibraryIsGPL" NAME="TOCIfLibraryIsGPL">¥é¥¤¥Ö¥é¥ê
-    ¤¬(LGPL¤Ç¤Ï¤Ê¤¯)GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¾ì¹ç¡¢¤½¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤òÍøÍÑ
-    ¤¹¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤ÏGPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?
-    </A>
-    
-    <LI><A HREF="#LinkingWithGPL" NAME="TOCLinkingWithGPL">GPL¤¬Å¬ÍѤµ
-    ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ò»ä¤Î¥³¡¼¥É¤È¥ê¥ó¥¯¤·¤ÆÆÈÀêŪ¤Ê¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¥Ó¥ë¥É¤·
-    ¤¿¤¤¤È¹Í¤¨¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢»ä¤Î¥³¡¼¥É¤È¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤È¤ò¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë
-    ¤È»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤âGPL¤òŬÍѤ·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¯¤Ê¤ë¤È¤¤¤¦¤Î¤Ï»ö¼Â
-    ¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#SwitchToLGPL" NAME="TOCSwitchToLGPL">¤â¤·¤½¤¦¤Ê¤é¤Ð¡¢
-    ¥×¥í¥°¥é¥à¤òÎôÅùGPL(Lesser GPL, LGPL)¤Î²¼¤Ç¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤·¤Æ¤â¤é¤¦¤³
-    ¤È¤Ï¤Ç¤­¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WillYouMakeAnException"
-    NAME="TOCWillYouMakeAnException">ÆÈÀêŪ¤Ê¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤òºî¤í¤¦¤È¤¹
-    ¤ë»ä¤¿¤Á¤Î¥×¥í¥¸¥§¥¯¥È¤Ë¤ª¤¤¤Æ¡¢¤¢¤ëGPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿GNU¥×¥í¥°¥é¥à¤ò
-    »È¤¤¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢GPL¤¬¤½¤ì¤òµö¤·¤Æ¤¯¤ì¤Þ¤»¤ó¡£»ä¤¿¤Á¤Î¤¿¤á¤ËÎã³°
-    ¤òÀߤ±¤Æ¤¯¤ì¤Þ¤»¤ó¤«? ¤½¤¦¤¹¤ì¤Ð¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¤è¤ê¿¤¯¤Î¥æ¡¼¥¶¤ò
-    ÆÀ¤ë¤³¤È¤Ë¤Ê¤ë¤ó¤Ç¤¹¡£</A>
-
-    <li><a href="#IfInterpreterIsGPL" name="TOCIfInterpreterIsGPL">¥×
-    ¥í¥°¥é¥ß¥ó¥°¸À¸ì¤Î¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤¬GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤¿¾ì¹ç¡¢¤½
-    ¤Î¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤Ç²ò¼á¤µ¤ì¤ë¤è¤¦¤Ë½ñ¤«¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ï
-    GPL¤ÈÌ·½â¤·¤Æ¤Ï¤Ê¤é¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</a>
-
-    <LI><A HREF="#InterpreterIncompat" NAME="TOCInterpreterIncompat">
-    ¥×¥í¥°¥é¥ß¥ó¥°¸À¸ì¤Î¥¤¥ó¥¿¥×¥ê¥¿¤ËGPL¤ÈÌ·½â¤¹¤ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬Å¬ÍѤµ
-    ¤ì¤Æ¤¤¤¿¾ì¹ç¡¢¤½¤Î¾å¤ÇGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¼Â¹Ô¤¹¤ë¤³¤È¤Ï²Ä
-    ǽ¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLModuleLicense" NAME="TOCGPLModuleLicense">GPL¤ÇÊÝ
-    ¸î¤µ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ËÂФ·¤Æ¤¢¤ë¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤òÄɲ乤ë¾ì¹ç¡¢»ä¤Î¥â¥¸¥å¡¼
-    ¥ë¤Ë¤â¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤È¤·¤ÆGPL¤òŬÍѤ·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLAndPlugins" NAME="TOCGPLAndPlugins">GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«
-    ¤µ¤ì¤Æ¤¤¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ò»È¤¦¤È¤·¤Æ¡¢¥×¥é¥°¥¤¥ó¤Î¥é¥¤¥»¥ó
-    ¥¹¤Ë¤Ï¤É¤Î¤è¤¦¤Ê¾ò·ï¤¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLPluginsInNF" NAME="TOCGPLPluginsInNF">¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï
-    ¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¸þ¤±¤Î¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ËGPL¤òŬÍѤ¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#GPLInProprietarySystem"
-    NAME="TOCGPLInProprietarySystem">»ä¤ÎÆÈÀêŪ¤Ê¥·¥¹¥Æ¥à¤Ë¡¢GPL¤ÇÊݸî
-    ¤µ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤òÁȤßÆþ¤ì¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¤½¤ì¤Ï²Äǽ¤Ç¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#WritingFSWithNFLibs" NAME="TOCWritingFSWithNFLibs">
-    ¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤òÍøÍѤ¹¤ë¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò½ñ¤¤¤Æ¤¤¤ë¤Î
-    ¤Ç¤¹¤¬¡¢GPL¤òŬÍѤ·¤¿¾ì¹ç¤É¤Î¤è¤¦¤ÊˡŪÌäÂ꤬ȯÀ¸¤¹¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?
-    </A>
-
-    <LI><A HREF="#WindowsRuntimeAndGPL"
-    NAME="TOCWindowsRuntimeAndGPL">Microsoft Visual C++(¤¢¤ë¤¤¤ÏVisual
-    Basic)¤ò»È¤Ã¤¿Windows¥¢¥×¥ê¥±¡¼¥·¥ç¥ó¤ò½ñ¤¤¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¤³¤ì¤ò
-    GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤¹¤ëͽÄê¤Ç¤¹¡£GPL¤Ï¡¢»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤òVisual C++(¤¢¤ë
-    ¤¤¤ÏVisual Basic)¤Î¥é¥ó¥¿¥¤¥à¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¥À¥¤¥Ê¥ß¥Ã¥¯¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¤Î
-    ¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#MoneyGuzzlerInc" NAME="TOCMoneyGuzzlerInc">GPL¤ÇÊݸî
-    ¤µ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ò²þÊѤ·¡¢¥«¥Í¥è¥³¥»¼Ò(Money Guzzler Inc.)¤«¤é½Ð¤Æ
-    ¤¤¤ë¥Ý¡¼¥¿¥Ó¥ê¥Æ¥£¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¥ê¥ó¥¯¤·¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢»ä¤Ï¥«¥Í¥è¥³¥»
-    ¼Ò¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Î¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¡£¤½¤³¤Ç¡¢¥«
-    ¥Í¥è¥³¥»¼Ò¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¥ê¥ó¥¯¤·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò²þÊѤ·¤¿¤¤¥æ¡¼¥¶¤Ï¡¢
-    ¤½¤ì¤é¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤òÊ̤ËÆþ¼ê¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤É¤¦¤·¤ÆGPL¤Ï¤³
-    ¤ì¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤¹¤«?</A>
+    <li><a href="#MereAggregation"
+name="TOCMereAggregation">「単なる集積」と「二つのモジュールを一つのプログラãƒ
 ã«çµåˆã™ã‚‹ã“と」の違いは何ですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLFairUse" 
name="TOCGPLFairUse">GPLで保護されたプログラム
のソースコードを「公正使用(fair
+use)」する権利はありますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#GPLUSGovAdd"
+name="TOCGPLUSGovAdd">合衆国政府はGPLで保護されたプログラム
に対して改善をリリースできますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#IfLibraryIsGPL"
+name="TOCIfLibraryIsGPL">ライブラリが(LGPLではなく)GPLのもとでリリースされているå
 ´åˆã€ãã®ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリを利用するプログラム
はGPLでなければならないのでしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#LinkingWithGPL"
+name="TOCLinkingWithGPL">GPLが適用されたプログラム
をわたしのコードとリンクしてプロプライエタリ・プログラãƒ
 
をビルドしたいと考えているのですが、わたしのコードとそのプログラãƒ
 ã¨ã‚’リンクするとわたしのプログラム
にもGPLを適用しなければならなくなるというのは事実でしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#SwitchToLGPL"
+name="TOCSwitchToLGPL">もしそうならば、プログラム
を劣等GPLのもとでライセンスしてもらうことはできないでしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#WillYouMakeAnException"
+name="TOCWillYouMakeAnException">プロプライエタリ・ソフトウェアを作ろうとするわたしたちのプロジェクトにおいて、あるGPLが適用されたGNUプログラãƒ
 
を使いたいのですが、GPLがそれを許してくれません。わたしたちのために例外を設けてくれませんか?
+そうすればそのプログラム
はより多くのユーザを得ることになるんです。</a></li>
+  
+    <li><a href="#IfInterpreterIsGPL"
+name="TOCIfInterpreterIsGPL">プログラミング言語のインタープリタがGPLのもとでリリースされていたå
 
´åˆã€ãã®ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ¼ãƒ—リタで解釈されるように書かれたプログラãƒ
 
は、GPLと両立するライセンスでなければならないでしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#InterpreterIncompat"
+name="TOCInterpreterIncompat">プログラミング言語のインタープリタにGPLと両立しないライセンスが適用されていたå
 ´åˆã€ãã®ä¸Šã§GPLで保護されたプログラム
を実行することは可能でしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLModuleLicense"
+name="TOCGPLModuleLicense">GPLで保護されたプログラム
に対してあるモジュールを追加するå 
´åˆã€ã‚ãŸã—のモジュールにもライセンスとしてGPLを適用しなければなりませんか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLAndPlugins"
+name="TOCGPLAndPlugins">GPLのもとでリリースされていたプログラãƒ
 
がプラグインを使うとして、プラグインのライセンスにはどのような条件がありますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLPluginsInNF"
+name="TOCGPLPluginsInNF">自由でないプログラム
向けのプラグインにGPLを適用することはできますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#NFUseGPLPlugins"
+name="TOCNFUseGPLPlugins">GPLで保護されたプラグインをロードするように設計された不自由なプログラãƒ
 ã‚’リリースすることはできるでしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLInProprietarySystem"
+name="TOCGPLInProprietarySystem">わたしのプロプライエタリ・システãƒ
 ã«ã€GPLで保護されたソフトウェアを組みå…
¥ã‚ŒãŸã„のですが、それは可能ですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#GPLWrapper"
+name="TOCGPLWrapper">GPLで保護されたソフトウェアをわたしのプロプライエタリ・システãƒ
 
に組み込みたいと考えています。GPLで保護された部分とプロプライエタリの部分との間にGPLと両立するゆるい寛容なライセンス(X11ライセンスのような)の「ラッパー」モジュールをはさむことにより、これは可能ですか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#FSWithNFLibs"
+name="TOCFSWithNFLibs">自由でないライブラリを利用する自由ソフトウェアを書けますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#GPLIncompatibleLibs"
+name="TOCGPLIncompatibleLibs">GPLソフトウェアにGPLと両立しないライブラリを用いたå
 ´åˆã©ã®ã‚ˆã†ãªæ³•çš„問題が発生するでしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#WindowsRuntimeAndGPL" 
name="TOCWindowsRuntimeAndGPL">Microsoft
+Visual
+C++を使ったWindowsアプリケーションを書いているのですが、これをGPLのもとでリリースする予定です。GPLは、わたしのプログラãƒ
 ãŒVisual
+C++のランタイム
ライブラリとダイナミックリンクするのを許可していますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#MoneyGuzzlerInc"
+name="TOCMoneyGuzzlerInc">GPLで保護されたプログラム
を改変し、カネヨコセ社(Money Guzzler
+Inc.)から出ているポータビリティ・ライブラリとリンクしたいのですが、カネヨコセ社のライブラリとリンクしたバージョンを改変したいユーザは、それらのライブラリを別にå
…
¥æ‰‹ã—なければなりませんので、わたしはカネヨコセ社のライブラリのソースコードをé
…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とができません。どうしてGPLはこれを許可していないのですか?</a></li>
 
     <li><a href="#GPLIncompatibleAlone"
-    name="TOCGPLIncompatibleAlone">¤¢¤ë¥â¥¸¥å¡¼¥ëQ¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î¾ò·ï¤¬
-    GPL¤ÈÌ·½â¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¤·¤«¤·¤½¤Î¾ò·ï¤ÏQ¤¬Ã±ÂΤÇÈÒÉÛ¤µ¤ì¤¿¤È¤­
-    ¤Î¤ßŬÍѤµ¤ì¡¢Q¤¬¤è¤êÂ絬ÌÏ¤Ê¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë´Þ¤Þ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¤­¤Ë¤ÏŬÍÑ
-    ¤µ¤ì¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤â¤Î¤À¤Ã¤¿¤È¤·¤Þ¤¹¡£¤³¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÏGPL¤ÈÌ·½â¤·¤Ê¤¤
-    ¤Ç¤·¤ç¤¦¤«? Q¤òGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤È¥ê¥ó¥¯¤¢¤ë¤¤¤Ï·ë¹ç¤¹¤ë¤³
-    ¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</a>
-  
-    <LI><A HREF="#OOPLang" NAME="TOCOOPLANG"> Java¤Î¤è¤¦¤Ê¥ª¥Ö¥¸¥§¥¯¥È
-    »Ø¸þ¸À¸ì¤Ë¤ª¤¤¤Æ¡¢GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¤¢¤ë¥¯¥é¥¹¤ò¤½¤ì¼«ÂΤϲþÊѤ»¤º¡¢
-    ¥µ¥Ö¥¯¥é¥¹²½¤·¤ÆÍøÍѤ¹¤ë¤È¤·¤Þ¤¹¡£¤³¤Î¤è¤¦¤Ê¾ì¹ç¡¢GPL¤Ï·ë²Ì¤È¤·¤Æ
-    ¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤Ï¤É¤Î¤è¤¦¤Ë±Æ¶Á¤¹¤ë¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
+name="TOCGPLIncompatibleAlone">あるモジュールQのライセンスの条件がGPLと両立しないのですが、しかしその条件はQが単体でé
…å¸ƒã•ã‚ŒãŸã¨ãã®ã¿é©ç”¨ã•ã‚Œã€Qがより大規模なプログラム
に含まれているときには適用されないというものだ
ったとします。このライセンスはGPLと両立するでしょうか?
+QをGPLで保護されたプログラム
とリンクあるいは結合することができますか?</a></li>
+
+    <li><a href="#OOPLang"
+name="TOCOOPLANG">Javaのようなオブジェクト指向言語において、GPLが適用されたあるクラスをそれ自体は改変せず、サブクラス化して利用するとします。このようなå
 ´åˆã€GPLは結果としてのプログラム
にはどのように影響するのでしょうか?</a></li>
 
     <li><a href="#LinkingOverControlledInterface"
-    name="TOCLinkingOverControlledInterface">ÆÈÀêŪ¤Ê¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤ò¡¢»ä
-    ¤ÎGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È»ØÄꤷ¤¿¥¤¥ó¥¿¡¼¥Õ¥§¡¼¥¹¤Î²¼¤Ç¤Î¤ß¥ê
-    ¥ó¥¯¤¹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤¹¤ë¤Ë¤Ï¤É¤¦¤·¤¿¤é¤è¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</a>
-
-    <LI><A HREF="#Consider" NAME="TOCConsider">°Ê²¼¤Î¤è¤¦¤Ê¾õ¶·¤ò¹Í¤¨
-    ¤Æ¤ß¤Þ¤·¤ç¤¦:
-    <UL>
-      <LI>X¤¬¤¢¤ë¥×¥í¥¸¥§¥¯¥È¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó1¤òGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤¹¤ë¡£
-      
<LI>Y¤¬¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó1¤ò´ð¤Ë²þÊѤ俷µ¬¤Î¥³¡¼¥É¤ò²Ã¤¨¡¢¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó2¤Î³«È¯¤Ë¹×¸¥¤¹¤ë¡£
-     <LI>X¤¬¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó2¤òGPL¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ë²þÊѤ·¤è¤¦¤È¤¹¤ë¡£ 
-    </UL>
-    ¤³¤Î¾ì¹çX¤ÏY¤Îµö²Ä¤òÆÀ¤ëɬÍפ¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#ManyDifferentLicenses"
-    NAME="TOCManyDifferentLicenses">»ä¤Ï¿¤¯¤Î°Û¤Ê¤ë¥³¥ó¥Ý¡¼¥Í¥ó¥È¤È¥ê
-    ¥ó¥¯¤¹¤ë¥¢¥×¥ê¥±¡¼¥·¥ç¥ó¤ò½ñ¤¤¤¿¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¤½¤ì¤é¤ÏÍÍ¡¹¤Ê¥é¥¤¥»¥ó¥¹
-    ¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£»ä¤Ï¼«Ê¬¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤É¤Î¤è¤¦¤Ê¥é¥¤¥»¥ó¥·¥ó¥°
-    ¾ò·ï¤¬²Ý¤µ¤ì¤ë¤Î¤¬¤µ¤Ã¤Ñ¤êʬ¤«¤ê¤Þ¤»¤ó¡£»ä¤¬Å¬ÍѤǤ­¤ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ò
-    ¶µ¤¨¤Æ失¤Þ¤»¤ó¤«?</A>
+name="TOCLinkingOverControlledInterface">プロプライエタリ・モジュールを、わたしのGPLで保護されたライブラリと指定したインターフェースのもとでのみリンクすることを許可するにはどうしたらよいでしょうか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#Consider"
+name="TOCConsider">以下のような状況を考えてみましょう:1.
+Xがあるプロジェクトのバージョン1をGPLのもとでリリースする。2.
+Yがバージョン1をもとに改変や新規のコードを加
え、バージョン2の開発に貢献する。3.
+Xがバージョン2をGPLではないライセンスに改変しようとする。このå
 ´åˆXはYの許可を得る必要がありますか?</a></li>
+  
+    <li><a href="#ManyDifferentLicenses"
+name="TOCManyDifferentLicenses">わたしは多くの異なるコンポーネントとリンクするアプリケーションを書いたのですが、それらは様ã€
…
なライセンスが適用されています。わたしは自分のプログラãƒ
 
にどのようなライセンシング条件が課されるのがさっぱり分かりません。わたしが適用できるライセンスを教えてé
 ‚けませんか?</a></li>
 
   </ul>
 
-  <h4>GPL°ãÈ¿¤Ë´Ø¤¹¤ë¼ÁÌä</h4>
+  <h4>GPL違反に関する質問</h4>
 
   <ul>
 
-    <li><a href="#ReportingViolation" name="TOCReportingViolation">GPL
-    °ãÈ¿¤Î²ÄǽÀ­¤¬¤¢¤ë»öÎã¤ò¸«¤Ä¤±¤¿¤é¡¢¤É¤¦¤¹¤ì¤ÐÎɤ¤¤Ç¤¹¤«?</a>
+    <li><a href="#ReportingViolation"
+name="TOCReportingViolation">GPL違反の可能性がある事例を見つけたら、どうすれば良いですか?</a></li>
 
-    <LI><A HREF="#WhoHasThePower" NAME="TOCWhoHasThePower">GPL¤ò¶¯À©¤¹
-    ¤ë¸¢ÎϤ¬¤¢¤ë¤Î¤Ïï¤Ç¤¹¤«?</A>
+    <li><a href="#WhoHasThePower" 
name="TOCWhoHasThePower">GPLを強制する権力があるのは誰ですか?</a></li>
 
-    <LI><A HREF="#HeardOtherLicense" NAME="TOCHeardOtherLicense">GPL¤Ç
-    Êݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤ò¡¢Â¾¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¼ê¤ËÆþ¤ì¤¿¿Í¤¬¤¤
-    ¤ë¤Èʹ¤­¤Þ¤·¤¿¡£¤³¤ó¤Ê¤³¤È¤Ï¤¢¤êÆÀ¤ë¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#DeveloperViolate" NAME="TOCDeveloperViolate">GPL¤ÇÊÝ
-    ¸î¤µ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Î³«È¯¼Ô¤ÏGPL¤Ë¤è¤Ã¤Æ«Çû¤µ¤ì¤Þ¤¹¤«? ³«È¯¼Ô¤¬GPL
-    °ãÈ¿¤òÈȤ¹¤³¤È¤Ï¤¢¤êÆÀ¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
-
-    <LI><A HREF="#CompanyGPLCostsMoney"
-    NAME="TOCCompanyGPLCostsMoney"> ¤¢¤ë´ë¶È¤¬GPL¤ÎŬÍѤµ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é
-    ¥à¤ÎÊ£À½¤ò½êÍ­¤·¤Æ¤ª¤ê¡¢¤½¤ì¤òÆþ¼ê¤¹¤ë¤¿¤á¤Ë¤Ï¤ª¶â¤¬¤«¤«¤ê¤Þ¤¹¡£¥¤
-    ¥ó¥¿¡¼¥Í¥Ã¥È¾å¤ÇÆþ¼ê¤Ç¤­¤ë¤è¤¦¤Ë¤·¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦ÅÀ¤Ç¡¢Èà¤é¤ÏGPL¤Ë°ãÈ¿
-    ¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A>
+    <li><a href="#HeardOtherLicense"
+name="TOCHeardOtherLicense">GPLで保護されたプログラム
の複製を、他のライセンスのもとで手にå…
¥ã‚ŒãŸäººãŒã„ると聞きました。こんなことはあり得るのでしょうか?</a></li>
 
-  </ul>
+    <li><a href="#DeveloperViolate"
+name="TOCDeveloperViolate">GPLで保護されたプログラムの開発者
はGPLによって束縛されますか?
+開発者がGPL違反を犯すことはあり得るでしょうか?</a></li>
 
-</UL>
+    <li><a href="#CompanyGPLCostsMoney"
+name="TOCCompanyGPLCostsMoney">ある企業がGPLの適用されたプログラãƒ
 ã®è¤‡è£½ã‚’所有しており、それをå…
¥æ‰‹ã™ã‚‹ãŸã‚ã«ã¯ãŠé‡‘がかかります。インターネット上でå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—ないという点で、かれらはGPLに違反しているのではないでしょうか?</a></li>
 
-<P>
-<HR>
-<P>
+  </ul>
 
+<hr />
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhatDoesGPLStandFor" 
NAME="WhatDoesGPLStandFor">¡ÖGPL¡×¤È¤Ï²¿¤Îά¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dl>
 
-<dd>¡ÖGPL¡×¤Ï¡Ö°ìÈ̸ø½°ÍøÍѵöÂú·ÀÌó½ñ(General Public License)¡×¤Îά¤Ç
-¤¹¡£¤³¤Î¼ï¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÇºÇ¤âÉáµÚ¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤¬¡ÖGNU°ìÈ̸ø½°ÍøÍѵöÂú·ÀÌó
-½ñ(GNU General Public License)¡×¤Ç¤¢¤ê¡¢Ã»¤¯GNU GPL¤È¸Æ¤Ð¤ì¤ë¤³¤È¤â¤¢
-¤ê¤Þ¤¹¡£GNU GPL¤ÎÏäò¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤¬ÌÀ¤é¤«¤Ê¾ì¹ç¤Ë¤Ï¡¢¤µ¤é¤Ë¡ÖGPL¡×¤È½Ì¤á
-¤Æ¤â¤«¤Þ¤¤¤Þ¤»¤ó¡£
+<dt><b><a href="#TOCWhatDoesGPLStandFor"
+name="WhatDoesGPLStandFor">&ldquo;GPL&rdquo;とは何の略ですか?</a></b></dt>
 
-<p>
+<dd>「GPL」は「一般公衆ライセンス(General Public
+License)」の略です。この種のライセンスで最も普及しているのが「GNU一般å
…¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹(GNU General Public
+License)」であり、短くGNU GPLと呼ばれることもあります。GNU
+GPLの話をしているのが明らかなå 
´åˆã«ã¯ã€ã•ã‚‰ã«ã€ŒGPL」と縮めてもかまいません。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL" 
NAME="DoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL">
-¡Ö¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ç¤¢¤ë¡×¤È¤Ï¡¢GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¤¤¤¦°ÕÌ£¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCDoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL"
+name="DoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL">「自由ソフトウェアである」とは、GPLを使っているという意味ですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤½¤ó¤Ê¤³¤È¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ï¡¢GPL¤Î¾¤Ë¤â
-¿¿ô¸ºß¤·¤Þ¤¹¡£Á´¤Æ¤òÌÖÍ夷¤Æ¤¤¤ë¤ï¤±¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¤¬¡¢<A
-HREF="/licenses/license-list.ja.html">¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î°ìÍ÷</A>¤òÍÑ°Õ¤·¤Æ¤¤
-¤Þ¤¹¤Î¤Ç¤´Í÷¤¯¤À¤µ¤¤¡£¥æ¡¼¥¶¤Ë <A HREF="/philosophy/free-sw.ja.html">
-¤¢¤ëÆÃÄê¤Î¼«Í³</A>¤òÄ󶡤¹¤ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ï¤¹¤Ù¤Æ¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î¥é¥¤
-¥»¥ó¥¹¤Ç¤¹¡£
-<p>
+そんなことはありません。自由ソフトウェアのライセンスは、GPLの他にも多数存在します。å
…¨ã¦ã‚’網羅しているわけではありませんが、<a
+href="/licenses/license-list.html">ライセンスの一覧</a>を用意していますのでご覧くã
 ã•ã„。ユーザに、<a
+href="/philosophy/free-sw.html">定められた自由</a>を提供するライセンスは、すべて自由ソフトウェアのライセンスです。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhyUseGPL" NAME="WhyUseGPL">
-¾¤Î¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ç¤Ï¤Ê¤¯¡¢GNU 
GPL¤òŬÍѤ·¤¿¤Û¤¦¤¬Îɤ¤¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWhyUseGPL" 
name="WhyUseGPL">他の自由ソフトウェア・ライセンスではなく、GNU
+GPLを使ったほうが良いのはなぜですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-GNU GPL¤òŬÍѤ¹¤ë¤³¤È¤Ë¤è¤Ã¤Æ¡¢<A HREF="/philosophy/pragmatic.ja.html">¸ø
-³«¤µ¤ì¤ë²þÎɥС¼¥¸¥ç¥ó¤¬¤¹¤Ù¤Æ¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ç¤¢¤ë¤³¤È</A>¤òÍ׵᤹
-¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£¤³¤ì¤Ë¤è¤ê¡¢¸µ¤Ï¤È¸À¤¨¤Ð¼«Ê¬¤ÎÃøºîʪ¤Ê¤Î¤Ë¡¢¤½¤ì¤ËÆÈ
-ÀêŪ¤Ê²þÊѤ¬¹Ô¤ï¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤È¼«Ê¬¤¬¶¥Á褷¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¯¤Ê¤ë¤È¤¤¤Ã
-¤¿»öÂ֤˴٤ë¥ê¥¹¥¯¤ò²óÈò¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£¤·¤«¤·¡¢ÆÃÊ̤ʾì¹ç¤Ë¤Ï<A
-HREF="/licenses/why-not-lgpl.ja.html">¤è¤êÀ©Ìó¤Î´Ë¤¤¥é¥¤¥»¥ó¥¹</A>¤òŬ
-ÍѤ·¤¿¤Û¤¦¤¬Îɤ¤¤³¤È¤â¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£
-<p>
+GNU GPLを適用することによって、<a
+href="/philosophy/pragmatic.html">リリースされる改良バージョンがすべて自由ソフトウェアであることを要求することができます</a>。これにより、å
…
ƒã¯è‡ªåˆ†ã®è‘—作物なのに、それにプロプライエタリな改変が行われたバージョンと自分が競争しなければならなくなるといった事æ
…
‹ã«é™¥ã‚‹ãƒªã‚¹ã‚¯ã‚’回避することができます。しかし、特別なå
 ´åˆã«ã¯<a
+href="/licenses/why-not-lgpl.html">より寛容なライセンス</a>を適用したほうが良いこともあります。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense" 
NAME="DoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense">
-¤¹¤Ù¤Æ¤ÎGNU¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ë¤Ï¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤È¤·¤ÆGNU 
GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCDoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense"
+name="DoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense">すべてのGNUソフトウェアにはライセンスとしてGNU
+GPLが使われているのですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤Û¤È¤ó¤É¤ÎGNU¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¥Ñ¥Ã¥±¡¼¥¸¤Ë¤ÏGNU GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤¬¡¢¤¤
-¤¯¤Ä¤«¤ÎGNU¥×¥í¥°¥é¥à(¤ª¤è¤Ó¤½¤Î°ìÉô)¤Ë¤Ï¡¢ÎôÅùGPL(Lesser GPL, LGPL)¤Î
-¤è¤¦¤Ê¤è¤ê´Ë¤¤¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¤³¤ì¤Ë¤Ï¡¢»ä¤¿¤Á¤Î<A
-HREF="/licenses/why-not-lgpl.ja.html">Àïά</A>¤¬´Ø·¸¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
-<p>
+ほとんどのGNUソフトウェアパッケージにはGNU
+GPLが適用されていますが、いくつかのGNUプログラム
(およびプログラム
の一部)には、劣等GPLのようなより緩いライセンスが適用されています。これには、わたしたちの<a
+href="/licenses/why-not-lgpl.html">戦略</a>が関係しています。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware" 
NAME="DoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware">
-GPL¤òŬÍѤ¹¤ë¤È¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ÏGNU¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ë¤Ê¤ë¤Î¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCDoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware"
+name="DoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware">GPLを使うとそのプログラãƒ
 ã¯GNUソフトウェアになるのですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-GNU GPL¤Î²¼¤Ç¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¸ø³«¤¹¤ë¤Î¤Ïï¤Ë¤Ç¤â½ÐÍè¤Þ¤¹¤¬¡¢¤½¤ì¤Ë¤è¤Ã¤Æ
-¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤¬GNU¥Ñ¥Ã¥±¡¼¥¸¤Î°ì¤Ä¤Ë¤Ê¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
-¡Ö¥×¥í¥°¥é¥à¤òGNU¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ë¤¹¤ë¡×¤È¤Ï¡¢¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤òGNU¥×¥í¥¸¥§
-¥¯¥È¤ËÌÀ¼¨Åª¤Ë´ó£¤¹¤ë¤³¤È¤Ç¤¹¡£¥×¥í¥°¥é¥à¤Î³«È¯¼Ô¤ÈGNU¥×¥í¥¸¥§¥¯¥È¤¬
-´ó£¤ËƱ°Õ¤¹¤ë¤È¡¢¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ÏGNU¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£¥×¥í¥°¥é
-¥à¤òGNU¥×¥í¥¸¥§¥¯¥È¤Ë´ó£¤¹¤ë¤³¤È¤Ë¶½Ì£¤¬¤¢¤ëÊý¤Ï¡¢<A
-HREF="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</A>¤Þ¤Ç
-¤¼¤Ò¤´°ìÊ󤯤À¤µ¤¤¡£
+GNU GPLのもとでプログラム
をリリースするのは誰にでも出来ますが、それによってそのプログラãƒ
 ãŒGNUパッケージの一つになるということではありません。
 <p>
+プログラムをGNUソフトウェアにするとは、そのプログラム
をGNUプロジェクトに明示的に寄贈することです。プログラãƒ
 ã®é–‹ç™ºè€…
とGNUプロジェクトが寄贈に同意すると、そのプログラム
はGNUソフトウェアになります。プログラム
をGNUプロジェクトに寄贈することに興味がある方は、<a
+href="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</a>まで連絡くだ
さい。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCReportingViolation" NAME="ReportingViolation">
-GPL°ãÈ¿¤Î²ÄǽÀ­¤¬¤¢¤ë»öÎã¤ò¸«¤Ä¤±¤¿¤é¡¢¤É¤¦¤¹¤ì¤ÐÎɤ¤¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#ReportingViolation"
+name="TOCReportingViolation">GPL違反の可能性がある事例を見つけたら、どうすれば良いですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤½¤Î»Ý<A HREF="/licensing/gpl-violation.ja.html">Êó¹ð</a>¤·¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤¡£
-¤Þ¤º»ö¼Â¤ò¤Ç¤­¤ë¤À¤±Ãí°Õ¿¼¤¯Ä´¤Ù¡¢¤½¤Î¾å¤ÇÌäÂê¤È¤Ê¤Ã¤Æ¤¤¤ëGPL¤ÇÊݸ
-¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Î½ÐÈǼԤäÃøºî¸¢¼Ô¤Ë»öÂÖ¤òÅÁ¤¨¤Þ¤·¤ç¤¦¡£Ãøºî¸¢¼Ô
-¤¬¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢ºâÃĤʤé¤Ð¡¢<A
-HREF="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</A>
-¤Þ¤Ç¤´°ìÊ󤯤À¤µ¤¤¡£ Ãøºî¸¢¼Ô¤¬¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢ºâÃİʳ°¤Î¾ì¹ç¤Ë
-¤Ï¡¢¥×¥í¥°¥é¥à¤Î´ÉÍý¼Ô¤¬Ãøºî¸¢¼Ô¤Ç¤¢¤ë¤³¤È¤â¤¢¤ê¤Þ¤¹¤·¡¢¤½¤¦¤Ç¤Ê¤±
-¤ì¤Ð¤É¤¦¤¹¤ì¤ÐÃøºî¸¢¼Ô¤ËÏ¢Íí¤Ç¤­¤ë¤«¶µ¤¨¤Æ¤¯¤ì¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«¤é¡¢´ÉÍý
-¼Ô¤ËÏ¢Íí¤·¤Þ¤·¤ç¤¦¡£
-<p>
+その旨を<a
+href="/licenses/gpl-violation.html">報告してくだ
さい</a>。まず事実をできるだ
け注意深く調べ、その上で問題となっているGPLで保護されたプログラãƒ
 ã®å‡ºç‰ˆè€…や著作権者に事態を伝えましょう。著作権者
がフリーソフトウェアファウンデーションならば、<a
+href="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</a>までご一報くだ
さい。著作権者
がフリーソフトウェアファウンデーション以外のå 
´åˆã«ã¯ã€ãƒ—ログラムのメンテナーが著作権者
であることもありますし、そうでなければどうすれば著作権è€
…
に連絡できるか教えてくれるでしょうから、メンテナーに連絡しましょう。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions" 
NAME="WhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions">
-GPL¤¬¥æ¡¼¥¶¤Î²þÊѤ·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Î¸øɽ¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions"
+name="WhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions">GPLがユーザの改変した版のå
…¬é–‹ã‚’許可しているのはなぜですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î¤­¤ï¤á¤Æ½ÅÍפʥݥ¤¥ó¥È¤Ï¡¢¥æ¡¼¥¶¤¬¼«Í³¤Ë¶¨ÎϤǤ­¤ë
-¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ç¤¹¡£¥Ð¥°¥Õ¥£¥Ã¥¯¥¹¤ä²þÎɤò¾¤Î¥æ¡¼¥¶¤È¶¦Í­¤¹¤ë¤³¤È¤Ë¤è¤Ã¤Æ¡¢
-¤ª¸ß¤¤¤Ë½õ¤±¹ç¤¤¤¿¤¤¤È˾¤à¥æ¡¼¥¶¤Î´ê¤¤¤ò³ð¤¨¤ë¤³¤È¤ÏÀäÂФËɬÍפʤ³¤È¤Ê
-¤Î¤Ç¤¹¡£
+自由ソフトウェアのきわめて重要なポイントは、ユーザが自由に協力できるということです。バグフィックスや改良を他のユーザとå
…
±æœ‰ã™ã‚‹ã“とによって、お互いに助け合いたいと望むユーザの願いをかなえることは絶対にå¿
…要なことなのです。
 <p>
-GPL¤ÎÂåÂذƤȤ·¤Æ¡¢²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Ï¸¶ºî¼Ô¤Îµö²Ä¤òɬÍפȤ¹¤ë¡¢¤È
-¤¤¤¦¤è¤¦¤Ê¾ò·ï¤òÄó°Æ¤·¤¿¿Í¤¬¤¤¤Þ¤·¤¿¡£¼ÂºÝÌäÂê¤È¤·¤Æ¡¢¤³¤Î¤ä¤êÊý¤Ï¸¶ºî
-¼Ô¤¬¥á¥ó¥Æ¥Ê¥ó¥¹¤ÎɬÍפËÂбþ¤·ÀÚ¤ì¤Æ¤¤¤ë´Ö¤Ï¤¦¤Þ¤¯¹Ô¤¯¤Ç¤·¤ç¤¦¤¬¡¢¤â¤·
-ºî¼Ô¤¬(¿¤«¤ì¾¯¤Ê¤«¤ì)²¿¤«ºî¶È¤ò¤¹¤ë¤³¤È¤ò»ß¤á¤Æ¤·¤Þ¤Ã¤¿¤ê¡¢¥æ¡¼¥¶¤Î¥Ë¡¼
-¥º¤¹¤Ù¤Æ¤ÎÌÌÅݤò¸«¤Ê¤¯¤Ê¤Ã¤¿¤ê¤·¤¿¤é¡¢¤³¤Î¤ä¤êÊý¤Ï¹Ô¤­µÍ¤Þ¤Ã¤Æ¤·¤Þ¤¤¤Þ
-¤¹¡£¼ÂºÝ¾å¤ÎÌäÂê¤ÏÊ̤Ȥ·¤Æ¤â¡¢¤³¤Î¤ä¤êÊý¤Ï¥æ¡¼¥¶¤¬¸ß¤¤¤Ë½õ¤±¹ç¤¦¤³¤È¤ò
-µö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
-¥æ¡¼¥¶¤Ë¤è¤Ã¤Æºî¤é¤ì¤¿ÍÍ¡¹¤Ê¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó´Ö¤Ç¤Îº®Íð¤òÈò¤±¤ë¤¿¤á¤Î¼êÃʤȤ·
-¤Æ¡¢²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò¥³¥ó¥È¥í¡¼¥ë¤¹¤ë¤³¤È¤¬Äó°Æ¤µ¤ì¤ë¤³¤È¤¬¤¢¤ê¤Þ
-¤¹¡£¤·¤«¤·¡¢»ä¤¿¤Á¤Î·Ð¸³¤Ç¤Ï¡¢¤³¤Î¼ï¤Îº®Íð¤ÏÂ礭¤ÊÌäÂê¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-Emacs¤Î¿¤¯¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤¬GNU¥×¥í¥¸¥§¥¯¥È¤Î³°Éô¤Çºî¤é¤ì¤ÆÍè¤Þ¤·¤¿¤¬¡¢¥æ¡¼
-¥¶¤Ï¤½¤ì¤é¤òÊÌ¡¹¤Î¤â¤Î¤È¤·¤Æ¸«Ê¬¤±¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£GPL¤Ç¤Ï¡¢Â¾¤Î
-¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤È¸«Ê¬¤±¤¬¤Ä¤¯¤è¤¦¤Ë¤·¤Æ¾¤Î´ÉÍý¼Ô¤¿¤Á¤Î̾À¼¤ò¼é¤ë¤¿¤á¡¢¤¢¤ë
-¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Îºî¼Ô¤Ë¤ÏÈà¤Þ¤¿¤ÏÈà½÷¤Î̾Á°¤òºÜ¤»¤ë¤³¤È¤òÍ׵ᤷ¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
+GPLの代替案として、改変された版は原作者の許可を必
要とする、というような条件を提案した人がいました。実際問題として、このやり方は原作è€
…がメンテナンスの必
要に対応し切れている間はうまく行くでしょうが、もし作è€
…
が(多かれ少なかれ)何か作業をすることを止めてしまったり、ユーザのニーズすべての面倒を見なくなったりしたら、このやり方は行き詰まってしまいます。実際上の問題は別としても、このやり方はユーザが互いに助け合うことを許可していません。</p>
 <p>
+ユーザによって作られた様々
なバージョン間での混乱を避けるための手段として、改変されたバージョンをコントロールすることが提案されることがあります。しかし、わたしたちの経験では、この種の混乱は大きな問題ではありません。Emacsの多くのバージョンがGNUプロジェクトの外部で作られて来ましたが、ユーザはそれらを別ã€
…
のものとして見分けることができています。GPLでは、他のバージョンと見分けがつくようにして他のメンテナたちの名声を守るため、あるバージョンの作è€
…には彼または彼女の名前を載せることを要求しています。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCGPLRequireSourcePostedPublic"
-        NAME="GPLRequireSourcePostedPublic">
-                
GPL¤Ï¡¢²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Î¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ò¸ø¤Ëȯɽ¤¹¤ë¤³¤È¤òÍ׵ᤷ¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCGPLRequireSourcePostedPublic"
+name="GPLRequireSourcePostedPublic">GPLは、改変された版のソースコードをå
…¬ã«ç™ºè¡¨ã™ã‚‹ã“とを要求しますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-GPL¤Ç¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬²þÊѤ·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò¸ø³«¤¹¤ë¤³¤È¤ÏÍ׵ᤷ¤Æ¤Ï¤¤¤Þ¤»¤ó¡£
-²þÊѤò²Ã¤¨¤Æ¡¢¸ø³«¤»¤º¤Ë¸Ä¿ÍŪ¤Ë»È¤¦¤Î¤Ï¤¢¤Ê¤¿¤Î¼«Í³¤Ç¤¹¡£¤³¤ì¤ÏÁÈ¿¥(
-´ë¶È¤ò´Þ¤à)¤Ç¤âƱÍͤǡ¢¤¢¤ëÁÈ¿¥¤Ï¡¢²þÊѤ·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤òÍÑ°Õ¤·¤Æ¤½¤ì¤ò
-ÁÈ¿¥³°¤Ë¸ø³«¤¹¤ë¤³¤È¤Ê¤¯ÆâÉôŪ¤ËÍøÍѤ¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£
-<p>
-¤·¤«¤·¡¢<em>¤â¤·</em>¤¢¤Ê¤¿¤¬²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò²¿¤é¤«¤Î·Á¤Ç¸ø¤Ë¤¹
-¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢GPL¤Ï¤¢¤Ê¤¿¤¬²þÊѤ·¤¿¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ò¥æ¡¼¥¶¤¬GPL¤Î²¼¤ÇÆþ¼ê¤Ç¤­
-¤ë¤è¤¦¤Ë¤¹¤ë¤³¤È¤òÍ׵ᤷ¤Þ¤¹¡£
+GPLでは、あなたが改変した版をリリースすることは要求してはいません。改変をåŠ
 
えて、リリースせずに個人的に使うのはあなたの自由です。これは組織(企業を含む)でも同様で、ある組織は、改変した版を用意してそれを組織外にリリースすることなくå†
…部的に利用することができます。
 <p>
-¤¹¤Ê¤ï¤Á¡¢GPL¤Ï²þÊѤµ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤òÆÃÄê¤Î¤ä¤êÊý¤Ç¸ø³«¤¹¤ëµö²Ä¤òÍ¿¤¨
-¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤¬¡¢Ê̤ηÁ¤Ç¤Î¸ø³«¤Ïµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤¹¡£¤·¤«¤·¡¢¸ø³«¤¹¤ë¤«¤É
-¤¦¤«¤Ï¤¢¤Ê¤¿¼¡Âè¤Ç¤¹¡£
+しかし、<em>もし</em>あなたが改変された版を何らかの形でå
…
¬ã«ã™ã‚‹ãªã‚‰ã°ã€GPLはあなたが改変したソースコードをユーザがGPLのもとでå
…¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã™ã‚‹ã“とを要求します。</p>
 <p>
+すなわち、GPLは改変されたプログラム
を特定のやり方でリリースする許可を与えていますが、別の形でのリリースは許可していないのです。しかし、リリースするかどうかはあなた次第です。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhatDoesWrittenOfferValid" 
NAME="WhatDoesWrittenOfferValid">
-        ¤³¤Î¡Ö¤¤¤«¤Ê¤ëÂè»°¼Ô¤ËÂФ·¤Æ¤âˡŪ¤ËÍ­¸ú¤Ê½ñÌ̤ˤè¤ë¥ª¥Õ¥¡¡¼(written 
offer valid for any third party)¡×¤È¤Ï²¿¤Î¤³¤È¤Ç¤¹¤«? 
-        
¤³¤ì¤Ï¡¢À¤³¦Ãæ¤Îï¤â¤¬¡¢GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤ì¤Ð¤É¤ó¤Ê¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¥½¡¼¥¹¤Ç¤â¼ê¤ËÆþ¤ì¤é¤ì¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ê¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCGPLAndNonfreeOnSameMachine"
+name="GPLAndNonfreeOnSameMachine">あるGPLで保護されたプログラム
と、それと関係のない不自由なプログラム
を同じコンピュータに置いても問題ありませんか?</a></b></dt>
+<dd>
+はい。GPLの条項
の「単に集めたもの」がこれに対する許可を明確に与えています。しかし、これは、いずれにしろ正しいとわたしたちが考えていることを強化しているにすぎません。
+<p></p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCCanIDemandACopy"
+name="CanIDemandACopy">GPLで保護されたプログラム
のコピーを誰かが持っていると知っているå 
´åˆã€ã‚ãŸã—はかれにコピーを下さいと要求できますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¡Ö¤¤¤«¤Ê¤ëÂè»°¼Ô¤ËÂФ·¤Æ¤âˡŪ¤ËÍ­¸ú¡×¤È¤Ï¡¢¤½¤Î¥ª¥Õ¥¡¡¼¤ò»ý¤Äï¤â¤¬¡¢
-¤¢¤Ê¤¿¤Ë¥ª¥Õ¥¡¡¼¤ÎÆâÍƤ˱þ¤¸¤ë¤è¤¦Í׵᤹¤ë¸¢Íø¤¬¤¢¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ç¤¹¡£
-<p>
-GPL¤Ë¤Ï¡¢¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤ò¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥ÉÈ´¤­¤Ç¾¦¶ÈŪ¤ËÈÒÉÛ¤¹¤ë¾ì¹ç¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬¸å
-¤Ë¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë»Ý½ñ¤«¤ì¤¿½ñÌ̤ˤè¤ë¥ª¥Õ¥¡¡¼¤òÄ󶡤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê
-¤é¤Ê¤¤¤È¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£¥æ¡¼¥¶¤¬¤¢¤Ê¤¿¤«¤é¼õ¤±¼è¤Ã¤¿¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤òÈ󾦶ÈŪ¤ËºÆÈÒ
-ÉÛ¤¹¤ë¤È¤­¤Ë¤Ï¡¢¤³¤Î½ñÌ̤ˤè¤ë¥ª¥Õ¥¡¡¼¤ÎÊ£À½¤ò°ì½ï¤ËÅϤµ¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ
-¤»¤ó¡£¤³¤ì¤Ï¡¢¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤òľÀܤ¢¤Ê¤¿¤«¤éÆþ¼ê¤·¤Ê¤«¤Ã¤¿¿Í¡¹¤â¡¢½ñÌ̤ˤè¤ë
-¥ª¥Õ¥¡¡¼¤È°ì½ï¤Ë¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ÎÊ£À½¤ò¼õ¤±¼è¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤ò°Õ
-Ì£¤·¤Þ¤¹¡£
-<p>
-»ä¤¿¤Á¤¬¡¢¥ª¥Õ¥¡¡¼¤¬¤¤¤«¤Ê¤ëÂè»°¼Ô¤Ë¤È¤Ã¤Æ¤âˡŪ¤ËÍ­¸ú¤Ç¤¢¤ë¤³¤È¤òÍ×µá
-¤¹¤ë¤Î¤Ï¡¢¤½¤¦¤¹¤ë¤³¤È¤Ë¤è¤Ã¤Æ¡¢¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤ò´ÖÀÜŪ¤Ë¼õ¤±¼è¤Ã¤¿¿Í¡¹¤â¥½¡¼
-¥¹¥³¡¼¥É¤ò¤¢¤Ê¤¿¤ËÃíʸ¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤ë¤«¤é¤Ç¤¹¡£
-<p>
+いいえ。GPLは、かれに<em>かれがそれを選んだå 
´åˆ</em>、プログラムのコピーを作成し、再é…
å¸ƒã™ã‚‹è¨±å¯ã‚’与えます。それをかれが選ぶのならば、かれは、プログラãƒ
 ã‚’再配布しない権利も持つのです。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCTheGPLSaysModifiedVersions" 
NAME="TheGPLSaysModifiedVersions">GPL¤Ë¤è¤ë¤È¡¢²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Ï¡¢¸ø³«¤µ¤ì¤¿¾ì¹ç¡Ö¤¹¤Ù¤Æ¤ÎÂè»°¼Ô¤Ë...¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤µ¤ì¡×¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¤³¤Î¾ì¹çÂè»°¼Ô¤È¤Ïï¤Î¤³¤È¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWhatDoesWrittenOfferValid"
+name="WhatDoesWrittenOfferValid">この「いかなる第三者
に対しても法的に有効な書面による申し出」とは何のことですか?これは、世界中の誰もが、GPLが適用たどんなプログラãƒ
 ã®ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã§ã‚‚手にå…
¥ã‚Œã‚‰ã‚Œã‚‹ã¨ã„うことなのでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-GPL¤ÎÂè2Àá¤Ç¤Ï¡¢²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë¾ì¹ç¤Ë¤Ï¤¹¤Ù¤Æ¤ÎÂè»°¼Ô¤Ë
-ÂФ·GPL¤Î²¼¤Ç¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤µ¤ì¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È½Ò¤Ù¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¡Ö¤¹¤Ù¤Æ¤Î
-Âè»°¼Ô¡×¤È¤Ï¡¢Ã¯¤Ë¤Ç¤â̵¾ò·ï¤Ç¡¢¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ç¤¹¡£¤·¤«¤·¤³¤ì¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬
-Èà¤é¤Î¤¿¤á¤Ë²¿¤«Êª¼ÁŪ¤Ë*¤·¤Æ¤¢¤²¤ë*¤³¤È¤òÍ׵᤹¤ë¤â¤Î¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-¤³¤ì¤Ï¡¢Èà¤é¤¬¤¢¤Ê¤¿¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Ë´Ø¤·¤Æ¡¢¤¢¤Ê¤¿¤«¤éGPL¤Î²¼¤Ç¥é¥¤¥»¥ó
-¥¹¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤À¤±¤ò°ÕÌ£¤·¤Þ¤¹¡£
+<p>あなたがソースコードを書面による申し出で提供することを選択したå
 
´åˆã€ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã‚’あなたに要求するすべての人にそれを受é
 ˜ã™ã‚‹è³‡æ ¼ãŒã‚ります。</p>
+<p>
+GPLには、バイナリをソースコード抜きで商業的にé…
å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã€ã‚なたが後にソースコードをé…
å¸ƒã™ã‚‹æ—¨ãŒæ›¸ã‹ã‚ŒãŸæ›¸é¢ã«ã‚ˆã‚‹ç”³ã—出を提供しなければならないとあります。ユーザがあなたから受け取ったバイナリを非商業的に再é
…
å¸ƒã™ã‚‹ã¨ãã«ã¯ã€ã“の書面による申し出の複製を一緒に渡さなければなりません。これは、バイナリを直接あなたからå
…¥æ‰‹ã—なかった人々
も、書面による申し出に則してソースコードの複製を受け取ることができるということを意味します。</p>
 <p>
+わたしたちが、申し出がいかなる第三者
にとっても法的に有効であることを要求するのは、そうすることによって、バイナリを間接的に受け取った人ã€
…
もソースコードをあなたに注文することができるからです。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><a href="#TOCRequiredToClaimCopyright"
-        
name="RequiredToClaimCopyright">GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë²þÊѤò²Ã¤¨¤¿¾ì¹ç¡¢¼«Ê¬¤¬²þÊѤ·¤¿ÅÀ¤Ë´Ø¤·¤ÆÃøºî¸¢¤ò¼çÄ¥¤¹¤ëɬÍפϤ¢¤ê¤Þ¤¹¤«?</a></h4>
+<dt><b><a href="#TOCTheGPLSaysModifiedVersions"
+name="TheGPLSaysModifiedVersions">GPLでは、改変されたバージョンがリリースされたå
 ´åˆã€ã€Œã™ã¹ã¦ã®ç¬¬ä¸‰è€…に&hellip;
+ライセンスされ」なければならないとされています。このå
 ´åˆã€ç¬¬ä¸‰è€…とは誰のことですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤¢¤Ê¤¿¤¬²þÊѤ·¤¿ÅÀ¤Ë´Ø¤·¤ÆÃøºî¸¢¤ò¼çÄ¥¤¹¤ëɬÍפϤ¢¤ê¤Þ¤»¤ó¤¬¡¢Â¿¤¯¤Î¹ñ¡¹
-¤Ç¤ÏÃøºî¸¢¤Ï²¿¤â¤·¤Ê¤¯¤Æ¤â¼«Æ°Åª¤ËÀ¸¤¸¤ë¤³¤È¤Ë¤Ê¤ë¤Î¤Ç¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬²þÊѤ·
-¤¿ÅÀ¤ËÃøºî¸¢¤ò¼çÄ¥¤·¤¿¤¯¤Ê¤¤¤Ê¤é¤Ð¡¢ÌÀ¼¨Åª¤Ë¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã¥¯¥É¥á¥¤¥ó¤ËÃÖ¤¯É¬
-Íפ¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£
+GPLの第2節では、改変されたバージョンを配布するå 
´åˆã«ã¯ã™ã¹ã¦ã®ç¬¬ä¸‰è€…
に対しGPLのもとでライセンスされなければならないと述べています。「すべての第三è€
…」とは、完å…
¨ã«èª°ã«ã§ã‚‚、ということです。しかしこれは、あなたがかれらに何か物理的に<strong>行う</strong>ことを要求するものではありません。これは、かれらがあなたのバージョンに関して、あなたからGPLのもとでライセンスされているということã
 ã‘を意味します。
+<p></p></dd>
 
+<dt><b><a href="#TOCRequiredToClaimCopyright"
+name="RequiredToClaimCopyright">GPLで保護されたプログラム
に改変を加えたå 
´åˆã€è‡ªåˆ†ãŒæ”¹å¤‰ã—た点に関して著作権を主張する必
要はありますか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+あなたの変更に関して著作権を主張する必
要はありませんが、多くの国々
では著作権は何もしなくても自動的に生じることになるので、あなたが改変した点に著作権を主張したくないならば、明示的にパブリックドメインに置くå¿
…要があります。
 <p>
-Ãøºî¸¢¤ò¼çÄ¥¤¹¤ë¤«¤·¤Ê¤¤¤«¤Ë´Ø¤ï¤é¤º¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¼«Ê¬¤¬²þÊѤ·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó
-¤òÁ´ÂΤȤ·¤Æ¤ÏGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
+著作権を主張するかしないかに関わらず、あなたは自分が改変したバージョンをå
…¨ä½“としてはGPLのもとでリリースしなければなりません。(<a
+href="#GPLRequireSourcePostedPublic">もし、あなたの改変したバージョンをリリースするならば</a>)
+</p></dd>
+
 
-<dt><h4><a href="#TOCCombinePublicDomainWithGPL"
-        
name="CombinePublicDomainWithGPL">¤¢¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã¥¯¥É¥á¥¤¥ó¤ËÃÖ¤«¤ì¤¿¥³¡¼¥É¤ÈGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥³¡¼¥É¤«¤é¹½À®¤µ¤ì¤Æ¤¤¤¿¤È¤·¤Æ¡¢¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã¥¯¥É¥á¥¤¥ó¤ÊÉôʬ¤ò¼è¤ê½Ð¤·¤Æ¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã¥¯¥É¥á¥¤¥ó¤Ê¥³¡¼¥É¤È¤·¤ÆÍøÍѤ¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</a></h4>
+<dt><b><a href="#TOCCombinePublicDomainWithGPL"
+name="CombinePublicDomainWithGPL">あるプログラム
がパブリックドメインに置かれたコードとGPLで保護されたコードから構成されていたとして、パブリックドメインな部分を取り出してパブリックドメインなコードとして利用することができますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤É¤ÎÉôʬ¤¬¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã¥¯¥É¥á¥¤¥ó¤ËÃÖ¤«¤ì¤Æ¤¤¤ë¤«¸«Ê¬¤±¤¬¤Ä¤­¡¢¤½¤ì¤ò»Ä¤ê¤Î
-Éôʬ¤«¤éʬΥ¤Ç¤­¤ë¤Ê¤é¤Ð²Äǽ¤Ç¤¹¡£¤â¤·¥³¡¼¥É¤¬¤½¤Î³«È¯¼Ô¤Ë¤è¤Ã¤Æ¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã
-¥¯¥É¥á¥¤¥ó¤ËÃÖ¤«¤ì¤Æ¤¤¤¿¤Ê¤é¤Ð¡¢¥³¡¼¥É¤¬¤É¤³¤Ë¤¢¤í¤¦¤È¤½¤ì¤Ï¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã¥¯
-¥É¥á¥¤¥ó¤À¤«¤é¤Ç¤¹¡£
-<p>
+どの部分がパブリックドメインに置かれているか見分けがつき、それを残りの部分から分離できるならば可能です。もしコードがその開発è€
…
によってパブリックドメインに置かれていたならば、コードがどこにあろうとそれはパブリックドメインã
 ã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDoesTheGPLAllowMoney" NAME="DoesTheGPLAllowMoney">
-         
GPL¤Ï¶âÁ¬ÌÜŪ¤Ç¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤òÈÎÇ䤹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCDoesTheGPLAllowMoney"
+name="DoesTheGPLAllowMoney">GPLは金銭目的でプログラム
の複製を販売することを許可していますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤Ï¤¤¡£GPL¤Ï¡¢Ã¯¤â¤¬ÈÎÇ䤹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£<A
-HREF="/philosophy/selling.ja.html">Ê£À½¤òÈÎÇ䤹¤ë¸¢Íø</A> ¤Ï¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ
-¥È¥¦¥§¥¢¤ÎÄêµÁ¤Î°ìÉô¤Ç¤¹¡£
-<p>
+はい。GPLは、誰もが販売することを許可しています。<a
+href="/philosophy/selling.html">複製を販売する権利</a>は自由ソフトウェアの定義の一部です。一つの特別な状況を除いて、請求できる値段に制限はありません。(ひとつの例外とは、バイナリのみのリリースに要請されるソースコードを提供する書面による申し出(におけるソースコードの提供に関する料金)です。)
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDoesTheGPLAllowDownloadFee" 
NAME="DoesTheGPLAllowDownloadFee">
-       
GPL¤Ï¡¢»ä¤Î¥µ¥¤¥È¤«¤é¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¥À¥¦¥ó¥í¡¼¥É¤¹¤ë¿Í¤ËÎÁ¶â¤ò²Ý¤¹¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCDoesTheGPLAllowDownloadFee"
+name="DoesTheGPLAllowDownloadFee">GPLは、わたしのサイトからプログラãƒ
 
をダウンロードする人に料金を課すことを許可していますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤Ï¤¤¡£¤¢¤Ê¤¿¤Ï¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë¤Ë¤¢¤¿¤ê¡¢Ë¾¤à¤À¤±¤Î¼ê¿ôÎÁ¤ò²Ý
-¤¹¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£¤¿¤À¤·¡¢¤â¤·¤¢¤Ê¤¿¤¬¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤ò¥À¥¦¥ó¥í¡¼¥É¤Ë¤è¤Ã¤ÆÈÒ
-ÉÛ¤¹¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¥½¡¼¥¹¤Î¥À¥¦¥ó¥í¡¼¥É¤Ë´Ø¤·¤Æ¤â¡ÖƱÅù¤Î¥¢¥¯¥»¥¹¡×
-¤òÄ󶡤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¤Î¤Ç¡¢¥½¡¼¥¹¤Î¥À¥¦¥ó¥í¡¼¥É¤Ë²Ý¤¹¼ê¿ôÎÁ¤Ï¥Ð¥¤
-¥Ê¥ê¤ò¥À¥¦¥ó¥í¡¼¥É¤¹¤ë¤¿¤á¤Î¼ê¿ôÎÁ¤è¤ê¤â¹â¤¯¤Ê¤Ã¤Æ¤Ï¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È
-¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£
-<p>
+はい。あなたはプログラムの複製をé…
å¸ƒã™ã‚‹ã«ã‚たり、望むだ
けの料金を課すことができます。ただ
し、もしあなたがバイナリをダウンロードによってé…
å¸ƒã™ã‚‹ãªã‚‰ã°ã€ã‚なたはソースのダウンロードに関しても「同等のアクセス」を提供しなければなりませんので、ソースのダウンロードに課す料金はバイナリをダウンロードするための料金よりも高くなってはならないということになります。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDoesTheGPLAllowRequireFee" 
NAME="DoesTheGPLAllowRequireFee">GPL¤Ï¡¢¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò¼õ¤±¼è¤Ã¤¿¿Í´Ö¤¬»ä¤ËÎÁ¶â¤ò»Ùʧ¤¦¤³¤È¡¢¤¢¤ë¤¤¤Ï¼õ¤±¼è¤Ã¤¿»ÝÄÌÃΤ¹¤ë¤³¤È¤òµÁ̳¤Å¤±¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</a></h4>
+<dt><b><a href="#TOCDoesTheGPLAllowRequireFee"
+name="DoesTheGPLAllowRequireFee">GPLは、ソフトウェアを受け取った人間がわたしに料金を支払うこと、およびまたは、受け取った旨を通知することを義務づけることを許可していますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤¤¤¤¤¨¡£¼ÂºÝ¤Î¤È¤³¤í¡¢¤½¤Î¤è¤¦¤ÊÍ×µá¤Ï¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¯¤·¤Æ¤·
-¤Þ¤¤¤Þ¤¹¡£¤â¤·¿Í¡¹¤¬¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤ò¼ê¤ËÆþ¤ì¤¿¤È¤­¤ËÎÁ¶â¤ò»Ùʧ¤Ã¤¿¤ê¡¢
-狼ÆÃÄê¤Î¿Íʪ¤Ë¤½¤Î¤³¤È¤òÃΤ餻¤¿¤ê¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤Ê¤é¡¢¤½¤Î¥×¥í¥°
-¥é¥à¤Ï¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-<A HREF="/philosophy/free-sw.ja.html">
-¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ÎÄêµÁ</A>¤ò»²¾È¤·¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤¡£
-<p>
-GPL¤Ï¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î°ì¤Ä¤Ç¤¹¤«¤é¡¢Ã¯¤«¤ËÎÁ¶â¤òʧ¤¦¤³¤È
-¤Ê¤¯¡¢¿Í¡¹¤¬¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò»È¤¦¤³¤È¡¢¤½¤·¤ÆºÆÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤µ¤¨µö²Ä¤·¤Æ¤¤
-¤Þ¤¹¡£
+いいえ。実際のところ、そのような要求はプログラム
を不自由にしてしまいます。もし人々がプログラム
の複製を手にå…
¥ã‚ŒãŸã¨ãã«æ–™é‡‘を支払ったり、誰か特定の人物にそのことを知らせたりしなければならないなら、そのプログラãƒ
 ã¯è‡ªç”±ã§ã¯ã‚りません。<a
+href="/philosophy/free-sw.html">自由ソフトウェアの定義</a>を参ç…
§ã—てください。
 <p>
+GPLは自由ソフトウェア・ライセンスの一つですから、そのために誰かに料金を払うことなく、人ã€
…がソフトウェアを使うこと、そして再é…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とさえ許可しています。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic"
-NAME="DoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic">GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò¼ê¿ôÎÁ¤ò¼è¤Ã¤ÆÈÒÉÛ¤¹¤ë¾ì¹ç¡¢»ä¤Ï¸ø½°¤¬¼ê¿ôÎÁ̵¤·¤Ç¤â¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò¼ê¤ËÆþ¤ì¤é¤ì¤ë¤è¤¦¤Ë¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></H4>
+<dt><b><a href="#TOCDoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic"
+name="DoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic">GPLが適用されたソフトウェアを料金を取ってé
…å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã€ã‚ãŸã—はå…
¬è¡†ãŒæ–™é‡‘なしでもソフトウェアを手にå…
¥ã‚Œã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—なければならないでしょうか?</a></b></dt>
  
 <dd>
-¤½¤ó¤Ê¤³¤È¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¤¬¡¢¤â¤·Ã¯¤«¤¬¤¢¤Ê¤¿¤Ë¼ê¿ôÎÁ¤òʧ¤Ã¤ÆÊ£À½¤ò¼ê¤ËÆþ
-¤ì¤¿¤Ê¤é¤Ð¡¢GPL¤Ï¤½¤Î¿Í¤¬¸ø½°¤Ë¤½¤ÎÊ£À½¤ò¡¢¼ê¿ôÎÁ¤Î̵ͭ¤Ë´Ø¤ï¤é¤º¸ø³«
-¤¹¤ë¼«Í³¤òÍ¿¤¨¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£Î㤨¤Ð¡¢Ã¯¤«¤¬¤¢¤Ê¤¿¤Ë¼ê¿ôÎÁ¤òʧ¤Ã¤¿¤Ê¤é¤Ð¡¢¤½
-¤Î¿Í¤ÏÊ£À½¤ò°ìÈ̸ø½°¤Ë¸þ¤±¤Æ¥¦¥§¥Ö¥µ¥¤¥È¤Ç¸ø³«¤¹¤ë¤³¤È¤¬²Äǽ¤Ç¤¹¡£
-<p>
+いいえ。しかし、もし誰かがあなたに料金を払って複製を手にå
…¥ã‚ŒãŸãªã‚‰ã°ã€GPLはその人がå…
¬è¡†ã«ãã®è¤‡è£½ã‚’、料金のありでもなしでも、リリースする自由を与えています。たとえば、誰かがあなたに料金を払ったならば、その人は複製を一般å
…¬è¡†ã«å‘けてウェブサイトで公開することが可能です。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDoesTheGPLAllowNDA" NAME="DoesTheGPLAllowNDA">
-  
GPL¤Ï¡¢²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¡¢¤¢¤ë¤¤¤Ï¥Ù¡¼¥¿ÈǤòµ¡Ì©ÊÝ»ý·ÀÌó(NDA)¤Î²¼¤ÇÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</a></h4>
+<dt><b><a href="#TOCDoesTheGPLAllowNDA"
+name="DoesTheGPLAllowNDA">GPLは、複製物を機密保持契約(NDA)のもとでé
…å¸ƒã™ã‚‹ã“とを許可していますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤¤¤¤¤¨¡£GPL¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤«¤é¤¢¤Ê¤¿¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ÎÊ£À½¤òÆþ¼ê¤·¤¿¿Í¤Ï³§¤½¤Î
-¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ÎÊ£À½¤ò(²þÊѤÎ̵ͭ¤òÌä¤ï¤º)ºÆÈÒÉÛ¤¹¤ë¸¢Íø¤òÍ­¤·¤Æ¤¤¤ë¤Èµ¬Äê
-¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¤¢¤Ê¤¿¤Ë¤Ï¡¢Ãøºîʪ¤ÎÈÒÉۤ˴ؤ·¤ÆGPL¤è¤ê¸·¤·¤¤À©¸Â¤ò¤«¤±¤ë
-¸¢¸Â¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+いいえ。GPLは、あなたから複製をå…
¥æ‰‹ã—た人は皆、その複製を、改変ありでも、なしでも、再é
…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’有していると述べています。あなたには、著作物のé
…
å¸ƒã«é–¢ã—て、より厳しい制限をかけることは、認められません。
+<p>もし、誰かが、あなたにFSFのGPLで保護されたソフトウェアを受けとるのにNDAにサインすることを求めるのであれば、すぐにわたしたちに知らせてくã
 ã•ã„。連絡先は、<a
+href="mailto:address@hidden";>address@hidden</a>です。</p>
 <p>
+もし、違反が誰か他の著作権者
のGPLで保護されたコードを含むならば、その著作権者
に知らせてくだ
さい。あなたが、他の種類のGPLの違反に対するのと同じように。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDevelopChangesUnderNDA" NAME="DevelopChangesUnderNDA">
-  
GPL¤Ï¡¢»ä¤¬µ¡Ì©ÊÝ»ý·ÀÌó¤Î²¼¤Ç²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò³«È¯¤¹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</a></h4>
+
+<dt><b><a href="#TOCDoesTheGPLAllowModNDA" name="DoesTheGPLAllowModNDA">
+GPLは、改変されたバージョン、あるいはベータ版を機密保持契約(NDA)のもとでé
…å¸ƒã™ã‚‹ã“とを許可していますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤Ï¤¤¡£¤¿¤È¤¨¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤¢¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë²þÊѤò²Ã¤¨¡¢¤½¤Î<em>¤¢¤Ê¤¿¤Î²þ
-ÊѤ·¤¿ÅÀ</em>¤ò¥¯¥é¥¤¥¢¥ó¥È¤¬OK¤ò½Ð¤¹¤Þ¤Ç¸ø³«¤·¤Ê¤¤¤³¤È¤ËƱ°Õ¤¹¤ë¤È¤¤
-¤¦·ÀÌó¤ò¼õÂú¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£¤³¤Î¾ì¹ç¡¢GPL¤Ë¤è¤Ã¤ÆÊݸ¤ì¤Æ¤¤¤ë¥³¡¼
-¥É¤¬NDA¤Î²¼¤ÇÈÒÉÛ¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¤Ï¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¤Î¤Ç¡¢¤³¤¦¤¤¤Ã¤¿¤³
-¤È¤¬²Äǽ¤Ë¤Ê¤ë¤Î¤Ç¤¹¡£
-<p>
-¤Þ¤¿¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¥¯¥é¥¤¥¢¥ó¥È¤ËÂФ·¤Æ¼«Ê¬¤Î²þÊѤ·¤¿ÅÀ¤òGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤·¡¢
-¤·¤«¤·¤½¤ì¤é¤ò¥¯¥é¥¤¥¢¥ó¥È¤¬OK¤È¸À¤¦¤Þ¤Ç¾¤Î¿Í¤Ë¤Ï¸ø³«¤·¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È
-¤Ë¹ç°Õ¤¹¤ë¤³¤È¤â¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£¤³¤Î¾ì¹ç¤â¡¢GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥³¡¼¥É¤¬NDA¤ä¾¤Î
-ÄɲÃŪ¤ÊÀ©¸Â¤Î²¼¤ÇÈÒÉÛ¤µ¤ì¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¤Ï¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+いいえ。GPLは、あなたの改変したバージョンはGPLに述べられたすべての自由を持たなければならないと述べています。ですから、あなたからあなたのバージョンを受け取った誰もが、そのバージョンの複製を(改変しても、改変なしでも)再é
…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’有しているのです。あなたは、著作物のどのバージョンであっても、より厳しい制限をつけてé
…å¸ƒã™ã‚‹ã“とはできません。
+<p></p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCDevelopChangesUnderNDA"
+name="DevelopChangesUnderNDA">GPLは、わたしが機密保持契約(NDA)のもとで改変されたバージョンを開発することを許可していますか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+はい。たとえば、あなたはあるプログラムに改変を加
え、その<em>あなたの変更</em>をクライアントがOKを出すまでリリースしないことに同意するという契約を受諾することができます。このå
 ´åˆã€GPLによって保護されているコードがNDAのもとでé…
å¸ƒã•ã‚Œã¦ã„るということにはなりませんので、こういったことが可能になるのです。
 <p>
-GPL¤Ï¥¯¥é¥¤¥¢¥ó¥È¤¬¤¢¤Ê¤¿¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤òºÆÈÒÉÛ¤¹¤ë¸¢Íø¤òÍ¿¤¨¤Þ¤¹¡£¤·¤«
-¤·¤³¤Î¶Ú½ñ¤­¤Ç¤Ï¡¢¥¯¥é¥¤¥¢¥ó¥È¤¬¤½¤Î¸¢Íø¤ò¹Ô»È¤·¤Ê¤¤¤È·èÄꤷ¤Æ¤¤¤ë¤ï¤±
-¤Ç¤¹¡£
+また、あなたはクライアントに対して自分の変更をGPLのもとでリリースし、しかしそれらをクライアントがOKと言うまで他の人にはリリースしないということに合意することもできます。このå
 ´åˆã‚‚、GPLで保護されたコードがNDAや他の追加
的な制限のもとでé…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹ã¨ã„うことにはなりません。</p>
 <p>
+GPLはクライアントがあなたのバージョンを再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’与えます。しかし、この筋書きでは、クライアントはおそらく、その権利を行使しないことを選択するでしょうが、その権利は<em>有している</em>わけです。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCIWantCredit" 
NAME="IWantCredit">»ä¤Ï¡¢¼«Ê¬¤ÎÃøºîʪ¤Ë¤è¤Ã¤Æ̾À¼¤òÆÀ¤¿¤¤¤·¡¢¿Í¡¹¤Ë¼«Ê¬¤¬½ñ¤¤¤¿¤â¤Î¤Î¤³¤È¤òÃΤäÆÍߤ·¤¤¤Î¤Ç¤¹¡£GPL¤òŬÍѤ·¤Æ¤â¡¢»ä¤Ï¤½¤Î¤è¤¦¤Ê̾À¼¤òÆÀ¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCIWantCredit"
+name="IWantCredit">わたしは、自分の著作物によって名声を得たいし、人ã€
…
に自分が書いたもののことを知って欲しいのです。GPLを適用しても、わたしはそのような名声を得ることができますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤â¤Á¤í¤ó¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤´¼«Ê¬¤ÎÃøºîʪ¤Ë¤Ä¤¤¤Æ̾À¼¤òÆÀ¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£¤¢¤Ê¤¿
-¼«¿È¤Î̾Á°(¤³¤³¤Ç¤Ï¤¢¤Ê¤¿¤¬Ãøºî¸¢¼Ô¤È²¾Äê)¤òÃøºî¸¢É½¼¨¤Ë½ñ¤¯¤Î¤Ï¡¢
-GPL¤Î²¼¤Ç¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¸ø³«¤¹¤ë¤³¤È¤Î°ìÉô¤Ç¤¹¡£GPL¤Ç¤Ï¡¢¤¹¤Ù¤Æ¤ÎÊ£À½¤ËŬ
-ÀÚ¤ÊÃøºî¸¢É½¼¨¤òºÜ¤»¤ë¤³¤È¤òÍ׵ᤷ¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
-<p>
+もちろんあなたはご自分の著作物について名声を得ることができます。あなた自身の名前(ここではあなたが著作権è€
…と仮定)を著作権表示に書くのは、GPLのもとでプログラム
をリリースすることの一部です。GPLでは、すべての複製に適切な著作権表示を載せることを要求しています。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhyMustIInclude" 
NAME="WhyMustIInclude">GPL¤¬¡¢¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤¹¤Ù¤Æ¤ËGPL¤ÎÊ£À½¤ò´Þ¤á¤ë¤³¤È¤òÍ׵᤹¤ë¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWhyMustIInclude"
+name="WhyMustIInclude">GPLが、プログラム
の複製すべてにGPLの複製を含めることを要求するのはなぜですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-Ãøºîʪ¤Ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÎÊ£À½¤ò´Þ¤á¤ë¤³¤È¤Ï¡¢¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤òÆþ¼ê¤·¤¿
-ï¤â¤¬¼«Ê¬¤Î¸¢Íø¤ÎÆâÍƤˤĤ¤¤ÆÃΤ뤳¤È¤¬¤Ç¤­¤ë¤È¤¤¤¦ÅÀ¤Ç¤È¤Æ¤â½ÅÍפǤ¹¡£
-<p>
-¥é¥¤¥»¥ó¥¹¼«ÂΤÎÂå¤ï¤ê¤Ë¡¢¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Îºß½è¤ò»Ø¤¹URL¤ò´Þ¤á¤¿¤¯¤Ê¤ë¤«¤â
-ÃΤì¤Þ¤»¤ó¤¬¡¢URL¤¬º£¸å5ǯ¡¢10ǯ¤È¤º¤Ã¤ÈÍ­¸ú¤Ç¤¢¤ê³¤±¤ë¤È¤¤¤¦³Î¾Ú¤Ï¤¢
-¤ê¤Þ¤»¤ó¡£20ǯ¤â·Ð¤Æ¤Ð¡¢º£Æü»ä¤¿¤Á¤¬URL¤È¤·¤ÆÃΤäƤ¤¤ë¤â¤Î¤½¤Î¤â¤Î¤¬
-¤â¤Ï¤ä¸ºß¤·¤Ê¤¤¤«¤â¤·¤ì¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤¹¡£
+著作物にライセンスの複製を含めることは、そのプログラãƒ
 ã®è¤‡è£½ã‚’入手した誰もが自分の権利の内
容について知ることができるという点でとても重要です。
 <p>
-¥Í¥Ã¥È¥ï¡¼¥¯¤ÎÀ¤³¦¤Ç¾­Í赯¤³¤ëÁ´¤Æ¤ÎÊѲ½¤Ë¤â¤«¤«¤ï¤é¤º¡¢¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£
-À½¤ò»ý¤Ä¿Í¡¹¤¬¤º¤Ã¤È¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ò¸«¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤ë¤³¤È¤òÊݾڤ¹¤ëÍ£°ì¤ÎÊý
-Ë¡¤Ï¡¢¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÎÊ£À½¤ò¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÃæ¤Ë´Þ¤á¤ë¤³¤È¤Ç¤¹¡£
+ライセンス自体の代わりに、ライセンスの在処を指すURLを含めたくなるかも知れません。しかし、URLが今後5年、10年とずっと有効であり続けるという確証はありません。20年も経てば、今日わたしたちがURLとして知っているものそのもの、がもはや存在しないかもしれないのです。</p>
 <p>
+ネットワークの世界で将来起こるå…
¨ã¦ã®å¤‰åŒ–にもかかわらず、プログラムの複製を持つ人々
がずっとライセンスを見ることができることを保証する唯一の方法は、ライセンスの複製をプログラãƒ
 ã®ä¸­ã«å«ã‚ã‚‹ã“とです。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhatIfWorkIsShort" 
NAME="WhatIfWorkIsShort">Ãøºîʪ¤¬¥é¥¤¥»¥ó¥¹¼«¿È¤è¤ê¤â¤½¤ó¤Ê¤ËŤ¯¤Ê¤¤¾ì¹ç¤Ï¤É¤¦¤·¤¿¤é¤è¤¤¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWhatIfWorkIsShort"
+name="WhatIfWorkIsShort">著作物がライセンス自身よりもそんなに長くないå
 ´åˆã¯ã©ã†ã—たらよいですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤â¤·Ã±°ì¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ç¤½¤ÎÄøÅÙ¤Îû¤µ¤Ê¤é¤Ð¡¢GNU GPL¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¡¢¤è¤êñ½ã
-¤Ç¤É¤ó¤Ê¤³¤È¤Ç¤âµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤ë¤è¤¦¤Ê¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤òŬÍѤ·¤¿¤Û¤¦¤¬Îɤ¤¤Ç¤·¤ç
-¤¦¡£
-<p>
+もし単一のプログラムでそんなに短いならば、GNU 
GPLではなく、より単純ですべてに寛容なライセンスを適用したほうが良いでしょう。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCGPLOmitPreamble"
-        NAME="GPLOmitPreamble">
-        
¥¹¥Ú¡¼¥¹ÀáÌó¤Î¤¿¤á¡¢GPL¤ÎÁ°Ê¸¤«¼«Ê¬¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ø¤ÎŬÍÑÊýË¡¤ÎÀâÌÀ¤ò¾Ê¤¤¤Æ¤âÎɤ¤¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCGPLOmitPreamble"
+name="GPLOmitPreamble">スペース節約のため、GPLの前文か自分のプログラãƒ
 ã¸ã®é©ç”¨æ–¹æ³•ã®èª¬æ˜Žã‚’省いても良いですか?</a></b></dt>
 <dd>
-Á°Ê¸¤ÈŬÍÑÊýË¡¤ÎÀâÌÀ¤ÏGNU GPL¤ÎÉԲķç¤Ê°ìÉô¤Ç¤¢¤ê¡¢¾Êά¤¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­
-¤Þ¤»¤ó¡£´°Á´¤ÊGPL¤òŬÍѤ·¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤¡£¼ÂºÝ¤Î¤È¤³¤í¡¢GPL¤Ë¤ÏÃøºî¸¢¤¬¼çÄ¥
-¤µ¤ì¤Æ¤ª¤ê¡¢¤½¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ç¤ÏGPLÁ´ÂΤΰì»ú°ì¶çÃé¼Â¤ÊÊ£À½¤Î¤ßµö²Ä¤·¤Æ
-¤¤¤Þ¤¹¡£
-<p>
-Á°Ê¸¤ÈŬÍÑÊýË¡¤ÎÀâÌÀ¤Ï5000ʸ»ú¤¢¤Þ¤ê¤Ë²á¤®¤º¡¢GPLÁ´ÂΤΥµ¥¤¥º¤Î1/3°Ê²¼
-¤òÀê¤á¤ë¤Ë²á¤®¤Þ¤»¤ó¡£¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¥Ñ¥Ã¥±¡¼¥¸¼«ÂΤ¬ÁêÅö¾®¤µ¤¤¤Î¤Ç̵¤¤¸Â
-¤ê¡¢Á°Ê¸¤ÈÀâÌÀ¤Ï¥Ñ¥Ã¥±¡¼¥¸¤Î¥µ¥¤¥º¤Ë¼Â¼ÁŪ¤Ê¤ï¤º¤«¤ÊÊѲ½¤ò¤â¤¿¤é¤µ¤Ê¤¤
-¤Ç¤·¤ç¤¦¡£¤â¤·¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¥Ñ¥Ã¥±¡¼¥¸¤¬¾®¤µ¤¤¤Î¤Ç¤¢¤ì¤Ð¡¢GNU GPL¤Ç¤Ï¤Ê
-¤¯Ã±½ã¤Ç²¿¤Ç¤âµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤ë¤è¤¦¤Ê¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤òŬÍѤ·¤¿¤Û¤¦¤¬¤¤¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
+前文と適用方法の説明はGNU
+GPLの不可欠
な一部であり、省略することはできません。実際のところ、GPLには著作権が主張されており、そのライセンスではGPLå
…¨ä½“のそのままの複製のみ許可しています。(法的な条項
を使って<a
+href="#ModifyGPL">別のライセンス</a>を作ることはできるでしょうが、それはGNU
 GPLではないでしょう。)
 <p>
+前文と適用方法の説明は5000文字あまりに過ぎず、GPLå…
¨ä½“のサイズの1/3以下を占
めるに過ぎません。ソフトウェアパッケージ自体が相当小さいのでない限り、前文と説明はパッケージのサイズに実質的にわずかな変化しかもたらさないでしょう。もしソフトウェアパッケージが小さいのであれば、GNU
+GPLではなく、単純ですべてに寛容なライセンスを適用したほうがいいでしょう。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhatIsCompatible" 
NAME="WhatIsCompatible">Æó¤Ä¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬¡ÖÌ·½â¤·¤Ê¤¤(compatible)¡×¤È¤Ï¤É¤¦¤¤¤¦°ÕÌ£¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWhatIsCompatible"
+name="WhatIsCompatible">二つのライセンスが「両立する」とはどういう意味ですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-Æó¤Ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¡Ê¤¢¤ë¤¤¤Ïξ¼Ô¤ÎËܼÁŪ¤ÊÉôʬ)¤ò·ë¹ç¤·¤Æ°ì¤Ä¤ÎÂ礭¤ÊÃø
-ºîʪ¤Ë¤¹¤ë¤¿¤á¤Ë¤Ï¡¢¤½¤¦¤¤¤Ã¤¿¤ä¤êÊý¤ÇξÊý¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤òÍøÍѤ¹¤ëµö²Ä¤ò
-ÆÀ¤Æ¤¤¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£Æó¤Ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬·ë¹ç¤¹¤ë¤³¤È¤ò
-µö²Ä¤·¤Æ¤¤¤ì¤Ð¡¢¤½¤ì¤é¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÏÌ·½â¤·¤Þ¤»¤ó¡£Î¾Êý¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤òƱ
-»þ¤ËËþ¤¿¤¹¼êÃʤ¬Â¸ºß¤·¤Ê¤¤¾ì¹ç¡¢¤½¤ì¤é¤ÏÌ·½â¤·¤Þ¤¹¡£
+二つのプログラム(あるいは両者
の本質的な部分)を結合して一つの大きな著作物にするためには、そういったやり方で両方のプログラãƒ
 
を利用する許可を得ていなければなりません。二つのプログラãƒ
 
のライセンスがこれを許可していれば、それらのライセンスは両立します。両方のライセンスを同時に満たす手段が存在しないå
 ´åˆã€ãã‚Œã‚‰ã¯ä¸¡ç«‹ã—ません。
 <p>
-¤¤¤¯¤Ä¤«¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ç¤Ï¡¢·ë¹ç¤ÎÊýË¡¤¬¤½¤ì¤é¤¬Ì·½â¤·¤Ê¤¤¤«¤É¤¦¤«¤Ë±Æ¶Á
-¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£Î㤨¤Ð¡¢¤¢¤ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÎÁȤÏÆó¤Ä¤Î¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤ò°ì½ï
-¤Ë¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¤³¤È¤Ïµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤ë¤¬¡¢¥³¡¼¥É¤ò¥Þ¡¼¥¸¤·¤Æ°ì¤Ä¤Î¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤Ë
-¤¹¤ë¤³¤È¤Ïµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Ê¤¤¡¢¤È¤¤¤Ã¤¿¤¿¤°¤¤¤Ç¤¹¡£
+いくつかのライセンスでは、結合の方法がそれらが両立するかどうかに影響することがあります。たとえば、あるライセンスは、二つのモジュールを一緒にリンクすることは許可しているが、コードをマージして一つのモジュールにすることは許可していない、といったたぐいです。</p>
 <p>
+単に二つの別々のプログラムを同じシステム
にインストールするå 
´åˆã€ãã‚Œã‚‰ã®ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ãŒä¸¡ç«‹ã™ã‚‹å¿…
要はありません。なぜなら、これは別々のプログラム
を一つの大きな著作物に組み合わせてはいないからです。</p>
+</dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhatDoesCompatMean" 
NAME="WhatDoesCompatMean">¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬¡ÖGPL¤ÈÌ·½â¤·¤Ê¤¤¡×¤È¤Ï¤É¤¦¤¤¤¦°ÕÌ£¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWhatDoesCompatMean"
+name="WhatDoesCompatMean">ライセンスが「GPLと両立する」とはどういう意味ですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¾¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÈGNU GPL¤¬Ì·½â¤·¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦°ÕÌ£¤Ç¤¹¡£¤¢¤Ê¤¿¤Ï¡¢Â¾¤Î¥é¥¤
-¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤¿¥³¡¼¥É¤òGNU GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤¿¥³¡¼¥É¤È·ë¹ç¤·¤Æ
-°ì¤Ä¤ÎÂ礭¤Ê¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£
-<p>
-GPL¤Ç¤Ï¡¢¤½¤Î¤è¤¦¤Ê·ë¹çÃøºîʪ¤¬GNU GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤ë¸Â¤ê¡¢·ë¹ç¤òµö²Ä
-¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£Â¾¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤â¤½¤ì¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢¤½¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ï
-GPL¤ÈÌ·½â¤·¤Þ¤»¤ó¡£
+他のライセンスとGNU 
GPLが両立するという意味です。あなたは、他のライセンスのもとでリリースされたコードをGNU
+GPLのもとでリリースされたコードと結合して一つの大きなプログラãƒ
 ã«ã™ã‚‹ã“とができます。
 <p>
+GPLでは、そのような結合著作物がGNU
+GPLのもとでリリースされる限り、結合を許可しています。他のライセンスもそれを許可しているならば、そのライセンスは
 GPLと両立します。
+</p></dd>
+
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWritingFSWithNFLibs" 
NAME="WritingFSWithNFLibs">¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤òÍøÍѤ¹¤ë¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò½ñ¤¤¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢GPL¤òŬÍѤ·¤¿¾ì¹ç¤É¤Î¤è¤¦¤ÊˡŪÌäÂ꤬ȯÀ¸¤¹¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCFSWithNFLibs"
+name="FSWithNFLibs">自由でないライブラリを利用する自由ソフトウェアを書けますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤¢¤Ê¤¿¤¬¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤¬°Ê²¼¤Î¤è¤¦¤ÊGPL¤ÎÎã³°¾ò¹à¤ËÅö¤Æ¤Ï¤Þ¤ë¾ì
-¹ç:
+もし、そうすると、あなたのプログラム
は自由な環境のもとでは完å…
¨ã«ä½¿ç”¨ã§ãã‚‹ã‚ã‘ではありません。あなたのプログラム
がある特定の作業をするために自由でないライブラリに依存しているå
 ´åˆã€è‡ªç”±ãªä¸–界ではそのプログラム
はその作業ができないということになります。自由でないライブラリがなければ実行することすらできないならば、そのプログラãƒ
 ã¯GNUのような自由なオペレーティングシステム
の一部となることができません。プログラム
は自由な世界には完全に出入り禁止とされてしまいます。
 <p>
-<pre>
-     However, as a special exception, the source code distributed need not
-     include anything that is normally distributed (in either source or
-     binary form) with the major components (compiler, kernel, and so on) of
-     the operating system on which the executable runs, unless that
-     component itself accompanies the executable.
-</pre>
-<pre>
-     (Ìõ: ¤·¤«¤·¤Ê¤¬¤é¡¢ÆÃÊ̤ÊÎã³°¤È¤·¤Æ¡¢ÈÒÉÛ¤µ¤ì¤ë¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ËÅö³º
-     ¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¼Â¹Ô·Á¼°¤¬¼Â¹Ô¤µ¤ì¤ë¥ª¥Ú¥ì¡¼¥Æ¥£¥ó¥°¥·¥¹¥Æ¥à¤Î¼çÍפÊ
-     ¥³¥ó¥Ý¡¼¥Í¥ó¥È(¥³¥ó¥Ñ¥¤¥é¤ä¥«¡¼¥Í¥ë¤Ê¤É)¤ËÄ̾ïÉտ路¤Æ(¥½¡¼¥¹¤¢¤ë
-     ¤¤¤Ï¥Ð¥¤¥Ê¥ê·Á¼°¤Ç)ÈÒÉÛ¤µ¤ì¤ë¤â¤Î¤¬´Þ¤Þ¤ì¤Æ¤¤¤ëɬÍפϤʤ¤¤È¤¹¤ë¡£
-     ¤¿¤À¤·¡¢¥³¥ó¥Ý¡¼¥Í¥ó¥È¼«ÂΤ¬¼Â¹Ô·Á¼°¤È°ì½ï¤ËÈÒÉÛ¤µ¤ì¤ë¾ì¹ç¤Ï½ü¤¯¡£)
-</pre>
+ですから、どうか考えてくだ
さい。その作業を、この自由でないライブラリを利用せずに行うことはできませんか?
+あなたはそのライブラリの自由な代替品を書くことはできませんか?</p>
 <p>
-¾åµ­¤Ë¤¢¤Æ¤Ï¤Þ¤ì¤Ð¡¢¤½¤¦¤¤¤Ã¤¿¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤ò»È¤¦¾å¤Ç²¿¤«ÆÃÊ̤ʤ³¤È¤ò¤¹¤ë
-ɬÍפϤ¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¸À¤¤´¹¤¨¤ì¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬É¬ÍפȤ¹¤ë¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤¬ÆÈÀêŪ¤Ê
-¥ª¥Ú¥ì¡¼¥Æ¥£¥ó¥°¥·¥¹¥Æ¥à¤Î¼çÍפʰìÉô¤È¤·¤ÆÄ󶡤µ¤ì¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢GPL¤Ï¿Í¡¹
-¤¬¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¤½¤¦¤¤¤Ã¤¿¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤ë¤Èµ¬
-Äꤷ¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
-<p>
-¾åµ­¤ÎÎã³°¤ÎÈϰϤ˴ޤޤì¤Ê¤¤¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¥ê¥ó¥¯¤·¤¿
-¤¤¾ì¹ç¤Ë¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¼«Ê¬¼«¿È¤Ç¡¢GPL¤È¤Ï´°Á´¤ËÊ̤ËÎã³°¤òÀߤ±¤ëɬÍפ¬¤¢
-¤ê¤Þ¤¹¡£°Ê²¼¤ÎÃøºî¸¢É½¼¨¤È¥é¥¤¥»¥ó¥¹É½¼¨¤Ë¤è¤Ã¤Æ¡¢¥×¥í¥°¥é¥àFOO¤È¥ê¥ó
-¥¯¤¹¤ëµö²Ä¤òÍ¿¤¨¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹:
+もしプログラム
がすでに自由でないライブラリを利用して書かれていたならば、おそらく決断を変えるにはé
…すぎるでしょうから、リリースしないよりは、プログラム
をそのままリリースした方がいいでしょう。しかしREADMEにおいて、自由でないライブラリがå¿
…要であることは欠点であることに言及し、プログラム
を改変して同じ作業を自由でないライブラリ抜きで行えるようにするということを提案してくã
 ã•ã„。このプログラム
になにか重要な仕事をさらに進めることを考える誰かに対して、まず、自由でないライブラリに対する依存から脱却することを提案してくã
 ã•ã„。</p>
 <p>
-<pre>
-   Copyright (C) yyyy  &lt;name of copyright holder&gt;
+GPLで保護された自由ソフトウェアとある自由でないライブラリを結合することに関して、法的問題があるかも知れないことに注意くã
 ã•ã„。詳しくは、<a
+href="#GPLIncompatibleLibs">GPLソフトウェアにGPLと両立しないライブラリを用いたå
 ´åˆã®è³ªå•</a>をご覧ください。
+</p></dd>
 
-    This program is free software; you can redistribute it and/or modify
-    it under the terms of the GNU General Public License as published by
-    the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or
-    (at your option) any later version.
-
-    This program is distributed in the hope that it will be useful,
-    but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
-    MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
-    GNU General Public License for more details.
-
-    You should have received a copy of the GNU General Public License
-    along with this program; if not, write to the Free Software
-    Foundation, Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA  02110-1301  USA
-
-    In addition, as a special exception, &lt;name of copyright
-    holder&gt; gives permission to link the code of this program with
-    the FOO library (or with modified versions of FOO that use the
-    same license as FOO), and distribute linked combinations including
-    the two.  You must obey the GNU General Public License in all
-    respects for all of the code used other than FOO.  If you modify
-    this file, you may extend this exception to your version of the
-    file, but you are not obligated to do so.  If you do not wish to
-    do so, delete this exception statement from your version.
-</pre>
-<pre>
-   (Ìõ: Copyright (C) À¾Îñǯ  &lt;Ãøºî¸¢¼Ô¤Î̾Á°&gt;
 
-    ¤³¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ç¤¹¡£¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤³¤ì¤ò¡¢¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ
-    ¥È¥¦¥§¥¢ºâÃĤˤè¤Ã¤Æȯ¹Ô¤µ¤ì¤¿ GNU°ìÈ̸ø½°ÍøÍѵöÂú·ÀÌó½ñ(¥Ð¡¼¥¸¥ç
-    ¥ó2¤«¡¢´õ˾¤Ë¤è¤Ã¤Æ¤Ï¤½¤ì°Ê¹ß¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Î¤¦¤Á¤É¤ì¤«)¤ÎÄê¤á¤ë¾ò·ï
-    ¤Î²¼¤ÇºÆÈÒÉÛ¤Þ¤¿¤Ï²þÊѤ¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£
-
-    ¤³¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ÏÍ­ÍѤǤ¢¤ë¤³¤È¤ò´ê¤Ã¤ÆÇÛÉÛ¤µ¤ì¤Þ¤¹¤¬¡¢*Á´¤¯¤Î̵ÊÝ
-    ¾Ú* ¤Ç¤¹¡£*¾¦¶È²ÄǽÀ­¤ÎÊݾÚ*¤ä*ÆÃÄê¤ÎÌÜŪ¤Ø¤ÎŬ¹çÀ­*¤Ï¡¢¸À³°¤Ë¼¨¤µ
-    ¤ì¤¿¤â¤Î¤â´Þ¤áÁ´¤¯Â¸ºß¤·¤Þ¤»¤ó¡£¾Ü¤·¤¯¤ÏGNU°ìÈ̸ø½°ÍøÍѵöÂú·ÀÌó½ñ
-    ¤ò¤´Í÷¤¯¤À¤µ¤¤¡£
-
-    ¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤³¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤È¶¦¤Ë¡¢GNU°ìÈ̸ø½°ÍøÍѵöÂú·ÀÌó½ñ¤ÎÊ£À½¤ò°ì
-    Éô¼õ¤±¼è¤Ã¤¿¤Ï¤º¤Ç¤¹¡£¤â¤·¼õ¤±¼è¤Ã¤Æ¤¤¤Ê¤±¤ì¤Ð¡¢¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢
-    ºâÃĤޤÇÀÁµá¤·¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤(°¸Àè¤Ï the Free Software Foundation,
-    Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA)¡£
-
-    ²Ã¤¨¤Æ¡¢ÆÃÊ̤ÊÎã³°¤È¤·¤Æ¡¢&lt;Ãøºî¸¢¼Ô¤Î̾Á°&gt;¤Ï¤³¤Î¥×¥í¥°¥é
-    ¥à¤Î¥³¡¼¥É¤òFOO¥é¥¤¥Ö¥é¥ê(¤¢¤ë¤¤¤ÏFOO¤ÈƱ¤¸¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿
-    FOO¤Î²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó)¤È¥ê¥ó¥¯¤·¡¢¥ê¥ó¥¯¤µ¤ì¤¿Î¾¼Ô¤ò´Þ¤à·ë¹çÃø
-    ºîʪ¤òÈÒÉÛ¤¹¤ëµö²Ä¤òÍ¿¤¨¤Þ¤¹¡£¤¢¤Ê¤¿¤ÏFOO°Ê³°¤Ç»È¤ï¤ì¤Æ¤¤¤ë¤¹¤Ù¤Æ
-    ¤Î¥³¡¼¥É¤Ë´Ø¤·¤Æ¤ÏÁ´ÌÌŪ¤ËGNU°ìÈ̸ø½°ÍøÍѵöÂú·ÀÌó½ñ¤Ë½¾¤ï¤Ê¤±¤ì¤Ð
-    ¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤¢¤Ê¤¿¤¬¤³¤Î¥Õ¥¡¥¤¥ë¤ò²þÊѤ·¤¿¤Ê¤é¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤³¤ÎÎã³°
-    ¤ò¤¢¤Ê¤¿¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Î¥Õ¥¡¥¤¥ë¤Ë°ú¤­Â³¤­Àߤ±¤ë¤³¤È¤â¤Ç¤­¤Þ¤¹¤¬¡¢¤½
-    ¤¦¤¹¤ëµÁ̳¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤â¤·Îã³°¤òÀߤ±¤¿¤¯¤Ê¤±¤ì¤Ð¡¢¤³¤ÎÎã³°¾ò¹à¤ò
-    ¤¢¤Ê¤¿¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤«¤é¤Ïºï½ü¤·¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤¡£)
-</pre>
-<p>
-¤³¤Î¤è¤¦¤ÊÎã³°¤òÀߤ±¤ë¤³¤È¤Ë¤Ä¤¤¤ÆˡŪ¤Ê¸¢¸Â¤ò»ý¤Ã¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ï¥×¥í¥°¥é¥à
-¤ÎÃøºî¸¢¼Ô¤Î¤ß¤Ç¤¹¡£¤¢¤Ê¤¿¤¬¥×¥í¥°¥é¥àÁ´ÂΤò¼«Ê¬¼«¿È¤Ç½ñ¤­¡¢¤Þ¤¿¸Û
-ÍѼԤ¢¤ë¤¤¤Ï³Ø¹»¤¬Ãøºî¸¢¤ò¼çÄ¥¤·¤Ê¤¤¤È²¾Äꤹ¤ì¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬Ãøºî¸¢¼Ô
-¤Ç¤¹¡£¤è¤Ã¤Æ¡¢¤¢¤Ê¤¿¤ÏÎã³°¤òÀµ¼°¤Ëµö²Ä¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£¤·¤«¤·¤¢¤Ê¤¿
-¤¬¡¢Â¾¤Îºî¼Ô¤Î¼ê¤Ë¤è¤ëGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿Â¾¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Î°ìÉôʬ¤ò¤¢¤Ê¤¿¤Î
-¥³¡¼¥É¤Ç»È¤¤¤¿¤¤¤«¤é¤È¤¤¤Ã¤Æ¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬¼«Ê¬¤Ç¤½¤ì¤é¤Î¤¿¤á¤ÎÎã³°¤òÀµ¼°¤Ë
-µö²Ä¤¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¡£¤½¤ì¤é¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÃøºî¸¢¼Ô¤Î¾µÇ§¤òÆÀ¤ë
-ɬÍפ¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£
-<p>
-¾¤Î¿Í¡¹¤¬¥×¥í¥°¥é¥à¤ò²þÊѤ·¤¿¾ì¹ç¡¢Èà¤é¤Ï¼«Ê¬¤Î¥³¡¼¥É¤Ë¤Þ¤ÇƱ¤¸Îã³°¤ò
-Àߤ±¤ëɬÍפϤ¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤½¤¦¤¹¤ë¤«¤É¤¦¤«¤ÏÈà¤é¤ÎÁªÂò¤ËǤ¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
-<p>
-¤³¤ÎÎã³°¤òÀߤ±¤ë¤³¤È¤Ë¤è¤Ã¤ÆˡŪ¤ÊÌäÂê¤Ï̵¤¯¤Ê¤ê¤Þ¤¹¤¬¡¢¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤
-¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤òÍøÍѤ¹¤ë¤³¤È¤Ë¤è¤Ã¤ÆȯÀ¸¤¹¤ë¤â¤Ã¤È¿¼¹ï¤ÊÌäÂê¤Ï²¿¤â²þÁ±¤µ¤ì
-¤Þ¤»¤ó¡£¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¼«Í³¤Ê´Ä¶­¤Î²¼¤Ç¤Ï´°Á´¤Ë»ÈÍѤǤ­¤ë¤ï¤±¤Ç¤Ï
-¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤¹¡£¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¤¢¤ëÆÃÄê¤Îºî¶È¤ò¤¹¤ë¤¿¤á¤Ë¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê
-¤¤¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Ë°Í¸¤·¤Æ¤¤¤ë¾ì¹ç¡¢¼«Í³¤ÊÀ¤³¦¤Ç¤Ï¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¤½¤Îºî¶È
-¤¬¤Ç¤­¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤¬Ìµ¤±¤ì¤Ð¼Â¹Ô
-¤¹¤ë¤³¤È¤¹¤é¤Ç¤­¤Ê¤¤¤Ê¤é¤Ð¡¢¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ÏGNU¤Î¤è¤¦¤Ê¼«Í³¤Ê¥ª¥Ú¥ì¡¼
-¥Æ¥£¥ó¥°¥·¥¹¥Æ¥à¤Î°ìÉô¤È¤Ê¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¡£¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¼«Í³¤ÊÀ¤³¦¤Ë
-¤Ï´°Á´¤Ë½ÐÆþ¤ê¶Ø»ß¤È¤µ¤ì¤Æ¤·¤Þ¤¤¤Þ¤¹¡£
-<p>
-¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¤É¤¦¤«¹Í¤¨¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤¡£¤½¤Îºî¶È¤ò¡¢¤³¤Î¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥é¥¤¥Ö¥é
-¥ê¤òÍøÍѤ»¤º¤Ë¹Ô¤¦¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¤«? ¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤½¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Î¥Õ¥ê¡¼¤Ê
-ÂåÂØÉʤò½ñ¤¯¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¤«?
-<p>
-¤â¤·¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¤¹¤Ç¤Ë¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤òÍøÍѤ·¤Æ½ñ¤«¤ì¤Æ¤¤¤¿¤Ê
-¤é¤Ð¡¢¤ª¤½¤é¤¯·èÃǤòÊѤ¨¤ë¤Ë¤ÏÃÙ¤¹¤®¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«¤é¡¢¸ø³«¤·¤Ê¤¤¤è¤ê¤Ï¡¢
-¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¤½¤Î¤Þ¤Þ¸ø³«¤·¤¿Êý¤¬¤¤¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¡£¤·¤«¤·README¤Ë¤ª¤¤¤Æ¡¢¥Õ
-¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤¬É¬ÍפǤ¢¤ë¤³¤È¤Ï·çÅÀ¤Ç¤¢¤ë¤³¤È¤Ë¸ÀµÚ¤·¡¢¥×¥í¥°
-¥é¥à¤ò²þÊѤ·¤ÆƱ¤¸ºî¶È¤ò¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥é¥¤¥Ö¥é¥êÈ´¤­¤Ç¹Ô¤¨¤ë¤è¤¦¤Ë¤¹¤ë
-¤È¤¤¤¦¤³¤È¤òÄó°Æ¤·¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤¡£
+<dt><b><a href="#TOCGPLIncompatibleLibs"
+name="GPLIncompatibleLibs">GPLソフトウェアにGPLと両立しないライブラリを用いたå
 ´åˆã©ã®ã‚ˆã†ãªæ³•çš„問題が発生するでしょうか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+あなたがリンクするライブラリが以下のようなGPLの例外条é
 …に当てはまる場合:
+<blockquote><p>
+     しかしながら、特別な例外として、é…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã«å½“該プログラム
の実行形式が実行されるオペレーティングシステム
の主要なコンポーネント(コンパイラやカーネルなど)に通常付随して(ソースあるいはバイナリ形式で)é
…å¸ƒã•ã‚Œã‚‹ã‚‚のが含まれている必要はないとします。ただ
し、コンポーネント自体が実行形式と一緒に配布されるå 
´åˆã¯é™¤ãã€‚
+</p></blockquote>
 <p>
+上記にあてはまれば、そういったライブラリを使う上で何か特別なことをするå¿
…要はありません。言い換えれば、あなたが必
要とするライブラリがプロプライエタリ・オペレーティングシステãƒ
 ã®ä¸»è¦ãªä¸€éƒ¨ã¨ã—て提供されるならば、GPLは人々
があなたのプログラム
をそういったライブラリとリンクすることができると述べています。
+</p><p>       
+上記の例外の範囲に含まれないライブラリとあなたのプログラãƒ
 ã‚’リンクしたいå 
´åˆã«ã¯ã€ã‚なたは自分自身で、GPLとは完å…
¨ã«åˆ¥ã«ä¾‹å¤–を設ける必
要があります。以下の著作権表示とライセンス表示によって、プログラãƒ
 FOOとリンクする許可を与えることができます:</p>
+
+<blockquote><p>      
+   Copyright (C) yyyy &lt;name of copyright holder&gt;
+</p><p>
+    This program is free software; you can redistribute it and/or modify it
+under the terms of the GNU General Public License as published by the Free
+Software Foundation; either version 2 of the License, or (at your option)
+any later version.
+日本語訳:
+このプログラム
は自由ソフトウェアです。フリーソフトウェアファウンデーションにより発行されたGNU一般å
…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹(バージョン2のライセンスあるいは、(あなたの選択として)それ以降のバージョンのどれでも)の条é
 …のもとで、あなたは、再é…
å¸ƒã€ãŠã‚ˆã³ã¾ãŸã¯ã€æ”¹å¤‰ã™ã‚‹ã“とができます。
+</p><p>
+    This program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
+ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
+FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License for
+more details.
+日本語訳: このプログラムは有用であることを願ってé…
å¸ƒã•ã‚Œã¦ã„ますが、まったくの **無保証**
+です。商品性または特定の目的に対する適合性の暗黙の保証さえも
 **ありません** 。詳細は、GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã‚’ご覧ください。
+</p><p>
+    You should have received a copy of the GNU General Public License along 
with
+this program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 51
+Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA
+日本語訳: あなたは、GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã®è¤‡è£½ã‚’このプログラム
とともに受け取っているべきです。もし、受け取ってないå 
´åˆã€Free Software
+Foundation, Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA
+まで連絡ください。
+</p>
+ 
+<p>Linking ABC statically or dynamically with other modules is making a
+combined work based on ABC.  Thus, the terms and conditions of the GNU
+General Public License cover the whole combination.
+日本語訳:
+ABCを静的もしくは動的にほかのモジュールとリンクすることは、ABCをもとにして結合著作物を作成することです。ですから、å
…¨ä½“として、GNU一般公衆ライセンスの条項
が適用されます。</p>
 
-¤Þ¤¿¡¢¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Ë¤Ä¤¤¤Æ¡¢¤½¤·¤Æ¤½¤ì¤¬¤¹¤ëºî¶È¤Ë¤Ä¤¤¤ÆÀ§
-Èó»ä¤¿¤Á(<A HREF="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</A>)¤Ë¶µ
-¤¨¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤¡£»ä¤¿¤Á¤Ï¡¢¿Í¡¹¤¬Æ±¤¸»Å»ö¤ò¤¹¤ë¥Õ¥ê¡¼¤Ê¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤ò³«È¯¤¹
-¤ë¤è¤¦¾©Î夹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤ë¤«¤â¤·¤ì¤Þ¤»¤ó¡£
+<p>In addition, as a special exception, the copyright holders of ABC give you
+permission to combine ABC program with free software programs or libraries
+that are released under the GNU LGPL and with code included in the standard
+release of DEF under the XYZ license (or modified versions of such code,
+with unchanged license).  You may copy and distribute such a system
+following the terms of the GNU GPL for ABC and the licenses of the other
+code concerned, provided that you include the source code of that other code
+when and as the GNU GPL requires distribution of source code.
+日本語訳: 加えて、特別の例外として、ABCの著作権者
は、ABCプログラムを、自由ソフトウェア・プログラム
もしくはGNU
+LGPLでリリースされている自由ソフトウェア・ライブラリ、そして、XYZライセンスのDEFの標準リリースに含まれるコード(もしくは、ライセンスの変更されていない、そのコードの改変バージョン)と結合することを許可します。そのようなシステãƒ
 ã‚’、ABCに対するGNU
+GPLの条項
と、その他の関係するコードのライセンスに従って、コピーし、é
…å¸ƒã™ã‚‹ã“とができます。ただし、GNU
+GPLがソースコードのé…
å¸ƒã‚’要求する時は、それに従って、その他のコードのソースコードを含めるå¿
…要があります。</p>
 
+<p>Note that people who make modified versions of ABC are not obligated to
+grant this special exception for their modified versions; it is their choice
+whether to do so.  The GNU General Public License gives permission to
+release a modified version without this exception; this exception also makes
+it possible to release a modified version which carries forward this
+exception.
+日本語訳:
+ABCの改変バージョンを作成する人々
はこの特別の例外をかれらの改変バージョンで許す義務はないことに注意くã
 
さい。そうするかどうかは、はかれらの選択です。GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã¯æ”¹å¤‰ã—たバージョンを、この例外なしにリリースすることを許可しています。この例外は、また、改変バージョンが、この例外をそのまま持つことも可能としています。</p>
+
+</blockquote>
 <p>
+この文面を例外が適用されるそれぞれのファイルに書きます。
+</p><p>
+プログラムの著作だ
けが、このような例外を設けることについて法的な権限を持っています。あなたがプログラãƒ
 å…¨ä½“を自分自身で書き、また雇用者あるいは学æ 
¡ãŒè‘—作権を主張しないと仮定すれば、あなたが著作権者
です。よって、あなたは例外を正式に許可することができます。しかしあなたが、他の作è€
…の手によるGPLで保護された他のプログラム
の一部分をあなたのコードで使いたいからといって、あなたが自分でそれらのための例外を正式に許可することはできません。それらのプログラãƒ
 ã®è‘—作権者の承認を得る必要があります。
+</p><p>
+他の人々がプログラムを改変したå 
´åˆã€ã‹ã‚Œã‚‰ã¯è‡ªåˆ†ã®ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã«ã¾ã§åŒã˜ä¾‹å¤–を設ける必
要はありません。そうするかどうかはかれらの選択に任されています。
+</p><p>
+もし、ライブラリを不自由なものとリンクすることを考えているのであれば、<a
+href="#FSWithNFLibs">自由でないライブラリを利用する自由ソフトウェアを書くには、の節</a>もご覧くã
 ã•ã„。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCHowIGetCopyright" 
NAME="HowIGetCopyright">GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤¹¤ë¤¿¤á¤Ë¡¢»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ËÂФ¹¤ëÃøºî¸¢¤òÆÀ¤ë¤Ë¤Ï¤É¤¦¤·¤¿¤éÎɤ¤¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCHowIGetCopyright"
+name="HowIGetCopyright">GPLのもとでリリースするために、わたしのプログラãƒ
 
に対する著作権を得るにはどうしたら良いですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¥Ù¥ë¥Ì¾òÌó¤Ë¤è¤ë¤È¡¢½ñ¤«¤ì¤¿¤â¤Î¤Ë¤Ï¡¢¤½¤ì¤¬³Î¸Ç¤¿¤ë·Á¼°¤ËÃÖ¤«¤ì¤¿»þ¤«
-¤é¤¹¤Ù¤Æ¼«Æ°Åª¤ËÃøºî¸¢¤¬È¯À¸¤¹¤ë¤³¤È¤Ë¤Ê¤Ã¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¤Ç¤¹¤«¤é¡¢Ã¯¤«¤¬¤¢
-¤Ê¤¿¤ÎÃøºîʪ¤Î½êÍ­¸¢¤ò¼çÄ¥¤·¤Ê¤¤¸Â¤ê¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¼«Ê¬¤¬½ñ¤¤¤¿¤â¤Î¤Ë´Ø¤·¤Æ
-Ãøºî¸¢¤ò¡ÖÆÀ¤ë¡×¤¿¤á¤Ë²¿¤«¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
-¤·¤«¤·¤Ê¤¬¤é¡¢¥¢¥á¥ê¥«¹ç½°¹ñ¤ÇÃøºî¸¢¤òÅÐÏ¿¤¹¤ë¤Î¤ÏÈó¾ï¤ËÎɤ¤¹Í¤¨¤Ç¤¹¡£
-¤³¤ì¤Ë¤è¤Ã¤Æ¡¢¥¢¥á¥ê¥«¹ñÆâ¤Ç¤Î¿¯³²¼Ô¤ËÂй³¤¹¤ë¾å¤Ç¤è¤ê¶¯¤¤¸¢ÎϤ¬Í¿¤¨¤é
-¤ì¤Þ¤¹¡£
+ベルヌ条約のもとでは、書かれたものには、それが確固たる形式に置かれた時から、すべて自動的に著作権が発生することになっています。ですから、誰かがあなたの著作物の所有を主張しない限り、あなたは自分が書いたものに関して著作権を「得る」ために何かしなければならないということはありません。
 <p>
-狼¾¿Í¤¬Ãøºî¸¢¤ò¼çÄ¥¤¹¤ë²ÄǽÀ­¤¬¤¢¤ë¤Î¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬½¾¶È°÷¤äÀ¸Å̤À¤Ã¤¿
-¾ì¹ç¤Ç¤¹¡£¤½¤Î¾ì¹ç¡¢¸ÛÍѼԤä³Ø¹»¤Ï¤½¤Îºî¶È¤Ï¤¢¤Ê¤¿¤¬Èà¤é¤Î¤¿¤á¤Ë¹Ô¤Ã¤¿
-¤â¤Î¤Ç¡¢Ãøºî¸¢¤ÏÈà¤é¤Ëµ¢Â°¤¹¤ë¤È¼çÄ¥¤¹¤ë²ÄǽÀ­¤¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£¤½¤Î¼çÄ¥¤¬Àµ
-Åö¤Ê¤â¤Î¤«¤É¤¦¤«¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬¤ª½»¤Þ¤¤¤Î¾ì½ê¤ÎˡΧ¤ä¸ÛÍÑ·ÀÌ󡢤ɤΤ褦¤Ê
-¼ïÎà¤Î»Å»ö¤ò¤¢¤Ê¤¿¤¬¤·¤Æ¤¤¤ë¤«¤Ê¤É¡¢¾õ¶·¤Ë°Í¤ê¤Þ¤¹¡£µ¿¤¤¤Î²ÄǽÀ­¤¬¤¢¤ë
-¾ì¹ç¤Ë¤ÏÊÛ¸î»Î¤ËÁêÃ̤¹¤ë¤Î¤¬ºÇÁ±¤Ç¤¹¡£
+しかしながら、アメリカ合衆国で著作権を登録するのは非常に良い考えです。これによって、アメリカ国å†
…での侵害者
に対抗する上でより強い権力が与えられます。</p>
 <p>
-¤â¤·¸ÛÍѼԤä³Ø¹»¤¬Ãøºî¸¢¤ò¼çÄ¥¤¹¤ë¤è¤¦¤Ê¤³¤È¤¬¤¢¤êÆÀ¤ë¤È»×¤¦¤Î¤Ç¤·¤¿¤é¡¢
-´ë¶È¤ä³Ø¹»¤ÎŬÀڤʸ¢¸Â¤Î¤¢¤ëÌò°÷¤ä´´Éô¤Ë¤è¤Ã¤Æ½ð̾¤µ¤ì¤¿Ãøºî¸¢Êü´þÀ¼ÌÀ
-(copyright disclaimer)¤òÆÀ¤ë¤³¤È¤Ç¡¢¤³¤ÎÌäÂê¤ò¤Ï¤Ã¤­¤ê²ò·è¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç
-¤­¤Þ¤¹¡£(¤¢¤Ê¤¿¤ÎľÀܤξå»Ê¤ä¶µ¼ø¤Ë¤Ï¡¢ÉáÄ̤½¤Î¤è¤¦¤ÊÀ¼ÌÀ¤Ë¥µ¥¤¥ó¤¹¤ë
-¸¢¸Â¤Ï*¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó*)¡£
+誰か他人が著作権を主張する可能性があるのは、あなたが従業員や学生ã
 ã£ãŸå ´åˆã§ã™ã€‚その場合、雇用者や学æ 
¡ã¯ãã®ä½œæ¥­ã¯ã‚なたがかれらのために行ったもので、著作権はかれらに帰属すると主張する可能性があります。その主張が正当なものかどうかは、あなたがお住まいのå
 
´æ‰€ã®æ³•å¾‹ã‚„雇用契約、どのような種類の仕事をあなたがしているかなど、状況によります。疑いの可能性があるå
 ´åˆã«ã¯å¼è­·å£«ã«ç›¸è«‡ã™ã‚‹ã®ãŒæœ€å–„です。</p>
 <p>
+もし雇用者や学æ 
¡ãŒè‘—作権を主張するようなことがあり得ると思うのでしたら、会社や学æ
 
¡ã®é©åˆ‡ãªæ¨©é™ã®ã‚る役員によって署名された著作権放棄声明(copyright
+disclaimer)を得ることで、この問題をはっきり解決することができます。(あなたの直接の上司や教授には、通常そのような声明にサインする権限は*ありません*。)
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhatIfSchool" 
NAME="WhatIfSchool">»ä¤Î³Ø¹»¤¬¡¢»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ò³Ø¹»¼«¿È¤ÎÆÈÀêŪ¤Ê¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢À½Éʤˤ·¤¿¤¤¤È»×¤Ã¤¿¤é¤É¤¦¤·¤Þ¤·¤ç¤¦?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWhatIfSchool"
+name="WhatIfSchool">わたしの学校が、わたしのプログラムを学æ 
¡è‡ªèº«ã®ãƒ—ロプライエタリ・ソフトウェア製品にしたいと思ったらどうしましょう?</a></b></dt>
 
 <dd>
-º£Æü¡¢Â¿¤¯¤ÎÂç³Ø¤Ï¼«¿È¤¬³«È¯¤·¤¿Ã챤ä¾ðÊó¤ÎÍøÍѤòÀ©¸Â¤¹¤ë¤³¤È¤Ë¤è¤Ã¤Æ
-»ñ¶â¤ò½¸¤á¤è¤¦¤È¤·¤Æ¤ª¤ê¡¢»ö¼Â¾å±ÄÍø´ë¶È¤ÈÂ纹¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£(¤³¤ÎÌäÂê¤È
-¤½¤Î±Æ¶Á¤Ë´Ø¤¹¤ë°ìÈÌŪ¤ÊµÄÏÀ¤Ë¤Ä¤¤¤Æ¤Ï¡¢2000ǯ3·î¤ÎAtlantic Monthly¤Ë
-ºÜ¤Ã¤¿¡ÖThe Kept University¡×¤ò¤´Í÷¤¯¤À¤µ¤¤)¡£
-<p>
-¤¢¤Ê¤¿¤Î³Ø¹»¤¬¡¢¤´¼«Ê¬¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤È¤·¤Æ¸ø³«¤¹¤ë¤³
-¤È¤òµö²Ä¤·¤Ê¤¤¤«¤âÃΤì¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦´í¸±À­¤ò»¡ÃΤ·¤¿¤é¡¢¤½¤ÎÌäÂê¤ò¤Ç¤­¤ë¸Â
-¤êÁᤤÃʳ¬¤ÇÄ󵯤¹¤ë¤³¤È¤¬ºÇÁ±¤Ç¤¹¡£¥×¥í¥°¥é¥à¤¬ÊØÍø¤ËÆ°¤¯¤è¤¦¤Ë¶á¤Å¤±
-¤Ð¶á¤Å¤¯¤Û¤É¡¢³Ø¹»Åö¶É¦¤Ï¤½¤ì¤ò¤¢¤Ê¤¿¤«¤é¼è¤ê¾å¤²¤Æ¤¢¤Ê¤¿È´¤­¤Ç»Å¾å¤²
-¤è¤¦¤È¤¤¤¦Í¶ÏǤ˶î¤é¤ì¤ë¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£½é´ü¤ÎÃʳ¬¤Ç¤¢¤ì¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤è
-¤ê¶¯¤¤±Æ¶ÁÎϤò¿¶¤ë¤¨¤Þ¤¹¡£
+今日、多くの大学は自身が開発した知識や情å 
±ã®åˆ©ç”¨ã‚’制限することによって資金を集めようとしており、事実上営利企業と大差ありません。(この問題とその影響に関する一般的な議論については、2000å¹´3月のAtlantic
+Monthlyに載った&ldquo;The Kept University&rdquo;をご覧ください。)
 <p>
-¤½¤³¤Ç¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï¡¢¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¤Þ¤ÀȾʬ¤Ç¤­¤«¤«¤Ã¤¿¤è¤¦¤Ê¾õÂ֤˲᤮¤Ê¤¤
-¤È¤­¤Ë³Ø¹»Â¦¤Ë¶á¤Å¤­¡¢¤³¤¦¸À¤¦¤³¤È¤ò¤ª¤¹¤¹¤á¤·¤Þ¤¹¡£¡Ö¤â¤·¤¢¤Ê¤¿¤¬¤¿¤¬
-¤³¤ì¤ò¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤È¤·¤Æ¸ø³«¤¹¤ë¤³¤È¤ËƱ°Õ¤¹¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢»Å¾å¤²¤Þ¤¹¡×¡£
-¤³¤ì¤ò¶¼¤·¤È¹Í¤¨¤Æ¤Ï¤¤¤±¤Þ¤»¤ó¡£ÀâÆÀ¤¹¤ë¤Ë¤Ï¡¢¤³¤¦¸À¤¦Í¦µ¤¤¬É¬ÍפǤ¹¡£
-¡Ö»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¼«Í³¤ò»ý¤Ä¤«¡¢¤¢¤ë¤¤¤Ï·è¤·¤ÆÀ¸¤Þ¤ì¤Ê¤¤¤«¡¢¤É¤Á¤é¤«¤À¡£¡×
+あなたの学校が、ご自分のプログラム
を自由ソフトウェアとしてリリースすることを許可しないかも知れないという可能性を察知したら、その問題をできる限り早い段階で提起することが最善です。プログラãƒ
 ãŒä¾¿åˆ©ã«å‹•ãã‚ˆã†ã«è¿‘づけば近づくほど、学æ 
¡å½“局側はそれをあなたから取り上げてあなた抜きで仕上げようという誘惑に駆られることになります。初期の段階であれば、あなたはより強い影響力を振るえます。</p>
 <p>
+そこで、わたしたちは、プログラムがまだ
半分できかかったような状態に過ぎないときに学æ 
¡å´ã«è¿‘づき、こう言うことをおすすめします。「もしあなたがたがこれを自由ソフトウェアとしてリリースすることに同意するならば、仕上げます」。これをè„
…
しと考えてはいけません。説得するには、こう言う勇気がå¿
…要です。「わたしのプログラム
は自由を持つか、あるいは決して生まれないか、どちらかã
 ã€‚」
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCCouldYouHelpApplyGPL" 
NAME="CouldYouHelpApplyGPL">GPL¤ò»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ËŬÍѤ¹¤ë¤Ë¤Ï¤É¤¦¤·¤¿¤é¤è¤¤¤«¡¢Ãà°ìÀâÌÀ¤·¤Æ¤¤¤¿¤À¤±¤Þ¤»¤ó¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCCouldYouHelpApplyGPL"
+name="CouldYouHelpApplyGPL">GPLをわたしのプログラム
に適用するにはどうしたらよいか、逐一説明していただ
けませんか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-<A HREF="/licenses/gpl-howto.html">GPL¤ÎÀâÌÀ</A>¥Ú¡¼¥¸¤ò¤´Í÷¤¯¤À¤µ¤¤¡£
-<p>
+こちらの<a href="/licenses/gpl-howto.html">GPLの手é 
†ã®èª¬æ˜Ž</a>をご覧ください。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCHeardOtherLicense" 
NAME="HeardOtherLicense">GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤ò¡¢Â¾¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¼ê¤ËÆþ¤ì¤¿¿Í¤¬¤¤¤ë¤Èʹ¤­¤Þ¤·¤¿¡£¤³¤ó¤Ê¤³¤È¤Ï¤¢¤êÆÀ¤ë¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCHeardOtherLicense"
+name="HeardOtherLicense">GPLで保護されたプログラム
の複製を、他のライセンスのもとで手にå…
¥ã‚ŒãŸäººãŒã„ると聞きました。こんなことはあり得るのでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-GNU GPL¤Ï¡¢¥æ¡¼¥¶¤¬Â¾¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ò¥×¥í¥°¥é¥à¤Ëź²Ã¤¹¤ë¤³¤È¤òǧ¤á¤Æ¤¤
-¤Þ¤»¤ó¡£¤·¤«¤·¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÃøºî¸¢¼Ô¤Ï¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¤¤¤¯¤Ä¤«¤Î°Û¤Ê¤ë¥é
-¥¤¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤ÇʹԤ·¤Æ¸ø³«¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£¤½¤Î°ì¤Ä¤¬GNU GPL¤Ê¤Î¤«
-¤âÃΤì¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
-¤½¤ì¤¬Ãøºî¸¢¼Ô¤Ë¤è¤Ã¤Æ´Þ¤á¤é¤ì¤¿¤È¹Í¤¨¤é¤ì¡¢¤Þ¤¿¤¢¤Ê¤¿¤¬¤½¤ÎÊ£À½¤ò
-¹çˡŪ¤Ë¼ê¤ËÆþ¤ì¤¿¤Ê¤é¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬»ý¤ÄÊ£À½¤È°ì½ï¤Ë¼ê¤ËÆþ¤Ã¤¿¥é¥¤¥»¥ó¥¹
-¤¬¡¢¤¢¤Ê¤¿¤ÎÊ£À½¤ËŬÍѤµ¤ì¤ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ç¤¹¡£
+GNU
+GPLは、ユーザが他のライセンスをプログラムに添加
することを認めていません。しかしプログラムの著作権者
はプログラム
をいくつかの異なるライセンスのもとで並行してリリースすることができます。その一つがGNU
+GPLなのかも知れません。
 <p>
+それが著作権者
によって含められたと考えられ、またあなたがその複製を合法的に手にå
…¥ã‚ŒãŸãªã‚‰ã°ã€ã‚なたが持つ複製と一緒に手にå…
¥ã£ãŸãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ãŒã€ã‚なたの複製に適用されるライセンスです。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCReleaseUnderGPLAndNF" 
NAME="ReleaseUnderGPLAndNF">¼«Ê¬¤¬½ñ¤¤¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤òGNU 
GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤·¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢Æ±¤¸¥³¡¼¥É¤ò¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¤Ç¤â»È¤¤¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¡£</a></h4>
+<dt><b><a href="#TOCReleaseUnderGPLAndNF"
+name="ReleaseUnderGPLAndNF">自分が書いたプログラムをGNU
+GPLのもとでリリースしたいのですが、同じコードを自由ではないプログラãƒ
 ã§ã‚‚使いたいのです。</a></b></dt>
 
 <dd>
-¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¸ø³«¤¹¤ë¤Î¤Ï¾ï¤ËÆ»ÆÁŪ¤ËÂÄÍ¤¿½ê¶È¤Ç¤¹¤¬¡¢
-ˡŪ¤Ë¤Ï¤¢¤Ê¤¿¤¬¤½¤¦¤¹¤ë¤³¤È¤Ë¤Ä¤¤¤Æ²¿¤Î¾ã³²¤â¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤¢¤Ê¤¿¤¬¥³¡¼
-¥É¤ÎÃøºî¸¢¼Ô¤Ê¤é¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¾ì¹ç¤Ë±þ¤¸¤ÆÍÍ¡¹¤Ê°Û¤Ê¤ëÈóÇÓ¾Ū¥é¥¤¥»
-¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£
-<p>
+自由でないプログラム
をリリースするのは常に道徳的に悪いことですが、法的にはあなたがそうすることについて何の障害もありません。あなたがコードの著作権è€
…ならば、あなたは場合に応じて様々
な異なる非排他的ライセンスのもとでリリースすることができます。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDeveloperViolate" 
NAME="DeveloperViolate">GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Î³«È¯¼Ô¤ÏGPL¤Ë¤è¤Ã¤Æ«Çû¤µ¤ì¤Þ¤¹¤«?
 ³«È¯¼Ô¤¬GPL°ãÈ¿¤òÈȤ¹¤³¤È¤Ï¤¢¤êÆÀ¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCDeveloperViolate"
+name="DeveloperViolate">GPLで保護されたプログラムの開発者
はGPLによって束縛されますか?
+開発者
がGPL違反を犯すことはあり得るでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¸·Ì©¤Ë¸À¤¨¤Ð¡¢GPL¤Ï³«È¯¼Ô¤¬Â¾¤Î¿Í¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÍøÍѤäÈÒÉÛ¡¢²þÊѤ˴ؤ·
-¤Æ¼¨¤¹¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ç¤¹¡£³«È¯¼Ô¼«¿È¤Ï¤½¤ì¤Ë¤è¤Ã¤Æ«Çû¤µ¤ì¤ë¤³¤È¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»
-¤ó¤Î¤Ç¡¢³«È¯¼Ô¤¬²¿¤ò¤·¤è¤¦¤È¡¢¤½¤ì¤ÏGPL¤Î¡Ö°ãÈ¿¡×¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
-¤·¤«¤·¡¢³«È¯¼Ô¤¬Ã¯¤«Â¾¤Î¿Í´Ö¤Ë¤è¤Ã¤Æ¹Ô¤ï¤ì¤¿¤Ê¤é¤ÐGPL°ãÈ¿¤È¤Ê¤ê¤½¤¦¤Ê
-¤³¤È¤ò¤¹¤ë¾ì¹ç¡¢³«È¯¼Ô¤Ï¤â¤Á¤í¤ó¥³¥ß¥å¥Ë¥Æ¥£¤Ë¤ª¤±¤ëÎÑÍýŪ̾À¼¤ò¼º¤Ê¤¦
-¤³¤È¤Ë¤Ê¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
+厳密に言えば、GPLは開発者が他の人のプログラム
の利用や配布、改変に関して示すライセンスです。開発者
自身はそれによって束縛されることはありませんので、開発è€
…が何をしようと、それはGPLの「違反」ではありません。
 <p>
+しかし、開発者
が誰か他の人間によって行われたならばGPL違反となりそうなことをするå
 ´åˆã€é–‹ç™ºè€…
はもちろんコミュニティにおける倫理的名声を失なうことになるでしょう。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCCanDeveloperThirdParty"
-  
NAME="CanDeveloperThirdParty">GPL¤ÇÈÒÉÛ¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤¢¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Î³«È¯¼Ô¤¬¡¢¸å¤Ë¤Ê¤Ã¤Æ¾¤Î¿Í¤ËÇÓ¾ŪÍøÍѤòǧ¤á¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ï¤¢¤êÆÀ¤Þ¤¹¤«?</a></h4>
+<dt><b><a href="#TOCCanDeveloperThirdParty"
+name="CanDeveloperThirdParty">GPLで配布されているあるプログラム
の開発者
が、後になって他の人に排他的利用を認めるということはあり得ますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤¤¤¤¤¨¡¢¸ø½°¤Ï¤¹¤Ç¤Ë¥×¥í¥°¥é¥à¤òGPL¤Î²¼¤ÇÍøÍѤ¹¤ë¸¢Íø¤òÆÀ¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤Î¤Ç¡¢
-¤³¤Î¸¢Íø¤òű²ó¤¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
+いいえ、公衆はすでにプログラム
をGPLのもとで利用する権利を得ていますので、この権利を撤回することはできません。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCCanIUseGPLToolsForNF"
-  NAME="CanIUseGPLToolsForNF">¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¤ò³«È¯¤¹¤ë¤¿¤á¤Ë¡¢GNU 
Emacs¤Î¤è¤¦¤ÊGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥¨¥Ç¥£¥¿¤ò»È¤Ã¤Æ¤âÎɤ¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«? 
GCC¤Î¤è¤¦¤ÊGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥Ä¡¼¥ë¤ò»È¤Ã¤Æ¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¥³¥ó¥Ñ¥¤¥ë¤¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCCanIUseGPLToolsForNF"
+name="CanIUseGPLToolsForNF">自由でないプログラム
を開発するために、GNU
+EmacsのようなGPLで保護されたエディタを使っても良いでしょうか?
+GCCのようなGPLで保護されたツールを使って自由でないプログラãƒ
 ã‚’コンパイルすることはできますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤Ï¤¤¡¢¤Ê¤¼¤Ê¤é¤Ð¥¨¥Ç¥£¥¿¤ä¥Ä¡¼¥ë¤ÎÃøºî¸¢¤Ï¤¢¤Ê¤¿¤¬½ñ¤¯¥³¡¼¥É¤ÏÊݸ¤Ê
-¤¤¤«¤é¤Ç¤¹¡£Ë¡Åª¤Ë¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬¤É¤ó¤Ê¥Ä¡¼¥ë¤ò»È¤Ã¤Æ¤â¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬¤´¼«Ê¬¤Î
-¥³¡¼¥É¤ËŬÍѤ¹¤ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ë´Ø¤·¤Æ¤Ï²¿¤ÎÀ©¸Â¤â²Ý¤µ¤ì¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
-¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤è¤Ã¤Æ¤Ï¡¢µ»½ÑŪ¤ÊÅԹ礫¤é¼«¿È¤Î°ìÉô¤ò½ÐÎÏ·ë²Ì¤Ë¥³¥Ô¡¼¤¹¤ë
-¤â¤Î¤¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£Î㤨¤Ð¡¢Bison¤Ïɸ½à¥Ñ¡¼¥µ¥×¥í¥°¥é¥à¤ò½ÐÎÏ¥Õ¥¡¥¤¥ë¤Ë¥³
-¥Ô¡¼¤·¤Þ¤¹¡£¤½¤Î¤è¤¦¤Ê¾ì¹ç¡¢½ÐÎÏ·ë²Ì¤Ë¥³¥Ô¡¼¤µ¤ì¤¿¥Æ¥­¥¹¥È¤Ï¤½¤Î¥½¡¼¥¹
-¥³¡¼¥É¤òÊݸ¤Æ¤¤¤ë¤Î¤ÈƱ¤¸¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ë¤è¤Ã¤ÆÊݸ¤ì¤Þ¤¹¡£°ìÊý¡¢¥×¥í
-¥°¥é¥à¤ËÍ¿¤¨¤é¤ì¤¿ÆþÎϤ«¤éÇÉÀ¸¤·¤¿½ÐÎÏ·ë²Ì¤Î°ìÉô¤ÏÆþÎϦ¤ÎÃøºî¸¢¾õÂÖ¤ò
-·Ñ¾µ¤·¤Þ¤¹¡£
+はい、なぜならばエディタやツールの著作権はあなたが書くコードには影響しないからです。法的には、あなたがどんなツールを使っても、あなたがご自分のコードに適用するライセンスに関しては何の制限も課されません。
 <p>
-¤¿¤Þ¤¿¤Þ¡¢Bison¤Ï¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¤ò³«È¯¤¹¤ë¤Î¤Ë¤â»È¤¦¤³¤È¤¬¤Ç
-¤­¤Þ¤¹¡£¤³¤ì¤Ï¡¢»ä¤¿¤Á¤¬Bison¤Î½ÐÎÏ·ë²Ì¤Ë´Þ¤Þ¤ì¤ëBison¤Îɸ½à¥Ñ¡¼¥µ¥×¥í
-¥°¥é¥à¤ÏÀ©¸Â̵¤·¤ËÍøÍѤǤ­¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤òÌÀ³Î¤Ëǧ¤á¤Æ¤¤¤ë¤«¤é¤Ç¤¹¡£»ä¤¿
-¤Á¤¬¤³¤¦·è¤á¤¿¤Î¤Ï¡¢Bison¤ÈƱÍͤξ¤Î¥Ä¡¼¥ë¤Ç¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥à
-¤Ç¤ÎÍøÍѤòǧ¤á¤Æ¤¤¤ë¤â¤Î¤¬¤¹¤Ç¤Ë¸ºß¤·¤¿¤«¤é¤Ç¤¹¡£
+プログラム
によっては、技術的な都合から自身の一部を出力結果にコピーするものがあります。たとえば、Bisonは標準パーザ・プログラãƒ
 ã‚’出力ファイルにコピーします。そのようなå 
´åˆã€å‡ºåŠ›çµæžœã«ã‚³ãƒ”ーされたテキストはそのソースコードを保護しているのと同じライセンスによって保護されます。一方、プログラãƒ
 ã«ä¸Žãˆã‚‰ã‚ŒãŸå…¥åŠ›ã‹ã‚‰æ´¾ç”Ÿã—た出力結果の一部はå…
¥åŠ›å´ã®è‘—作権状態を継承します。</p>
 <p>
+たまたま、Bisonは自由でないプログラム
を開発するのにも使うことができます。これは、わたしたちがBisonの出力結果に含まれるBisonの標準パーザ・プログラãƒ
 
は制限なしに利用できるということを明確に認めることを決定したからです。わたしたちがこう決めたのは、Bisonと同様の他のツールで自由でないプログラãƒ
 ã§ã®åˆ©ç”¨ã‚’認めているものがすでに存在したからです。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCGPLFairUse" 
NAME="GPLFairUse">GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ò¡Ö¸øÀµ»ÈÍÑ(fair 
use)¡×¤¹¤ë¸¢Íø¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCGPLFairUse"
+name="GPLFairUse">GPLで保護されたプログラム
のソースコードを「公正使用(fair 
use)」する権利はありますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤Ï¤¤¡¢¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£¡Ö¸øÀµ»ÈÍѡפȤϡ¢ÆÃÊ̤ʵö²Ä¤¬¤Ê¤¯¤Æ¤âǧ¤á¤é¤ì¤Æ¤¤¤ëÍø
-ÍѤΤ³¤È¤Ç¤¹¡£¤½¤Î¤è¤¦¤ÊÍøÍѤ˴ؤ·¤Æ¤Ï³«È¯¼Ô¤Îµö²Ä¤ÏɬÍפǤϤ¢¤ê¤Þ¤»¤ó
-¤«¤é¡¢³«È¯¼Ô¤¬¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤½¤Î¾¤Ç²¿¤ò¸À¤ª¤¦¤È¡¢¤¢¤ë¤¤¤Ï¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬GNU
-GPL¤Ç¤¢¤í¤¦¤¬Â¾¤Î¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ç¤¢¤í¤¦¤¬¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¡Ö¸ø
-Àµ»ÈÍѡפ¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£
-<p>
-¡Ö¸øÀµ»ÈÍѡפˤĤ¤¤ÆÀ¤³¦Åª¤Ê¸¶Â§¤Ï¸ºß¤·¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È¤ËÃí°Õ¤·¤Æ¤¯¤À¤µ
-¤¤¡£¤É¤Î¤è¤¦¤ÊÍøÍѤ¬¡Ö¸øÀµ¡×¤Ç¤¢¤ë¤È¤ß¤Ê¤µ¤ì¤ë¤«¤Ï¹ñ¤Ë¤è¤Ã¤ÆÍÍ¡¹¤Ç¤¹¡£
+はい、あります。「å…
¬æ­£ä½¿ç”¨ã€ã¨ã¯ã€ç‰¹åˆ¥ãªè¨±å¯ãŒãªãã¦ã‚‚認められている利用のことです。そのような利用に関しては開発è€
…の許可は必要ではありませんから、開発者
がライセンスその他で何を言おうと、あるいはライセンスがGNU
+GPLであろうが他の自由ソフトウェア・ライセンスであろうが、あなたは「å
…¬æ­£ä½¿ç”¨ã€ã™ã‚‹ã“とができます。
 <p>
+「å…
¬æ­£ä½¿ç”¨ã€ã«ã¤ã„て世界的な原則は存在しないということに注意してくã
 ã•ã„。どのような利用が「å…
¬æ­£ã€ã§ã‚るとみなされるかは国によって様々です。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCGPLOutput" 
NAME="GPLOutput">¿Í¡¹¤¬»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤òÍøÍѤ·¤ÆÆÀ¤¿½ÐÎÏ·ë²Ì¤ËGPL¤òŬÍѤ¹¤ëÊýË¡¤Ï̵¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?
 
Î㤨¤Ð¡¢»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¥Ï¡¼¥É¥¦¥§¥¢¤ÎÀ߷פ˻Ȥï¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¤·¤Æ¡¢½ÐÍ褿À߷׿ޤâ¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤ÈÍ׵᤹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«¡©</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCGPLUSGov" name="GPLUSGov">合衆国政府はプログラム
をGNU
+GPLでリリースできますか?</a></b></dt>
+<dd>
+もし合衆国連邦政府の被雇用者にその雇用の内
で、そのプログラム
が書かれたのであれば、それはパブリックドメインであり、著作権が主張されないことを意味します。GNU
+GPLは著作権をもとにしているので、そのようなプログラム
はGNU 
GPLのもとではリリースされることはできません。(それは、なお、<a
+href="/philosophy/free-sw.html">自由ソフトウェア</a>であることは可能です、パブリックドメインのプログラãƒ
 ã¯è‡ªç”±ã ã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚)
+<p>
+しかし、合衆国連邦政府の政府機関がコントラクタを使ってソフトウェアを開発したとき、これは異なる状況です。契約によってコントラクタがGNU
+GPLでリリースすることを要請できます。(GNU 
Adaはこのようにして開発されました。)
+もしくは、契約で、著作権を政府機関に移譲するとして、それでそのソフトウェアをGNU
 GPLでリリースするとすることが可能です。  </p></dd>
 
+<dt><b><a href="#TOCGPLUSGovAdd"
+name="GPLUSGovAdd">合衆国政府はGPLで保護されたプログラム
に対して改善をリリースできますか?</a></b></dt>
 <dd>
-°ìÈÌŪ¤Ë¸À¤Ã¤Æ¡¢¤½¤ì¤ÏˡŪ¤ËÉÔ²Äǽ¤Ç¤¹¡£Ãøºî¸¢Ë¡¤Ï¿Í¡¹¤¬¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°
-¥é¥à¤ÈÈà¤é¤Î¥Ç¡¼¥¿¤ò»È¤Ã¤Æºî¤Ã¤¿½ÐÎÏ·ë²Ì¤ÎÍøÍѤ˴ؤ·¤Æ¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ë²¿¤Îȯ
-¸À¸¢¤âÍ¿¤¨¤Æ¤¤¤Þ¤»¤ó¡£¥æ¡¼¥¶¤¬¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ò»È¤Ã¤ÆÈ༫¿È¤Î¥Ç¡¼¥¿
-¤òÆþÎϤʤ¤¤·ÊÑ´¹¤·¤¿¾ì¹ç¡¢½ÐÎÏ·ë²Ì¤ÎÃøºî¸¢¤ÏÈà¤Ë°¤¹¤Î¤Ç¤¢¤Ã¤Æ¡¢¤¢¤Ê¤¿
-¤Ë¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤â¤Ã¤È°ìÈÌŪ¤Ë¸À¤¨¤Ð¡¢¤¢¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤¬ÆþÎϤò¾¤Î·Á¼°
-¤ËÊÑ´¹¤¹¤ë¾ì¹ç¡¢½ÐÎÏ·ë²Ì¤ÎÃøºî¸¢¤Î¾õÂ֤ϡ¢À¸À®¤Î¸µ¤È¤Ê¤Ã¤¿ÆþÎϤΤ½¤ì¤ò
-·Ñ¾µ¤¹¤ë¤Î¤Ç¤¹¡£
+はい。もし合衆国政府の被雇用者によってその雇用の内
で改善が書かれたのならば、その改善はパブリックドメインです。しかし、改善バージョンがå
…¨ä½“としては、GNU
+GPLで、なお、保護されます。この状況では、なんの問題もありません。
 <p>
-¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬½ÐÎÏ·ë²Ì¤ÎÍøÍѤ˴ؤ·¤Æȯ¸À¸¢¤ò»ý¤ÄÍ£°ì¤Î¥±¡¼¥¹¤Ï¡¢½Ð
-ÎÏ·ë²Ì¤ÎËܼÁŪ¤ÊÉôʬ¤¬(¿¤«¤ì¾¯¤Ê¤«¤ì)¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¥Æ¥­¥¹¥È¤«¤é
-Ê£À½¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¾ì¹ç¤Ç¤¹¡£Î㤨¤Ð¡¢Bison(Á°¤Î¹à»²¾È)¤Î½ÐÎÏ·ë²Ì¤Ï¡¢¤â¤·»ä
-¤¿¤Á¤¬¤³¤ÎÆÃÄê¤Î¥±¡¼¥¹¤Ë´Ø¤·¤ÆÎã³°¤òÀߤ±¤Ê¤±¤ì¤Ð¡¢GNU GPL¤ÇÊݸ¤ì¤Æ
-¤¤¤¿¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
+もし合衆国政府がその仕事をするのにコントラクタを使っているå
 ´åˆã€æ”¹å–„自身はGPLで保護されることができます。
+</p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCGPLOutput"
+name="GPLOutput">人々がわたしのプログラム
を利用して得た出力結果にGPLを適用する方法はないでしょうか?
+たとえば、わたしのプログラム
がハードウェアの設計に使われているとして、その設計図も自由でなければならないと要求することはできるでしょうか</a></b></dt>
+
+<dd>
+一般的に言って、それは法的に不可能です。著作権法は人ã€
…があなたのプログラム
とかれらのデータを使って作った出力結果の利用に関して、あなたに何の発言権も与えていません。ユーザがあなたのプログラãƒ
 ã‚’使ってかれ自身のデータを入力ないし変換したå 
´åˆã€å‡ºåŠ›çµæžœã®è‘—作権はかれに属すのであって、あなたにではありません。もっと一般的に言えば、あるプログラãƒ
 ãŒå…¥åŠ›ã‚’他の形式に変換するå 
´åˆã€å‡ºåŠ›çµæžœã®è‘—作権の状態は、生成の元となったå…
¥åŠ›ã®ãã‚Œã‚’継承するのです。
 <p>
-¤½¤¦¤¹¤ëµ»½ÑŪ¤ÊÍýͳ¤¬Ìµ¤¯¤Æ¤â¡¢ÌµÍýÌðÍý¥×¥í¥°¥é¥à¤Î½ÐÎϤ˥ƥ­¥¹¥È¤ò¥³
-¥Ô¡¼¤¹¤ë¤è¤¦¤Ë¤µ¤»¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤¹¤¬¡¢Ê£À½¤µ¤ì¤¿¥Æ¥­¥¹¥È¤Ï¼ÂÍÑŪ¤ÊÌÜŪ
-¤ò²¿¤é²Ì¤µ¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«¤é¡¢¥æ¡¼¥¶¤Ïñ¤Ë¤½¤Î¥Æ¥­¥¹¥È¤ò½ÐÎÏ·ë²Ì¤«¤éºï½ü
-¤·¤Æ»Ä¤ê¤À¤±¤ò»È¤¦¤È¤¤¤¦¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£¤½¤¦¤¹¤ì¤Ð¡¢Ê£À½¤µ¤ì¤¿¥Æ¥­¥¹¥È
-¤ÎºÆÈÒÉۤ˲ݤ»¤é¤ì¤¿¾ò·ï¤Ë½¾¤¦É¬ÍפÏ̵¤¤¤ï¤±¤Ç¤¹¡£
+ですから、あなたが出力結果の利用に関して発言権を持つ唯一の方法は、出力結果の本質的な部分が(多かれ少なかれ)あなたのプログラãƒ
 ã®ãƒ†ã‚­ã‚¹ãƒˆã‹ã‚‰è¤‡è£½ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹å 
´åˆã§ã™ã€‚たとえば、Bison(上記を参ç…
§)の出力結果は、もしわたしたちがこの特定のケースに関して例外を設けなければ、GNU
+GPLで保護されていたでしょう。</p>
 <p>
+そうする技術的な理由がなくても、人為的にプログラム
の出力にあるテキストをコピーするようにさせることはできます。しかし、複製されたテキストは実用的な目的を何ら果さないでしょうから、ユーザは単にそのテキストを出力結果から削除して残りã
 
けを使うということができます。そうすれば、複製されたテキストの再é
…å¸ƒã«èª²ã›ã‚‰ã‚ŒãŸæ¡ä»¶ã«å¾“う必要はなくなります。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhatCaseIsOutputGPL" 
NAME="WhatCaseIsOutputGPL">GPL¥×¥í¥°¥é¥à¤Î½ÐÎÏ·ë²Ì¤âGPL¤Ë¤è¤Ã¤ÆÊݸ¤ì¤ë¤Î¤Ï¡¢¤É¤ó¤Ê¾ì¹ç¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWhatCaseIsOutputGPL"
+name="WhatCaseIsOutputGPL">GPLプログラム
の出力結果もGPLによって保護されるのは、どんなå 
´åˆã§ã™ã‹?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¡¢¥×¥í¥°¥é¥à¼«¿È¤Î°ìÉô¤ò½ÐÎÏ·ë²Ì¤Ë¥³¥Ô¡¼¤¹¤ë¤È¤­¤Î¤ß¤Ç¤¹¡£
-<p>
+プログラムが、プログラム
自身の一部を出力結果にコピーするときのみです。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCGPLModuleLicense" 
NAME="GPLModuleLicense">GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤ËÂФ·¤Æ¤¢¤ë¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤òÄɲ乤ë¾ì¹ç¡¢»ä¤Î¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤Ë¤â¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤È¤·¤ÆGPL¤òŬÍѤ·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCGPLModuleLicense"
+name="GPLModuleLicense">GPLで保護されたプログラム
に対してあるモジュールを追加するå 
´åˆã€ã‚ãŸã—のモジュールにもライセンスとしてGPLを適用しなければなりませんか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-GPL¤Ç¤Ï¡¢·ë¹ç¤µ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÁ´ÂΤÏGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤
-¤È¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Î¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤ÏGPL¤Î²¼¤Ç¤ÎÍøÍѤ¬²Äǽ¤Ç¤Ê
-¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
-¤·¤«¤·¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬¼«Ê¬¤Î¥³¡¼¥É¤ÎÍøÍѤ˴ؤ·¤ÆÄɲÃŪ¤Êµö²Ä¤òÍ¿¤¨¤ë¤³¤È¤Ï²Ä
-ǽ¤Ç¤¹¡£¤½¤¦¤·¤¿¤±¤ì¤Ð¡¢¼«Ê¬¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¡¢GPL¤è¤êÀ©Ì󤬴ˤ¤¤¬¡¢GPL¤È
-¤ÏÌ·½â¤·¤Ê¤¤¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤·¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤¡£<A
-HREF="/philosophy/license-list.ja.html">¥é¥¤¥»¥ó¥¹°ìÍ÷¤Î¥Ú¡¼¥¸</A>¤Ë¤Ï¡¢
-GPL¤ÈÌ·½â¤·¤Ê¤¤¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î(ÉÔ´°Á´¤Ê)¥ê¥¹¥È¤¬ÍÑ°Õ¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
+GPLでは、結合されたプログラムのå…
¨ä½“はGPLのもとでリリースされなければならないとしています。ですから、あなたのモジュールはGPLのもとでの利用が可能でなければなりません。
 <p>
+しかし、あなたが自分のコードの利用に関して追加
的な許可を与えることは可能です。そうしたければ、自分のプログラãƒ
 
を、GPLより制約が緩いが、GPLと両立するライセンスのもとでリリースしてくã
 ã•ã„。<a
+href="/licenses/license-list.html">ライセンス一覧のページ</a>には、GPLと両立するライセンスの(不完å
…¨ãª)リストが用意されています。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCIfLibraryIsGPL" 
NAME="IfLibraryIsGPL">¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤¬(LGPL¤Ç¤Ï¤Ê¤¯)GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¾ì¹ç¡¢¤½¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤òÍøÍѤ¹¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤ÏGPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCIfLibraryIsGPL"
+name="IfLibraryIsGPL">ライブラリが(LGPLではなく)GPLのもとでリリースされているå
 ´åˆã€ãã®ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリを利用するプログラム
はGPLでなければならないのでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤Ï¤¤¡£¤Ê¤¼¤Ê¤é¡¢¼ÂºÝ¤Ë¼Â¹Ô¤µ¤ì¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤ò´Þ¤ó¤Ç¤¤¤ë¤«¤é
-¤Ç¤¹¡£
-<p>
+はい。なぜなら、実際に実行されるプログラム
はライブラリを含んでいるからです。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><a href="#TOCIfInterpreterIsGPL" 
name="IfInterpreterIsGPL">¥×¥í¥°¥é¥ß¥ó¥°¸À¸ì¤Î¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤¬GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤¿¾ì¹ç¡¢¤½¤Î¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤Ç²ò¼á¤µ¤ì¤ë¤è¤¦¤Ë½ñ¤«¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÏGPL¤ÈÌ·½â¤·¤Æ¤Ï¤Ê¤é¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</a></h4>
+<dt><b><a href="#TOCIfInterpreterIsGPL"
+name="IfInterpreterIsGPL">プログラミング言語のインタープリタがGPLのもとでリリースされていたå
 
´åˆã€ãã®ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ¼ãƒ—リタで解釈されるように書かれたプログラãƒ
 
は、GPLと両立するライセンスでなければならないでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤¬Ã±¤Ë¸À¸ì¤ò²ò¼á¤¹¤ë¤À¤±¤Ê¤é¤Ð¡¢Åú¤Ï¥Î¡¼¤Ç¤¹¡£²ò¼á¤µ¤ì¤ë
-¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¡¢¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤Ë¤È¤Ã¤Æ¤Ïñ¤Ê¤ë¥Ç¡¼¥¿¤Ë²á¤®¤Þ¤»¤ó¡£GPL¤Î
-¤è¤¦¤ÊÃøºî¸¢Ë¡¤Ë´ð¤Å¤¯¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬¥¤¥ó¥¿¡¼
-¥×¥ê¥¿¾å¤ÇÍøÍѤ¹¤ë¥Ç¡¼¥¿¤Î¼ïÎà¤ò¸ÂÄꤹ¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¡£¤¢¤Ê¤¿¤Ï¡¢¹¥
-¤­¤Ê¥Ç¡¼¥¿(¤³¤Î¾ì¹ç²ò¼á¤µ¤ì¤ë¥×¥í¥°¥é¥à)¤ò»È¤Ã¤Æ¡¢¹¥¤­¤Ê¤è¤¦¤Ë¥¤¥ó¥¿¡¼
-¥×¥ê¥¿¤ò¼Â¹Ô¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¤·¡¢¤½¤Î¥Ç¡¼¥¿¤ò狼¤Ë¥é¥¤¥»¥ó¥·¥ó¥°¤¹¤ë
-¤³¤È¤Ë¤Ä¤¤¤ÆɬÍפȤµ¤ì¤ë¾ò·ï¤Ï²¿¤â¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+インタープリタが単に言語を解釈するだ
けならば、答はノーです。解釈されるプログラム
は、インタープリタにとっては単なるデータに過ぎません。GPLのような著作権法にもとづく自由ソフトウェアのライセンスは、あなたがインタープリタ上で利用するデータの種類を限定することはできません。あなたは、好きなデータ(このå
 ´åˆè§£é‡ˆã•ã‚Œã‚‹ãƒ—ログラム
)を使って、好きなようにインタープリタを実行することができますし、そのデータを誰かにライセンシングすることについてå¿
…要とされる条件は何もありません。
+<p>しかし、インタープリタが他の機能(多くのå 
´åˆãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリですが、ライブラリである必
要はありません)への「バインディング」を提供するように拡張されているå
 ´åˆã€è§£é‡ˆã•ã‚Œã‚‹ãƒ—ログラム
はバインディングを使うことによって事実上それらの機能とリンクされることになります。ですから、もしそういった機能がGPLのもとでリリースされているならば、機能を利用した解釈されるプログラãƒ
 
はGPLと両立する形でリリースされなければなりません。JNI(Javaネイティヴインターフェース)はそのような機能の一例です。JNIによってアクセスされるライブラリは、それらを呼ぶJavaプログラãƒ
 
と動的にリンクされています。これらのライブラリはインタプリタともリンクされています。もしインタプリタがそれらのライブラリと静的にリンクされていれば、あるいは、<a
+href="#GPLPluginsInNF">動的にそれらの特定のライブラリとリンクする</a>ように設計されていれば、それもGPLと両立する形でリリースされるå¿
…要があります。</p>
 <p>
-¤·¤«¤·¡¢¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤¬Â¾¤Îµ¡Ç½(¿¤¯¤Î¾ì¹ç¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Ç¤¹¤¬¡¢¥é¥¤¥Ö¥é
-¥ê¤Ç¤¢¤ëɬÍפϤ¢¤ê¤Þ¤»¤ó)¤Ø¤Î¡Ö¥Ð¥¤¥ó¥Ç¥£¥ó¥°¡×¤òÄ󶡤¹¤ë¤è¤¦¤Ë³ÈÄ¥¤µ
-¤ì¤Æ¤¤¤ë¾ì¹ç¡¢²ò¼á¤µ¤ì¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¥Ð¥¤¥ó¥Ç¥£¥ó¥°¤ò»È¤¦¤³¤È¤Ë¤è¤Ã¤Æ»ö
-¼Â¾å¤½¤ì¤é¤Îµ¡Ç½¤È¥ê¥ó¥¯¤µ¤ì¤ë¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¤â¤·¤½¤¦¤¤¤Ã¤¿
-µ¡Ç½¤¬GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢µ¡Ç½¤òÍøÍѤ·¤¿²ò¼á¤µ¤ì¤ë¥×¥í¥°¥é
-¥à¤ÏGPL¤ÈÌ·½â¤·¤Ê¤¤¤è¤¦¤Ê·Á¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£JNI(Java¥Í¥¤
-¥Æ¥£¥ô¥¤¥ó¥¿¡¼¥Õ¥§¡¼¥¹)¤Ï¤½¤Î¤è¤¦¤Êµ¡Ç½¤Î°ìÎã¤Ç¤¹¡£JNI¤Ë¤è¤Ã¤Æ¥¢¥¯¥»¥¹
-¤µ¤ì¤ë¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Ï¡¢¤½¤ì¤é¤ò¸Æ¤ÖJava¥×¥í¥°¥é¥à¤ÈưŪ¤Ë¥ê¥ó¥¯¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ
-¤¹¡£
-<p>
-¾å¤È¤è¤¯»÷¤¿¡¢Èó¾ï¤Ë°ìÈÌŪ¤ÊÎã¤È¤·¤Æ¤Ï¾¤Ë¡¢¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤ò¤½¤ì¤é¼«¿È¤¬²ò
-¼á¤µ¤ì¤ë¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤È°ì½ï¤ËÄ󶡤¹¤ë¤È¤¤¤¦¾ì¹ç¤¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£Î㤨¤Ð¡¢
-Perl¤Ï¿¤¯¤ÎPerl¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤È°ì½ï¤ËÈÒÉÛ¤µ¤ì¤Æ¤ª¤ê¡¢¤Þ¤¿Java¼ÂÁõ¤Ï¿¤¯¤Î
-Java¥¯¥é¥¹¤ò´Þ¤ó¤Ç¤¤¤Þ¤¹¡£¤³¤ì¤é¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤ò¸Æ¤Ö¥×¥í¥°¥é
-¥à¤Ï¾ï¤Ë°ì½ï¤ËưŪ¥ê¥ó¥¯¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
-<p>
-·ë²Ì¤È¤·¤Æ¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ÇGPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿Perl¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤äJava¥¯
-¥é¥¹¤òÍøÍѤ¹¤ë¤³¤È¤Ë¤·¤¿¾ì¹ç¡¢GPL¤ÈÌ·½â¤·¤Ê¤¤¤è¤¦¤Ê·Á¤Ç¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¸ø
-³«¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È¤¬¤¢¤ê¤¨¤Þ¤¹¡£¤³¤Î¾ì¹ç¡¢·ë¹ç¤µ¤ì¤¿Perl¤ä
-Java¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¼Â¹Ô¤µ¤ì¤ëPerl¤Ê¤êJava¤Ê¤ê¤Î¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤ËŬÍѤµ¤ì¤Æ
-¤¤¤ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬²¿¤Ç¤¢¤ë¤«¤Ï´Ø·¸¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+上とよく似た、非常に一般的な例としては他に、ライブラリをそれら自身が解釈されるインタープリタと一緒に提供するというå
 
´åˆãŒã‚ります。たとえば、Perlは多くのPerlモジュールと一緒にé
…å¸ƒã•ã‚Œã¦ãŠã‚Šã€ã¾ãŸJava実装
は多くのJavaクラスを含んでいます。これらのライブラリとライブラリを呼ぶプログラãƒ
 ã¯å¸¸ã«ä¸€ç·’に動的リンクされています。</p>
 <p>
+結果として、あなたのプログラム
でGPLが適用されたPerlモジュールやJavaクラスを利用することにしたå
 ´åˆã€GPLと両立する形でプログラム
をリリースしなければならないということがありえます。このå
 ´åˆã€çµåˆã•ã‚ŒãŸPerlやJavaプログラム
が実行されるPerlなりJavaなりのインタープリタに適用されているライセンスが何であるかは関係ありません。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWindowsRuntimeAndGPL"
-  NAME="WindowsRuntimeAndGPL">Microsoft Visual C++(¤¢¤ë¤¤¤ÏVisual 
Basic)¤ò»È¤Ã¤¿Windows¥¢¥×¥ê¥±¡¼¥·¥ç¥ó¤ò½ñ¤¤¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¤³¤ì¤òGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤¹¤ëͽÄê¤Ç¤¹¡£GPL¤Ï¡¢»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤òVisual
 C++(¤¢¤ë¤¤¤ÏVisual 
Basic)¤Î¥é¥ó¥¿¥¤¥à¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¥À¥¤¥Ê¥ß¥Ã¥¯¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¤Î¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWindowsRuntimeAndGPL" name="WindowsRuntimeAndGPL">Microsoft
+Visual
+C++を使ったWindowsアプリケーションを書いているのですが、これをGPLのもとでリリースする予定です。GPLは、わたしのプログラãƒ
 ãŒVisual
+C++のランタイム
ライブラリとダイナミックリンクするのを許可していますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤Ï¤¤¡¢¤Ê¤¼¤Ê¤é¥é¥ó¥¿¥¤¥à¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤ÏÄ̾濫¤Ê¤¿¤¬¤ª»È¤¤¤Î¥³¥ó¥Ñ¥¤¥é¤¢¤ë
-¤¤¤Ï¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤ËÉտ魯¤ë¤«¤é¤Ç¤¹¡£
+GPLはこれを許可します。なぜならランタイム
ライブラリは通常あなたがお使いのコンパイラあるいはインタープリタに付随するからです。ですから、GPL第三節の例外にあたることになります。
 <p>
+Windowsだけで動くプログラム
を書くことが良い、とは意味しません。あるプログラム
でそうすることは、自由ソフトウェアをもたらしますが、<a
+href="/philosophy/java-trap.html">&ldquo;ç½ 
にはまっている&rdquo;</a>のです(この場合はJavaではなくWindows
+という罠に。効果は同じです)。(歴史的注釈: 
2006年12月、Sunは<a
+href="http://www.fsf.org/news/fsf-welcomes-gpl-java.html";>Java 
プラットフォームをGNU
+GPLでリリース</a>している途中です。)
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCOrigBSD" 
NAME="OrigBSD">¤É¤¦¤·¤Æ¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¤ÎBSD¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÏGPL¤ÈÌ·½â¤¹¤ë¤Î¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCOrigBSD"
+name="OrigBSD">どうしてオリジナルのBSDライセンスはGPLと両立しないのですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¤ÎBSD¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÏGPL¤Ë¤Ï̵¤¤ÆÃÄê¤ÎÍ×·ï¤ò²Ý¤¹¤«¤é¤Ç¤¹¡£¤½¤ÎÍ×
-·ï¤È¤Ï¡¢¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÀëÅÁ¤Ë´Ø¤¹¤ë¤â¤Î¤Ç¤¹¡£GPL¤Ç¤Ï:
-<p>
-<pre>
-    You may not impose any further restrictions on the recipients' exercise
-    of the rights granted herein.
-</pre>
+オリジナルのBSDライセンスはGPLにはない特定の要件を課すからです。その要件とは、プログラãƒ
 ã®å®£ä¼ã«é–¢ã™ã‚‹ã‚‚のです。GPLではこう述べています:
 <pre>
-    (Ìõ: ¤¢¤Ê¤¿¤Ï¼õÎμԤˡ¢¤³¤³¤Çǧ¤á¤é¤ì¤¿¸¢Íø¤Î¹Ô»È¤Ë´Ø¤·¤Æ¹¹¤Ê¤ëÀ©¸Â¤ò²Ý¤·
-    ¤Æ¤Ï¤Ê¤é¤Ê¤¤¡£)
+ 訳: 受領者
のここで認められた権利の行使に関して、あなたがさらなる制限を課しては
+    ならない。
 </pre>
 <p>
-¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ëBSD¤ÎÀëÅÁ¾ò¹à¤Ï¤Þ¤µ¤·¤¯¤½¤Î¤è¤¦¤Ê¡Ö¹¹¤Ê¤ëÀ©¸Â¡×¤òÄ󶡤·¤Æ¤ª
-¤ê¡¢¤è¤Ã¤ÆGPL¤ÈÌ·½â¤·¤Þ¤¹¡£
-<p>
-²þÄûBSD¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ë¤ÏÀëÅÁ¾ò¹à¤¬¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¤«¤é¡¢ÌäÂꤢ¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+宣伝条項
はまさしくそのような、さらなる制限、を規定していて、よってGPLと両立しません。</p>
 <p>
+改訂BSDライセンスには宣伝条項
がありませんから、問題がなくなりました。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCGPLAndPlugins" 
NAME="GPLAndPlugins">GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ò»È¤¦¤È¤·¤Æ¡¢¥×¥é¥°¥¤¥ó¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ë¤Ï¤É¤Î¤è¤¦¤Ê¾ò·ï¤¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCGPLAndPlugins"
+name="GPLAndPlugins">GPLのもとでリリースされていたプログラム
がプラグインを使うとして、プラグインのライセンスにはどのような条件がありますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤½¤ì¤Ï¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¤É¤Î¤è¤¦¤Ë¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ò¸Æ¤Ó½Ð¤¹¤«¤Ë°Í¤ê¤Þ¤¹¡£¥×¥í¥°¥é
-¥à¤¬fork¤äexec¤Ç¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ò¸Æ¤Ó½Ð¤¹¤Ê¤é¤Ð¡¢¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ÏÊÌ¤Î¥×¥í¥°¥é¥à
-¤Ç¤¢¤ê¡¢¥á¥¤¥ó¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ï¤½¤ì¤é¤Ë¤Ï¤Ê¤ó¤Î¾ò·ï¤â²Ý¤·¤Þ¤»¤ó¡£
+それはプログラム
がどのようにプラグインを呼び出すかに依ります。プログラãƒ
 
がforkやexecでプラグインを呼び出すならば、プラグインは別のプログラãƒ
 ã§ã‚り、メインプログラム
のライセンスはそれらにはなんの条件も課しません。
+<p>
+もしプログラム
がプラグインと動的にリンクされており、お互いにファンクションコールを使ってデータ構é€
 ã‚’共有している場合、それらは単一のプログラム
を形成しているとみなされますので、その単一プログラム
は、メインプログラム
とプラグインの両方の拡張部分として扱われなければなりません。プラグインはGPLかGPLと両立する自由ソフトウェア・ライセンスのもとでリリースされなければならず、プラグインがé
…å¸ƒã•ã‚Œã‚‹æ™‚には、GPLの条項
に従わなければならないということです。</p>
 <p>
-¤â¤·¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ÈưŪ¤Ë¥ê¥ó¥¯¤µ¤ì¤Æ¤ª¤ê¡¢¤ª¸ß¤¤¤Ë¥Õ¥¡¥ó¥¯¥·¥ç
-¥ó¥³¡¼¥ë¤ò»È¤Ã¤Æ¥Ç¡¼¥¿¹½Â¤¤ò¶¦Í­¤·¤Æ¤¤¤ë¾ì¹ç¡¢¤½¤ì¤é¤Ïñ°ì¤Î¥×¥í¥°¥é¥à
-¤ò·ÁÀ®¤·¤Æ¤¤¤ë¤È¸«¤Ê¤µ¤ì¤Þ¤¹¤Î¤Ç¡¢¥×¥é¥°¥¤¥ó¤Ï¥á¥¤¥ó¥×¥í¥°¥é¥à¤Î³ÈÄ¥Éô
-ʬ¤È¤·¤Æ°·¤ï¤ì¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤¹¤Ê¤ï¤Á¡¢¤½¤ì¤é¤ÏGPL¤«GPL¤ÈÌ·½â¤·¤Ê
-¤¤¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È
-¤Ç¤¹¡£
+プログラム
がプラグインと動的にリンクされているが、それらの間のコミュニケーションはいくつかのオプションとともにプラグインの「main」関数を呼び出して返値をå¾
…つだけというå 
´åˆã¯ã€å¢ƒç•Œç·šä¸Šã§å¾®å¦™ãªã‚±ãƒ¼ã‚¹ã¨ãªã‚Šã¾ã™ã€‚
+</p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCGPLPluginsInNF"
+name="GPLPluginsInNF">自由でないプログラム
向けのプラグインにGPLを適用することはできますか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+もしプログラム
がforkやexecでプラグインを呼び出すならば、プラグインは別のプログラãƒ
 ã§ã™ã‹ã‚‰ã€ãƒ¡ã‚¤ãƒ³ãƒ—ログラム
のライセンスは何の条件も課しません。ですからあなたはプラグインにGPLを適用できますし、特別な要件はありません。
 <p>
-¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ÈưŪ¤Ë¥ê¥ó¥¯¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤¬¡¢¤½¤ì¤é¤Î´Ö¤Î¥³¥ß¥å¥Ë
-¥±¡¼¥·¥ç¥ó¤Ï¤¤¤¯¤Ä¤«¤Î¥ª¥×¥·¥ç¥ó¤È¤È¤â¤Ë¥×¥é¥°¥¤¥ó¤Î¡Ömain¡×´Ø¿ô¤ò¸Æ¤Ó
-½Ð¤·¤ÆÊÖÃͤòÂԤĤÀ¤±¤È¤¤¤¦¾ì¹ç¤Ï¡¢¶­³¦Àþ¾å¤ÇÈù̯¤Ê¥±¡¼¥¹¤È¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£
+プログラム
がプラグインと動的にリンクされ、お互いにファンクションコールを使ってデータ構é€
 ã‚’共有している場合、それらは単一のプログラム
を形成していると見なされますので、プラグインはメインプログラãƒ
 
の拡張部分として扱われなければなりません。このことは、GPLで保護されたプラグインをメインプログラãƒ
 
とリンクするのはGPL違反となることを意味しています。しかし、あなたはこの法的問題を、あなたのプログラãƒ
 ã®ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã«è‡ªç”±ã§ãªã„メインプログラム
とのリンクを許可する例外を加
えることで解決できます。</p>
 <p>
+質問、<a 
href="#FSWithNFLibs">自由でないライブラリを利用する自由ソフトウェアを書いています</a>もご覧くã
 ã•ã„。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCGPLPluginsInNF" 
NAME="GPLPluginsInNF">¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¸þ¤±¤Î¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ËGPL¤òŬÍѤ¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCNFUseGPLPlugins"
+name="NFUseGPLPlugins">GPLで保護されたプラグインをロードするように設計された不自由なプログラãƒ
 ã‚’リリースすることはできるでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤â¤·¥×¥í¥°¥é¥à¤¬fork¤äexec¤Ç¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ò¸Æ¤Ó½Ð¤¹¤Ê¤é¤Ð¡¢¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ÏÊÌ
-¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¥á¥¤¥ó¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ï²¿¤Î¾ò·ï¤â²Ý¤·¤Þ¤»
-¤ó¡£¤Ç¤¹¤«¤é¤¢¤Ê¤¿¤Ï¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ËGPL¤òŬÍѤǤ­¤Þ¤¹¤·¡¢ÆÃÊ̤ÊÍ×·ï¤Ï¤¢¤ê
-¤Þ¤»¤ó¡£
+それはプログラム
がどのようにプラグインを呼び出すかによります。プログラãƒ
 
がforkやexecでプラグインを呼び出すならば、プラグインは別のプログラãƒ
 ã§ã‚り、メインプログラム
のライセンスはそれらにはなんの条件も課しません。
 <p>
-¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ÈưŪ¤Ë¥ê¥ó¥¯¤µ¤ì¡¢¤ª¸ß¤¤¤Ë¥Õ¥¡¥ó¥¯¥·¥ç¥ó¥³¡¼¥ë
-¤ò»È¤Ã¤Æ¥Ç¡¼¥¿¹½Â¤¤ò¶¦Í­¤·¤Æ¤¤¤ë¾ì¹ç¡¢¤½¤ì¤é¤Ïñ°ì¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ò·ÁÀ®¤·
-¤Æ¤¤¤ë¤È¸«¤Ê¤µ¤ì¤Þ¤¹¤Î¤Ç¡¢¥×¥é¥°¥¤¥ó¤Ï¥á¥¤¥ó¥×¥í¥°¥é¥à¤Î³ÈÄ¥Éôʬ¤È¤·¤Æ
-°·¤ï¤ì¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤³¤Î¤³¤È¤Ï¡¢GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥é¥°¥¤¥ó¤ò¥á¥¤
-¥ó¥×¥í¥°¥é¥à¤È¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¤Î¤ÏGPL°ãÈ¿¤È¤Ê¤ë¤³¤È¤ò°ÕÌ£¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¤·¤«¤·¡¢
-¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤³¤ÎˡŪÌäÂê¤ò¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ë¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤
-¥á¥¤¥ó¥×¥í¥°¥é¥à¤È¤Î¥ê¥ó¥¯¤òµö²Ä¤¹¤ëÎã³°¤ò²Ã¤¨¤ë¤³¤È¤Ç²ò·è¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£
+もしプログラム
がプラグインと動的にリンクされており、お互いにファンクションコールを使ってデータ構é€
 ã‚’共有している場合、それらは単一のプログラム
を形成しているとみなされますので、その単一プログラム
は、メインプログラム
とプラグインの両方の拡張部分として扱われなければなりません。GPLで保護されたプラグインを使うためには、メインプログラãƒ
 
はGPLかGPLと両立する自由ソフトウェア・ライセンスのもとでリリースされなければならず、メインプログラãƒ
 ãŒãã‚Œã‚‰ã®ãƒ—ラグインの使用のためにé…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹æ™‚には、GPLの条項
に従わなければならないということです。</p>
 <p>
-¤è¤ê¾Ü¤·¤¯¤Ï¡¢¡Ö¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤òÍøÍѤ¹¤ë¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò
-½ñ¤¤¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡×¤È¤¤¤¦¹àÌܤǻϤޤë´û½Ð¤Î¼ÁÌä¤ò¤´Í÷¤¯¤À¤µ¤¤¡£
+プログラム
がプラグインと動的にリンクされているが、それらの間のコミュニケーションはいくつかのオプションとともにプラグインの「main」関数を呼び出して返値をå¾
…つだけというå 
´åˆã¯ã€å¢ƒç•Œç·šä¸Šã§å¾®å¦™ãªã‚±ãƒ¼ã‚¹ã¨ãªã‚Šã¾ã™ã€‚</p>
 <p>
+質問、<a 
href="#FSWithNFLibs">自由でないライブラリを利用する自由ソフトウェアを書いています</a>もご覧くã
 ã•ã„。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCLinkingWithGPL" 
NAME="LinkingWithGPL">GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ò»ä¤Î¥³¡¼¥É¤È¥ê¥ó¥¯¤·¤ÆÆÈÀêŪ¤Ê¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¥Ó¥ë¥É¤·¤¿¤¤¤È¹Í¤¨¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢»ä¤Î¥³¡¼¥É¤È¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤È¤ò¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¤È»ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤âGPL¤òŬÍѤ·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¯¤Ê¤ë¤È¤¤¤¦¤Î¤Ï»ö¼Â¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCLinkingWithGPL"
+name="LinkingWithGPL">GPLが適用されたプログラム
をわたしのコードとリンクしてプロプライエタリ・プログラãƒ
 
をビルドしたいと考えているのですが、わたしのコードとそのプログラãƒ
 ã¨ã‚’リンクするとわたしのプログラム
にもGPLを適用しなければならなくなるというのは事実でしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤½¤ÎÄ̤ê¤Ç¤¹¡£
-<p>
+その通りです。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCSwitchToLGPL" 
NAME="SwitchToLGPL">¤â¤·¤½¤¦¤Ê¤é¤Ð¡¢¥×¥í¥°¥é¥à¤òÎôÅùGPL¤Î²¼¤Ç¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤·¤Æ¤â¤é¤¦¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCSwitchToLGPL" 
name="SwitchToLGPL">もしそうならば、プログラムを劣等GPL(Lesser
+GPL, 
LGPL)のもとでライセンスしてもらうことはできないでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-Íê¤à¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤¹¤¬¡¢ºî¼Ô¤Î¿¤¯¤Ï¤­¤Ã¤Ñ¤ê¤È¥Î¡¼¤È¸À¤¦¤Ç¤·¤ç¤¦¡£GPL¤Î
-¹Í¤¨Êý¤È¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬»ä¤¿¤Á¤Î¥³¡¼¥É¤ò¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë´Þ¤á¤¿¤¤¤Ê¤é¤Ð¡¢
-¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤â¤Þ¤¿¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ç¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È
-¤Ç¤¹¡£¤³¤ì¤Ë¤è¤Ã¤Æ¤¢¤Ê¤¿¤ËÂФ·¡¢¤´¼«Ê¬¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ò»ä¤¿¤Á¤Î¥³¥ß¥å¥Ë¥Æ¥£
-¤Î°ìÉô¤È¤¹¤ë¤è¤¦¤ÊÊýË¡¤Ç¸ø³«¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦°µÎϤ¬¤«¤«¤ë¤³¤È¤¬
-´üÂÔ¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
-<p>
-¤¢¤Ê¤¿¤Ë¤Ï¡¢»ä¤¿¤Á¤Î¥³¡¼¥É¤ò»È¤ï¤º¤È¤â²¿¤«Â¾¤ÎŬˡ¤ÊÂåÂؼêÃʤ¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£
+頼むことはできますが、作者
の多くはきっぱりとノーと言うでしょう。GPLの考え方とは、あなたがわたしたちのコードをあなたのプログラãƒ
 ã«å«ã‚ãŸã„ならば、あなたのプログラム
もまた自由ソフトウェアでなければならないということです。これによってあなたに対し、ご自分のプログラãƒ
 
をわたしたちのコミュニティの一部とするような方法でリリースしなければならないという圧力がかかることが期å¾
…されています。
 <p>
+あなたには、わたしたちのコードを使わずとも何か他の適法な代替手段があります。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><a href="#TOCLinkingOverControlledInterface"
-  
name="LinkingOverControlledInterface">ÆÈÀêŪ¤Ê¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤ò¡¢»ä¤ÎGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È»ØÄꤷ¤¿¥¤¥ó¥¿¡¼¥Õ¥§¡¼¥¹¤Î²¼¤Ç¤Î¤ß¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤¹¤ë¤Ë¤Ï¤É¤¦¤·¤¿¤é¤è¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</a></h4>
+<dt><b><a href="#TOCLinkingOverControlledInterface"
+name="LinkingOverControlledInterface">プロプライエタリ・モジュールを、わたしのGPLで保護されたライブラリと指定したインターフェースのもとでのみリンクすることを許可するにはどうしたらよいでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-°Ê²¼¤ÎʸÌ̤ò¥Ñ¥Ã¥±¡¼¥¸¤Ë´Þ¤Þ¤ì¤ë¤½¤ì¤¾¤ì¤Î¥Õ¥¡¥¤¥ë¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹É½¼¨¤Ë²Ã
-¤¨¤Æ²¼¤µ¤¤¡£¤½¤Î¥Õ¥¡¥¤¥ë¤¬GNU GPL¤Î²¼¤ÇÈÒÉÛ¤µ¤ì¤ë»Ý½Ò¤Ù¤¿Ê¸Ì̤κǸå¤Ë:
-<p>
-<pre>
-    Linking FOO statically or dynamically with other modules is making a
-    combined work based on FOO.  Thus, the terms and conditions of the GNU
-    General Public License cover the whole combination.
-
-    As a special exception, the copyright holders of FOO give you
-    permission to link FOO with independent modules that communicate with
-    FOO solely through the FOOBAR interface, regardless of the license
-    terms of these independent modules, and to copy and distribute the
-    resulting combined work under terms of your choice, provided that
-    every copy of the combined work is accompanied by a complete copy of
-    the source code of FOO (the version of FOO used to produce the
-    combined work), being distributed under the terms of the GNU General
-    Public License plus this exception.  An independent module is a module
-    which is not derived from or based on FOO.
-
-    Note that people who make modified versions of FOO are not obligated
-    to grant this special exception for their modified versions; it is
-    their choice whether to do so.  The GNU General Public License gives
-    permission to release a modified version without this exception; this
-    exception also makes it possible to release a modified version which
-    carries forward this exception.
-</pre>
+パッケージに含まれるそれぞれのファイルのライセンス表示でそのファイルがGNU
+GPLのもとでé…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹æ—¨ã‚’述べますが、その最後に以下の文面を加
えてください:
 <pre>
-    (Ìõ: FOO¤òÀÅŪ¤Ê¤¤¤·Æ°Åª¤Ë¾¤Î¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤È¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¤³¤È¤ÏFOO¤ò´ð
-    ¤Ë¤·¤¿·ë¹çÃøºîʪ¤òºî¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£¤½¤³¤Ç¡¢GNU°ìÈ̸ø½°Íø
-    ÍѵöÂú·ÀÌó½ñ¤Î»ØÄꤹ¤ëÍ×·ï¤Ï·ë¹çʪÁ´ÂΤòÊݸ¤Þ¤¹¡£
-
-    ÆÃÊ̤ÊÎã³°¤È¤·¤Æ¡¢FOO¤ÎÃøºî¸¢¼Ô¤Ï¤¢¤Ê¤¿¤ËÂФ·¡¢·ë¹çÃøºîʪ¤Î¤¹
-    ¤Ù¤Æ¤ÎÊ£À½¤ËFOO¤Î¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤Î´°Á´¤ÊÊ£À½(·ë¹çÃøºîʪ¤òºîÀ®¤¹¤ë¤Î¤Ë
-    »È¤Ã¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ÎFOO¤Î¤â¤Î)¤¬Éտ路¡¢GNU°ìÈ̸ø½°µöÂú·ÀÌó½ñ¤Ë¤³¤Î
-    Îã³°¤òÄɲä·¤¿¤â¤Î¤Î²¼¤ÇÈÒÉÛ¤µ¤ì¤ë¾ì¹ç¤Ë¸Â¤ê¡¢FOO¤ò¡¢FOOBAR¥¤¥ó¥¿¡¼
-    ¥Õ¥§¡¼¥¹¤òÄ̤·¤Æ¤Î¤ßFOO¤È¥³¥ß¥å¥Ë¥±¡¼¥È¤¹¤ëÆÈΩ¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤È¡¢¤½¤Î
-    ÆÈΩ¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¾ò·ï¤òÌä¤ï¤º¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¤³¤È¡¢µÚ¤Ó·ë²Ì¤È¤·
-    ¤Æ¤Î·ë¹çÃøºîʪ¤ò¤¢¤Ê¤¿¤ÎÁªÂò¤·¤¿¾ò·ï¤Î´ð¤ÇÊ£À½¡¦ÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä
-    ¤·¤Þ¤¹¡£ÆÈΩ¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤È¤ÏFOO¤ò´ð¤Ë¤·¤¿¤â¤Î¤Ç¤âÇÉÀ¸¤·¤¿¤â¤Î¤Ç¤â¤Ê
-    ¤¤¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤Î¤³¤È¤ò»Ø¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
-
-    FOO¤Î²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤òºî¤ë¿Í¡¹¤Ï¡¢¤³¤ÎÆÃÊ̤ÊÎã³°¤ò¼«Ê¬¤¬²þÊÑ
-    ¤·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Çǧ¤á¤ëµÁ̳¤Ï¤Ê¤¤¤³¤È¤ËÃí°Õ¤·¤Æ²¼¤µ¤¤¡£Ç§¤á¤ë¤«¤É¤¦
-    ¤«¤Ï¤´¼«Ê¬¤ÎÁªÂò¼¡Âè¤Ç¤¹¡£GNU°ìÈ̸ø½°µöÂú·ÀÌó½ñ¤Ï¤³¤ÎÎ㳰̵¤·¤Ç²þ
-    ÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò¸ø³«¤¹¤ëµö²Ä¤òÍ¿¤¨¤Æ¤ª¤ê¡¢¤Þ¤¿¤³¤ÎÎã³°¤Ï¡¢²þÊÑ
-    ¤µ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò¤³¤ÎÎã³°¤ò¤½¤Î¤Þ¤Þ´Þ¤à·Á¤Ç²þÊѤ·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò¸ø
-    ³«¤¹¤ë¤³¤È¤â²Äǽ¤È¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£)
+
+ABCを静的ないし動的に他のモジュールとリンクすることはABCをもとにした結合著作物を
+作るということになります。そこで、GNU一般å…
¬è¡†åˆ©ç”¨ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã®æ¡é …は結合物全体を
+保護します。特別な例外として、ABCの著作権者
はあなたに対し、結合著作物のすべての複製にABCのソ
+ースコードの完å…
¨ãªè¤‡è£½(結合著作物を作成するのに使ったバージョンのABCのもの)が付
+随し、GNU一般公衆ライセンスにこの例外を追加
したもののもとで配布される場合に限り、
+ABC、ABCDEFインターフェースを通してのみABCとコミュニケートする独立モジュールと、
+その独立モジュールのライセンス条件を問わずリンクすること、及び結果としての結合著作
+物をあなたの選択した条件のもとで複製・é…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とを許可します。独立モジュールとは
+ABCをもとにしたものでも派生したものでもないモジュールのことを指しています。
+
+ABCの改変されたバージョンを作る人々
は、この特別な例外を自分が改変したバージョンで認
+める義務はないことに注意してくだ
さい。認めるかどうかはご自分の選択次第です。GNU一般
+å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã¯ã“の例外なしで改変されたバージョンをリリースする許可を与えており、ま
+たこの例外は、改変されたバージョンをこの例外をそのまま含む形で改変したバージョンをリ
+リースすることも可能としています。
+
 </pre>
 <p>
+プログラムの著作だ
けが、このような例外を設けることについて法的な権限を持っています。あなたがプログラãƒ
 å…¨ä½“を自分自身で書き、また雇用者あるいは学æ 
¡ãŒè‘—作権を主張しないと仮定すれば、あなたが著作権者
です。よって、あなたは例外を正式に許可することができます。しかしあなたが、他の作è€
…の手によるGPLで保護された他のプログラム
の一部分をあなたのコードで使いたいからといって、あなたが自分でそれらのための例外を正式に許可することはできません。それらのプログラãƒ
 ã®è‘—作権者の承認を得る必要があります。
+</p><p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCManyDifferentLicenses"
-  
NAME="ManyDifferentLicenses">»ä¤Ï¿¤¯¤Î°Û¤Ê¤ë¥³¥ó¥Ý¡¼¥Í¥ó¥È¤È¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¥¢¥×¥ê¥±¡¼¥·¥ç¥ó¤ò½ñ¤¤¤¿¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¤½¤ì¤é¤ÏÍÍ¡¹¤Ê¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£»ä¤Ï¼«Ê¬¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤É¤Î¤è¤¦¤Ê¥é¥¤¥»¥ó¥·¥ó¥°¾ò·ï¤¬²Ý¤µ¤ì¤ë¤Î¤¬¤µ¤Ã¤Ñ¤êʬ¤«¤ê¤Þ¤»¤ó¡£»ä¤¬Å¬ÍѤǤ­¤ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ò¶µ¤¨¤Æ失¤Þ¤»¤ó¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCManyDifferentLicenses"
+name="ManyDifferentLicenses">わたしは多くの異なるコンポーネントとリンクするアプリケーションを書いたのですが、それらは様ã€
…
なライセンスが適用されています。わたしは自分のプログラãƒ
 
にどのようなライセンシング条件が課されるのがさっぱり分かりません。わたしが適用できるライセンスを教えてé
 ‚けませんか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤³¤Î¼ÁÌä¤ËÅú¤¨¤ë¤Ë¤Ï¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤¬ÍøÍѤ¹¤ë¤½¤ì¤¾¤ì¤Î¥³
-¥ó¥Ý¡¼¥Í¥ó¥È¤È¤½¤Î¥³¥ó¥Ý¡¼¥Í¥ó¥È¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î¥ê¥¹¥È¡¢¤½¤·¤Æ¤¢¤Ê¤¿¤Î¥é
-¥¤¥Ö¥é¥ê¤¬¤½¤ì¤é¤Î¥³¥ó¥Ý¡¼¥Í¥ó¥È¤ò¤É¤¦ÍøÍѤ¹¤ë¤«µ­½Ò¤·¤¿´Êñ¤Ê(¤½¤ì¤¾
-¤ì¤Ë¿ô¥»¥ó¥Æ¥ó¥¹¤Ç½½Ê¬)ÀâÌÀ¤ò¸«¤ëɬÍפ¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£Æó¤ÄÎã¤òµó¤²¤ë¤È:
-<P>
-<UL>
-<LI>»ä¤Î¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤òÆ°ºî¤µ¤»¤ë¤Ë¤Ï¡¢ÎôÅùGPL¤Î²¼¤ÇÍøÍѲÄǽ¤ÊFOO¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¥ê¥ó¥¯¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-<LI>»ä¤Î¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ï¥·¥¹¥Æ¥à¥³¡¼¥ë¤Ç(»ä¤¬¥Ó¥ë¥È¤·¤¿¥³¥Þ¥ó¥É¥é¥¤¥ó¤È¤È¤â¤Ë)BAR¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¼Â¹Ô¤·¤Þ¤¹¡£BAR¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¡ÖGPL¤À¤¬¡¢QUUX¤È¤Î¥ê¥ó¥¯¤òµö²Ä¤¹¤ëÆÃÊÌÎã³°¤òǧ¤á¤ë¡×¤È¤¤¤¦¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
-</UL>
-<p>
-
+この質問に答えるには、わたしたちはあなたのプログラム
が利用するそれぞれのコンポーネントとそのコンポーネントのライセンスのリスト、そしてあなたのライブラリがそれらのコンポーネントをどう利用するか記述した簡単な(それぞれに数センテンスで十分)説明を見るå¿
…要があります。二つ例を挙げると:
+<ul>
+<li>わたしのソフトウェアを動作させるには、劣等GPLのもとで利用可能なFOOライブラリとリンクしなければなりません。</li>
+<li>わたしのソフトウェアはシステム
コールで(わたしがビルトしたコマンドラインとともに)BARプログラãƒ
 ã‚’実行します。BARプログラムは「GPLだ
が、QUUXとのリンクを許可する特別な例外を認める」とライセンスされています。</li>
+</ul>
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCMereAggregation" 
NAME="MereAggregation">¡Öñ¤Ê¤ë½¸ÀѡפȡÖÆó¤Ä¤Î¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤ò°ì¤Ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë·ë¹ç¤¹¤ë¤³¤È¡×¤Î°ã¤¤¤Ï²¿¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCMereAggregation"
+name="MereAggregation">「単なる集積」と「二つのモジュールを一つのプログラãƒ
 ã«çµåˆã™ã‚‹ã“と」の違いは何ですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-Æó¤Ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Îñ¤Ê¤ë½¸ÀÑʪ¤È¤Ï¡¢¤½¤ì¤é¤òƱ¤¸CD-ROM¤ä¥Ï¡¼¥É¥Ç¥£¥¹¥¯
-¤ËÎÙ¤ê¹ç¤ï¤»¤ËÃÖ¤¯¤³¤È¤ò°ÕÌ£¤·¤Þ¤¹¡£»ä¤¿¤Á¤Ï¤³¤ÎÍѸì¤ò¤½¤ì¤é¤¬ÊÌ¡¹¤Î¥×
-¥í¥°¥é¥à¤Ç¤¢¤ë¤È¤­¤Ë»È¤¤¡¢Ã±°ì¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Î°ìÉô¤Ç¤Ï̵¤¤¤È¤­¤ËÍѤ¤¤Þ¤¹¡£
-¤³¤Î¾ì¹ç¡¢¥×¥í¥°¥é¥à¤Î°ì¤Ä¤¬GPL¤ÇÊݸ¤ì¤Æ¤¤¤Æ¤â¡¢Â¾¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤Ï
-²¿¤Î±Æ¶Á¤â¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+二つのプログラム
の単なる集積物とは、それらを同じCD-ROMやハードディスクに隣り合わせに置くことを意味します。わたしたちはこの用語をそれらが別ã€
…のプログラムであるときに使い、単一のプログラム
の一部ではないときに用います。この場合、プログラム
の一つがGPLで保護されていても、他のプログラム
には何の影響もありません。
 <p>
-Æó¤Ä¤Î¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤ò·ë¹ç¤¹¤ë¤È¤Ï¡¢¤½¤ì¤é¤ò°ì½ï¤ËÀܳ¤·¤½¤ì¤é¤¬Ã±°ì¤Î¤è¤ê
-Â絬ÌÏ¤Ê¥×¥í¥°¥é¥à¤ò·ÁÀ®¤¹¤ë¤³¤È¤ò°ÕÌ£¤·¤Þ¤¹¡£¤â¤·¤¤¤º¤ì¤«¤ÎÉôʬ¤¬GPL
-¤ÇÊݸ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢·ë¹çʪÁ´ÂΤâGPL¤Î²¼¤Çȯɽ¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-¤â¤·¤½¤¦¤Ç¤­¤Ê¤±¤ì¤Ð¡¢¤¢¤ë¤¤¤Ï¤½¤¦¤¹¤ë¤Ä¤â¤ê¤¬Ìµ¤±¤ì¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤½¤ì¤é
-¤ò·ë¹ç¤¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¡£
+二つのモジュールを結合するとは、それらを一緒に接続しそれらが単一のより大きなプログラãƒ
 
を形成することを意味します。もしいずれかの部分がGPLで保護されているならば、結合物å
…
¨ä½“ã‚‚GPLのもとでリリースしなければなりません。もしそうできなければ、あるいはそうするつもりがなければ、あなたはそれらを結合することはできません。</p>
 <p>
-Æó¤Ä¤ÎÉôʬ¤ò°ì¤Ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë·ë¹ç¤¹¤ëÍ×·ï¤È¤Ï¤Ê¤ó¤Ç¤·¤ç¤¦? ¤³¤ì¤ÏˡŪ
-¤Ê¼ÁÌä¤Ç¤¢¤ê¡¢µæ¶ËŪ¤Ë¤ÏºÛȽ´±¤¬·è¤á¤ë¤³¤È¤Ç¤¹¡£»ä¤¿¤Á¤Ï¡¢Å¬Àڤʴð½à¤Ï
-¥³¥ß¥å¥Ë¥±¡¼¥·¥ç¥ó¤Î¥á¥«¥Ë¥º¥à(exec¡¢¥Ñ¥¤¥×¡¢rpc¡¢¶¦Í­¥¢¥É¥ì¥¹¶õ´Ö¤Ç¤Î
-¥Õ¥¡¥ó¥¯¥·¥ç¥ó¥³¡¼¥ë¤Ê¤É)¤È¥³¥ß¥å¥Ë¥±¡¼¥·¥ç¥ó¤Î¥»¥Þ¥ó¥Æ¥£¥¯¥¹(¤É¤Î¤è¤¦
-¤Ê¼ï¤Î¾ðÊó¤¬Áê¸ß¸ò´¹¤µ¤ì¤ë¤«)¤ÎξÊý¤Ë°Í¤ë¤È¹Í¤¨¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
+二つの部分が一つのプログラム
に結合されるとする構成はなんでしょうか?
+これは法的な質問であり、究極的には裁判官が決めることです。わたしたちは、適切な基準はコミュニケーションのメカニズãƒ
 (exec、パイプ、rpc、å…
±æœ‰ã‚¢ãƒ‰ãƒ¬ã‚¹ç©ºé–“でのファンクションコールなど)とコミュニケーションのセマンティクス(どのような種のæƒ
…報が相互交換されるか)の両方によると考えています。</p>
 <p>
-¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤¬Æ±¤¸¼Â¹Ô¥Õ¥¡¥¤¥ë¤Ë´Þ¤Þ¤ì¤Æ¤¤¤ë¾ì¹ç¡¢¤½¤ì¤é¤Ï¸À¤¦¤Þ¤Ç¤â¤Ê¤¯
-°ì¤Ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë·ë¹ç¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¤â¤·¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤¬¶¦Í­¥¢¥É¥ì¥¹¶õ´Ö¤Ç
-¤¤¤Ã¤·¤ç¤Ë¥ê¥ó¥¯¤µ¤ì¤Æ¼Â¹Ô¤µ¤ì¤ë¤è¤¦À߷פµ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢¤½¤ì¤é¤¬°ì¤Ä
-¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë·ë¹ç¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ï¤Û¤Ü´Ö°ã¤¤¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
-<p>
-µÕ¤Ë¡¢¥Ñ¥¤¥×¤ä¥½¥±¥Ã¥È¡¢¥³¥Þ¥ó¥É¥é¥¤¥ó°ú¿ô¤ÏÄ̾ïÆó¤Ä¤ÎʬΥ¤·¤¿¥×¥í¥°¥é
-¥à¤Î´Ö¤Ç»È¤ï¤ì¤ë¥³¥ß¥å¥Ë¥±¡¼¥·¥ç¥ó¥á¥«¥Ë¥º¥à¤Ç¤¹¡£¤Ç¤¹¤«¤é¤½¤ì¤é¤¬¥³¥ß¥å
-¥Ë¥±¡¼¥·¥ç¥ó¤Î¤¿¤á¤Ë»È¤ï¤ì¤ë¤È¤­¤Ë¤Ï¡¢¥â¥¸¥å¡¼¥ë¤ÏÄ̾ïÊÌ¡¹¤Î¥×¥í¥°¥é¥à
-¤Ç¤¹¡£¤·¤«¤·¥³¥ß¥å¥Ë¥±¡¼¥·¥ç¥ó¤Î¥»¥Þ¥ó¥Æ¥£¥¯¥¹¤¬¿ÆÌ©¤Ç¤¢¤Ã¤¿¤ê¡¢Ê£»¨¤Ê
-ÆâÉô¥Ç¡¼¥¿¹½Â¤¤ò¸ò´¹¤·¤¿¤ê¤¹¤ë¾ì¹ç¤Ï¡¢¤½¤ì¤é¤âÆó¤Ä¤ÎÉôʬ¤¬¤è¤êÂ絬ÌϤÊ
-¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë·ë¹ç¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¹Í¤¨¤ë´ð½à¤È¤Ê¤ê¤¦¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
+モジュールが同じ実行ファイルに含まれているå 
´åˆã€ãã‚Œã‚‰ã¯è¨€ã†ã¾ã§ã‚‚なく一つのプログラム
に結合されています。もしモジュールがå…
±æœ‰ã‚¢ãƒ‰ãƒ¬ã‚¹ç©ºé–“でいっしょにリンクされて実行されるよう設計されているならば、それらが一つのプログラãƒ
 ã«çµåˆã•ã‚Œã¦ã„るのはほぼ間違いないでしょう。</p>
 <p>
+逆に、パイプ、ソケット、コマンドライン引数は通常二つの分離したプログラãƒ
 ã®é–“で使われるコミュニケーションメカニズム
です。ですからそれらがコミュニケーションのために使われるときには、モジュールは通常別ã€
…のプログラム
です。しかしコミュニケーションのセマンティクスが親密であったり、複雑なå†
…部データ構造を交換したりするå 
´åˆã¯ã€ãã‚Œã‚‰ã‚‚二つの部分がより大規模なプログラム
に結合されていると考える基準となりうるでしょう。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCAssignCopyright" 
NAME="AssignCopyright">¤É¤¦¤·¤ÆFSF¤Ï¡¢FSF¤¬Ãøºî¸¢¤òÊÝÍ­¤¹¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Ø¤Î¹×¸¥¼Ô¤¬¼«¤é¤ÎÃøºî¸¢¤òFSF¤Ë¾ùÅϤ¹¤ë¤³¤È¤òÍ׵᤹¤ë¤Î¤Ç¤¹¤«?
 
¤â¤·»ä¤¬GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÃøºî¸¢¤òÊÝÍ­¤·¤Æ¤¤¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢»ä¤âÃøºî¸¢¾ùÅϤòÍ׵᤹¤Ù¤­¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?
 ¤â¤·¤½¤¦¤Ê¤é¡¢¤É¤¦¤ä¤Ã¤Æ?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCAssignCopyright"
+name="AssignCopyright">どうしてFSFは、FSFが著作権を有するプログラãƒ
 ã¸ã®è²¢çŒ®è€…
が自らの著作権をFSFに譲渡することを要求するのですか?
+もしわたしがGPLが使われたプログラム
の著作権を有しているならば、わたしも著作権譲渡を要求すべきでしょうか?
 もしそうなら、どうやって?</a></b></dt>
 
 <dd>
-»ä¤¿¤Á¤ÎÊÛ¸î»Î¤Ï¡¢¿¯³²¼Ô¤ËÂФ·¤ÆË¡Äî¤Ç<A
-HREF="/licenses/why-assign.ja.html">GPL¤ò¶¯À©¤¹¤ë¾å¤ÇºÇÎɤÎΩ¾ì</A>¤ËΩ¤Ä
-¤Ë¤Ï¡¢¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÃøºî¸¢¤Î¾õÂÖ¤ò²Äǽ¤Ê¸Â¤êñ½ã¤ËÊݤĤ٤­¤À¤È½Ò¤Ù¤Æ¤¤¤Þ
-¤¹¡£¤³¤Î¤¿¤á¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï¹×¸¥¼Ô¤Î¤ß¤Ê¤µ¤ó¤ËÂФ·¡¢FSF¤ËÂФ¹¤ë¤´¼«Ê¬¤Î¹×¸¥
-¤Ë´Ø¤¹¤ëÃøºî¸¢¤ò¾ùÅϤ¹¤ë¤«¡¢Ãøºî¸¢¤ò¼çÄ¥¤»¤º¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã¥¯¥É¥á¥¤¥ó¤ËÃÖ¤¯¤³
-¤È¤ò¤ª´ê¤¤¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
+わたしたちの弁護士は、侵害者に対して法廷で<a
+href="/licenses/why-assign.html">GPLを強制する上で最良の立å 
´</a>に立つには、プログラムの著作権の状æ…
‹ã‚’可能な限り単純に保つべきだ
と述べています。このため、わたしたちは貢献者
のみなさんに対し、FSFに対するご自分の貢献に関する著作権を譲渡するか、著作権を主張せずパブリックドメインに置くことをお願いしています。
+<p>
+また、わたしたちは個々の貢献者が彼らの雇用者
(もしいれば)からの著作権放棄声明を得て、そういった雇用è€
…
たちが将来になって貢献を所有していると主張することがないよう保証することもお願いしています。</p>
 <p>
-¤Þ¤¿¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï¸Ä¡¹¤Î¹×¸¥¼Ô¤¬Èà¤é¤Î¸ÛÍѼÔ(¤â¤·¤¤¤ì¤Ð)¤«¤é¤ÎÃøºî¸¢Êü´þÀ¼
-ÌÀ¤òÆÀ¤Æ¡¢¤½¤¦¤¤¤Ã¤¿¸ÛÍѼԤ¿¤Á¤¬¾­Íè¤Ë¤Ê¤Ã¤Æ¹×¸¥¤ò½êÍ­¤·¤Æ¤¤¤ë¤È¼çÄ¥¤¹
-¤ë¤³¤È¤¬¤Ê¤¤¤è¤¦Êݾڤ¹¤ë¤³¤È¤â¤ª´ê¤¤¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
+もちろん、すべての貢献者
が彼らのコードをパブリックドメインに置いたならば、GPLを強制すべき著作権は存在しません。ですからわたしたちは、大量のコードを貢献して下さったå
 
´åˆã¯è‘—作権を譲渡し、小さな改変点に関してはパブリックドメインに置くことを推奨しています。</p>
 <p>
+あなたのプログラム
に関してGPLを強制したいならば、同じようなポリシーに従うのはおそらくあなたにとっても良い考えでしょう。詳しくは<a
+href="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</a>に連絡ください。
+</p></dd>
 
-¤â¤Á¤í¤ó¡¢¤¹¤Ù¤Æ¤Î¹×¸¥¼Ô¤¬Èà¤é¤Î¥³¡¼¥É¤ò¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã¥¯¥É¥á¥¤¥ó¤ËÃÖ¤¤¤¿¤Ê¤é
-¤Ð¡¢GPL¤ò¶¯À©¤¹¤Ù¤­Ãøºî¸¢¤Ï¸ºß¤·¤Þ¤»¤ó¡£¤Ç¤¹¤«¤é»ä¤¿¤Á¤Ï¡¢ÂçÎ̤Υ³¡¼
-¥É¤ò¹×¸¥¤·¤Æ²¼¤µ¤Ã¤¿¾ì¹ç¤ÏÃøºî¸¢¤ò¾ùÅϤ·¡¢¾®¤µ¤Ê²þÊÑÅÀ¤Ë´Ø¤·¤Æ¤Ï¥Ñ¥Ö¥ê¥Ã
-¥¯¥É¥á¥¤¥ó¤ËÃÖ¤¯¤³¤È¤ò¿ä¾©¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
+<dt><b><a href="#TOCModifyGPL"
+name="ModifyGPL">わたしがGPLを修正して修正版のライセンスを作ることはできますか?</a></b></dt>
 
+<dd>
+あなたのライセンスを別の名前で呼び、GPLの前文を含めないのであれば、GPLの条é
 …
を(修正して)別のライセンスに使うことはできるでしょう。ここで、最後にある利用に関する手é
 
†ã‚’修正して、言い回しは明らかに異なるものとし、GNUについて触れないようにするå¿
…要があります(実際の手順は同様となるでしょうが)。
 <p>
-
-¤¢¤Ê¤¿¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë´Ø¤·¤ÆGPL¤ò¶¯À©¤·¤¿¤¤¤Ê¤é¤Ð¡¢Æ±¤¸¤è¤¦¤Ê¥Ý¥ê¥·¡¼¤Ë
-½¾¤¦¤Î¤Ï¤ª¤½¤é¤¯¤¢¤Ê¤¿¤Ë¤È¤Ã¤Æ¤âÎɤ¤¹Í¤¨¤Ç¤·¤ç¤¦¡£¾Ü¤·¤¯¤Ï<A
-HREF="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</A>¤Ë¤´Ï¢Íí
-²¼¤µ¤¤¡£
+わたしたちの前文を修正ライセンスで使いたい場合、<a
+href="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</a>まで許可を求める連絡をくã
 
さい。この目的のために、承認するかどうか、わたしたちは実際のライセンスの要件を確認したいと思います。</p>
 <p>
+わたしたちは、あなたが修正ライセンスをこうやって作成することに法的な反対をしないでしょうが、わたしたちはあなたが再度検討し、そうしないことを望みます。そのような修正ライセンスは、ほとんど確実に<a
+href="#WhatIsCompatible">GNU
+GPLと非互換</a>であり、そのような非互換性はモジュールの有用な組み合わせを阻害します。異なる自由ソフトウェア・ライセンスの単なる増殖は、それ自体è²
 æ‹…です。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCGPLCommercially" NAME="GPLCommercially">GNU 
GPL¤Î²¼¤Ç¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î°ìÉô¤òÆþ¼ê¤·¤¿¤È¤·¤Æ¡¢»ä¤Ï¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¤Î¥³¡¼¥É¤ò¿·¤·¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¹ç¤ï¤»¤Æ¼è¤ê¹þ¤ß¡¢¤½¤ì¤ò¾¦¶ÈŪ¤ËÈÒÉÛ¡¢ÈÎÇ䤹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCGPLCommercially" name="GPLCommercially">GNU
+GPLのもとでソフトウェアの一部をå…
¥æ‰‹ã—て利用するとして、わたしはオリジナルのコードを新しいプログラãƒ
 ã«åˆã‚ã›ã¦å–り込み、それを商業的にé…
å¸ƒã€è²©å£²ã™ã‚‹ã“とはできるでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-²þÊѤ·¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤ò¾¦¶ÈŪ¤ËÇä¤ë¤³¤È¤Ïµö²Ä¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤¬¡¢¤½¤ì¤Ï
-GNU GPL¤Î¾ò¹à¤Î²¼¤Ç¤Î¤ß¤Ç¤¹¡£¤½¤³¤Ç¤¿¤È¤¨¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤ÏGPL¤¬»ØÄꤹ¤ëÄ̤ê
-¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ò¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¥æ¡¼¥¶¤¬Æþ¼ê¤Ç¤­¤ë¤è¤¦¤Ë¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó
-¤·¡¢¤Þ¤¿¥æ¡¼¥¶¤ÏGPL¤Ë½ñ¤«¤ì¤Æ¤¤¤ëÄ̤ꤽ¤ì¤ò²þÊѤ·¤¿¤êºÆÈÒÉÛ¤·¤¿¤ê¤Ç¤­
-¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
-¤³¤ì¤é¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬Æþ¼ê¤·¤¿GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥³¡¼¥É¤ò¤¢¤Ê¤¿¼«¿È¤Î¥×¥í¥°¥é
-¥à¤Ë´Þ¤á¤ë¾å¤Ç¤ÎÍ×·ï¤Ç¤¹¡£
+改変したプログラム
の複製を商業的に売ることは許可されていますが、それはGNU
+GPLの条項
のもとでのみです。そこでたとえば、あなたはGPLが指定する通りソースコードをプログラãƒ
 ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ãŒå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—なければなりませんし、またユーザはGPLに書かれている通りそれを改変したり再é
…å¸ƒã—たりできなければなりません。
 <p>
+これらは、あなたがå…
¥æ‰‹ã—たGPLで保護されたコードをあなた自身のプログラム
に含める上での要件です。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCGPLOtherThanSoftware"
-NAME="GPLOtherThanSoftware">GPL¤ò¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢°Ê³°¤Î¤â¤Î¤Ë¤âŬÍѤ¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+
+<dt><b><a href="#TOCGPLOtherThanSoftware"
+name="GPLOtherThanSoftware">GPLをソフトウェア以外のものに使うことはできますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤½¤ÎÃøºîʪ¤Ë¤È¤Ã¤Æ¡Ö¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¡×¤¬²¿¤Ë¤¢¤¿¤ë¤«¤òÌÀ³Î¤Ë¤¹¤ë¤«¤®¤ê¡¢
-GPL¤Ï¤É¤ó¤Ê¼ïÎà¤ÎÃøºîʪ¤Ë¤Ç¤âŬÍѤ¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£GPL¤Ç¤Ï¥½¡¼¥¹¥³¡¼
-¥É¤ò¡Ö¤¢¤ëÃøºîʪ¤Ë²þÊѤò²Ã¤¨¤ë¾å¤Ç¹¥¤Þ¤·¤¤·Á¼°¡×¤ÈÄêµÁ¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
-<p>
-¤·¤«¤·¡¢¥Þ¥Ë¥å¥¢¥ë¤ä¶µ²Ê½ñ¡¢¤¢¤ë¤¤¤Ï¤è¤ê°ìÈÌŪ¤Ë²¿¤«¤Ë¤Ä¤¤¤Æ¶µ¤¨¤ë¤³¤È
-¤ò°Õ¿Þ¤·¤Æ¤¤¤ëÃøºîʪ¤ËÂФ·¤Æ¤Ï¡¢GPL¤Ç¤Ï¤Ê¤¯GFDL¤òŬÍѤ¹¤ë¤³¤È¤ò¿ä¾©¤·
-¤Þ¤¹¡£
+その著作物にとって「ソースコード」が何にあたるかを明確にするかぎり、
+GPLはどんな種類の著作物にでも適用することができます。GPLではソースコードを、ある著作物に改変をåŠ
 ãˆã‚‹ä¸Šã§å¥½ã¾ã—い形式、と定義しています。
 <p>
+しかし、マニュアルや教科書、あるいはより一般的に何かについて教えることを意図している著作物に対しては、GPLではなくGFDLを適用することを推奨します。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCConsider" 
NAME="Consider">°Ê²¼¤Î¤è¤¦¤Ê¾õ¶·¤ò¹Í¤¨¤Æ¤ß¤Þ¤·¤ç¤¦:
-<UL>
-<LI>X ¤¬¤¢¤ë¥×¥í¥¸¥§¥¯¥È¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó1¤òGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤¹¤ë¡£
-<LI>Y 
¤¬¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó1¤ò´ð¤Ë²þÊѤ俷µ¬¤Î¥³¡¼¥É¤ò²Ã¤¨¡¢¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó2¤Î³«È¯¤Ë¹×¸¥¤¹¤ë¡£
-<LI>X ¤¬¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó2¤òGPL¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ë²þÊѤ·¤è¤¦¤È¤¹¤ë¡£   
-</UL>
-¤³¤Î¾ì¹çX¤ÏY¤Îµö²Ä¤òÆÀ¤ëɬÍפ¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+
+<dt><b><a href="#TOCLGPLJava" 
name="LGPLJava">LGPLはJavaにどう働きますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤Ï¤¤¡£X¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó1¤ò´ð¤Ë¤·¤¿¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Î·ë²Ì¤È¤·¤Æ¡¢Y¤Ï¼«Ê¬¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç
-¥ó¤òGNU GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤¹¤ë¤³¤È¤¬Í׵ᤵ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£Y¤Ï¡¢¼«Ê¬¤Î¥³¡¼¥É¤Ë´Ø
-¤·¤ÆGPL°Ê³°¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ËƱ°Õ¤¹¤ëɬÍפÏÁ´¤¯¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤½¤³¤Ç¡¢X¤Ï¤½¤Î
-¥³¡¼¥É¤ò¾¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î´ð¤Ç¸ø³«¤¹¤ëÁ°¤ËY¤Îµö²Ä¤ò¼è¤ëɬÍפ¬¤¢¤ë¤Î¤Ç¤¹¡£
-<p>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCGPLInProprietarySystem"
-  
NAME="GPLInProprietarySystem">»ä¤ÎÆÈÀêŪ¤Ê¥·¥¹¥Æ¥à¤Ë¡¢GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤òÁȤßÆþ¤ì¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¤½¤ì¤Ï²Äǽ¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<p><a
+href="/licenses/lgpl-java.html">詳細はこちらの小論をご覧くだ
さい。</a>LGPLは設計されたように、意図されたように、そして期å¾
…されたように働きます。
+</p></dd>
+
+<dt><b><a href="#Consider"
+name="TOCConsider">以下のような状況を考えてみましょう:1.
+Xがあるプロジェクトのバージョン1をGPLのもとでリリースする。2.
+Yがバージョン1をもとに改変や新規のコードを加
え、バージョン2の開発に貢献する。3.
+Xがバージョン2をGPLではないライセンスに改変しようとする。このå
 ´åˆXはYの許可を得る必要がありますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤òÆÈÀêŪ¤Ê¥·¥¹¥Æ¥à¤ËÁȤßÆþ¤ì¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ
-¤»¤ó¡£GPL¤ÎÌÜɸ¤Ï¡¢Ã¯¤ËÂФ·¤Æ¤â¥×¥í¥°¥é¥à¤òÊ£À½¤äºÆÈÒÉÛ¡¢Íý²ò¡¢²þÊѤ¹
-¤ë¼«Í³¤òÍ¿¤¨¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ç¤¹¡£¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥·¥¹¥Æ¥à¤ËGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿
-¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤òÁȤßÆþ¤ì¤ë¤³¤È¤¬²Äǽ¤Ê¤é¡¢GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ï
-¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¯¤Ê¤Ã¤Æ¤·¤Þ¤¦¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
-<p>
-GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤òÁȤßÆþ¤ì¤¿¥·¥¹¥Æ¥à¤Ï¡¢¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÇÉÀ¸
-¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤È¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£GPL¤Ë¤è¤ì¤Ð¡¢¤¢¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÇÉÀ¸¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Ï¡¢
-¤½¤ì¤ò¸ø³«¤¹¤ë¤Ê¤é¤ÐGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
-¤³¤ì¤ÏÆó¤Ä¤ÎÍýͳ¤¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£°ì¤Ä¤Ë¤Ï¡¢¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤òÆþ¼ê¤·¤¿¥æ¡¼¥¶¤¬Èà
-¤é¤¬»ý¤Ä¤Ù¤­¼«Í³¤òÆÀ¤ë¤³¤È¤¬Êݾڤµ¤ì¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¡¢¤â¤¦°ì¤Ä¤Ï¡¢¿Í¡¹¤¬¹Ô¤Ã
-¤¿²þÎÉÅÀ¤¬ºî¼Ô¤Ë´Ô¸µ¤µ¤ì¤ë¤Î¤ò¾©Î夹¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ç¤¹¡£
+はい。Xのバージョン1をもとにしたということの結果として、Yは自分のバージョンをGNU
+GPLのもとでリリースすることが要求されています。自分のコードに関してGPL以外のライセンスに同意することに関して、Yは、何も要求されていません。ですから、Xはそのコードを他のライセンスのもとでリリースする前にYの許可を取るå¿
…要があるのです。
+<p></p></dd>
+
+
+<dt><b><a href="#TOCGPLInProprietarySystem"
+name="GPLInProprietarySystem">わたしのプロプライエタリ・システãƒ
 ã«ã€GPLで保護されたソフトウェアを組みå…
¥ã‚ŒãŸã„のですが、それは可能ですか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+GPLで保護されたソフトウェアをプロプライエタリ・システãƒ
 ã«çµ„みå…
¥ã‚Œã‚‹ã“とはできません。GPLの目標は、誰に対してもプログラãƒ
 ã‚’複製や再é…
å¸ƒã€ç†è§£ã€æ”¹å¤‰ã™ã‚‹è‡ªç”±ã‚’与えるということです。自由でないシステãƒ
 ã«GPLで保護されたソフトウェアを組みå…
¥ã‚Œã‚‹ã“とが可能なら、GPLで保護されたソフトウェアは自由ではなくなってしまうでしょう。
 <p>
-¤·¤«¤·Â¿¤¯¤Î¾ì¹ç¡¢GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤òÆÈÀêŪ¤Ê¥·¥¹¥Æ¥à¤È°ì½ï
-¤ËÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤Ï²Äǽ¤Ç¤¹¡£¤³¤ì¤òÂÅÅö¤Ê·Á¤Ç¹Ô¤¦¤Ë¤Ï¡¢¥Õ¥ê¡¼¤Ê¥×¥í¥°¥é¥à
-¤È¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥à¤È¤¬¤½¤ì¤¾¤ìÆÈΩ¤òÊݤä¿·Á¤Ç¥³¥ß¥å¥Ë¥±¡¼¥È¤·¡¢
-¤½¤ì¤é¤¬»ö¼Â¾åñ°ì¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤È¤Ê¤Ã¤Æ¤·¤Þ¤¦¤è¤¦¤ÊÊýË¡¤Ç·ë¹ç¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Ê
-¤¤¤³¤È¤ò³Îǧ¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+GPLで保護されたプログラムを組み入れたシステム
は、そのプログラム
の拡張バージョンとなります。GPLは、あるプログラム
の拡張バージョンは、それをリリースするならばGPLのもとでリリースされなければならないと述べています。これは二つの理由があります。一つには、ソフトウェアをå
…
¥æ‰‹ã—たユーザがかれらが持つべき自由を得ることが保証されるということ、もう一つは、人ã€
…が行った改良点を還å…
ƒã™ã‚‹ã®ã‚’奨励するということです。</p>
 <p>
-GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò°ì½ï¤ËÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤È¡ÖÁȤ߹þ¤à¡×¤³¤È¤È¤Î
-°ã¤¤¤Ï¡¢¤¢¤ëÅÀ¤Ç¤Ï¼Â¼ÁŪ¤ÊÌäÂê¤Ç¤¢¤ê¡¢¤¢¤ëÅÀ¤Ç¤Ï·Á¼°Åª¤ÊÌäÂê¤Ç¤¹¡£¼Â¼Á
-Ū¤ÊÌäÂê¤È¤Ï¡¢Æó¤Ä¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤¬·ë¹ç¤µ¤ì¡¢¤½¤ì¤é¤¬»ö¼Â¾å°ì¤Ä¤Î¥×¥í¥°¥é
-¥à¤ÎÆó¤Ä¤ÎÉôʬ¤È¤Ê¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤½¤ì¤é¤òÆó¤Ä¤ÎÊÌ¡¹¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤È¤·
-¤Æ°·¤¦¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ç¤¹¡£¤è¤Ã¤Æ¡¢¤³¤Î¾ì¹çGPL¤¬Á´ÂΤòÊݸ
-¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£
+しかし多くのå 
´åˆã€GPLで保護されたソフトウェアをプロプライエタリ・システãƒ
 ã¨ä¸€ç·’にé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とは可能です。これを妥当な形で行うには、自由なプログラãƒ
 ã¨è‡ªç”±ã§ã¯ãªã„プログラム
とがそれぞれ独立を保った形でコミュニケートし、それらが事実上単一のプログラãƒ
 
となってしまうような方法で結合されていないことを確認しなければなりません。</p>
 <p>
-¥³¥ó¥Ñ¥¤¥é¤È¥«¡¼¥Í¥ë¡¢¤¢¤ë¤¤¤Ï¥¨¥Ç¥£¥¿¤È¥·¥§¥ë¤È¤¤¤¦¤è¤¦¤Ë¡¢Æó¤Ä¤Î¥×¥í
-¥°¥é¥à¤¬¤­¤Á¤ó¤ÈʬΥ¤µ¤ì¤¿¤Þ¤Þ¤Ç¤¢¤ì¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤½¤ì¤é¤òÆó¤Ä¤ÎÊÌ¡¹¤Î¥×
-¥í¥°¥é¥à¤È¤·¤Æ°·¤¦¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£¤·¤«¤·°·¤¤¤Ë¤Ïµ¤¤òÉÕ¤±¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ
-¤»¤ó¡£¤³¤³¤ÇÌäÂê¤È¤Ê¤ë¤Î¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬²¿¤ò¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤«¤Á¤ã¤ó¤Èµ­½Ò¤¹¤ë¤È
-¤¤¤¦Ã±½ã¤Ë·Á¼°Åª¤Ê¤³¤È¤Ç¤¹¤¬¡¢¤É¤¦¤·¤Æ»ä¤¿¤Á¤Ï¤³¤ó¤Ê¤³¤È¤Ëµ¤¤ò»È¤¦¤Î¤Ç
-¤·¤ç¤¦? ¤½¤ì¤Ï¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï¥æ¡¼¥¶¤ËÂФ·¡¢¤¢¤ë¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î¥³¥ì¥¯¥·¥ç¥ó¤Ë
-¼ý¤á¤é¤ì¤¿GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤¬¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤¢¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤ò¥æ¡¼¥¶
-¤¬ÌÀ¤é¤«¤ËÍý²ò¤¹¤ë¤³¤È¤òÊݾڤ·¤¿¤¤¤«¤é¤Ç¤¹¡£
+GPLで保護されたソフトウェアを一緒にé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とと「組み込む」こととの違いは、ある点では実質的な問題であり、ある点では形式の問題です。実質的な問題とは、二つのプログラãƒ
 ãŒçµåˆã•ã‚Œã€ãã‚Œã‚‰ãŒäº‹å®Ÿä¸Šä¸€ã¤ã®ãƒ—ログラム
の二つの部分となるならば、あなたはそれらを二つの別々
のプログラム
として扱うことができないということです。よって、このå 
´åˆGPLが全体を保護するということになります。</p>
 <p>
-¿Í¡¹¤¬¡¢GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò¤½¤Î°ìÉô¤¬ÆÈÀêŪ¤Ç¤¢¤ë¤È¥æ¡¼¥¶¤¬
-ÃΤäƤ¤¤ë¥·¥¹¥Æ¥à¤Î¡Ö°ìÉô¡×¤È¸Æ¤ó¤ÇÈÒÉÛ¤·¤è¤¦¤È¤·¤Æ¤¤¤ë¾ì¹ç¡¢¥æ¡¼¥¶¤Ï
-GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ë´Ø¤¹¤ëÈà¤é¤Î¸¢Íø¤Ë¤Ä¤¤¤Æ¼«¿®¤¬»ý¤Æ¤Ê¤¤¤«
-¤â¤·¤ì¤Þ¤»¤ó¡£¤·¤«¤·Èà¤é¤¬¼õ¤±¼è¤Ã¤¿¤â¤Î¤¬¥Õ¥ê¡¼¤Ê¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤½¤¦¤Ç¤Ê
-¤¤¤â¤Î¤òʤ٤ÆÄɲä·¤¿¤À¤±¤Î¤â¤Î¤À¤È¤¤¤¦¤³¤È¤¬Ê¬¤«¤ì¤Ð¡¢Èà¤é¤Î¸¢Íø¤ÏÌÀ
-³Î¤Ë¤Ê¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
+コンパイラとカーネル、あるいはエディタとシェルというように、二つのプログラãƒ
 
がきちんと分離されたものであれば、あなたはそれらを二つの別ã€
…のプログラム
として扱うことができます。しかし扱いには気を付けなければなりません。ここで問題となるのは、あなたが何をしているのかちゃんと記述するという単純に形式のことです。どうしてわたしたちはこんなことに気を使うのでしょう?
+それは、わたしたちはユーザに対し、あるソフトウェアのコレクションに収められたGPLで保護されたソフトウェアが自由であるということをユーザが明らかに理解することを保証したいからです。</p>
 <p>
+人々
が、GPLで保護されたソフトウェアをその一部がプロプライエタリであるとユーザが知っているシステãƒ
 ã®ã€Œä¸€éƒ¨ã€ã¨å‘¼ã‚“で配布しようとしているå 
´åˆã€ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¯GPLで保護されたソフトウェアに関するかれらの権利について自信が持てないかもしれません。しかしかれらが受け取ったものが自由なプログラãƒ
 ã«ãã†ã§ãªã„ものを並べて追加しただけのものだ
ということが分かれば、かれらの権利は明確になるでしょう。
+</p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCGPLWrapper"
+name="GPLWrapper">GPLで保護されたソフトウェアをわたしのプロプライエタリ・システãƒ
 
に組み込みたいと考えています。GPLで保護された部分とプロプライエタリの部分との間にGPLと両立するゆるい寛容なライセンス(X11ライセンスのような)の「ラッパー」モジュールをはさむことにより、これは可能ですか?</a></b></dt>
+
+<dd><p>いいえ。X11ライセンスはGPLと両立します。ですから、GPLで保護されたプログラãƒ
 ã«ãƒ¢ã‚¸ãƒ¥ãƒ¼ãƒ«ã‚’追加
して、そのモジュールはX11ライセンスのもととすることができます。しかし、もし、その両方をひとつの大きなプログラãƒ
 ã«çµ„み込むならば、å…
¨ä½“はGPLに保護された部分を含みますから、<em>å…
¨ä½“としては</em>GNU
+GPLのもとライセンスされなければならないでしょう。</p>
+
+<p>プロプライエタリのモジュールAがGPLで保護されたモジュールCとX11でライセンスされたモジュールBã
 
けを通じて通信するという事実は、法的には関係ありません。問題なのはモジュールCがå
…¨ä½“の中に含まれるという事実です。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCMoneyGuzzlerInc" 
NAME="MoneyGuzzlerInc">GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ò²þÊѤ·¡¢¥«¥Í¥è¥³¥»¼Ò(Money 
Guzzler 
Inc.)¤«¤é½Ð¤Æ¤¤¤ë¥Ý¡¼¥¿¥Ó¥ê¥Æ¥£¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¥ê¥ó¥¯¤·¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢»ä¤Ï¥«¥Í¥è¥³¥»¼Ò¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Î¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¡£¤½¤³¤Ç¡¢¥«¥Í¥è¥³¥»¼Ò¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¥ê¥ó¥¯¤·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò²þÊѤ·¤¿¤¤¥æ¡¼¥¶¤Ï¡¢¤½¤ì¤é¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤òÊ̤ËÆþ¼ê¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤É¤¦¤·¤ÆGPL¤Ï¤³¤ì¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCLibGCCException"
+name="LibGCCException">libstdc++例外は動的リンクを許可しますか?</a></b></dt>
+
+<dd><p>はい。例外の意図は、人々
がgccを使ってプロプライエタリ・ソフトウェアをコンパイルすることを許可することです。</p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCMoneyGuzzlerInc"
+name="MoneyGuzzlerInc">GPLで保護されたプログラム
を改変し、カネヨコセ社(Money Guzzler
+Inc.)から出ているポータビリティ・ライブラリとリンクしたいのですが、カネヨコセ社のライブラリとリンクしたバージョンを改変したいユーザは、それらのライブラリを別にå
…
¥æ‰‹ã—なければなりませんので、わたしはカネヨコセ社のライブラリのソースコードをé
…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とができません。どうしてGPLはこれを許可していないのですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤³¤ì¤Ë¤ÏÆó¤Ä¤ÎÍýͳ¤¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£
-<p>
-¤Þ¤º¡¢°ìÈÌÏÀ¤«¤é¤´ÀâÌÀ¤·¤Þ¤·¤ç¤¦¡£»ä¤¿¤Á¤¬´ë¶ÈA¤ËÂФ·¤ÆÆÈÀêŪ¤Ê¥Õ¥¡¥¤
-¥ë¤òºî¤ë¤³¤È¤òǧ¤á¡¢¤µ¤é¤Ë´ë¶ÈB¤¬¤½¤Î¥Õ¥¡¥¤¥ë¤ÈGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§
-¥¢¤ò¥ê¥ó¥¯¤·¤¿¤â¤Î¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤òǧ¤á¤¿¤È¤¹¤ë¤È¡¢¤½¤ì¤ÏGPL¤Ë¥È¥é¥Ã¥¯
-¤¬Íª¡¹Ä̤ì¤ë¤Û¤ÉÂ礭¤ÊÈ´¤±·ê¤ò³«¤±¤Æ¤·¤Þ¤¦¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¾¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤³
-¤ì¤Ï¡¢GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ø¤Î¤¢¤é¤æ¤ë¼ïÎà¤Î²þÊѤä³ÈÄ¥¤ËɬÍפÊ
-¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òÍ¿¤¨¤ºÎ±Êݤ¹¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë´Ø¤·¤Æ¡¢´ë¶È¤ËÇò»æ°ÑǤ¾õ¤òÅϤ¹
-¤ËÅù¤·¤¤¤«¤é¤Ç¤¹¡£
+これには二つの理由があります。
 <p>
-¤¹¤Ù¤Æ¤Î¥æ¡¼¥¶¤Ë¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤Ø¤Î¥¢¥¯¥»¥¹¤òÄ󶡤¹¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ï»ä¤¿¤Á¤Î
-¼ç¤ÊÌÜɸ¤Î°ì¤Ä¤Ç¤¢¤ê¡¢¾åµ­¤Î¤è¤¦¤Ê¾õ¶·¤Ï¤â¤Á¤í¤ó»ä¤¿¤Á¤¬Èò¤±¤¿¤¤¤â¤Î¤Ç
-¤¹¡£
+まず、一般論からご説明しましょう。わたしたちが企業Aに対してプロプライエタリ・ファイルを作ることを認め、さらに企業BがそのファイルとGPLで保護されたソフトウェアをリンクしたものをé
…å¸ƒã™ã‚‹ã“とを認めたとすると、それはGPLにトラックが悠々
通れるほど大きな抜け穴を開けてしまうということにほかなりません。これは、GPLで保護されたソフトウェアへのあらゆる種類の改変や拡張にå¿
…
要なソースコードを与えず留保するということに関して、企業に白紙委任状を渡すに等しいからです。</p>
 <p>
-¤è¤ê¶ñÂÎŪ¤Ë¸À¤¨¤Ð¡¢¥«¥Í¥è¥³¥»¼Ò¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¥ê¥ó¥¯¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¥×¥í¥°¥é
-¥à¤Î¤¢¤ë¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Ï¡¢¼ÂºÝ¤Î¤È¤³¤í»ä¤¿¤Á¤¬Íý²ò¤¹¤ë¤È¤³¤í¤Î¡Ö¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ
-¥È¥¦¥§¥¢¡×¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¥æ¡¼¥¶¤¬¥×¥í¥°¥é¥à¤ò²þÊѤäºÆ¥³¥ó¥Ñ¥¤¥ë¤¹¤ë¤³
-¤È¤ò²Äǽ¤È¤¹¤ë´°Á´¤Ê¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤È¶¦¤ËÄ󶡤µ¤ì¤Æ¤¤¤Ê¤¤¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ï¡¢
-¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤È¤Ï¸Æ¤Ð¤Ê¤¤¤«¤é¤Ç¤¹¡£
+すべてのユーザにソースコードへのアクセスを提供するということはわたしたちの主な目標の一つであり、上記のような状況はもちろんわたしたちが避けたいものです。</p>
 <p>
+よりå…
·ä½“的に言えば、カネヨコセ社のライブラリとリンクされているプログラãƒ
 
のあるバージョンは、実際のところわたしたちが理解するところの「自由ソフトウェア」ではありません。ユーザがプログラãƒ
 ã‚’改変や再コンパイルすることを可能とする完å…
¨ãªã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã¨å…
±ã«æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„ないソフトウェアは、自由ソフトウェアとは呼ばないからです。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><a href="#TOCGPLIncompatibleAlone" 
name="GPLIncompatibleAlone">¤¢¤ë¥â¥¸¥å¡¼¥ëQ¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î¾ò·ï¤¬GPL¤ÈÌ·½â¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¤·¤«¤·¤½¤Î¾ò·ï¤ÏQ¤¬Ã±ÂΤÇÈÒÉÛ¤µ¤ì¤¿¤È¤­¤Î¤ßŬÍѤµ¤ì¡¢Q¤¬¤è¤êÂ絬ÌÏ¤Ê¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë´Þ¤Þ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¤­¤Ë¤ÏŬÍѤµ¤ì¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤â¤Î¤À¤Ã¤¿¤È¤·¤Þ¤¹¡£¤³¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÏGPL¤ÈÌ·½â¤·¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?
 Q¤òGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤È¥ê¥ó¥¯¤¢¤ë¤¤¤Ï·ë¹ç¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¤«?</a></h4>
+<dt><a href="#TOCGPLIncompatibleAlone"
+name="GPLIncompatibleAlone">あるモジュールQのライセンスの条件がGPLと両立しないのですが、しかしその条件はQが単体でé
…å¸ƒã•ã‚ŒãŸã¨ãã®ã¿é©ç”¨ã•ã‚Œã€Qがより大規模なプログラム
に含まれているときには適用されないというものだ
ったとします。このライセンスはGPLと両立するでしょうか?
+QをGPLで保護されたプログラム
とリンクあるいは結合することができますか?</a></dt>
  
 <dd>
-¥×¥í¥°¥é¥àP¤¬GPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ï¡¢*P¤Î¤¢¤é¤æ¤ëÉôʬ¤¬
-*GPL¤Ë½¾¤Ã¤ÆÍøÍѤǤ­¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤ò°ÕÌ£¤·¤Þ¤¹¡£¤â¤·¤¢¤Ê¤¿¤¬¥â¥¸¥å¡¼¥ëQ
-¤òP¤ËÅý¹ç¤·¡¢·ë¹ç¤µ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥àP+Q¤òGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤·¤¿¤Ê¤é¤Ð¡¢P+Q¤ÎÁ´
-Éôʬ¤¬GPL¤Î²¼¤ÇÍøÍѤǤ­¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£P+Q¤Î°ìÉô¤ÏQ¤Ç¤¹¡£¤Ç¤¹
-¤«¤é¡¢P+Q¤òGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤¹¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ï¡¢Q¤Î¤¤¤«¤Ê¤ëÉôʬ¤â¤âGPL¤Î²¼¤Ç
-ÍøÍѤǤ­¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¾¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¸À¤¤´¹¤¨¤ì¤Ð¡¢¤¢¤ë¥æ¡¼¥¶¤¬P+Q¤òGPL
-¤Î²¼¤ÇÆþ¼ê¤·¤ÆP¤ËÁêÅö¤¹¤ëÉôʬ¤òºï½ü¤¹¤ì¤Ð¡¢Q¤À¤±¤¬»Ä¤ê¡¢¤·¤«¤âGPL¤Î²¼
-¤ÇÍøÍѤǤ­¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¤Ê¤ë¤Î¤Ç¤¹¡£
+プログラム
PがGPLのもとでリリースされているということは、<strong>Pのあらゆる部分</strong>がGPLに従って利用できるということを意味します。もしあなたがモジュールQをPに統合し、結合されたプログラãƒ
 P+QをGPLのもとでリリースしたならば、P+Qのå…
¨éƒ¨åˆ†ãŒGPLのもとで利用できるということになります。P+Qの一部はQです。ですから、P+QをGPLのもとでリリースするということは、Qのいかなる部分ももGPLのもとで利用できるということにほかなりません。言い換えれば、あるユーザがP+QをGPL
+のもとで入手してPに相当する部分を削除すれば、Qだ
けが残り、しかもGPLのもとで利用できるということになるのです。
 <p>
-¥â¥¸¥å¡¼¥ëQ¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬¤½¤¦¤¹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢¤½¤ì¤ÏGPL¤È
-Ì·½â¤·¤Þ¤»¤ó¤¬¡¢¤½¤¦¤Ç¤Ê¤±¤ì¤ÐQ¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÏGPL¤ÈÌ·½â¤·¤Þ¤¹¡£
+モジュールQのライセンスがそうすることを許可しているならば、それはGPLと両立しますが、そうでなければQのライセンスはGPLと両立しません。</p>
 <p>
-Q¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬¡¢Q¤ò¤½¤ìñÂΤǺÆÈÒÉÛ¤¹¤ëºÝ¤Ë²¿¤«(GPL¤ÈÌ·½â¤¹¤ë¤³¤È)¤ò
-¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤Ï¤Ã¤­¤ê¤Èµ¬Äꤷ¤Æ¤¤¤ë¾ì¹ç¤Ë¤Ï¡¢Q¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ÏQ¤ò
-GPL¤Î²¼¤ÇÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤»¤ó¡£¤è¤Ã¤Æ¤¢¤Ê¤¿¤ÏP+Q¤òGPL¤Î²¼¤Ç
-ÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¼«ÂΤ¬¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¡£¤Ç¤¹¤«¤é¤¢¤Ê¤¿¤ÏP¤òQ¤È¥ê¥ó¥¯¤·¤¿¤ê·ë¹ç¤·
-¤¿¤ê¤¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤¹¡£
+Qのライセンスが、Qをそれ単体で再é…
å¸ƒã™ã‚‹éš›ã«ä½•ã‹(GPLと両立しないこと)をしなければならないとはっきりと述べているå
 ´åˆã«ã¯ã€QのライセンスはQをGPLのもとでé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とを許可していません。よってあなたはP+QをGPLのもとでé
…
å¸ƒã™ã‚‹ã“と自体ができません。ですからあなたはPをQとリンクしたり結合したりすることはできないのです。
+</p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCModifiedJustBinary"
+name="ModifiedJustBinary">GPLで保護されたプログラム
の改変したバージョンをバイナリ形æ…
‹ã®ã¿ã§ãƒªãƒªãƒ¼ã‚¹ã§ãã¾ã™ã‹?</a></b></dt>
+<dd>
+いいえ。GPLのå…
¨ä½“のポイントは、すべての改変バージョンが<a
+href="/philosophy/free-sw.html">自由ソフトウェア</a>&mdash;でなければならないということです。特にこのå
 
´åˆã€æ”¹å¤‰ãƒãƒ¼ã‚¸ãƒ§ãƒ³ã®ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ãŒãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã«åˆ©ç”¨å¯èƒ½ã§ãªã‘ればならないという意味となります。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDistributeWithSourceOnInternet"
-  
NAME="DistributeWithSourceOnInternet">¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤ò¡¢Âбþ¤¹¤ë¥½¡¼¥¹È´¤­¤ÇÈÒÉÛ¤·¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¥á¡¼¥ë¥ª¡¼¥À¡¼¤ÎÂå¤ï¤ê¤Ë¡¢FTP¤Ç¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òÄ󶡤·¤Æ¤â¤è¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
 
+<dt><b><a href="#TOCUnchangedJustBinary"
+name="UnchangedJustBinary">バイナリだ
けをネットからダウンロードしました。もし、わたしがコピーをé
…å¸ƒã™ã‚‹ã¨ãã€ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã‚’取得してそれもé…
å¸ƒã—なければなりませんか?</a></b></dt>
 <dd>
-狼¤¬Ãíʸ¤·¤Æ¤­¤¿¤Ê¤é¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òʪÍýŪÇÞÂΤ˼ý¤á¤Æ¥á¡¼
-¥ë¥ª¡¼¥À¡¼¤ÇÄ󶡤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¥á¡¼¥ë¥ª¡¼¥À¡¼¤Ë²Ã¤¨¤Æ¡¢¿Í¡¹¤¬ÂÐ
-±þ¤¹¤ë¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òFTP¤ÇÆþ¼ê¤Ç¤­¤ë¤è¤¦¤Ë¤¹¤ë¤Î¤Ï´¿·Þ¤¹¤Ù¤­¤³¤È¤Ç¤¹¤¬¡¢
-¥½¡¼¥¹¤Ø¤ÎFTP¥¢¥¯¥»¥¹¤À¤±¤Ç¤ÏGPL¤ÎÂè3Àá¤òËþ­¤¹¤ë¤Ë½½Ê¬¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
-¥æ¡¼¥¶¤¬¥½¡¼¥¹¤òÃíʸ¤·¤¿¤È¤­¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤½¤Î¥æ¡¼¥¶¤¬¥½¡¼¥¹¤òÆÀ¤é¤ì¤ë¤è¤¦
-Êݾڤ·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤¢¤ëÆÃÄê¤Î¥æ¡¼¥¶¤¬¡¢¤¢¤Ê¤¿¤«¤éƿ̾ FTP¤Ç¥½¡¼
-¥¹¤òÊØÍø¤ËÆþ¼ê¤Ç¤­¤ë¤Ê¤é¡¢FTP¤Ï´üÂÔ¤µ¤ì¤¿Ìò³ä¤ò²Ì¤¿¤·¤Æ¤¤¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È
-¤ÇÂ礤¤Ë·ë¹½¤Ç¤¹¡£¤·¤«¤·¤¹¤Ù¤Æ¤Î¥æ¡¼¥¶¤¬¥Í¥Ã¥È¥ï¡¼¥¯¤Ë¤Ä¤Ê¤¬¤Ã¤Æ¤¤¤ë¤ï
-¤±¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤½¤¦¤¤¤Ã¤¿¥æ¡¼¥¶¤¿¤Á¤â¤¢¤Ê¤¿¤«¤é¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òÆÀ¤ë¸¢
-Íø¤Ï¾¤Î¿ÍƱÍÍ»ý¤Ã¤Æ¤¤¤ë¤ï¤±¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¤¢¤Ê¤¿¤ÏÈà¤é¤Ë¥½¡¼¥¹¤ò͹ÊØ·Ðͳ¤Ç
-Á÷¤ë¤è¤¦½àÈ÷¤·¤Æ¤ª¤«¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+はい。一般的なルールは、バイナリをé…
å¸ƒã—たら、対応する完全なバイナリもé…
å¸ƒã—なければならない、です。ソースコードの書面による申し出を受け取ったå
 ´åˆã®ä¾‹å¤–はとても限定的なものです。
+<p></p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCDistributeWithSourceOnInternet"
+name="DistributeWithSourceOnInternet">バイナリを、対応するソース抜きで物理的媒体でé
…
å¸ƒã—たいのですが、メールオーダーの代わりに、FTPでソースコードを提供してもよいでしょうか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+誰かが注文してきたならば、あなたはソースコードを物理的媒体に収めてメールオーダーで提供しなければなりません。メールオーダーにåŠ
 ãˆã¦ã€äººã€…が対応するソースコードをFTPでå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã™ã‚‹ã®ã¯æ­“迎すべきことですが、ソースへのFTPアクセスã
 ã‘ではGPLの第3節を満足するに十分ではありません。
 <p>
-FTP¥¢¥¯¥»¥¹¤¬½½Ê¬ÊØÍø¤Ê¤é¤Ð¡¢¤ª¤½¤é¤¯Ã¯¤â¥á¡¼¥ë¥ª¡¼¥À¡¼¤Ç¥½¡¼¥¹¤ò¼è¤ê
-´ó¤»¤è¤¦¤È¤Ï»×¤ï¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«¤é¡¢¥½¡¼¥¹¤ò͹ÊؤÇȯÁ÷¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤
-¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ï¤Þ¤º¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¡£¤·¤«¤·¤½¤¦·è¤á¤Æ¤«¤«¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¡£
+ユーザがソースを注文したとき、あなたはそのユーザがソースを得られるよう保証しなければなりません。ある特定のユーザが、あなたからanonymous
+FTPでソースを便利に入手できるなら、FTPは期待
された役割を果たしているということで大いに結構です。しかしすべてのユーザがネットワークにつながっているわけではありません。そういったユーザたちもあなたからソースコードを得る権利は他の人同様持っているわけですから、あなたはかれらにソースを郵便経由で送るよう準備しておかなければなりません。</p>
 <p>
-¤â¤Á¤í¤ó¡¢¤½¤â¤½¤âºÇ½é¤«¤é¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤È¤¤¤Ã¤·¤ç¤Ë¥½¡¼¥¹¤òÁ÷¤ì¤Ð¤³¤¦¤¤¤Ã¤¿
-ÌÌÅݤϵ¯¤³¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+FTPアクセスが十分便利ならば、おそらく誰もメールオーダーでソースを取り寄せようとは思わないでしょうから、ソースを郵便で発送しなければならないということはまずないでしょう。しかしそう決めてかかることはできません。</p>
 <p>
+もちろん、そもそも最初からバイナリといっしょにソースを送ればこういった面倒は起こりません。
+</p>
+<p>FTPでバイナリを配布する場合、<a 
href="#AnonFTPAndSendSource">あなたはソースもFTPでé…
å¸ƒã™ã‚‹ã¹ãã§ã™ã€‚</a></p>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCSourceAndBinaryOnDifferentSites"
-  
NAME="SourceAndBinaryOnDifferentSites">¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤Ï»ä¤Î¥¤¥ó¥¿¡¼¥Í¥Ã¥È¥µ¡¼¥Ð¤ËÃÖ¤­¡¢¥½¡¼¥¹¤Ï¾¤Î¥¤¥ó¥¿¡¼¥Í¥Ã¥È¥µ¥¤¥È¤ËÃÖ¤¯¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+</dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCRedistributedBinariesGetSource"
+name="RedistributedBinariesGetSource">わたしの友達がGPLで保護されたバイナリをソースコードの申し出とともに取得しました。そして、ひとつコピーをわたしにくれました。その申し出をわたし自身が使って、ソースを得ることができますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-GPL¤Ç¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ò¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤È¡ÖƱ¤¸¾ì½ê¤«¤é¡×¥³¥Ô¡¼¤¹¤ë¤¿
-¤á¤Î¥¢¥¯¥»¥¹¤òÄ󶡤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤ÈÄê¤á¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¤¹¤Ê¤ï¤Á¡¢¥Ð¥¤¥Ê¥ê
-¤Î¤È¤Ê¤ê¤Ë¥½¡¼¥¹¤òÃÖ¤±¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ç¤¹¡£¤·¤«¤·¡¢Â¾¤Î¥µ¥¤¥È¤È¶¨Äê¤ò·ë¤ó¤Ç¡¢
-ɬÍפʥ½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òÆþ¼ê²Äǽ¤Ë¤·Â³¤±¤Æ¤â¤é¤¤¡¢¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤Î¶á˵¤Ë¥½¡¼¥¹¥³¡¼
-¥É¤Ø¤Î¥ê¥ó¥¯¤ä¥¯¥í¥¹¥ê¥Õ¥¡¥ì¥ó¥¹¤òÄ¥¤Ã¤ÆÃÖ¤¯¤Ê¤é¤Ð¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï¡ÖƱ¤¸¾ì½ê
-¤«¤é¡×¤È¸À¤Ã¤Æ¤è¤¤¤ÈȽÃǤ·¤Þ¤¹¡£
-<p>
-¤·¤«¤·¡¢Ãí°Õ¤¹¤Ù¤­¤Ê¤Î¤Ï¡¢¤¿¤Þ¤¿¤Þº£Æü¤ÏŬÀڤʥ½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ò¤ª¤¤¤Æ¤¤¤ë
-¤È¤¢¤ë¥µ¥¤¥È¤ò¸«¤Ä¤±¤Æ¡¢¿Í¡¹¤Ë¤½¤Ã¤Á¤ò¸«¤í¤È¸À¤¦¤À¤±¤Ç¤ÏÉÔ½½Ê¬¤À¤È¤¤¤¦
-¤³¤È¤Ç¤¹¡£ÌÀÆü¤Ë¤Ê¤ì¤Ð¤½¤Î¥µ¥¤¥È¤Ï¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òºï½ü¤·¤Æ¤·¤Þ¤¦¤«¤â¤·¤ì
-¤Þ¤»¤ó¤·¡¢¤¢¤ë¤¤¤Ïñ¤ËƱ¤¸¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¿·¤·¤¤¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ÇÃÖ¤­´¹¤¨¤Æ¤·¤Þ
-¤¦¤«¤â¤·¤ì¤Þ¤»¤ó¡£¤½¤¦¤¹¤ë¤È¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤â¤Ï¤äGPL¤ÎÍ×·ï¤òËþ¤¿¤·¤Æ¤¤¤ë¤È¤Ï
-¸À¤¨¤Ê¤¯¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£GPL¤ÎÍ×·ï¤òËþ¤¿¤¹¤Ù¤¯ÁêÅö¤ÊÅØÎϤòʧ¤Ã¤¿¤È¼çÄ¥¤¹¤ë¤Ë
-¤Ï¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¾¤Î¥µ¥¤¥È¤È¤Ï¤Ã¤­¤ê¤·¤¿¶¨Äê¤ò·ë¤Ó¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤òÆþ¼ê
-²Äǽ¤Ë¤·¤Æ¤ª¤¯´ü´ÖÃæ¤Ï¥½¡¼¥¹¤¬¤½¤³¤ÇÆþ¼ê²Äǽ¤Ç¤¢¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤òÊݾڤ·¤Ê
-¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
+はい、できます。申し出はそれと一緒に来たバイナリのコピーを持っている誰に対してもéš
 
し立てのないものでなければなりません。これが、GPLが、バイナリのコピーにそって申し出のコピーを渡さなければならないと言っている理由です。ですから、それを利用することができます。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDistributeExtendedBinary"
-  
NAME="DistributeExtendedBinary">¤¢¤ëGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Î³ÈÄ¥¤·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò¥Ð¥¤¥Ê¥ê·Á¼°¤ÇÈÒÉÛ¤·¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Î¥½¡¼¥¹¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë¤À¤±¤Ç½½Ê¬¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCSourceAndBinaryOnDifferentSites"
+name="SourceAndBinaryOnDifferentSites">バイナリをわたしのインターネットサーバに置き、ソースは他のインターネットサイトに置くということはできるでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤¤¤¤¤¨¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤ËÂбþ¤¹¤ë¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òÄ󶡤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»
-¤ó¡£Âбþ¤¹¤ë¥½¡¼¥¹¤È¤Ï¡¢¥æ¡¼¥¶¤¬Æ±¤¸¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤òºÆ¥Ó¥ë¥É¤Ç¤­¤ë¥½¡¼¥¹¤È¤¤
-¤¦¤³¤È¤Ç¤¹¡£
+GPLでは、あなたはソースコードをバイナリと「同じå 
´æ‰€ã‹ã‚‰ã€ã‚³ãƒ”ーするためのアクセスを提供しなければならないと定めています。すなわち、バイナリのとなりにソースを置くということです。しかし、他のサイトと協定を結んで、å¿
…要なソースコードをå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã—続けてもらい、バイナリの近傍にソースコードへのリンクやクロスリファレンスを張って置くならば、わたしたちは「同じå
 ´æ‰€ã‹ã‚‰ã€ã¨è¨€ã£ã¦ã‚ˆã„と判断します。
 <p>
-¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤È¤¤¤¦¹Í¤¨Êý¤Î°ìÉôʬ¤Ï¡¢¥æ¡¼¥¶¤¬*Èà¤é¤¬»È¤¦¥×¥í¥°¥é
-¥à*¤Î¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤Ø¤Î¥¢¥¯¥»¥¹¤òÆÀ¤ë¤Ù¤­¤À¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ç¤¹¡£¤¢¤Ê¤¿¤Î¥Ð¡¼
-¥¸¥ç¥ó¤ò»È¤Ã¤Æ¤¤¤ë¿Í¡¹¤Ï¤¢¤Ê¤¿¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Î¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤Ø¤Î¥¢¥¯¥»¥¹¤ò
-ÆÀ¤ë¤Ù¤­¤Ê¤Î¤Ç¤¹¡£
+しかし、注意すべきなのは、たまたま今日は適切なソースコードをおいているとあるサイトを見つけて、人ã€
…にそっちを見ろと言うだけでは不十分だ
ということです。明日になればそのサイトはソースコードを削除してしまうかもしれませんし、あるいは単に同じプログラãƒ
 
の新しいバージョンで置き換えてしまうかもしれません。そうするとあなたはもはやGPLの要件を満たしているとは言えなくなります。要件を満たすべく十分な努力を払うには、あなたは他のサイトとはっきりした協定を結び、あなたがバイナリをå
…¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã—ておく期間中はソースがそこでå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã§ã‚るということを保証しなければなりません。
+</p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCDistributeExtendedBinary"
+name="DistributeExtendedBinary">あるGPLで保護されたプログラム
の拡張したバージョンをバイナリ形式でé…
å¸ƒã—たいのですが、オリジナルバージョンのソースをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã ã‘で十分ですか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+いいえ、あなたはバイナリに対応するソースコードを提供しなければなりません。対応するソースとは、ユーザが同じバイナリを再ビルドできるソースということです。
 <p>
-GPL¤Î¼ç¤ÊÌÜɸ¤Ï¡¢¥Õ¥ê¡¼¤Ê¥×¥í¥°¥é¥à¤Ø¤Î²þÎɤ¬¤½¤ì¤é¼«¿È¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤¢¤ë¤³
-¤È¤òÊݾڤ¹¤ë¤³¤È¤Ë¤è¤ê¡¢¼«Í³¤ÊÀ¤³¦¤ò¹½ÃÛ¤¹¤ë¤³¤È¤Ç¤¹¡£¤â¤·¤¢¤Ê¤¿¤¬GPL
-¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Î²þÎɤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò¸ø³«¤·¤¿¤Ê¤é¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï
-GPL¤Î²¼¤Ç²þÎɤµ¤ì¤¿¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ò¸ø³«¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+自由ソフトウェアという考え方の一部分は、ユーザが*かれらが使うプログラãƒ
 *のソースコードへのアクセスを得るべきだ
ということです。あなたのバージョンを使っている人々
は、あなたのバージョンのソースコードへのアクセスを得るべきなのです。</p>
 <p>
+GPLの主な目標は、自由なプログラム
への改良がそれら自身自由であることを保証することにより、自由な世界を構築することです。もしあなたがGPL
+で保護されたプログラム
の改良されたバージョンをリリースしたならば、あなたは 
GPLのもとで改良されたソースコードをリリースしなければなりません。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCDistributingSourceIsInconvenient"
-  
NAME="DistributingSourceIsInconvenient">¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤òÈÒÉÛ¤·¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢´°Á´¤Ê¥½¡¼¥¹¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë¤Î¤ÏÉÔÊؤǤ¹¡£¥æ¡¼¥¶¤Ë¡¢¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤È¤¤¤Ã¤·¤ç¤Ë¡Öɸ½à¡×¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤«¤é¤Îº¹Ê¬(diff)¤òÄ󶡤¹¤ë¤À¤±¤ÇÎɤ¤¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCDistributingSourceIsInconvenient"
+name="DistributingSourceIsInconvenient">バイナリをé…
å¸ƒã—たいのですが、完全なソースをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã®ã¯ä¸ä¾¿ã§ã™ã€‚ユーザに、バイナリといっしょに「標準」バージョンからの差分(diff)を提供するã
 ã‘で良いですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤³¤¦Ê¹¤¤¤Æ¤­¤¿ÈÒÉÛ¼Ô¤ÎÁ±°Õ¤Ïµ¿¤¦Í¾ÃϤ¬¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¤¬¡¢¤³¤Î¥½¡¼¥¹Äó¶¡ÊýË¡
-¤Ï¼Â¤Î¤È¤³¤í¤¢¤Þ¤êÌò¤ËΩ¤Á¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
-º£¤«¤é°ìǯ¸å¤Ë¥½¡¼¥¹¤òÍߤ·¤¤¤È»×¤¦¥æ¡¼¥¶¤Ï¡¢¤½¤Î»þÅÀ¤Ç¾¤Î¥µ¥¤¥È¤«¤éŬ
-ÀڤʥС¼¥¸¥ç¥ó¤òÆþ¼ê¤Ç¤­¤Ê¤¯¤Ê¤Ã¤Æ¤¤¤ë¤«¤â¤·¤ì¤Þ¤»¤ó¡£É¸½àÈÒÉÛ¥µ¥¤¥È¤Ë
-¤Ï¿·¤·¤¤¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤¬¤¢¤ë¤«¤â¤·¤ì¤Þ¤»¤ó¤¬¡¢Æ±¤¸º¹Ê¬¤Ï¤ª¤½¤é¤¯¤½¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç
-¥ó¤Ë¤ÏÅö¤¿¤é¤Ê¤«¤Ã¤¿¤ê¡¢¤¦¤Þ¤¯Æ°ºî¤·¤Ê¤«¤Ã¤¿¤ê¤¹¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
+これは意味のある要求ですが、このソース提供方法は実のところあまり役に立ちません。
 <p>
-¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ïº¹Ê¬¤Ç¤Ï¤Ê¤¯¡¢´°Á´¤Ê¥½¡¼¥¹¤ò¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤È¶¦¤ËÈÒÉÛ¤·¤Ê¤±
-¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+今から一年後にソースを欲しいと思うユーザは、その時点で他のサイトから適切なバージョンをå
…¥æ‰‹ã§ããªããªã£ã¦ã„るかもしれません。標準é…
å¸ƒã‚µã‚¤ãƒˆã«ã¯æ–°ã—いバージョンがあるかもしれませんが、同じ差分はおそらくそのバージョンには当たらなかったり、うまく動作しなかったりするでしょう。</p>
 <p>
+ですから、あなたは差分だけではなく、完å…
¨ãªã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚’バイナリと共に配布しなければなりません。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCAnonFTPAndSendSource"
-  
NAME="AnonFTPAndSendSources">ƿ̾(anonymous)FTP¤Ç¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤òÆþ¼ê²Äǽ¤Ë¤·¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢¥½¡¼¥¹¤Ï¤½¤ì¤òÃíʸ¤·¤¿¿Í¤Ë¤Î¤ßÁ÷¤ê¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¡£</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCAnonFTPAndSendSource" 
name="AnonFTPAndSendSources">Anonymous
+FTPでバイナリをå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã—たいのですが、ソースはそれを注文した人にのみ送りたいのです。</a></b></dt>
 
 <dd>
-GPL¤Ï¡¢¥½¡¼¥¹È´¤­¤Ç¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë¿Í¤Ï¡¢½ñÌ̤ǥ½¡¼¥¹¤òÁ÷¤ë¤È¤¤¤¦¥ª
-¥Õ¥¡¡¼¤òÄ󶡤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¼çÄ¥¤·¤Þ¤¹¡£¤È¤¤¤¦¤Î¤Ï¡¢¤½¤ì¤¬»ä¤¿¤Á¤¬
-¥æ¡¼¥¶¤¬¥½¡¼¥¹¤ò¼ê¤ËÆþ¤ì¤ë¤³¤È¤òÊݾڤǤ­¤ëÍ£°ì¤Î¼êÃʤÀ¤«¤é¤Ç¤¹¡£
+<p>Anonymous
+FTPでバイナリをé…
å¸ƒã—たいならば、ソースを第3節に挙げられた選択肢の一つのどれかで提供するå¿
…
要があります。これはそんなに難しいことではないはずです。ソースの書面による申し出は、もし、それを望むならば、提供することができます。第三節(b)がそれを認めています。しかし、プログラãƒ
 ã‚’é…
å¸ƒã™ã‚‹ã‚µã‚¤ãƒˆã‚’見つけられたのですから、ソースを置く余地のあるサイトも見つけられるでしょう。
+</p><p>どのようにソースをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã¨ã—ても、あなたが提供するソースは正確にバイナリと確実に対応していなければなりません。特に、あなたはそれらがプログラãƒ
 
の同じバージョンのソースであることを保証しなければなりません。古くても新しくてもダメです。</p>
 <p>
-¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¤¢¤Ê¤¿¤¬¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤òƿ̾ FTP¤ÇÈÒÉÛ¤·¤¿¤¤¤Ê¤é¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¥½¡¼¥¹
-¤ò¤½¤ì¤é¤È°ì½ï¤ËÈÒÉÛ¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤³¤ì¤Ï¤½¤ó¤Ê¤ËÆñ¤·¤¤¤³¤È¤Ç¤Ï
-¤Ê¤¤¤Ï¤º¤Ç¤¹¡£¥×¥í¥°¥é¥à¤òÈÒÉÛ¤¹¤ë¥µ¥¤¥È¤ò¸«¤Ä¤±¤é¤ì¤¿¤Î¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¥½¡¼
-¥¹¤òÃÖ¤¯Í¾ÃϤΤ¢¤ë¥µ¥¤¥È¤À¤Ã¤Æ¸«¤Ä¤±¤é¤ì¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
+ソースとバイナリをそれぞれ別のマシンでå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã™ã‚‹ã“とができますが、それらをå…
¥æ‰‹ã™ã‚‹ã®ãŒç­‰ã—く容易であること、バイナリのとなりにどこでソースを見つけられるかæƒ
…報を用意しておくことが条件です。
+</p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCHowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource"
+name="HowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource">バイナリをダウンロードした各ユーザがソースもå
…
¥æ‰‹ã—たということを確認するにはどうしたらいいですか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+これを確かめる必要はありません。ソースとバイナリをå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã—ておき、ユーザが何がå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‹åˆ†ã‹ã£ã¦æ¬²ã—いものが取れるならば、あなたは要求されたことをやったということになります。ソースをダウンロードするしないはユーザ次第です。
 <p>
-¤¢¤Ê¤¿¤¬Ä󶡤¹¤ë¥½¡¼¥¹¤ÏÀµ³Î¤Ë¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤ÈÂбþ¤·¤Æ¤¤¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-Æäˡ¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¤½¤ì¤é¤¬¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎƱ¤¸¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Î¥½¡¼¥¹¤Ç¤¢¤ë¤³¤È¤òÊÝ
-¾Ú¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¸Å¤¯¤Æ¤â¿·¤·¤¯¤Æ¤â¥À¥á¤Ç¤¹¡£
+再配布者
へのわたしたちの要求は、ユーザがソースコードをå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã¨ã„うことを保証するということを意図しているのであって、ユーザが欲しくもないのにソースコードをダウンロードするよう強制しろということではありません。
+</p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCUnreleasedMods"
+name="UnreleasedMods">ある会社がGPLのプログラム
の改変バージョンをウェブサイトで動かしています。GPLはかれらは改変したソースコードをé
…å¸ƒã—なければならないと言ってますか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+GPLは誰もが改変したバージョンを作成し、他にé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“となく、使うことを許しています。この会社が行っているのはこの特別なå
 
´åˆã§ã™ã€‚ですから、この会社が改変したソースコードをリリースするå¿
…要はありません。
 <p>
-¥½¡¼¥¹¤È¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤ò¤½¤ì¤¾¤ìÊ̤Υޥ·¥ó¤ÇÆþ¼ê²Äǽ¤Ë¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¤¬¡¢
-¤½¤ì¤é¤òÆþ¼ê¤¹¤ë¤Î¤¬Åù¤·¤¯ÍưפǤ¢¤ë¤³¤È¡¢¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤Î¤È¤Ê¤ê¤Ë¤É¤³¤Ç¥½¡¼
-¥¹¤ò¸«¤Ä¤±¤é¤ì¤ë¤«¾ðÊó¤òÍÑ°Õ¤·¤Æ¤ª¤¯¤³¤È¤¬¾ò·ï¤Ç¤¹¡£
+人々にとって、改変を作成し、その改変をå…
¬è¡¨ã™ã‚‹ã“となく、プライベートに使う自由を有することは重要なことです。しかしながら、そのプログラãƒ
 ã‚’å…
¬è¡†ã®ãŸã‚ã®ã‚µãƒ¼ãƒãƒ»ãƒžã‚·ãƒ³ã«ã¤ãªããŸã‚ã«ç½®ãã“とは、「プライベート」の利用と言うことは難しく、この特別のå
 
´åˆã«ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã®ãƒªãƒªãƒ¼ã‚¹ã‚’要求することはもっともでしょう。GPLバージョン3になにかこのようなことをすることを検討していますが、まã
 ã€å…·ä½“的な言い方は考えていません。</p>
 <p>
+それまでは、<a
+href="http://www.affero.org/oagpl.html";>アフェロGPL</a>をネットワークサーバの利用に設計されたプログラãƒ
 ã«ä½¿ã†ã®ãŒè‰¯ã„かも知れません。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCHowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource"
-  
NAME="HowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource">¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤ò¥À¥¦¥ó¥í¡¼¥É¤·¤¿³Æ¥æ¡¼¥¶¤¬¥½¡¼¥¹¤âÆþ¼ê¤·¤¿¤È¤¤¤¦¤³¤È¤òÊݾڤ¹¤ë¤Ë¤Ï¤É¤¦¤·¤¿¤é¤¤¤¤¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCInternalDistribution"
+name="InternalDistribution">一つの組織あるいは会社で複数のコピーを作成して使うことは「é
…å¸ƒã€ã¨ãªã‚Šã¾ã™ã‹?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¤³¤ì¤ò³Î¤«¤á¤ëɬÍפϤ¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¥½¡¼¥¹¤È¥Ð¥¤¥Ê¥ê¤òÆþ¼ê²Äǽ¤Ë¤·¤Æ¤ª¤­¡¢
-¥æ¡¼¥¶¤¬²¿¤¬Æþ¼ê¤Ç¤­¤ë¤«Ê¬¤«¤Ã¤ÆÍߤ·¤¤¤â¤Î¤¬¼è¤ì¤ë¤Ê¤é¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤ÏÍ×µá
-¤µ¤ì¤¿¤³¤È¤ò¤ä¤Ã¤¿¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£¥½¡¼¥¹¤ò¥À¥¦¥ó¥í¡¼¥É¤¹¤ë¤·¤Ê¤¤
-¤Ï¥æ¡¼¥¶¼¡Âè¤Ç¤¹¡£
-<p>
-ºÆÈÒÉۼԤؤλ䤿¤Á¤ÎÍ×µá¤Ï¡¢¥æ¡¼¥¶¤¬¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤òÆþ¼ê¤Ç¤­¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È
-¤òÊݾڤ¹¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤ò°Õ¿Þ¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤¢¤Ã¤Æ¡¢¥æ¡¼¥¶¤¬Íߤ·¤¯¤â¤Ê¤¤¤Î¤Ë
-¥½¡¼¥¹¥³¡¼¥É¤ò¥À¥¦¥ó¥í¡¼¥É¤¹¤ë¤è¤¦¶¯À©¤·¤í¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+いいえ、そのケースでは、その組織は自分自身のためにコピーを作成しているã
 
けです。結果として、ある会社やほかの組織は、改変されたバージョンを開発したり、そのバージョンを自分自身の設備を通じてインストールできます。これは、そのスタッフに、その改変したバージョンを外部にリリースする許可を与えることなくできます。
 <p>
+しかしながら、その組織がコピーをほかの組織や個人に移したとき、それはé
…å¸ƒã¨ãªã‚Šã¾ã™ã€‚特に、そのå 
´æ‰€ä»¥å¤–での利用のためにコントラクタにコピーを提供することは、é
…å¸ƒã§ã™ã€‚
+</p></dd>
+
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhySomeGPLAndNotLGPL"
-  
NAME="WhySomeGPLAndNotLGPL">¤¤¤¯¤Ä¤«¤ÎGNU¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤¬¡¢ÎôÅùGPL¤Ç¤Ï¤Ê¤¯¤Õ¤Ä¤¦¤ÎGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCStolenCopy"
+name="StolenCopy">誰かがGPLで保護されたプログラム
のバージョンがå…
¥ã£ãŸCDを盗みました。GPLは、かれに、このバージョンを再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’与えますか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-ÎôÅùGPL¤òÆÃÄê¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤ËŬÍѤ¹¤ë¤Î¤Ï¡¢¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ë¤È¤Ã¤Æ¤Ï
-¸åÂà¤ò°ÕÌ£¤·¤Þ¤¹¡£¤½¤ì¤Ï»ä¤¿¤Á¤¬¥æ¡¼¥¶¤Î¼«Í³¤ò¼é¤í¤¦¤È¤¹¤ë»î¤ß¤òÉôʬŪ
-¤ËÊü´þ¤·¤Æ¤¤¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤ò°ÕÌ£¤·¡¢GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î¾å¤ËÃÛ
-¤«¤ì¤¿¤â¤Î¤ò¶¦Í­¤¹¤ë¤¿¤á¤ÎÍ×·ï¤Î°ìÉô¤òÊü´þ¤·¤Æ¤¤¤ë¤³¤È¤Ë¤â¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£ËÜ
-¼ÁŪ¤Ë¡¢¤½¤ì¤é¤ÏÎɤ¯¤Ê¤¤ÊѲ½¤Ç¤¹¡£
+そのバージョンが(盗み以前に)既にどこかにリリースされているのであれば、盗んã
 äººã¯ãŠãã‚‰ãã‚³ãƒ”ーを作成し、再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’GPLのもとで有するでしょう。しかし、CDを盗んã
 ã“とで刑務所にå…
¥ã‚‹ã®ãªã‚‰ã°ã€ã‹ã‚Œã¯ãã†ã™ã‚‹å‰ã«è§£æ”¾ã•ã‚Œã‚‹ã¾ã§å¾…つ必
要があるかもしれません。
 <p>
-¶ÉÃÏŪ¤Ê¸åÂबÎɤ¤Àïά¤Ç¤¢¤ë¤³¤È¤â¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£¾ì¹ç¤Ë¤è¤Ã¤Æ¤Ï¡¢LGPL¤ò¥é¥¤
-¥Ö¥é¥ê¤ËŬÍѤ¹¤ì¤Ð¤½¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤¬¤è¤ê¹­¤¯»È¤ï¤ì¤ë¤è¤¦¤Ë¤Ê¤ê¡¢²þÎɤ¬¤è
-¤ê¿¤¯²Ã¤¨¤é¤ì¡¢¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ø¤Î¤è¤ê¹­ÈƤʥµ¥Ý¡¼¥È¤¬ÆÀ¤é¤ì¤ë¡¢¤È¤¤¤Ã¤¿
-¤³¤È¤¬µ¯¤³¤ë¤«¤â¤·¤ì¤Þ¤»¤ó¡£¤³¤ì¤Ï¡¢¤â¤·²Ú¡¹¤·¤¤À®²Ì¤¬ÆÀ¤é¤ì¤ë¤Ê¤é¤Ð¥Õ
-¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ë¤È¤Ã¤ÆÎɤ¤¤³¤È¤È¸À¤¨¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¡£¤·¤«¤·¤³¤ì¤¬¤É¤ÎÄøÅÙ
-µ¯¤³¤ë¤Î¤«¡¢»ä¤¿¤Á¤Ë¤Ç¤­¤ë¤Î¤ÏͽÁÛ¤¹¤ë¤³¤È¤À¤±¤Ç¤¹¡£
+もし、問題のそのバージョンが、発表されていないもので、ある会社によってそのトレード・シークレットと考えられているのならば、その他の状況にもよりますが、それをå
…
¬è¡¨ã™ã‚‹ã“とはトレード・シークレットの法律の違反となる可能性があります。GPLはこれを変更はできません。もし、その会社がそのバージョンをリリースしようとし、それでもなお、トレード・シークレットとみなそうとするのならば、それはGPLに違反するでしょう。しかし、その会社がそのバージョンをリリースしていなければ、そのような違反は起こりません。
+</p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCTradeSecretRelease"
+name="TradeSecretRelease">ある会社があるコピーをトレード・シークレットとしてé
…å¸ƒã—たらどうですか?</a></b></dt>
+<dd>
+もし、ある会社があるコピーをあなたにé…
å¸ƒã—て、それをトレード・シークレットと主張するならば、その会社はGPLに違反しており、é
…
å¸ƒã‚’停止しなければなりません。これが上述の窃盗のケースと違うのは、その会社は盗まれたå
 ´åˆã«ã¯æ„å›³ã—てコピーをé…
å¸ƒã—たのではないので、そのケースではGPLには違反していないのです。
+<p></p></dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCWhySomeGPLAndNotLGPL"
+name="WhySomeGPLAndNotLGPL">いくつかのGNUライブラリが、劣等GPLではなくふつうのGPLのもとでリリースされているのはなぜですか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+劣等GPLを特定のライブラリに適用するのは、自由ソフトウェアにとっては後退を意味します。それはわたしたちがユーザの自由を守ろうとする試みを部分的に放棄しているということを意味し、GPLで保護されたソフトウェアの上に築かれたものをå
…
±æœ‰ã™ã‚‹ãŸã‚ã®è¦ä»¶ã®ä¸€éƒ¨ã‚’放棄していることにもなります。本質的に、それらは良くない変化です。
 <p>
-LGPL¤ò¤½¤ì¤¾¤ì¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Ë¤·¤Ð¤é¤¯Å¬ÍѤ·¤Æ¤ß¤Æ¡¢¤½¤ì¤¬½õ¤±¤Ë¤Ê¤ë¤«¤·
-¤Ð¤é¤¯ÍͻҤò¸«¤¿¾å¤Ç¡¢LGPL¤¬½õ¤±¤Ë¤Ê¤é¤Ê¤±¤ì¤ÐGPL¤ËÌ᤹¤È¤¤¤¦¤³¤È¤¬¤Ç
-¤­¤ì¤Ð¤½¤ì¤¬Îɤ¤¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤¬¡¢¤¤¤Ã¤¿¤óLGPL¤ò¤¢¤ëÆÃÄê¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤ËŬÍÑ
-¤¹¤ë¤ÈÌ᤹¤Î¤Ï»êÆñ¤Ê¤Î¤Ç¡¢¤³¤ì¤ÏÉÔ²Äǽ¤Ç¤¹¡£
+局地的な後退が良い戦略であることもあります。å 
´åˆã«ã‚ˆã£ã¦ã¯ã€LGPLをライブラリに適用すればそのライブラリがより広く使われるようになり、改良がより多くåŠ
 
えられ、ソフトウェアへのより広汎なサポートが得られる、といったことが起こるかもしれません。これは、もし華ã€
…
しい成果が得られるならば自由ソフトウェアにとって良いことと言えるでしょう。しかしこれがどの程度起こるのか、わたしたちにできるのは予想することã
 ã‘です。</p>
 <p>
-¤Ç¤¹¤«¤é»ä¤¿¤Á¤Ï¤½¤ì¤¾¤ì¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Ë¤É¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤òŬÍѤ¹¤ë¤«¡¢¥±¡¼
-¥¹¥Ð¥¤¥±¡¼¥¹¤Ç·è¤á¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¤³¤ÎÌäÂê¤ò¤É¤¦È½ÃǤ·¤Æ¤¤¤ë¤«¤Ë¤Ä¤¤¤Æ¤Ï¡¢°Ê
-²¼¤Ë<A HREF="/licenses/why-not-lgpl.ja.html">Ť¤ÀâÌÀ</A>¤¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£
-
+LGPLをそれぞれのライブラリにしばらく適用してみて、それが助けになるかしばらく様子を見た上で、LGPLが助けにならなければGPLに戻すということができればそれが良いのでしょうが、いったんLGPLをある特定のライブラリに適用すると戻すのは至難なので、これは不可能です。</p>
 <p>
+ですからわたしたちはそれぞれのライブラリにどのライセンスを適用するか、ケースバイケースで決めています。この問題をどう判断しているかについては、以下に<a
+href="/licenses/why-not-lgpl.html">長い説明</a>があります。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWillYouMakeAnException"
-  
NAME="WillYouMakeAnException">ÆÈÀêŪ¤Ê¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤òºî¤í¤¦¤È¤¹¤ë»ä¤¿¤Á¤Î¥×¥í¥¸¥§¥¯¥È¤Ë¤ª¤¤¤Æ¡¢¤¢¤ëGPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿GNU¥×¥í¥°¥é¥à¤ò»È¤¤¤¿¤¤¤Î¤Ç¤¹¤¬¡¢GPL¤¬¤½¤ì¤òµö¤·¤Æ¤¯¤ì¤Þ¤»¤ó¡£»ä¤¿¤Á¤Î¤¿¤á¤ËÎã³°¤òÀߤ±¤Æ¤¯¤ì¤Þ¤»¤ó¤«?
 ¤½¤¦¤¹¤ì¤Ð¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¤è¤ê¿¤¯¤Î¥æ¡¼¥¶¤òÆÀ¤ë¤³¤È¤Ë¤Ê¤ë¤ó¤Ç¤¹¡£</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWillYouMakeAnException"
+name="WillYouMakeAnException">プロプライエタリ・ソフトウェアを作ろうとするわたしたちのプロジェクトにおいて、あるGPLが適用されたGNUプログラãƒ
 
を使いたいのですが、GPLがそれを許してくれません。わたしたちのために例外を設けてくれませんか?
+そうすればそのプログラム
はより多くのユーザを得ることになるんです。</a></b></dt>
 
 <dd>
-¿½¤·Ìõ¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¤¬¡¢¤½¤Î¤è¤¦¤ÊÎã³°¤òÀߤ±¤ë¤³¤È¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤½¤ì¤ÏÀµ¤·
-¤¤¤³¤È¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¤Î¤Ç¡£
-<p>
-¥æ¡¼¥¶¿ô¤òºÇÂç²½¤¹¤ë¤³¤È¤¬»ä¤¿¤Á¤ÎÌÜɸ¤Ê¤Î¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤É¤Á¤é¤«¤È¤¤
-¤¨¤Ð¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï¤Ç¤­¤ë¸Â¤ê¿¤¯¤Î¥æ¡¼¥¶¤Ë½ÅÍפʼ«Í³¤òÍ¿¤¨¤è¤¦¤ÈÅØÎϤ·¤Æ¤¤
-¤Þ¤¹¡£°ìÈÌŪ¤Ë¤¤¤Ã¤Æ¡¢ÆÈÀêŪ¤Ê¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¥×¥í¥¸¥§¥¯¥È¤Ï¼«Í³¤Î¼çÄ¥¤ò½õ
-¤±¤ë¤â¤Î¤Ç¤Ï¤Ê¤¯¡¢Ë¸¤²¤ë¤â¤Î¤Ç¤¹¡£
+申し訳ありませんが、そのような例外を設けることはありません。それは正しいことではありませんので。
 <p>
-¾ì¹ç¤Ë¤è¤Ã¤Æ¤Ï¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ËÎã³°¤òÀߤ±¡¢GPL°Ê³°¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ
-¤ì¤¿¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤òºî¤Ã¤Æ¤¤¤ë¥×¥í¥¸¥§¥¯¥È¤ò»Ù±ç¤¹¤ë¤³¤È¤â¤¢¤ê¤Þ¤¹
-¤¬¡¢¤·¤«¤·¤½¤Î¤¿¤á¤Ë¤Ï¡¢¤Ê¤¼¤½¤ì¤¬¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î¼çÄ¥¤òÂ¥¿Ê¤µ¤»¤ë
-¤Î¤«¤Ë¤Ä¤¤¤Æ¤­¤Á¤ó¤È¤·¤¿Íýͳ¤¬Ìµ¤¤¤È¤¤¤±¤Þ¤»¤ó¡£
+ユーザ数を最大化することがわたしたちの目標なのではありません。むしろ、わたしたちはできる限り多くのユーザに重要な自由を与えようと努力しています。一般的にいって、プロプライエタリ・ソフトウェアのプロジェクトは自由の主張を助けるものではなく、妨げるものです。</p>
 <p>
-¤Þ¤¿¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï¤È¤­¤¿¤Þ¥Ñ¥Ã¥±¡¼¥¸¤ÎÈÒÉÛ¾ò·ï¤ò²þÊѤ¹¤ë¤³¤È¤â¤¢¤ê¤Þ¤¹¤¬¡¢
-¤½¤ì¤Ï²þÊѤ¬ÌÀ¤é¤«¤Ë¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î¼çÄ¥¤òËþ¤¿¤¹Àµ¤·¤¤Æ»¤Ç¤¢¤ë¤è¤¦
-¤Ë¹Í¤¨¤é¤ì¤ë¤È¤­¤Ë¸Â¤ê¤Þ¤¹¡£¤·¤«¤·ÈÒÉÛ¾ò·ï¤Î²þÊѤ˴ؤ·¤Æ¤Ï»ä¤¿¤Á¤ÏÈó¾ï
-¤Ë¿µ½Å¤Ê¤Î¤Ç¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï»ä¤¿¤Á¤òǼÆÀ¤µ¤»¤é¤ì¤ë¤À¤±¤Î½½Ê¬ÀâÆÀÎϤ¢¤ëÍýͳ¤ò
-¼¨¤¹É¬Íפ¬¤¢¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
+å 
´åˆã«ã‚ˆã£ã¦ã¯ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã«ä¾‹å¤–を設け、GPL以外のライセンスのもとで自由ソフトウェアを作っているプロジェクトを支援することもありますが、しかしそのためには、なぜそれが自由ソフトウェアの主張を促進させるのかについてきちんとした理由がないといけません。</p>
 <p>
+また、わたしたちはときたまパッケージのé…
å¸ƒæ¡ä»¶ã‚’変更することもありますが、それは変更が明らかに自由ソフトウェアの主張を満たす正しい道であるように考えられるときに限ります。しかしこれに関してはわたしたちは非常にæ
…Žé‡ãªã®ã§ã€ã‚なたはわたしたちを納得させられるだ
けの十分説得力ある理由を示す必要があるでしょう。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCVersionTwoOrLater" 
NAME="VersionTwoOrLater">¥×¥í¥°¥é¥à¤Ç¡ÖGPL¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó2¤«¤½¤ì°Ê¹ß¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¡×¤È¤¤¤¦¤è¤¦¤Ê»ØÄê¤ò¤¹¤ë¤Î¤Ï¤Ê¤¼¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCVersionTwoOrLater"
+name="VersionTwoOrLater">プログラム
で「GPLのバージョン2かそれ以降のすべてバージョン」というように述べるべきなのはなぜですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-»þ¤ÎÊÑÁ«¤Ë½¾¤¤¡¢¿ôǯ¤Î´Ö¤òÃÖ¤¤¤Æ¡¢»ä¤¿¤Á¤ÏGPL¤ò²þÊѤ·¤Þ¤¹¡£²¿¤«¤òÌÀ³Î
-²½¤¹¤ë¤È¤­¤â¤¢¤ê¤Þ¤¹¤·¡¢¤½¤ì¤Þ¤Ç¤Ïµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Ê¤«¤Ã¤¿ÆÃÄê¤ÎÎà¤ÎÍøÍѤòµö
-²Ä¤¹¤ë¤³¤È¤â¤¢¤ê¡¢¤Þ¤¿Í×·ï¤ò¸·³Ê²½¤¹¤ë¤³¤È¤â¤¢¤ê¤Þ¤¹(ºÇ¸å¤Î²þÊѤÏ1991
-ǯ¤Ë¹Ô¤ï¤ì¤Þ¤·¤¿)¡£¤³¤Î¡Ö´ÖÀÜŪ¤Ê¥Ý¥¤¥ó¥¿¡×¤ò¤½¤ì¤¾¤ì¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ç»È
-¤¦¤³¤È¤Ç¡¢GPL¤ò¹¹¿·¤¹¤ë¤À¤±¤ÇGNU¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¥³¥ì¥¯¥·¥ç¥óÁ´ÂΤÎÈÒÉÛ¾ò·ï
-¤ò²þÊѤ¹¤ë¤³¤È¤¬²Äǽ¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£
+時の変遷に従い、数年の間を置いて、わたしたちはGPLを変更します。何かを明確化するときもありますし、それまでは許可していなかった特定の類の利用を許可することもあり、また要件を厳æ
 ¼åŒ–することもあります。(最後の改変は1991
+年に行われました。)
+この「間接的なポインタ」をそれぞれのプログラム
で使うことで、GPLを更新するときに、GNUソフトウェアのコレクションå
…¨ä½“の配布条件を改変することが可能になります。
 <p>
-¤½¤ì¤¾¤ì¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¡Ö´ÖÀÜŪ¥Ý¥¤¥ó¥¿¡×¤Î·Á¤ÇGPL¤ò»ØÄꤷ¤Æ¤¤¤Ê¤¤¤È¡¢
-»ä¤¿¤Á¤Ï¿ô¿¤¯¤ÎÃøºî¸¢¼Ô¤È±ä¡¹¤È²þÊѤˤĤ¤¤ÆµÄÏÀ¤»¤¶¤ë¤òÆÀ¤Ê¤¯¤Ê¤ê¡¢
-¤Þ¤¿»ö¼Â¾å¤³¤ì¤ÏÉÔ²Äǽ¤Ç¤¹¡£¸½¼ÂŪ¤Ë¤Ï¡¢GNU¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤¬°ìÍͤÊÈÒÉÛ¾ò
-·ï¤ò»ý¤Ä¤È¸À¤¦²ÄǽÀ­¤Ï¥¼¥í¤È¤Ê¤Ã¤Æ¤·¤Þ¤¦¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
+それぞれのプログラム
に間接的ポインタがないと、数多くの著作権者
と変更について長々
と議論せざるを得なくなるかも知れず、また事実上これは不可能でしょう。実際には、GNUソフトウェアが一様なé
…
å¸ƒæ¡ä»¶ã‚’持つと言う可能性はゼロとなってしまうでしょう。</p>
 <p>
-¤¢¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤¬¡ÖGPL¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó2¤«¤½¤ì°Ê¹ß¤Î¤É¤ì¤«¡×¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤ë¤È»Ø
-Äꤷ¤Æ¤ª¤ê¡¢GPL¤Î¿·¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤¬¸ø³«¤µ¤ì¤¿¤È¤·¤Þ¤·¤ç¤¦¡£¿·¤·¤¤GPL¤¬ÄɲÃ
-Ū¤Êµö²Ä¤òÍ¿¤¨¤ë¤â¤Î¤Ç¤¢¤ì¤Ð¡¢¤½¤Îµö²Ä¤Ï¨ºÂ¤Ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¤¹¤Ù¤Æ¤Î¥æ¡¼
-¥¶¤ËÂФ·¤ÆÍ¿¤¨¤é¤ì¤ë¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£¿·GPL¤¬¤è¤ê¸·³Ê¤ÊÍ×·ï¤ò²Ý¤·¤¿¤È¤·
-¤Æ¤â¡¢¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï°ÍÁ³¤È¤·¤ÆGPL¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó2¤Î²¼¤ÇÍøÍѤǤ­¤Þ¤¹¤«¤é¡¢
-¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¸½ºß¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ÎÍøÍѤ¬À©¸Â¤µ¤ì¤ë¤³¤È¤Ë¤Ï¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¥×¥í
-¥°¥é¥à¤¬¡ÖGPL¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó2¤«¤½¤ì°Ê¹ß¤Î¤É¤ì¤«¡×¤È»ØÄꤷ¤Æ¤¤¤ì¤Ð¡¢GPL¤Î¤è
-¤ê¿·¤·¤¤¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤¬ÍøÍѲÄǽ¤È¤Ê¤Ã¤¿¸å¤Ç¤â¡¢¥æ¡¼¥¶¤ÏGPL¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó2¤Î¾ò
-¹à¤Ë½¾¤¤¾ï¤Ë¤½¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤òÍøÍѤ·¤¿¤ê¡¢¤½¤ì¤ò²þÊѤ·¤¿¤ê¤¹¤ë¤³¤È¤µ¤¨¤Ç
-¤­¤ë¤Î¤Ç¤¹¡£
+あるプログラム
が「GPLのバージョン2かそれ以降のすべてのバージョン」が適用されると述べており、GPLの新バージョンがリリースされたとしましょう。新しいGPLが追åŠ
 
的な許可を与えるものであれば、その許可は即座にプログラãƒ
 
のすべてのユーザに対して与えられることになります。新GPLがより厳æ
 ¼ãªè¦ä»¶ã‚’課したとしても、そのプログラム
は依然としてGPLバージョン2のもとで利用できますから、プログラãƒ
 
の現在のバージョンの利用が制限されることにはなりません。プログラãƒ
 
が「GPLバージョン2かそれ以降のすべて」と述べていれば、GPLのより新しいバージョンが利用可能となった後でも、ユーザはGPLバージョン2の条é
 …に従い常にそのプログラム
を利用したり、それを改変したりすることさえできるのです。</p>
 <p>
-GPL¤Î¿·¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤¬»ØÄꤹ¤ë¤è¤ê¸·³Ê¤ÊÍ×·ï¤Ë´û¸¤Î¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤¬½¾¤¦É¬
-Íפ¬¤Ê¤¤¤Ê¤é¤Ð¡¢¤½¤ó¤Ê¾ò·ï¤Ë°ÕÌ£¤¬¤¢¤ë¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«? ¤¤¤Ã¤¿¤óGPL¥Ð¡¼¥¸¥ç
-¥ó3¤¬ÍøÍѲÄǽ¤Ë¤Ê¤ì¤Ð¡¢¤Û¤È¤ó¤É¤ÎGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤Î³«È¯¼Ô¤ÏÈà
-¤é¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Î¤½¤ì°Ê¹ß¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò¡ÖGPL¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó3¤«¤½¤ì°Ê¹ß¤Î¤É
-¤ì¤«¡×¤È»ØÄꤷ¤Æ¸ø³«¤¹¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¤«¤é¡¢¥æ¡¼¥¶¤â¤½¤Î¸å¤Ë¸ø³«¤µ¤ì¤¿¥×¥í¥°
-¥é¥à¤Ë´Ø¤·¤Æ¤ÏGPL¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó3¤Î¤è¤ê¸·³Ê¤ÊÍ×·ï¤Ë½¾¤ï¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¯¤Ê¤ë
-¤È¤¤¤¦¤ï¤±¤Ç¤¹¡£
-<p>
-¤·¤«¤·¡¢³«È¯¼Ô¤¿¤Á¤Ë¤³¤¦¤¹¤ë¤³¤È¤¬µÁ̳¤Å¤±¤é¤ì¤Æ¤¤¤ë¤ï¤±¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-³«È¯¼Ô¤Ï¡¢¤½¤¦¤·¤¿¤±¤ì¤ÐGPL¤Î°ÊÁ°¤Î¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤Ë½¾¤Ã¤¿ÍøÍѤòµö²Ä¤·Â³¤±
-¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£
+GPLの新バージョンが指定するより厳æ 
¼ãªè¦ä»¶ã«æ—¢å­˜ã®ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ãŒå¾“う必
要がないならば、どのようにそれは有用なのでしょうか?
+いったんGPLバージョン3が利用可能になれば、ほとんどのGPLで保護されたプログラãƒ
 ã®é–‹ç™ºè€…はかれらのプログラム
のそれ以降のバージョンを「GPLのバージョン3かそれ以降のすべて」と指定してリリースするでしょうから、ユーザもその後にリリースされたプログラãƒ
 ã«é–¢ã—てはGPLバージョン3のより厳æ 
¼ãªè¦ä»¶ã«å¾“わなければならなくなるというわけです。</p>
 <p>
+しかし、開発者
たちにこうすることが義務づけられているわけではありません。開発è€
…
は、そうしたければGPLの以前のバージョンに従った利用を許可し続けることができます。
+</p></dd>
+
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhyNotGPLForManuals" 
NAME="WhyNotGPLForManuals">¤É¤¦¤·¤Æ¥Þ¥Ë¥å¥¢¥ë¤Ë¤ÏGPL¤òŬÍѤ·¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWhyNotGPLForManuals"
+name="WhyNotGPLForManuals">どうしてマニュアルにはGPLを使わないのですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¥Þ¥Ë¥å¥¢¥ë¤ËGPL¤òŬÍѤ¹¤ë¤³¤È¤Ï²Äǽ¤Ç¤¹¤¬¡¢¥Þ¥Ë¥å¥¢¥ë¸þ¤±¤Ë¤ÏGNU¥Õ¥ê¡¼
-ʸ½ñÍøÍѵöÂú·ÀÌó½ñ(GFDL)¤Î¤Û¤¦¤¬¤Ï¤ë¤«¤ËÍ¥¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
+マニュアルにGPLを適用することは可能ですが、マニュアル向けにはGNU自由文書ライセンス(GFDL)のほうがはるかに優れています。
 <p>
-GPL¤Ï¥×¥í¥°¥é¥à¸þ¤±¤ËÀ߷פµ¤ì¤¿¤â¤Î¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤È¤Ã¤Æ¤Ï½ÅÍ×
-¤ÊÊ£»¨¤Ê¾ò¹à¤ò¿ô¿¤¯´Þ¤ó¤Ç¤¤¤Þ¤¹¡£¤½¤¦¤¤¤Ã¤¿¾ò¹à¤Ï¡¢½ñÀÒ¤ä¥Þ¥Ë¥å¥¢¥ë¤Ë
-¤ÏÉÔÍפǤ¸¤ã¤Þ¤Ê¤â¤Î¤Ç¤¹¡£°ìÊý¡¢GFDL¤Ë¤Ï¥Õ¥ê¡¼¤Ê¥Þ¥Ë¥å¥¢¥ë¤Î½ÐÈǼԤ¬½Ð
-ÈǤˤè¤Ã¤ÆÍø±×¤ò¾å¤²¤ë¤³¤È¤ò½õ¤±¤ë¾ò¹à¤¬´Þ¤Þ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£
+GPLはプログラムのために設計され、プログラム
にとって重要なたくさんの複雑な条項
があります。これは、煩雑で本やマニュアルには必
要ないものでしょう。たとえば、(もしGPLを適用すると)紙の本を出版する誰もが、本の印刷されたコピー毎に、機械可読の「ソースコード」を含めるか、「ソースコード」を後日送る書面での申し出を提供しなければならないことになります。</p>
 <p>
-»ä¤¿¤Á¤Ïµ»½ÑŪ¤Ê¥È¥Ô¥Ã¥¯¤ò°·¤¦¥Æ¥­¥¹¥È¤Î²þÊѤϵö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤¬¡¢Ë¡Åª¡¢
-À¯¼£Åª¤¢¤ë¤¤¤ÏÎÑÍýŪ¤ÊΩ¾ì¤ò½Ò¤Ù¤¿Àá¤Î²þÊѤÏǧ¤á¤Æ¤¤¤Þ¤»¤ó¡£»ä¤¿¤Á¤Ï¤½
-¤¦¤¤¤Ã¤¿²þÊѤ·¤Æ¤Ï¤Ê¤é¤Ê¤¤Àá¤òÌÀ¼¨Åª¤ËÎóµó¤¹¤ë¤³¤È¤Ç²þÊѤò¶Ø»ß¤·¤Æ¤¤¤Þ
-¤¹¡£GFDL¤Ë¤Ï¤³¤Î¤è¤¦¤Ê¡Ö²þÊÑÉÔ²ÄÉôʬ¡×¤Ë´Ø¤¹¤ë¾ò¹à¤¬ÍÑ°Õ¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤¬¡¢
-GPL¤Ç¤Ï¤³¤Î¤è¤¦¤Ê¤â¤Î¤Î¸ºß¤òµö¤·¤Æ¤¤¤Þ¤»¤ó¡£
+一方、GFDLは自由マニュアルの出版社がコピーの販売で利益を得ることを助ける条é
 …
があります。たとえば、表紙です。エンドースメント・セクションの特別なルールがGFDLをå
…
¬å¼ã®æ¨™æº–版のために使うことを可能としています。これは、改変されたバージョンを許しますが、改変されたバージョンを「標準版」と呼ぶことはできません。</p>
 <p>
-µ»½ÑŪ¤ÊÆâÍƤò°·¤Ã¤¿Éôʬ¤Î²þÊѤϵö²Ä¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤³¤È¤¬½ÅÍפǤ¹¡£¤È¤¤¤¦¤Î
-¤Ï¡¢¥×¥í¥°¥é¥à¤ò²þÊѤ¹¤ë¿Í¡¹¤Ï¥É¥­¥å¥á¥ó¥Æ¡¼¥·¥ç¥ó¤âÂбþ¤·¤Æ²þÊѤ·¤Ê¤±
-¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤«¤é¤Ç¤¹¡£»ä¤¿¤Á¤ÏÈà¤é¤¬¤½¤¦¤¤¤¦Äɽ¾ºî¶È¤ò¤¹¤ë¤³¤È¤òÍ×µá¤Ç
-¤­¤Þ¤»¤ó¤¬¡¢Èà¤é¤¬¤½¤¦¤·¤Æ¤¯¤ì¤ë¤³¤È¤ò˾¤ó¤Ç¤¤¤Þ¤¹¤Î¤Ç¡¢¤½¤Î¤¸¤ã¤Þ¤ò¤¹
-¤ë¤³¤È¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+GFDLを使い、わたしたちはマニュアルの技術的な内
容を扱った文面の変更を許可します。技術的な部分の変更ができることはじã‚
…うようです。なぜなら、プログラムを改変する人々
はドキュメンテーションも対応して改変しなければならないからです。これが自由にできることは倫理的要請です。</p>
 <p>
+わたしたちのマニュアルにはわたしたちの自由ソフトウェアに関する政治的な見解を述べたセクションもあります。わたしたちは、それを「不変」とマークして、変更したり、削除できないようにします。GFDLは、これらの「不変セクション」を規定します。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCGPLTranslations" 
NAME="GPLTranslations">GPL¤ò¾¤Î¸À¸ì¤ËËÝÌõ¤·¤¿¤â¤Î¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤¹¤«?</A></h4>
+
+<dt><b><a href="#TOCFontException"
+name="FontException">GPLはフォントにどのように適用できるでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-GPL¤ò±Ñ¸ì°Ê³°¤Î¸À¸ì¤ËËÝÌõ¤·¤¿¤â¤Î¤ÏÍ­ÍѤǤ¹¤·¡¢¼ÂºÝ¤ËËÝÌõ¤·¤Æ»ä¤¿¤Á¤Ë
-Á÷¤Ã¤Æ²¼¤µ¤ëÊý¡¹¤â¤¤¤Þ¤¹¡£¤·¤«¤·»ä¤¿¤Á¤Ï¡¢¤½¤¦¤¤¤Ã¤¿ËÝÌõ¤òÀµ¼°¤ËˡŪ¸ú
-ÎϤ¬¤¢¤ë¤â¤Î¤È¤·¤Æ¤Ï¤¢¤¨¤Æ¾µÇ§¤·¤Ê¤¤¤³¤È¤Ë¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¾µÇ§¤¹¤ë¤È¡¢¤È¤Æ
-¤âÍÆǧ¤Ç¤­¤Ê¤¤Èó¾ï¤ËÂ礭¤Ê¥ê¥¹¥¯¤¬»ý¤Á¹þ¤Þ¤ì¤Æ¤·¤Þ¤¦¤Î¤Ç¤¹¡£
+フォントのライセンシングは複雑な問題で重視する必
要があります。以下のライセンス例外は実験的ですが、一般の利用に承認されています。これに関する提案を歓迎します。こちらの<a
+href="http://www.fsf.org/blogs/licensing/20050425novalis";>説明</a>を読み、<a
+href="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</a>に連絡ください。
+
 <p>
-ˡŪʸ½ñ¤Ï¤¢¤ë°ÕÌ£¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë»÷¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£Ë¡ÅªÊ¸½ñ¤ÎËÝÌõ¤Ï¥×¥í¥°¥é¥à¤ò
-¤¢¤ë¸À¸ì¤ä¥ª¥Ú¥ì¡¼¥Æ¥£¥ó¥°¥·¥¹¥Æ¥à¤«¤é¾¤Ø°Ü¿¢¤¹¤ë¤è¤¦¤Ê¤â¤Î¤Ç¤¹¡£Æó¥«
-¹ñ¸ì¤Ë´®Ç½¤ÊÊÛ¸î»Î¤Î¤ß¤¬¤½¤ì¤ò¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£¤·¤«¤â¡¢¤½¤Î¤è¤¦¤ÊÊÛ
-¸î»Î¤¬¹Ô¤Ã¤¿¾ì¹ç¤Ç¤µ¤¨¡¢¥Ð¥°¤ò»ý¤Á¹þ¤ó¤Ç¤·¤Þ¤¦¥ê¥¹¥¯¤Ï¸ºß¤¹¤ë¤Î¤Ç¤¹¡£
+この例外を使うには、パッケージに含まれるそれぞれのファイル(可能な範囲で)のライセンス表示でそのファイルがGNU
+GPLのもとでé…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹æ—¨ã‚’述べますが、その最後に以下の文面を加
えてください:</p>
 <p>
-»ä¤¿¤Á¤¬¤¢¤ëGPL¤ÎËÝÌõ¤òÀµ¼°¤Ë¾µÇ§¤·¤¿¾ì¹ç¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï¤¹¤Ù¤Æ¤Î¿Í¤ËÂФ·¤Æ¡¢
-Èà¤é¤¬¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤ë¤È¤½¤ÎËÝÌõ¤¬½Ò¤Ù¤Æ¤¤¤ë¤³¤È¤¹¤Ù¤Æ¤ò¤¹¤ëµö²Ä¤òÍ¿¤¨
-¤¿¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£¤â¤·¤½¤ì¤¬´°Á´¤ËÀµ³Î¤ÊËÝÌõ¤Ê¤é¤Ð¡¢²¿¤âÌäÂꤢ¤ê¤Þ¤»¤ó
-¤¬¡¢¤â¤·¸íÌõ¤¬¤¢¤Ã¤¿¾ì¹ç¡¢·ë²Ì¤Ï»ä¤¿¤Á¤¬½¤ÉüÉÔ²Äǽ¤ÊºÒÌñ¤È¤Ê¤ê¤¦¤ë¤Î¤Ç
-¤¹¡£
+<tt> As a special exception, if you create a document which uses this font,
+and embed this font or unaltered portions of this font into the document,
+this font does not by itself cause the resulting document to be covered by
+the GNU General Public License.  This exception does not however invalidate
+any other reasons why the document might be covered by the GNU General
+Public License.  If you modify this font, you may extend this exception to
+your version of the font, but you are not obligated to do so. If you do not
+wish to do so, delete this exception statement from your version.  </tt>
+日本語訳:特別な例外として、このフォントを使って文書を作成し、このフォントまたはこのフォントの変更されてない部分を文書にを埋め込んã
 
とき、このフォントは、それ自身として、結果の文書を、GNU一般å
…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã«ã‚ˆã£ã¦ä¿è­·ã•ã‚Œã‚‹ã‚‚のとはしません。この例外は、しかしながら、GNU一般å
…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã§æ–‡æ›¸ãŒä¿è­·ã•ã‚Œã‚‹ãã®ä»–の理由を無効とはしません。このフォントを改変したとき、あなたはこの例外をあなたのバージョンのフォントにも拡張できますが、その義務はありません。そうしたくないå
 ´åˆã¯ã€ã“の例外の文をあなたのバージョンから削ってくだ
さい。
+</p></dd>
+
+
+<dt><b><a href="#TOCWMS" 
name="WMS">わたしはウェブサイトの保守のシステム
を書いています</a>(&ldquo;<a
+href="/philosophy/words-to-avoid.html">コンテント管理システム
</a>&rdquo;と呼ばれます)が、ほかのアプリケーションがテンプレートからウェブ・ページを生成します。そのようなテンプレートにどのライセンスを使うべきでしょうか?</b></dt>
+
+<dd>
+<p>テンプレートは、コピーレフトを使って保護するに値しない、たいしたことのないものでしょう。たいしたことのない著作物にコピーレフトを使うことは通常、害がありませんが、アプリケーションのユーザの提供したデータと組み合わさって組み合わせたものがé
…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹ã®ã§ã€ãƒ†ãƒ³ãƒ—レートは特別なケースです。ですから、わたしたちは、テンプレートには簡潔な寛容の条é
 …のライセンスを用いることを推奨します。 </p>
+
+<p>あるテンプレートは、Javascriptの関数を呼びます。Javascriptはしばしば、取るに足らないものではなく、コピーレフトとするに値します。テンプレートはユーザのデータと組み合わされますから、テンプレート+ユーザデータ+Javascriptは著作権法のもとで一つの作品とみなされることがありえます。(コピーレフトとされる)Javascriptとユーザ・コード(通常、両立しない条件)の間に線引きがされるå¿
…要があります。 </p>
+
+<!-- GNUN: localize URL /licenses/template-diagram.png -->
+<p><a href="/licenses/template-diagram.png"><img 
src="/licenses/template-diagram.png" alt="上記の内容に関する図" 
/></a></p>
+
+<p>Javascriptのコードに対して線引きを行う例外です:</p>
+
+<blockquote><p>GPLへの特別の例外として、このコードに単に関数呼び出しを行う(あるいはそのために参ç
…
§ã¨ã—て含まれる)いかなるHTMLファイルも、著作権法の趣旨では別の作品と判断されます。åŠ
 ãˆã¦ã€ã“のコードの著作権者は、このコードをGNU
+LGPLでリリースされた自由ソフトウェアライブラリと組み合わせる許可を与えます。もし、このコードを改変したå
 
´åˆã€ã‚なたのバージョンのこのコードに、この例外を拡張することができますが、そうする義務はありません。そうしたくないå
 
´åˆã€ã“の例外の文面をあなたのバージョンから削除してくã
 ã•ã„。 
+</p></blockquote>
+
+</dd>
+
+<dt><b><a href="#TOCNonFreeTools"
+name="NonFreeTools">不自由なツールを用いて開発したプログラãƒ
 ã‚’GPLでリリースできるでしょうか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+ソースコードを編集する、コンパイルする、ç 
”究する、あるいは記録するのにあなたが使ったプログラム
は、ソースコードのライセンシングに関した問題に、通常、なんの違いも与えません。
+
 <p>
-¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¥Ð¥°¤¬¤¢¤ë¾ì¹ç¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï¿·¤·¤¤¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ò¸ø³«¤Ç¤­¤Þ¤¹¤·¡¢
-¤½¤¦¤¹¤ì¤Ð¸Å¤¤¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ÏÃÙ¤«¤ìÁᤫ¤ì¤ä¤¬¤Æ¤Ï¾Ã¤¨¤ë¤³¤È¤Ë¤Ê¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
-¤·¤«¤·»ä¤¿¤Á¤¬¤¹¤Ù¤Æ¤Î¿Í¤ËÂФ·¡¢¤¢¤ëÆÃÄê¤ÎËÝÌõ¤Ë½¾¤Ã¤Æ¹ÔÆ°¤¹¤ë¤³¤È¤òµö
-²Ä¤·¤¿¤Ê¤é¤Ð¡¢¤½¤Î¸å¥Ð¥°¤¬¤¢¤Ã¤¿¤³¤È¤Ëµ¤¤Å¤¤¤Æ¤â»ä¤¿¤Á¤Ï¤½¤Îµö²Ä¤ò¼è¤ê
-¾Ã¤¹¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤¹¡£
+しかしながら、不自由なライブラリをリンクするå 
´åˆã¯ã€å–り扱わなければならない問題となります。それは、ソースコードをGPLのもとでリリースすることを妨げませんが、もしライブラリが「システãƒ
 ãƒ»ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリ」例外に適合しないå 
´åˆã€ãã®ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリとあなたのプログラム
をリンクする許可を与える明示的な告知を添付するべきです。FSFはあなたにこれに関するアドバイスをすることができます。</p>
+</dd>
+
 
+<dt><b><a href="#TOCGPLTranslations"
+name="GPLTranslations">GPLを他の言語に翻訳したものはありますか?</a></b></dt>
+
+<dd>
+GPLを英語以外の言語に翻訳したものは有用ですし、実際に翻訳してわたしたちに送ってくã
 ã•ã‚‹æ–¹ã€…
もいます。しかしわたしたちは、そういった翻訳を正式に法的効力があるものとしてはあえて承認しないことにしています。承認すると、とても容認できない非常に大きなリスクが持ち込まれてしまうのです。
 <p>
-ͭǽ¤Ê¿Í¡¹¤¬ËÝÌõºî¶È¤ò¹Ô¤¦¤³¤È¤ò¿½¤·½Ð¤Æ²¼¤µ¤ë¤³¤È¤¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£ÌäÂ꤬¡¢
-狼ºî¶È¤ò¤·¤Æ¤¯¤ì¤ë¿Í¤òÁܤ¹¤È¤¤¤¦¤À¤±¤Î¤³¤È¤Ê¤é¤Ð¡¢¤³¤ì¤ÇËü»ö²ò·è¤Ê¤Î
-¤Ç¤¹¤¬¡¢¤·¤«¤·¼ÂºÝ¤ÎÌäÂê¤Ï¸íÌõ¤Î¤â¤¿¤é¤¹¥ê¥¹¥¯¤Ê¤Î¤Ç¡¢ºî¶È¤Î¿½¤·½Ð¤Ï¥ê
-¥¹¥¯¤ò²óÈò¤¹¤ë¤³¤È¤Ë¤Ï¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£ÊÛ¸î»Î¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¿Í¡¹¤Ë¤è¤ëËÝÌõ¤òÀµ¼°¤Ë
-¾µÇ§¤¹¤ë¤³¤È¤Ï»ä¤¿¤Á¤Ë¤Ï¤É¤¦¤·¤Æ¤â¤Ç¤­¤Ê¤¤¤³¤È¤Ê¤Î¤Ç¤¹¡£
+法的文書はある意味プログラム
に似ています。法的文書の翻訳はプログラム
をある言語やオペレーティングシステム
から他へ移植するようなものです。両方の言語にå 
ªèƒ½ãªå¼è­·å£«ã®ã¿ãŒãã‚Œã‚’することができます。しかも、そのような弁護士が行ったå
 
´åˆã§ã•ãˆã€ãƒã‚°ã‚’持ち込んでしまうリスクは存在するのです。</p>
 <p>
-¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¸½¾õ¤Ç¤Ï»ä¤¿¤Á¤ÏGPL¤ÎËÝÌõ¤òÀ¤³¦Ãæ¤ÇˡŪ¤ËÍ­¸ú¤«¤Ä¹´Â«ÎϤ¬¤¢
-¤ë¤â¤Î¤È¤Ï¾µÇ§¤·¤Æ¤¤¤Þ¤»¤ó¡£Âå¤ï¤ê¤Ë¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï°Ê²¼¤ÎÆó¤Ä¤Î¤³¤È¤ò¹Ô¤Ã¤Æ
-¤¤¤Þ¤¹¡£
+わたしたちがあるGPLの翻訳を正式に承認したå 
´åˆã€ã‚ãŸã—たちはすべての人に対して、かれらがすることができるとその翻訳が述べていることすべてをする許可を与えたことになります。もしそれが完å
…
¨ã«æ­£ç¢ºãªç¿»è¨³ãªã‚‰ã°ã€ä½•ã‚‚問題ありませんが、もし誤訳があったå
 
´åˆã€çµæžœã¯ã‚ãŸã—たちが修復不可能な災厄となりうるのです。</p>
 <p>
-<UL>
-<LI> ¿Í¡¹¤ËÈó¸ø¼°¤ÊËÝÌõ¤ò»²¾È¤µ¤»¤ë
+プログラムにバグがあるå 
´åˆã€ã‚ãŸã—たちは新しいバージョンをリリースできますし、そうすれば古いバージョンはé
…
かれ早かれやがては消えることになるでしょう。しかしわたしたちがすべての人に対し、ある特定の翻訳に従って行動することを許可したならば、その後バグがあったことに気づいてもわたしたちはその許可を取り消すことができないのです。</p>
 <p>
-¤³¤ì¤Ë¤è¤ê¡¢»ä¤¿¤Á¤Ï¿Í¡¹¤¬GPL¤ÎËÝÌõ¤ò¹Ô¤¦¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Þ¤¹¤¬¡¢¤·¤«¤·¤½
-¤ì¤é¤¬Ë¡Åª¤ËÍ­¸ú¤Ç¹´Â«ÎϤ¬¤¢¤ë¤È¤Ïǧ¤á¤Æ¤¤¤Ê¤¤¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£
+有能な人々
が翻訳作業を行うことを申し出て下さることがあります。問題が、誰か作業をしてくれる人を捜すというã
 
けのことならば、これで万事解決なのですが、しかし実際の問題は誤訳のもたらすリスクなので、作業の申し出はリスクを回避することにはなりません。弁護士ではない人ã€
…
による翻訳を正式に承認することはわたしたちにはどうしてもできないことなのです。</p>
 <p>
-¾µÇ§¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Ê¤¤ËÝÌõ¤ÏˡŪ¸úÎϤò»ý¤Á¤Þ¤»¤ó¤«¤é¡¢¤½¤¦¤Ï¤Ã¤­¤ê¤ÈËÝÌõÃæ¤Ç
-½Ò¤Ù¤é¤ì¤Æ¤¤¤ë¤Ù¤­¤Ç¤¹¡£¤¹¤Ê¤ï¤Á¡¢°Ê²¼¤Î¤è¤¦¤Ëµ­ºÜ¤¹¤ë¤³¤È¤¬É¬ÍפǤ¹¡£
+ですから、現状ではわたしたちはGPLの翻訳を世界中で法的に有効かつ拘束力があるものとは承認していません。代わりに、わたしたちは以下の二つのことを行っています。</p>
+<ul>
+<li> 人々に非公式な翻訳を参ç…
§ã•ã›ã‚‹ã€‚これにより、わたしたちは人々
がGPLの翻訳を行うことを許可しますが、しかしそれらが法的に有効で拘束力があるとは認めていないことになります。
 <p>
+承認されていない翻訳は法的効力を持ちませんから、そうはっきりと翻訳中で述べられているべきです。すなわち、以下のように記載することがå¿
…要です。</p>
 <pre>
     This translation of the GPL is informal, and not officially approved
     by the Free Software Foundation as valid.  To be completely sure of
-    what is permitted, refer the original GPL (in English).
+    what is permitted, refer to the original GPL (in English).
+    日本語訳: このGPLの翻訳は非å…
¬å¼ãªã‚‚ので、フリーソフトウェアファウンデーションに
+    
よって法的効力があると承認されたものではありません。何が許可されているか厳密に確
+    
認するためには、(英語で書かれた)オリジナルのGPLを参ç…
§ã—てください。
 </pre>
-<pre>
-    (Ìõ: ¤³¤ÎGPL¤ÎËÝÌõ¤ÏÈó¸ø¼°¤Ê¤â¤Î¤Ç¤¢¤ê¡¢¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢ºâÃĤˤè¤Ã
-    ¤ÆˡŪ¸úÎϤ¬¤¢¤ë¤È¾µÇ§¤µ¤ì¤¿¤â¤Î¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£²¿¤¬µö²Ä¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë
-    ¤«¸·Ì©¤Ë³Îǧ¤¹¤ë¤¿¤á¤Ë¤Ï¡¢(±Ñ¸ì¤Ç½ñ¤«¤ì¤¿)¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¤ÎGPL¤ò»²¾È¤·
-    ¤Æ²¼¤µ¤¤¡£)
-</pre>
-<p>
-¾µÇ§¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Ê¤¤ËÝÌõ¤Ç¤¢¤Ã¤Æ¤â¡¢±Ñ¸ìÈǤÎGPL¤ò¤É¤¦Íý²ò¤¹¤ë¤«¤Î¥Ò¥ó¥È¤È
-¤·¤ÆÌò¤ËΩ¤Á¤Þ¤¹¡£Â¿¤¯¤Î¥æ¡¼¥¶¤Ë¤È¤Ã¤Æ¤Ï¤³¤ì¤Ç½½Ê¬¤Ç¤¹¡£
 <p>
-¤·¤«¤·¡¢GNU¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò¾¦¶È³èÆ°¤ËÍøÍѤ¹¤ë´ë¶È¤ä¡¢ftp¤Ë¤è¤ë¸ø³«¤ÎÈÒÉÛ
-¤ò¹Ô¤¦¿Í¡¹¤Ï¡¢¼ÂºÝ¤Î±Ñ¸ìÈÇGPL¤ò¥Á¥§¥Ã¥¯¤·¤Æ¤½¤ì¤¬²¿¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤«
-³Î¤«¤á¤ë¤Ù¤­¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
+承認されていない翻訳であっても、英語版のGPLをどう理解するかのヒントとして役に立ちます。多くのユーザにとってはこれで十分です。</p>
 <p>
-<LI>
-ËÝÌõ¤Îȯɽ¤Ï¤¢¤ëñ°ì¤Î¹ñ¤Ç¤Î¤ßÍ­¸ú¤Ç¤¢¤ë¡£
+しかし、GNUソフトウェアを商業活動に利用するビジネスや、ftpによるå
…¬é–‹ã®é…å¸ƒã‚’行う人々
は、実際の英語版GPLをチェックしてそれが何を許可しているのか確かめるべきでしょう。</p>
+</li>
+<li>
+翻訳の発表はある単一の国でのみ有効である。
 <p>
-»ä¤¿¤Á¤Ï¸½ºß¡¢Àµ¼°¤ËˡŪ¸úÎϤ¬¤¢¤ë¤È¤µ¤ì¤ëËÝÌõ¤Îȯɽ¤Ï¤¢¤ë°ì¤Ä¤Î¹ñ¤Ç¤Î
-¤ßÍ­¸ú¤È¤¹¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤ò¸¡Æ¤¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¤³¤¦¤¹¤ì¤Ð¡¢¤â¤·¸íÌõ¤¬¤¢¤Ã¤¿¤È
-¤·¤Æ¤â¡¢±Æ¶Á¤Ï¤½¤Î¹ñ¤Ë¤Î¤ß¸ÂÄꤵ¤ì¤Þ¤¹¤«¤é¡¢¥À¥á¡¼¥¸¤¬¤½¤ó¤Ê¤ËÂ礭¤¯¤Ê
-¤ë¤³¤È¤Ï¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
+わたしたちは現在、正式に法的効力があるとされる翻訳の発表はある一つの国でのみ有効とするということを検討しています。こうすれば、もし誤訳があったとしても、影響はその国にのみ限定されますから、ダメージがそんなに大きくなることはないでしょう。</p>
 <p>
-¤¤¤º¤ì¤Ë¤»¤è¡¢¤½¤Î¤è¤¦¤ÊËÝÌõ¤¬¸½¼Â¤Î¤â¤Î¤È¤Ê¤ë¤Ë¤ÏÎÏÎ̤Ȼ䤿¤Á¤Ø¤Î¶¦´¶
-¤ò·ó¤ÍÈ÷¤¨¤¿ÊÛ¸î»Î¤ÎÁêÅö¤ÊÀìÌçÃ챤ÈÅØÎϤ¬É¬ÍפȤʤë¤Î¤Ç¡¢¤½¤Î¤è¤¦¤ÊËÝ
-Ìõ¤¬¶á¤¤¤¦¤Á¤Ë½Ð¤ë¤È¤Ï¤ªÌó«¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¡£
-<p>
-</UL>
+いずれにせよ、そのような翻訳が現実のものとなるには力量とわたしたちへのå
…±æ„Ÿã‚’兼ね備えた弁護士の相当な専門知識と努力が必
要となるので、そのような翻訳が近いうちに出るとはお約束できません。</p>
+</li>
+</ul>
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCInterpreterIncompat" 
NAME="InterpreterIncompat">¥×¥í¥°¥é¥ß¥ó¥°¸À¸ì¤Î¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤ËGPL¤ÈÌ·½â¤¹¤ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ¤¤¤¿¾ì¹ç¡¢¤½¤Î¾å¤ÇGPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¼Â¹Ô¤¹¤ë¤³¤È¤Ï²Äǽ¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCInterpreterIncompat"
+name="InterpreterIncompat">プログラミング言語のインタープリタにGPLと両立しないライセンスが適用されていたå
 ´åˆã€ãã®ä¸Šã§GPLで保護されたプログラム
を実行することは可能でしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤¬Ã±¤Ë¸À¸ì¤ò²ò¼á¤¹¤ë¤À¤±¤Ê¤é¤Ð¡¢Åú¤¨¤Ï¥¤¥¨¥¹¤Ç¤¹¡£²ò¼á¤µ
-¤ì¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¡¢¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤Ë¤È¤Ã¤Æ¤Ïñ¤Ê¤ë¥Ç¡¼¥¿¤Ë²á¤®¤Þ¤»¤ó¡£¤Þ
-¤¿¡¢GPL¤ÏGPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ò½èÍý¤¹¤ë¥Ä¡¼¥ë¤¬²¿¤Ç¤¢¤ë¤«¤Þ¤Ç¤Ïµ¬
-À©¤·¤Þ¤»¤ó¡£
-
-¤·¤«¤·¡¢¥¤¥ó¥¿¡¼¥×¥ê¥¿¤¬Â¾¤Îµ¡Ç½(¿¤¯¤Î¾ì¹ç¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Ç¤¹¤¬¡¢¤½¤ì¤À¤±
-¤È¤Ï¸Â¤ê¤Þ¤»¤ó)¤Ø¤Î¡Ö¥Ð¥¤¥ó¥Ç¥£¥ó¥°¡×¤òÄ󶡤¹¤ë¤è¤¦¤Ë³ÈÄ¥¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¾ì
-¹ç¡¢²ò¼á¤µ¤ì¤ë¥×¥í¥°¥é¥à¤Ï¤½¤¦¤¤¤Ã¤¿¥Ð¥¤¥ó¥Ç¥£¥ó¥°¤òÄ̤¸¤Æ»ö¼Â¾å¤½¤ì¤¬
-»È¤¦µ¡Ç½¤È¥ê¥ó¥¯¤µ¤ì¤ë¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£JNI(Java¥Í¥¤¥Æ¥£¥ô¥¤¥ó¥¿¡¼¥Õ¥§¡¼
-¥¹)¤Ï¤½¤Î¤è¤¦¤Ê³ÈÄ¥µ¡Ç½¤Î°ìÎã¤Ç¤¹¡£JNI¤Ë¤è¤Ã¤Æ¥¢¥¯¥»¥¹¤µ¤ì¤ë¥é¥¤¥Ö¥é¥ê
-¤Ï¡¢¤½¤ì¤é¤ò¸Æ¤ÖJava¥×¥í¥°¥é¥à¤ÈưŪ¤Ë¥ê¥ó¥¯¤µ¤ì¤ë¤³¤È¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£
-
-¤Ç¤¹¤«¤é¡¢¥¢¥¯¥»¥¹¤µ¤ì¤ëµ¡Ç½¤¬GPL¤ÈÌ·½â¤¹¤ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ
-¤¤¤ë¾ì¹ç¡¢¾õ¶·¤È¤·¤Æ¤Ï¾¤ÎÊýË¡¤ÇGPL¤ÈÌ·½â¤¹¤ë¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¥ê¥ó¥¯¤¹¤ë¾ì
-¹ç¤È¤Û¤ÜƱ¤¸¤Ç¤¹¡£¤¹¤Ê¤ï¤Á¡¢
-
+インタープリタが単に言語を解釈するだ
けならば、答えはイエスです。解釈されるプログラム
は、インタープリタにとっては単なるデータに過ぎません。また、GPLはGPLが適用されたプログラãƒ
 ã‚’処理するツールが何であるかまでは規制しません。
+<p>
+しかし、インタープリタが他の機能(多くのå 
´åˆãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリですが、それだ
けとは限りません)への「バインディング」を提供するように拡張されているå
 ´åˆã€è§£é‡ˆã•ã‚Œã‚‹ãƒ—ログラム
はそういったバインディングを通じて事実上それが使う機能とリンクされることになります。JNI(Javaネイティヴインターフェース)はそのような拡張機能の一例です。JNIによってアクセスされるライブラリは、それらを呼ぶJavaプログラãƒ
 ã¨å‹•çš„にリンクされることになります。</p>
+<p>
+ですから、アクセスされる機能がGPLと両立しないライセンスのもとでリリースされているå
 
´åˆã€çŠ¶æ³ã¨ã—ては他の方法でGPLと両立しないライブラリとリンクするå
 ´åˆã¨ã»ã¼åŒã˜ã§ã™ã€‚すなわち、</p>
 <ol>
-  <li>¥³¡¼¥É¤òGPL¤Î²¼¤Ç½ñ¤¤¤Æ¸ø³«¤¹¤ë¾ì¹ç¡¢¤¢¤Ê¤¿¤ÏGPL¤ÈÌ·½â¤¹¤ëµ¡Ç½¤È
-  ¤Î¥ê¥ó¥¯¤òÌÀ¼¨Åª¤Ëµö²Ä¤¹¤ëÎã³°¾ò¹à¤òµ­ºÜ¤¹¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Þ¤¹¡£
-  <p>
+  <li>コードをGPLのもとで書いてリリースするå 
´åˆã€ã‚なたはGPLと両立しない機能とのリンクを明示的に許可する例外条é
 …を記載することができます。</li>
 
-  <li>¥×¥í¥°¥é¥à¼«ÂΤÏGPL¤Î²¼¤Ç½ñ¤«¤ì¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤¬¡¢¤½¤¦¤¤¤Ã¤¿GPL¤È
-  Ì·½â¤¹¤ë¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿µ¡Ç½¤È¶¦¤ËÆ°ºî¤¹¤ë¤è¤¦À߷פµ¤ì¤Æ¤¤¤ë¤³
-  ¤È¤¬ÌÀÇò¤Ê¤é¤Ð¡¢¿Í¡¹¤Ï¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¤½¤ì¤é¤Îµ¡Ç½¤È¥ê¥ó¥¯¤¹¤ëµö²Ä¤¬°ÅÌÛ
-  ¤ÎÎã³°¤È¤·¤ÆÍ¿¤¨¤é¤ì¤Æ¤¤¤ë¤È¹Í¤¨¤ë²ÄǽÀ­¤¬¤¢¤ê¤Þ¤¹¡£¤·¤«¤·¤½¤ì¤¬¤¢¤Ê
-  ¤¿¤Î°Õ¿Þ¤Ê¤é¤Ð¡¢¤½¤¦¤Ï¤Ã¤­¤ê½Ò¤Ù¤Æ¤ª¤¤¤¿¤Û¤¦¤¬Îɤ¤¤Ç¤·¤ç¤¦¡£<p>
-
-  <li>狼¾¤Î¿Í¤¬½ñ¤¤¤¿GPL¤ÇÊݸ¤ì¤¿¥³¡¼¥É¤ò¼è¤Ã¤Æ¤­¤Æ¡¢¤½¤¦¤¤¤¦¤Õ
-  ¤¦¤Ë»È¤Ã¤¿¤ê¡¢¤½¤Î¤è¤¦¤ÊÎã³°¤ò²Ã¤¨¤¿¤ê¤¹¤ë¤³¤È¤Ï¤Ç¤­¤Þ¤»¤ó¡£Îã³°¤òÄÉ
-  ²Ã¤Ç¤­¤ë¤Î¤Ï¤½¤Î¥³¡¼¥É¤ÎÃøºî¸¢¼Ô¤À¤±¤Ç¤¹¡£<p>
+  <li>プログラム
自体はGPLのもとで書かれリリースされているが、そういったGPLと両立しないライセンスが適用された機能とå
…±ã«å‹•ä½œã™ã‚‹ã‚ˆã†è¨­è¨ˆã•ã‚Œã¦ã„ることが明白ならば、人々
はプログラム
をそれらの機能とリンクする許可が暗黙の例外として与えられていると考える可能性があります。しかしそれがあなたの意図ならば、そうはっきり述べておいたほうが良いでしょう。</li>
+
+  
<li>誰か他の人が書いたGPLで保護されたコードを取ってきて、そういうふうに使ったり、そのような例外をåŠ
 ãˆãŸã‚Šã™ã‚‹ã“とはできません。例外を追加
できるのはそのコードの著作権者だけです。</li>
 </ol>
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCWhoHasThePower" 
NAME="WhoHasThePower">GPL¤ò¶¯À©¤¹¤ë¸¢ÎϤ¬¤¢¤ë¤Î¤Ïï¤Ç¤¹¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCWhoHasThePower"
+name="WhoHasThePower">GPLを強制する権力があるのは誰ですか?</a></b></dt>
 
 <dd>
+GPLは著作権にもとづくライセンスですから、GPLを強制する権力を持つのはソフトウェアの著作権è€
…です。GPLに違反した事例を発見したå 
´åˆã€ã‚なたは関係するGPLが保護されたソフトウェアの開発è€
…たちに知らせるべきです。かれらは自身著作権者
であるか、著作権者
とつながりがあるかのどちらかでしょうから。<a
+href="http://www.fsf.org/licenses/gpl-faq.html#ReportingViolation";>GPL違反のå
 ±å‘Šã«é–¢ã—て知る</a>。
+<p></p></dd>
 
-GPL¤ÏÃøºî¸¢¤Ë´ð¤Å¤¯¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ç¤¹¤«¤é¡¢GPL¤ò¶¯À©¤¹¤ë¸¢ÎϤò»ý¤Ä¤Î¤Ï¥½¥Õ
-¥È¥¦¥§¥¢¤ÎÃøºî¸¢¼Ô¤Ç¤¹¡£GPL¤Ë°ãÈ¿¤·¤¿»öÎã¤òȯ¸«¤·¤¿¾ì¹ç¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï
-´Ø·¸¤¹¤ëGPL¤¬Êݸ¤ì¤¿¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î³«È¯¼Ô¤¿¤Á¤ËÃΤ餻¤ë¤Ù¤­¤Ç¤¹¡£Èà
-¤é¤Ï¼«¿ÈÃøºî¸¢¼Ô¤Ç¤¢¤ë¤«¡¢Ãøºî¸¢¼Ô¤È¤Ä¤Ê¤¬¤ê¤¬¤¢¤ë¤«¤Î¤É¤Á¤é¤«
-¤Ç¤·¤ç¤¦¤«¤é¡£
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCOOPLang" NAME="OOPLang"> 
Java¤Î¤è¤¦¤Ê¥ª¥Ö¥¸¥§¥¯¥È»Ø¸þ¸À¸ì¤Ë¤ª¤¤¤Æ¡¢GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¤¢¤ë¥¯¥é¥¹¤ò¤½¤ì¼«ÂΤϲþÊѤ»¤º¡¢¥µ¥Ö¥¯¥é¥¹²½¤·¤ÆÍøÍѤ¹¤ë¤È¤·¤Þ¤¹¡£¤³¤Î¤è¤¦¤Ê¾ì¹ç¡¢GPL¤Ï·ë²Ì¤È¤·¤Æ¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤Ë¤Ï¤É¤Î¤è¤¦¤Ë±Æ¶Á¤¹¤ë¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCOOPLang"
+name="OOPLang">Javaのようなオブジェクト指向言語において、GPLが適用されたあるクラスをそれ自体は改変せず、サブクラス化して利用するとします。このようなå
 ´åˆã€GPLは結果としてのプログラム
にはどのように影響するのでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-¥µ¥Ö¥¯¥é¥¹²½¤ÏÇÉÀ¸Êª¤ÎºîÀ®¤Ë¾¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤½¤³¤Ç¡¢GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤¿¥¯¥é
-¥¹¤Î¥µ¥Ö¥¯¥é¥¹¤¬ºîÀ®¤µ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥àÁ´ÂΤËGPL¤Î¾ò¹à¤¬±Æ¶Á¤·¤Þ¤¹¡£
+サブクラス化は派生物の作成にほかなりません。そこで、GPLが適用されたクラスのサブクラスが作成されたプログラãƒ
 å…¨ä½“にGPLの条項が影響します。
+<p></p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCPortProgramToGL" 
NAME="PortProgramToGL">¼«Ê¬¤Î¥×¥í¥°¥é¥à¤òGNU/Linux¾å¤Ø°Ü¿¢¤·¤¿¤é¡¢»ä¤Ï¤½¤ì¤ò¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤È¤·¤ÆGPL¤ä¤½¤Î¾¤Î¥Õ¥ê¡¼¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤Î¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCPortProgramToGL"
+name="PortProgramToGL">自分のプログラム
をGNU/Linux上へ移植したら、わたしはそれを自由ソフトウェアとしてGPLやその他の自由ソフトウェア・ライセンスのもとでリリースしなければならないのでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
-
-°ìÈÌŪ¤Ë¸À¤¨¤Ð¡¢Åú¤¨¤Ï¥Î¡¼¤Ç¤¹¡£¤³¤ì¤ÏˡŪ¤ÊÍ×·ï¤Ç¤Ï¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¸Ä¡¹¤Î
-¥±¡¼¥¹¤È¤¤¤¦°ÕÌ£¤Ç¤Ï¡¢Åú¤¨¤Ï¤¢¤Ê¤¿¤¬»È¤¤¤¿¤¤¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤È¤½¤Î¥é¥¤¥»¥ó¥¹
-¤Ë°Í¤ê¤Þ¤¹¡£Â¿¤¯¤Î¥·¥¹¥Æ¥à¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Ï<A
-HREF="/copyleft/lesser.ja.html">GNU ÎôÅùGPL</A>¤«¡¢¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤ò²¿¤È¥ê
-¥ó¥¯¤·¤Æ¤â¤è¤¤¤È¤¤¤¦µö²Ä¤òÎã³°¾ò¹à¤È¤·¤ÆÉÕ¤±²Ã¤¨¤¿GNU GPL¤¬Å¬ÍѤµ¤ì¤Æ
-¤ª¤ê¡¢¤³¤ì¤é¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Ï¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¥×¥í¥°¥é¥àÃæ¤Ç¤âÍøÍѤǤ­¤Þ¤¹¡£
-¤¿¤À¤·ÎôÅùGPL¤Î¾ì¹ç¤Ë¤Ï¡¢½¾¤ï¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤¤¤¯¤Ä¤«¤ÎÍ׷郎¤¢¤ê¤Þ¤¹
-¤Î¤ÇÃí°Õ¤·¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤¡£
-
+一般的に言えば、答えはノーです。これは法的な要件ではありません。個ã€
…
のケースでは、答えはあなたが使いたいライブラリとそのライセンスによります。多くのシステãƒ
 ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリは
+<a
+href="/copyleft/lesser.html">GNU劣等GPL</a>か、そのライブラリを何とリンクしてもよいという許可を例外条é
 …として付け加えたGNU
+GPLが適用されており、これらのライブラリは自由でないプログラãƒ
 ã«ã‚‚利用できます。ただし劣等GPLのå 
´åˆã«ã¯ã€å¾“わなければならないいくつかの要件がありますので注意してくã
 ã•ã„。
 <p>
-°ìÉô¤Î¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤ÏGNU GPL¤Î¤ß¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤Î¤Ç¡¢¤½¤¦¤¤¤Ã¤¿¥é
-¥¤¥Ö¥é¥ê¤ò»È¤¤¤¿¤¤¤Ê¤é¤Ð¤¢¤Ê¤¿¤ÏGPL¤ÈÌ·½â¤·¤Ê¤¤¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤ò¼«Ê¬¤Î¥½¥Õ
-¥È¥¦¥§¥¢¤ËŬÍѤ·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£¤·¤«¤·Ä̾綠¤¦¤¤¤Ã¤¿¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤Ï¤è
-¤êÆüì¤ÊÍÑÅÓ¸þ¤±¤Î¤â¤Î¤Ç¤¢¤ë¤³¤È¤¬Â¿¤¤¤Î¤Ç¡¢Ã±¤Ê¤ë¥Ý¡¼¥Æ¥£¥ó¥°¤Ç¤½¤¦¤¤¤Ã
-¤¿¥é¥¤¥Ö¥é¥ê¤òÍøÍѤ·¤è¤¦¤È»×¤¦¤³¤È¤Ï¤Þ¤º¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¡£
-
+一部のライブラリはGNU
+GPLのみのもとでリリースされていますので、そういったライブラリを使いたいならばあなたはGPLと両立するライセンスを自分のソフトウェアに適用しなければなりません。しかし通常そういったライブラリはより特別なライブラリであり、ほかのプラットフォーãƒ
 
でそのようなものはあまりないようなものですから、単なるポーティングでそういったライブラリを利用しようと思うことはまずないでしょう。</p>
 <p>
-¤â¤Á¤í¤ó¡¢¥Õ¥ê¡¼¤Ç¤Ê¤¤¤¢¤Ê¤¿¤Î¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Ï»ä¤¿¤Á¤Î¥³¥ß¥å¥Ë¥Æ¥£¤Ø¤Î¹×
-¸¥¤Ë¤Ï¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¤Î¤Ç¡¢¼«Í³¤ò½Å»ë¤¹¤ë¿Í¡¹¤Ï»ÈÍѤòµñÈݤ¹¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦¡£¼«Í³
-¤ò´î¤ó¤ÇÊü´þ¤¹¤ë¿Í¡¹¤Î¤ß¤¬¤¢¤Ê¤¿¤Î¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò»È¤¦¤³¤È¤Ë¤Ê¤ë¤Ç¤·¤ç¤¦
-¤·¡¢¤½¤ì¤Ï¤¢¤Ê¤¿¤Î¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤¬¡¢¿Í¡¹¤Ë¼«Ê¬¤Î¼«Í³¤ò¼º¤ï¤»¤Æ¤·¤Þ¤¦Í¶°ø
-¤È¤·¤ÆÍ­¸ú¤Ëµ¡Ç½¤¹¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¾¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
-
+もちろん、あなたのソフトウェアは、自由でないå 
´åˆã€ã‚ãŸã—たちのコミュニティへの貢献にはなりませんので、自由を重視する人ã€
…は使用を拒否するでしょう。自由を喜んで放棄する人々
のみがあなたのソフトウェアを使うことになるでしょうし、それはあなたのソフトウェアが、人ã€
…に自分の自由を失わせてしまう誘因
として有効に機能するということに他なりません。</p>
 <p>
-¤¤¤Ä¤ÎÆü¤«¤¢¤Ê¤¿¤¬¤´¼«Ê¬¤Î¥­¥ã¥ê¥¢¤ò¿¶¤êÊ֤ä¿»þ¡¢¼«Ê¬¤¬¼«Í³¤ÇÁ±¤Ê¤ë¼Ò
-²ñ¤ÎÀ®Ä¹¤Ë²¿¤«¹×¸¥¤·¤¿¤È»×¤¤¤¿¤¤¤Ê¤é¤Ð¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Ï¼«Ê¬¤Î¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤ò¥Õ
-¥ê¡¼¤Ë¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤ê¤Þ¤»¤ó¡£
+いつの日かあなたがご自分のキャリアを振り返った時、自分が自由で善なる社会の成長に何か貢献したと思いたいならば、あなたは自分のソフトウェアを自由にしなければなりません。
+</p></dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCCompanyGPLCostsMoney" 
NAME="CompanyGPLCostsMoney">¤¢¤ë´ë¶È¤¬GPL¤ÎŬÍѤµ¤ì¤¿¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤ò½êÍ­¤·¤Æ¤ª¤ê¡¢¤½¤ì¤òÆþ¼ê¤¹¤ë¤¿¤á¤Ë¤Ï¤ª¶â¤¬¤«¤«¤ê¤Þ¤¹¡£¥¤¥ó¥¿¡¼¥Í¥Ã¥È¾å¤ÇÆþ¼ê¤Ç¤­¤ë¤è¤¦¤Ë¤·¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦ÅÀ¤Ç¡¢Èà¤é¤ÏGPL¤Ë°ãÈ¿¤·¤Æ¤¤¤ë¤Î¤Ç¤Ï¤Ê¤¤¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</A></h4>
+<dt><b><a href="#TOCCompanyGPLCostsMoney"
+name="CompanyGPLCostsMoney">ある企業がGPLの適用されたプログラム
の複製を所有しており、それをå…
¥æ‰‹ã™ã‚‹ãŸã‚ã«ã¯ãŠé‡‘がかかります。インターネット上でå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—ないという点で、かれらはGPLに違反しているのではないでしょうか?</a></b></dt>
 
 <dd>
+いいえ。GPLはインターネットを使ってé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とを要件とはしていません。また、GPLはプログラãƒ
 ã‚’誰か特定の人が再é…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とも要求しません。そして(ある特別なå 
´åˆã‚’除いて)、誰かがプログラムをときに再é…
å¸ƒã™ã‚‹éš›ã«ã‚‚、GPLはその人が特定個人としてのあなたや他の誰か特定の人にé
…å¸ƒã—なければならないということを要求していません。
+<p>
+GPLが要求するのは、é…
å¸ƒã™ã‚‹äººãŒã€<em>もしその人がそうしたければ</em>あなたに複製をé
…
å¸ƒã§ãã‚‹è‡ªç”±ã‚’有しなければならないということです。いったん著作権è€
…が誰かにプログラムの複製をé…
å¸ƒã—たら、今度はその誰かが、自分にできる範囲でプログラãƒ
 ã‚’あなたや誰か他の人に再配布すれば良いわけです。
+</p></dd>
 
-¤¤¤¤¤¨¡£GPL¤Ï¥¤¥ó¥¿¡¼¥Í¥Ã¥È¤ò»È¤Ã¤ÆÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤òÍ×·ï¤È¤Ï¤·¤Æ¤¤¤Þ¤»¤ó¡£
-¤Þ¤¿¡¢GPL¤Ï¥×¥í¥°¥é¥à¤ò狼ÆÃÄê¤Î¿Í¤¬ºÆÈÒÉÛ¤¹¤ë¤³¤È¤âÍ׵ᤷ¤Þ¤»¤ó¡£¤½
-¤·¤Æ(¤¢¤ëÆÃÊ̤ʾì¹ç¤ò½ü¤¤¤Æ)¡¢Ã¯¤«¤¬¥×¥í¥°¥é¥à¤ò²¿²ó¤ËÅϤäƺÆÈÒÉÛ¤¹¤ë
-ºÝ¤Ë¤â¡¢GPL¤Ï¤½¤Î¿Í¤¬ÆÃÄê¸Ä¿Í¤È¤·¤Æ¤Î¤¢¤Ê¤¿¤ä¾¤Î狼ÆÃÄê¤Î¿Í¤ËÈÒÉÛ¤·
-¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È¤òÍ׵ᤷ¤Æ¤¤¤Þ¤»¤ó¡£
+<dt><b><a href="#TOCReleaseNotOriginal"
+name="ReleaseNotOriginal">改変を加えたバージョンはGPLのもとでé…
å¸ƒã—て良いが、オリジナル自体はGPLのもとでé…
å¸ƒã—てはならない、このようなライセンスを付けてプログラãƒ
 ã‚’リリースすることは可能でしょうか?</a></b></dt>
 
+<dd>
+いいえ。そのようなライセンスは自己矛盾していると言えるでしょう。自分が一ユーザのつもりになって、その意味するところを考えてみましょう。
 
 <p>
-GPL¤¬Í׵᤹¤ë¤Î¤Ï¡¢ÈÒÉÛ¤¹¤ë¿Í¤¬¡¢<em>¤â¤·¤½¤Î¿Í¤¬¤½¤¦¤·¤¿¤±¤ì¤Ð</em>¤¢
-¤Ê¤¿¤ËÊ£À½¤òÈÒÉۤǤ­¤ë¼«Í³¤òÍ­¤·¤Ê¤±¤ì¤Ð¤Ê¤é¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ç¤¹¡£¤¤¤Ã¤¿
-¤óÃøºî¸¢¼Ô¤¬Ã¯¤«¤Ë¥×¥í¥°¥é¥à¤ÎÊ£À½¤òÈÒÉÛ¤·¤¿¤é¡¢º£Å٤Ϥ½¤Î狼¤¬¡¢
-¼«Ê¬¤Ë¤Ç¤­¤ëÈÏ°Ï¤Ç¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¤¢¤Ê¤¿¤ä狼¾¤Î¿Í¤ËºÆÈÒÉÛ¤¹¤ì¤ÐÎɤ¤¤ï¤±
-¤Ç¤¹¡£
+オリジナルバージョン(バージョンAと呼びましょう)に改変をåŠ
 ãˆå§‹ã‚ãŸã¨ã—ます。コードを追加
し(1000行と想像しましょう)、改変したバージョン(バージョンBとします)をGPLのもとでリリースします。GPLによれば、誰でも再度バージョンBを改変して、結果をGPLのもとでリリースして良いことになっていますから、わたし(あるいは誰か他の人)は追åŠ
 
された1000行のコードを削除しさえすれば、バージョンAと同じコードでしかもGPLのもとでリリースされているバージョンCを作るということが可能になるのです。</p>
+<p>
+バージョンBから追加
された部分を削除することにより、バージョンAと同一の著作物をGPLのもとで複製することを明示的に禁止する、というようにライセンスの中でこういったやり方を禁止することもできますが、今度は、そのようなライセンスのもとではバージョンBをGPLが許可するすべての方法で完å
…
¨ã«åˆ©ç”¨ã™ã‚‹ã“とができないということになってしまいます。言い換えれば、そのようなライセンスは実際のところユーザがバージョンBのような改変されたバージョンをGPLのもとでリリースすることを許可していないということになるのです。
 
+</p>
+</dd>
 
+<dt><b><a href="#TOCDistributeSubsidiary"
+name="DistributeSubsidiary">(親会社にæ 
ªã®)多数が有されて支えられた子会社にコピーを移すことはé
…å¸ƒã¨ãªã‚Šã¾ã™ã‹?</a></b></dt>
+<dd>
 <p>
+コピーをこの子会社に移す(または子会社から移す)ことが「é
…
å¸ƒã€ã«ã‚たるかどうかは、その適切な管轄の著作権法でそのå
 
´åˆæ¯Žã«æ±ºå®šã•ã‚Œã‚‹å•é¡Œã§ã™ã€‚GPLはローカルな法律を上書きしたり上書きできるものではありません。合衆国政府の法律はこの点に関して完å
…¨ã«æ˜Žç¢ºã¨ã„うわけではありませんが、これをé…
å¸ƒã¨ã¯ã¿ãªã•ãªã„ようにみえます。
+</p><p>
+もし、ある国で、これがé…
å¸ƒã¨ã¿ãªã•ã‚Œã€å­ä¼šç¤¾ãŒãã®ãƒ—ログラムを再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’受け取らなければならないのであっても、実際上は、何の違いもないでしょう。子会社は親会社によってコントロールされ、権利があってもなくても、親会社がそうすることを決定しない限り、そのプログラãƒ
 ã‚’再配布しないでしょう。
+</p>
+</dd>
 
-<dt><h4><A HREF="#TOCReleaseNotOriginal" NAME="ReleaseNotOriginal"> 
²þÊѤò²Ã¤¨¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó¤ÏGPL¤Î²¼¤ÇÇÛÉÛ¤·¤ÆÎɤ¤¤¬¡¢¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¼«ÂΤÏGPL¤Î²¼¤ÇÈÒÉÛ¤·¤Æ¤Ï¤Ê¤é¤Ê¤¤¡¢¤³¤Î¤è¤¦¤Ê¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤òÉÕ¤±¤Æ¥×¥í¥°¥é¥à¤ò¸ø³«¤¹¤ë¤³¤È¤Ï²Äǽ¤Ç¤·¤ç¤¦¤«?</a></h4>
+<dt><b><a href="#TOCClickThrough"
+name="ClickThrough">ソフトウェア・インストーラが人々
にGPLに同意するかクリックさせることはできますか?もし、あるソフトウェアをGPLでå
…
¥æ‰‹ã—たとき、何かに同意しないといけないのですか?</a></b></dt>
+<dd>
+<p>
+あるソフトウェア・パッケージングシステム
は、あなたがGPLの条項
に同意することをクリックして進む、もしくは示す必
要がある場所を用意しています。これは必
要もなければ、かといって、禁じられてもいません。クリックして進んでも進まなくても、GPLのルールは同じままです。
 </p>
+
+<p>
+単にGPLに同意することは、あなたに何の義務を負
わせることはありません。GPLでライセンスされたソフトウェアを単に使うことに関して、なにかに同意するå¿
…要はありません。ソフトウェアに改変や配布を行ったå 
´åˆã«ã 
け、義務が生じます。GPLにクリックして進むことがそんなにも面倒であれば、GPLとされたソフトウェアをいじって、それをバイパスするように、あなたがすることを止めるものは何もありません。
+</p>
+</dd>
 
+<dt><b><a href="#TOCGPLCompatInstaller"
+name="GPLCompatInstaller">GPLのソフトウェアをある種のインストレーション・ソフトウェアと組み合わせたいと思います。このインストーラはGPLと両立するライセンスのå¿
…要がありますか?</a></b></dt>
 <dd>
+<p>いいえ。インストーラとインストールされるファイルは別ã€
…の著作物です。結果として、GPLの条項
はインストレーション・ソフトウェアには適用されません。</p>
+</dd>
 
-¤½¤Î¤è¤¦¤Ê¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ï¼«¸ÊÌ·½â¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£¼«Ê¬¤¬°ì¥æ¡¼¥¶¤Î¤Ä¤â¤ê¤Ë¤Ê¤Ã
-¤Æ¡¢¤½¤Î°ÕÌ£¤¹¤ë¤È¤³¤í¤ò¹Í¤¨¤Æ¤ß¤Þ¤·¤ç¤¦¡£
+</dl>
 
+
+<div style="font-size: small;">
+
+<!--TRANSLATORS: Use space (SPC) as msgstr if you don't have notes.-->
+ </div>
+</div>
+
+<!--#include virtual="/server/footer.ja.html" -->
+<div id="footer">
 <p>
-¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¥Ð¡¼¥¸¥ç¥ó(¥Ð¡¼¥¸¥ç¥óA¤È¸Æ¤Ó¤Þ¤·¤ç¤¦)¤Ë²þÊѤò²Ã¤¨»Ï¤á¤¿¤È¤·
-¤Þ¤¹¡£¥³¡¼¥É¤òÄɲä·(1000¹Ô¤¯¤é¤¤¤Ë¤·¤Æ¤ª¤­¤Þ¤·¤ç¤¦¤«)¡¢²þÊѤ·¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç
-¥ó(¥Ð¡¼¥¸¥ç¥óB¤È¤·¤Þ¤¹)¤òGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤·¤Þ¤¹¡£GPL¤Ë¤è¤ì¤Ð¡¢Ã¯¤Ç¤âºÆÅÙ
-¥Ð¡¼¥¸¥ç¥óB¤ò²þÊѤ·¤Æ¡¢·ë²Ì¤òGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤·¤ÆÎɤ¤¤³¤È¤Ë¤Ê¤Ã¤Æ¤¤¤Þ¤¹¤«
-¤é¡¢»ä(¤¢¤ë¤¤¤Ï狼¾¤Î¿Í)¤ÏÄɲ䵤줿1000¹Ô¤Î¥³¡¼¥É¤òºï½ü¤·¤µ¤¨¤¹¤ì¤Ð¡¢
-¥Ð¡¼¥¸¥ç¥óA¤ÈƱ¤¸¥³¡¼¥É¤Ç¤·¤«¤âGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤µ¤ì¤Æ¤¤¤ë¥Ð¡¼¥¸¥ç¥óC¤òºî
-¤ë¤È¤¤¤¦¤³¤È¤¬²Äǽ¤Ë¤Ê¤ë¤Î¤Ç¤¹¡£
-<p>
-¥Ð¡¼¥¸¥ç¥óB¤«¤éÄɲ䵤줿Éôʬ¤òºï½ü¤¹¤ë¤³¤È¤Ë¤è¤ê¡¢¥Ð¡¼¥¸¥ç¥óA¤ÈƱ°ì¤Î
-Ãøºîʪ¤òGPL¤Î²¼¤ÇÊ£À½¤¹¤ë¤³¤È¤òÌÀ¼¨Åª¤Ë¶Ø»ß¤¹¤ë¡¢¤È¤¤¤¦¤è¤¦¤Ë¥é¥¤¥»¥ó
-¥¹¤ÎÃæ¤Ç¤³¤¦¤¤¤Ã¤¿¤ä¤êÊý¤ò¶Ø»ß¤¹¤ë¤³¤È¤â¤Ç¤­¤Þ¤¹¤¬¡¢º£Å٤ϡ¢¤½¤Î¤è¤¦¤Ê
-¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Î²¼¤Ç¤Ï¥Ð¡¼¥¸¥ç¥óB¤òGPL¤¬µö²Ä¤¹¤ë¤¹¤Ù¤Æ¤ÎÊýË¡¤Ç´°Á´¤ËÍøÍѤ¹
-¤ë¤³¤È¤¬¤Ç¤­¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¤Ê¤Ã¤Æ¤·¤Þ¤¤¤Þ¤¹¡£¸À¤¤´¹¤¨¤ì¤Ð¡¢¤½¤Î¤è¤¦¤Ê
-¥é¥¤¥»¥ó¥¹¤Ï¼ÂºÝ¤Î¤È¤³¤í¥æ¡¼¥¶¤¬¥Ð¡¼¥¸¥ç¥óB¤Î¤è¤¦¤Ê²þÊѤµ¤ì¤¿¥Ð¡¼¥¸¥ç
-¥ó¤òGPL¤Î²¼¤Ç¸ø³«¤¹¤ë¤³¤È¤òµö²Ä¤·¤Æ¤¤¤Ê¤¤¤È¤¤¤¦¤³¤È¤Ë¤Ê¤ë¤Î¤Ç¤¹¡£
+FSFおよびGNUに関する問い合わせは<a
+href="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</a>までお願いします(英語)。FSFへの連絡は<a
+href="/contact/">他の方法</a>もあります。
+<br />
+リンク切れや他の修正、提案は<a
+href="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</a>までお送りくだ
さい。
+</p>
 
 <p>
+正確で良い品質の翻訳を提供するよう努力していますが、不完å
…¨ãªå 
´åˆã‚‚あるかと思います。翻訳に関するコメントと提案は、<a
+href="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</a>におねがいします。わたしたちのウェブページの翻訳の調整と提出については、<a
+href="/server/standards/README.translations.html">翻訳 
README</a>をご覧ください。
+</p>
 
-<HR>
+<p>
+Copyright &copy; 2001, 2006, 2007, 2008 Free Software Foundation, Inc.,</p>
+<address>51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110, USA</address>
+<p>このページは<a rel="license"
+href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/3.0/us/";>Creative Commons
+Attribution-NoDerivs 3.0 United States 
License</a>の条件で許諾されます。
+</p>
 
-[
-<!-- Please keep this list alphabetical -->
-<!-- PLEASE UPDATE THE LIST AT THE BOTTOM (OR TOP) OF THE PAGE TOO! -->
-  <A HREF="/licenses/gpl-faq.cs.html">¥Á¥§¥³¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.html">±Ñ¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.fr.html">¥Õ¥é¥ó¥¹¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.it.html">¥¤¥¿¥ê¥¢¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.ja.html">ÆüËܸì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.ko.html">´Ú¹ñ¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.pl.html">¥Ý¡¼¥é¥ó¥É¸ì</A>
-| <A HREF="/licenses/gpl-faq.pt.html">¥Ý¥ë¥È¥¬¥ë¸ì</A>
-<!-- | A HREF="/boilerplate.LG.html" LANGUAGE /A  -->
-<!-- Please keep this list alphabetical -->
-<!-- PLEASE UPDATE THE LIST AT THE BOTTOM (OR TOP) OF THE PAGE TOO! -->
-]
 
-<HR>
-<P>
+<div class="translators-credits">
 
-FSF ¤ª¤è¤Ó GNU ¤Ø¤Î¤´¼ÁÌä¡¢¤ªÌ䤤¹ç¤ï¤»¤Ï<A
-HREF="mailto:address@hidden";><EM>address@hidden</EM></A>¤Þ¤Ç¤É¤¦¤¾¡£FSF ¤ÈÏ¢
-Íí¤ò¼è¤ë¤Ë¤Ï <A HREF="/home.ja.html#ContactInfo">¾¤Î¼êÃÊ</A>¤â¤¢¤ê¤Þ
-¤¹¡£
+<!--TRANSLATORS: Use space (SPC) as msgstr if you don't want credits.-->
+ </div>
 
-<P>
-¤³¤ì¤é¤Î¥¦¥§¥Ö¥Ú¡¼¥¸¤Ë¤Ä¤¤¤Æ¤Î¤´°Õ¸«¤Ï<A
-HREF="mailto:address@hidden";><EM>address@hidden</EM></A>¤Þ¤Ç¡¢
-¤½¤Î¤Û¤«¤Î¤´¼ÁÌä¤Ï<A
-HREF="mailto:address@hidden";><EM>address@hidden</EM></A>¤Þ¤Ç¤ªÁ÷¤ê¤¯¤À¤µ¤¤¡£
 
-<P>
-Copyright (C) 2001 Free Software Foundation, Inc.,
-51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA  02110,  USA
+ <p>
+<!-- timestamp start -->
+最終更新:
 
-<P>
-ËÜʸ¤Ë°ìÀÚ²þÊѤò²Ã¤¨¤º¡¢¤³¤ÎÃøºî¸¢É½¼¨¤ò»Ä¤¹¸Â¤ê¡¢¤³¤Îʸ¾ÏÁ´ÂΤΤ¤¤«¤Ê
-¤ëÇÞÂΤˤª¤±¤ëÊ£À½¤ª¤è¤ÓÈÒÉÛ¤âµö²Ä¤¹¤ë¡£
+$Date: 2013/02/01 07:03:03 $
 
-<P>
-ËÝÌõ¤Ï ȬÅÄ¿¿¹Ô <A
-HREF="mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</A>¤¬¹Ô¤¤¤Þ¤·¤¿¡£
-<P>
-Based on: 1.34
-<P>
-Updated:
-<!-- timestamp start -->
-$Date: 2013/01/25 13:30:30 $ $Author: gniibe $
 <!-- timestamp end -->
-<HR>
-</BODY>
-</HTML>
+</p>
+</div>
+
+</div>
+</body>
+</html>

Index: po/gpl-2.0-faq.ja.po
===================================================================
RCS file: /web/www/www/licenses/old-licenses/po/gpl-2.0-faq.ja.po,v
retrieving revision 1.1
retrieving revision 1.2
diff -u -b -r1.1 -r1.2
--- po/gpl-2.0-faq.ja.po        1 Feb 2013 06:32:16 -0000       1.1
+++ po/gpl-2.0-faq.ja.po        1 Feb 2013 07:03:13 -0000       1.2
@@ -7,7 +7,7 @@
 msgid ""
 msgstr ""
 "Project-Id-Version: gpl-2.0-faq.html\n"
-"POT-Creation-Date: 2012-01-27 11:48+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2012-06-10 04:27-0300\n"
 "PO-Revision-Date: 2013-02-01 15:30+0900\n"
 "Last-Translator: NIIBE Yutaka <address@hidden>\n"
 "Language-Team: Japanese <address@hidden>\n"
@@ -21,8 +21,8 @@
 "Frequently Asked Questions about the GNU GPL v2.0 - GNU Project - Free "
 "Software Foundation (FSF)"
 msgstr ""
-"GNU GPL v2.0に関してよく聞かれる質問 - GNUプロジェクト - 
フリーソフトウェアファウンデーション"
-"(FSF)"
+"GNU GPL v2.0に関してよく聞かれる質問 - GNUプロジェクト - 
フリーソフトウェア"
+"ファウンデーション(FSF)"
 
 #. type: Content of: <h2>
 msgid "Frequently Asked Questions about version 2 of the GNU GPL"
@@ -36,12 +36,11 @@
 "Software Foundation's other licenses, please see <a href=\"/licenses/"
 "licenses.html\">our licenses page</a>."
 msgstr ""
-"このページには、GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹(GPL)、v2.0に関してよく聞かれる質問への答"
-"えがまとめてあります。現行バージョンのGPLのFAQは、<a 
href=\"/licenses/gpl-"
-"faq.html\">こちら</a>です。"
-"フリーソフトウェアファウンデーションのそのほかのライセンスについてより詳し"
-"く知るには、<a 
href=\"/licenses/licenses.html\">ライセンスのページ</a>をご覧"
-"ください。"
+"このページには、GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹(GPL)、v2.0に関してよく聞かれる質問への"
+"答えがまとめてあります。現行バージョンのGPLのFAQは、<a 
href=\"/licenses/gpl-"
+"faq.html\">こちら</a>です。フリーソフトウェアファウンデーションのそのほかのラ"
+"イセンスについてより詳しく知るには、<a 
href=\"/licenses/licenses.html\">ライ"
+"センスのページ</a>をご覧ください。"
 
 #. type: Content of: <p>
 msgid ""
@@ -49,8 +48,8 @@
 "your knowledge of Free Software licensing with our quiz</a>."
 msgstr ""
 "このFAQを読んだあと、<a 
href=\"http://www.gnu.org/cgi-bin/license-quiz.cgi\";>"
-"自由ソフトウェアのライセンシングに関するご自分の知識をクイズでたしかめるこ"
-"とができます </a>。"
+"自由ソフトウェアのライセンシングに関するご自分の知識をクイズでたしかめること"
+"ができます </a>。"
 
 #. type: Content of: <h4>
 msgid "Table of Contents"
@@ -61,15 +60,16 @@
 "Basic questions about the GPL, the GNU Project, and the Free Software "
 "Foundation"
 msgstr ""
-"GPL、GNUプロジェクト、フリーソフトウェアファウンデーションに関する基本的な質問"
+"GPL、GNUプロジェクト、フリーソフトウェアファウンデーションに関する基本的な質"
+"問"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#WhatDoesGPLStandFor\" name=\"TOCWhatDoesGPLStandFor\">What does "
 "&ldquo;GPL&rdquo; stand for?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhatDoesGPLStandFor\" name=\"TOCWhatDoesGPLStandFor\">"
-"&ldquo;GPL&rdquo;とは何の略ですか?</a>"
+"<a href=\"#WhatDoesGPLStandFor\" name=\"TOCWhatDoesGPLStandFor\">&ldquo;"
+"GPL&rdquo;とは何の略ですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -78,16 +78,16 @@
 "</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#DoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL\" name="
-"\"TOCDoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL\">自由ソフトウェアである」とは、GPLを使っているという意味ですか?"
-"</a>"
+"\"TOCDoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL\">自由ソフトウェアである」とは、GPLを"
+"使っているという意味ですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#WhyUseGPL\" name=\"TOCWhyUseGPL\">Why should I use the GNU GPL "
 "rather than other free software licenses?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhyUseGPL\" 
name=\"TOCWhyUseGPL\">他の自由ソフトウェア・ライセンスでは"
-"なく、GNU GPLを使ったほうが良いのはなぜですか?</a>"
+"<a href=\"#WhyUseGPL\" 
name=\"TOCWhyUseGPL\">他の自由ソフトウェア・ライセンス"
+"ではなく、GNU GPLを使ったほうが良いのはなぜですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -96,7 +96,8 @@
 "the GNU GPL as its license?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#DoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense\" name="
-"\"TOCDoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense\">すべてのGNUソフトウェアにはライセンスとしてGNU
 GPLが使われているのですか?</a>"
+"\"TOCDoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense\">すべてのGNUソフトウェアには"
+"ライセンスとしてGNU GPLが使われているのですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -105,31 +106,32 @@
 "program make it GNU software?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#DoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware\" name="
-"\"TOCDoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware\">GPLを使うとそのプログラãƒ
 ã¯GNUソフトウェアになるのですか?</a>"
+"\"TOCDoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware\">GPLを使うとそのプログラãƒ
 "
+"はGNUソフトウェアになるのですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#GPLOtherThanSoftware\" name=\"TOCGPLOtherThanSoftware\">Can I use "
 "the GPL for something other than software?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLOtherThanSoftware\" name=\"TOCGPLOtherThanSoftware\">"
-"GPLをソフトウェア以外のものに使うことはできますか?</a>"
+"<a href=\"#GPLOtherThanSoftware\" 
name=\"TOCGPLOtherThanSoftware\">GPLをソフ"
+"トウェア以外のものに使うことはできますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#WhyNotGPLForManuals\" name=\"TOCWhyNotGPLForManuals\">Why don't "
 "you use the GPL for manuals?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhyNotGPLForManuals\" name=\"TOCWhyNotGPLForManuals\">"
-"どうしてマニュアルにはGPLを使わないのですか?</a>"
+"<a href=\"#WhyNotGPLForManuals\" 
name=\"TOCWhyNotGPLForManuals\">どうしてマ"
+"ニュアルにはGPLを使わないのですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#GPLTranslations\" name=\"TOCGPLTranslations\">Are there "
 "translations of the GPL into other languages?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLTranslations\" name=\"TOCGPLTranslations\">"
-"GPLを他の言語に翻訳したものはありますか?</a>"
+"<a href=\"#GPLTranslations\" 
name=\"TOCGPLTranslations\">GPLを他の言語に翻訳"
+"したものはありますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -137,17 +139,17 @@
 "some GNU libraries released under the ordinary GPL rather than the Lesser "
 "GPL?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhySomeGPLAndNotLGPL\" name=\"TOCWhySomeGPLAndNotLGPL\">"
-"いくつかのGNUライブラリが、劣等GPLではなくふつうのGPLのもとでリリースされているのは"
-"なぜですか?</a>"
+"<a href=\"#WhySomeGPLAndNotLGPL\" 
name=\"TOCWhySomeGPLAndNotLGPL\">いくつかの"
+"GNUライブラリが、劣等GPLではなくふつうのGPLのもとでリリースされているのはなぜ"
+"ですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#WhoHasThePower\" name=\"TOCWhoHasThePower\">Who has the power to "
 "enforce the GPL?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhoHasThePower\" 
name=\"TOCWhoHasThePower\">GPLを強制する権力がある"
-"のは誰ですか?</a>"
+"<a href=\"#WhoHasThePower\" 
name=\"TOCWhoHasThePower\">GPLを強制する権力があ"
+"るのは誰ですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -156,19 +158,18 @@
 "the FSF? If I hold copyright on a GPL'ed program, should I do this, too? If "
 "so, how?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#AssignCopyright\" name=\"TOCAssignCopyright\">"
-"どうしてFSFは、FSFが著作権を有するプログラムへの貢献者
が自らの著作権をFSFに"
-"移譲することを要求するのですか? 
もし、わたしがGPLが使われたプログラムの著作権を"
-"有しているならば、わたしも著作権移譲を要求すべきでしょうか?
 もしそうなら、どう"
-"やって?</a>"
+"<a href=\"#AssignCopyright\" 
name=\"TOCAssignCopyright\">どうしてFSFは、FSFが"
+"著作権を有するプログラムへの貢献者
が自らの著作権をFSFに移譲することを要求する"
+"のですか? もし、わたしがGPLが使われたプログラム
の著作権を有しているならば、わ"
+"たしも著作権移譲を要求すべきでしょうか? 
もしそうなら、どうやって?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#ModifyGPL\" name=\"TOCModifyGPL\">Can I modify the GPL and make a "
 "modified license?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#ModifyGPL\" name=\"TOCModifyGPL\">"
-"わたしがGPLを修正して修正版のライセンスを作ることはできますか?</a>"
+"<a href=\"#ModifyGPL\" 
name=\"TOCModifyGPL\">わたしがGPLを修正して修正版のラ"
+"イセンスを作ることはできますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <h4>
 msgid "General understanding of the GPL"
@@ -181,8 +182,8 @@
 "GPL permit users to publish their modified versions?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#WhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions\" name="
-"\"TOCWhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions\">"
-"GPLがユーザの改変した版のå…
¬é–‹ã‚’許可しているのはなぜですか?</a>"
+"\"TOCWhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions\">GPLがユーザの改"
+"変した版の公開を許可しているのはなぜですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -191,8 +192,8 @@
 "modified versions be posted to the public?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#GPLRequireSourcePostedPublic\" name="
-"\"TOCGPLRequireSourcePostedPublic\">GPLは、改変された版のソースコードを"
-"公開することを要求しますか?</a>"
+"\"TOCGPLRequireSourcePostedPublic\">GPLは、改変された版のソースコードをå
…¬é–‹ã™"
+"ることを要求しますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -201,17 +202,17 @@
 "the same computer?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#GPLAndNonfreeOnSameMachine\" name=\"TOCGPLAndNonfreeOnSameMachine"
-"\">あるGPLで保護されたプログラム
と、それと関係のない不自由なプログラムを"
-"同じコンピュータに置いても問題ありませんか?</a>"
+"\">あるGPLで保護されたプログラム
と、それと関係のない不自由なプログラムを同じ"
+"コンピュータに置いても問題ありませんか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#CanIDemandACopy\" name=\"TOCCanIDemandACopy\">If I know someone "
 "has a copy of a GPL-covered program, can I demand he give me a copy?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#CanIDemandACopy\" name=\"TOCCanIDemandACopy\">"
-"GPLで保護されたプログラム
のコピーを誰かが持っていると知っている場合、"
-"わたしはかれにコピーを下さいと要求できますか?</a>"
+"<a href=\"#CanIDemandACopy\" 
name=\"TOCCanIDemandACopy\">GPLで保護されたプロ"
+"グラムのコピーを誰かが持っていると知っているå 
´åˆã€ã‚ãŸã—はかれにコピーを下さ"
+"いと要求できますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -220,10 +221,10 @@
 "mean? Does that mean everyone in the world can get the source to any GPL'ed "
 "program no matter what?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhatDoesWrittenOfferValid\" name=\"TOCWhatDoesWrittenOfferValid"
-"\">この「いかなる第三者
に対しても法的に有効な書面による申し出」とは何のことですか?"
-"これは、世界中の誰もが、GPLが適用されたどんなプログラãƒ
 ã®ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã§ã‚‚手に入れられると"
-"いうことなのでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#WhatDoesWrittenOfferValid\" name=\"TOCWhatDoesWrittenOfferValid\">"
+"この「いかなる第三者
に対しても法的に有効な書面による申し出」とは何のことです"
+"か?これは、世界中の誰もが、GPLが適用されたどんなプログラãƒ
 ã®ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã§ã‚‚手に入"
+"れられるということなのでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -232,16 +233,17 @@
 "&hellip; to all third parties.&rdquo; Who are these third parties?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#TheGPLSaysModifiedVersions\" name=\"TOCTheGPLSaysModifiedVersions"
-"\">GPLでは、改変されたバージョンがリリースされたå 
´åˆã€ã€Œã™ã¹ã¦ã®ç¬¬ä¸‰è€…に&hellip; ライ"
-"センスされ」なければならないとされています。このå 
´åˆã€ç¬¬ä¸‰è€…とは誰のことですか?</a>"
+"\">GPLでは、改変されたバージョンがリリースされたå 
´åˆã€ã€Œã™ã¹ã¦ã®ç¬¬ä¸‰è€…に"
+"&hellip; 
ライセンスされ」なければならないとされています。このå 
´åˆã€ç¬¬ä¸‰è€…とは"
+"誰のことですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#DoesTheGPLAllowMoney\" name=\"TOCDoesTheGPLAllowMoney\">Does the "
 "GPL allow me to sell copies of the program for money?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#DoesTheGPLAllowMoney\" name=\"TOCDoesTheGPLAllowMoney\">"
-"GPLは金銭目的でプログラム
の複製を販売することを許可していますか?</a>"
+"<a href=\"#DoesTheGPLAllowMoney\" 
name=\"TOCDoesTheGPLAllowMoney\">GPLは金銭"
+"目的でプログラム
の複製を販売することを許可していますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -250,8 +252,8 @@
 "my site?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#DoesTheGPLAllowDownloadFee\" name=\"TOCDoesTheGPLAllowDownloadFee"
-"\">GPLは、わたしのサイトからプログラム
をダウンロードする人に料金を課すことを許可して"
-"いますか?</a>"
+"\">GPLは、わたしのサイトからプログラム
をダウンロードする人に料金を課すことを"
+"許可していますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -260,8 +262,8 @@
 "must pay me a fee and/or notify me?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#DoesTheGPLAllowRequireFee\" name=\"TOCDoesTheGPLAllowRequireFee"
-"\">GPLは、ソフトウェアを受け取った誰もがわたしに料金を支払うこと、およびまたは、受け取った"
-"旨を通知することを義務づけることを許可していますか?</a>"
+"\">GPLは、ソフトウェアを受け取った誰もがわたしに料金を支払うこと、およびまた"
+"は、受け取った旨を通知することを義務づけることを許可していますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -271,17 +273,17 @@
 "charge?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#DoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic\" name="
-"\"TOCDoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic\">"
-"GPLが適用されたソフトウェアを料金を取って配布するå 
´åˆã€ã‚ãŸã—は公衆が料金なし"
-"でもソフトウェアを手にå…
¥ã‚Œã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—なければならないでしょうか?</a>"
+"\"TOCDoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic\">GPLが適用されたソフトウェアを料"
+"金を取って配布する場合、わたしはå…
¬è¡†ãŒæ–™é‡‘なしでもソフトウェアを手に入れられ"
+"るようにしなければならないでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#DoesTheGPLAllowNDA\" name=\"TOCDoesTheGPLAllowNDA\">Does the GPL "
 "allow me to distribute a copy under a nondisclosure agreement?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#DoesTheGPLAllowNDA\" name=\"TOCDoesTheGPLAllowNDA\">"
-"GPLは、複製物をを機密保持契約(NDA)のもとでé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とを許可していますか?</a>"
+"<a href=\"#DoesTheGPLAllowNDA\" 
name=\"TOCDoesTheGPLAllowNDA\">GPLは、複製物"
+"をを機密保持契約(NDA)のもとでé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とを許可していますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -289,9 +291,9 @@
 "the GPL allow me to distribute a modified or beta version under a "
 "nondisclosure agreement?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#DoesTheGPLAllowModNDA\" name=\"TOCDoesTheGPLAllowModNDA\">"
-"GPLは、改変されたバージョン、あるいはベータ版を機密保持契約(NDA)のもとでé
…å¸ƒã™"
-"ることを許可していますか?</a>"
+"<a href=\"#DoesTheGPLAllowModNDA\" 
name=\"TOCDoesTheGPLAllowModNDA\">GPLは、"
+"改変されたバージョン、あるいはベータ版を機密保持契約(NDA)のもとでé
…å¸ƒã™ã‚‹ã“と"
+"を許可していますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -299,25 +301,25 @@
 "the GPL allow me to develop a modified version under a nondisclosure "
 "agreement?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#DevelopChangesUnderNDA\" name=\"TOCDevelopChangesUnderNDA\">"
-"GPLは、わたしが機密保持契約(NDA)のもとで改変されたバージョンを開発することを許可し"
-"ていますか?</a>"
+"<a href=\"#DevelopChangesUnderNDA\" name=\"TOCDevelopChangesUnderNDA\">GPL"
+"は、わたしが機密保持契約(NDA)のもとで改変されたバージョンを開発することを許可"
+"していますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#WhyMustIInclude\" name=\"TOCWhyMustIInclude\">Why does the GPL "
 "require including a copy of the GPL with every copy of the program?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhyMustIInclude\" name=\"TOCWhyMustIInclude\">"
-"GPLが、プログラム
の複製すべてにGPLの複製を含めることを要求するのはなぜですか?</a>"
+"<a href=\"#WhyMustIInclude\" 
name=\"TOCWhyMustIInclude\">GPLが、プログラムの"
+"複製すべてにGPLの複製を含めることを要求するのはなぜですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#WhatIfWorkIsShort\" name=\"TOCWhatIfWorkIsShort\">What if the "
 "work is not much longer than the license itself?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhatIfWorkIsShort\" name=\"TOCWhatIfWorkIsShort\">"
-"著作物がライセンス自身よりもそんなに長くないå 
´åˆã¯ã©ã†ã—たらよいですか?</a>"
+"<a href=\"#WhatIfWorkIsShort\" 
name=\"TOCWhatIfWorkIsShort\">著作物がライセン"
+"ス自身よりもそんなに長くないå 
´åˆã¯ã©ã†ã—たらよいですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -346,10 +348,9 @@
 "work. I want people to know what I wrote. Can I still get credit if I use "
 "the GPL?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#IWantCredit\" name=\"TOCIWantCredit\">"
-"わたしは、自分の著作物によって名声を得たいし、人々
に自分が書いたもののことを"
-"知って欲しいのです。GPLを適用しても、わたしはそのような名声を得ることができます"
-"か?</a>"
+"<a href=\"#IWantCredit\" 
name=\"TOCIWantCredit\">わたしは、自分の著作物によっ"
+"て名声を得たいし、人々
に自分が書いたもののことを知って欲しいのです。GPLを適用"
+"しても、わたしはそのような名声を得ることができますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -357,33 +358,32 @@
 "preamble of the GPL, or the instructions for how to use it on your own "
 "programs, to save space?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLOmitPreamble\" name=\"TOCGPLOmitPreamble\">"
-"スペース節約のため、GPLの前文か自分のプログラム
への適用方法の説明を省いても良"
-"いですか?</a>"
+"<a href=\"#GPLOmitPreamble\" 
name=\"TOCGPLOmitPreamble\">スペース節約のため、"
+"GPLの前文か自分のプログラム
への適用方法の説明を省いても良いですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#WhatIsCompatible\" name=\"TOCWhatIsCompatible\">What does it mean "
 "to say that two licenses are &ldquo;compatible&rdquo;?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhatIsCompatible\" name=\"TOCWhatIsCompatible\">"
-"二つのライセンスが「両立する」とはどういう意味ですか?</a>"
+"<a href=\"#WhatIsCompatible\" 
name=\"TOCWhatIsCompatible\">二つのライセンスが"
+"「両立する」とはどういう意味ですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#WhatDoesCompatMean\" name=\"TOCWhatDoesCompatMean\">What does it "
 "mean to say a license is &ldquo;compatible with the GPL&rdquo;?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhatDoesCompatMean\" name=\"TOCWhatDoesCompatMean\">"
-"ライセンスが「GPLと両立する」とはどういう意味ですか?</a>"
+"<a href=\"#WhatDoesCompatMean\" 
name=\"TOCWhatDoesCompatMean\">ライセンスが"
+"「GPLと両立する」とはどういう意味ですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#OrigBSD\" name=\"TOCOrigBSD\">Why is the original BSD license "
 "incompatible with the GPL?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#OrigBSD\" name=\"TOCOrigBSD\">"
-"どうしてオリジナルのBSDライセンスはGPLと両立しないのですか?</a>"
+"<a href=\"#OrigBSD\" 
name=\"TOCOrigBSD\">どうしてオリジナルのBSDライセンスは"
+"GPLと両立しないのですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -391,9 +391,8 @@
 "difference between &ldquo;mere aggregation&rdquo; and &ldquo;combining two "
 "modules into one program&rdquo;?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#MereAggregation\" name=\"TOCMereAggregation\">"
-"「単なる集積」と「二つのモジュールを一つのプログラム
に結合すること」の違いは"
-"何ですか?</a>"
+"<a href=\"#MereAggregation\" 
name=\"TOCMereAggregation\">「単なる集積」と「二"
+"つのモジュールを一つのプログラム
に結合すること」の違いは何ですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -402,18 +401,17 @@
 "the original code into a new program, then distribute and sell that new "
 "program commercially?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLCommercially\" name=\"TOCGPLCommercially\">"
-"GNU GPLのもとでソフトウェアの一部をå…
¥æ‰‹ã—て利用するとして、わたしはオリジナルのコー"
-"ドを新しいプログラム
に合わせて取り込み、それを商業的にé…
å¸ƒã€è²©å£²ã™ã‚‹ã“とはで"
-"きるでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#GPLCommercially\" name=\"TOCGPLCommercially\">GNU 
GPLのもとでソフ"
+"トウェアの一部をå…
¥æ‰‹ã—て利用するとして、わたしはオリジナルのコードを新しいプ"
+"ログラムに合わせて取り込み、それを商業的にé…
å¸ƒã€è²©å£²ã™ã‚‹ã“とはできるでしょう"
+"か?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#LGPLJava\" name=\"TOCLGPLJava\">How does the LGPL work with Java?"
 "</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#LGPLJava\" 
name=\"TOCLGPLJava\">LGPLはJavaにどう働きますか?"
-"</a>"
+"<a href=\"#LGPLJava\" 
name=\"TOCLGPLJava\">LGPLはJavaにどう働きますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <h4>
 msgid "Using the GPL for your programs"
@@ -424,27 +422,27 @@
 "<a href=\"#CouldYouHelpApplyGPL\" name=\"TOCCouldYouHelpApplyGPL\">Could you "
 "give me step by step instructions on how to apply the GPL to my program?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#CouldYouHelpApplyGPL\" name=\"TOCCouldYouHelpApplyGPL\">"
-"GPLをわたしのプログラム
に適用するにはどうしたらよいか、逐一説明していただ
けません"
-"か?</a>"
+"<a href=\"#CouldYouHelpApplyGPL\" 
name=\"TOCCouldYouHelpApplyGPL\">GPLをわた"
+"しのプログラム
に適用するにはどうしたらよいか、逐一説明していただ
けませんか?</"
+"a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#HowIGetCopyright\" name=\"TOCHowIGetCopyright\">How do I get a "
 "copyright on my program in order to release it under the GPL?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#HowIGetCopyright\" name=\"TOCHowIGetCopyright\">"
-"GPLのもとでリリースするために、わたしのプログラム
に対する著作権を得るにはどうしたら良い"
-"ですか?</a>"
+"<a href=\"#HowIGetCopyright\" 
name=\"TOCHowIGetCopyright\">GPLのもとでリリー"
+"スするために、わたしのプログラム
に対する著作権を得るにはどうしたら良いですか?"
+"</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#WhatIfSchool\" name=\"TOCWhatIfSchool\">What if my school might "
 "want to make my program into its own proprietary software product?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhatIfSchool\" name=\"TOCWhatIfSchool\">"
-"わたしの学校が、わたしのプログラムを学æ 
¡è‡ªèº«ã®ãƒ—ロプライエタリ・ソフトウェア製品にしたいと思っ"
-"たらどうしましょう?</a>"
+"<a href=\"#WhatIfSchool\" name=\"TOCWhatIfSchool\">わたしの学æ 
¡ãŒã€ã‚ãŸã—のプ"
+"ログラムを学æ 
¡è‡ªèº«ã®ãƒ—ロプライエタリ・ソフトウェア製品にしたいと思ったらどう"
+"しましょう?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -452,9 +450,9 @@
 "like to release a program I wrote under the GNU GPL, but I would like to use "
 "the same code in non-free programs.</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#ReleaseUnderGPLAndNF\" name=\"TOCReleaseUnderGPLAndNF\">"
-"自分が書いたプログラムをGNU 
GPLのもとでリリースしたいのですが、同じコードを自由で"
-"はないプログラムでも使いたいのです。</a>"
+"<a href=\"#ReleaseUnderGPLAndNF\" 
name=\"TOCReleaseUnderGPLAndNF\">自分が書い"
+"たプログラムをGNU 
GPLのもとでリリースしたいのですが、同じコードを自由ではない"
+"プログラムでも使いたいのです。</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -462,34 +460,34 @@
 "the developer of a program who distributed it under the GPL later license it "
 "to another party for exclusive use?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#CanDeveloperThirdParty\" name=\"TOCCanDeveloperThirdParty\">"
-"GPLで配布されているあるプログラムの開発者
が、後になって他の人に排他的利用を認"
-"めるということはあり得ますか?</a>"
+"<a href=\"#CanDeveloperThirdParty\" name=\"TOCCanDeveloperThirdParty\">GPLで"
+"配布されているあるプログラムの開発者
が、後になって他の人に排他的利用を認める"
+"ということはあり得ますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#GPLUSGov\" name=\"TOCGPLUSGov\">Can the US Government release a "
 "program under the GNU GPL?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLUSGov\" name=\"TOCGPLUSGov\">合衆国政府は"
-"プログラムをGNU GPLでリリースできますか?</a>"
+"<a href=\"#GPLUSGov\" name=\"TOCGPLUSGov\">合衆国政府はプログラム
をGNU GPLで"
+"リリースできますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#GPLUSGovAdd\" name=\"TOCGPLUSGovAdd\">Can the US Government "
 "release improvements to a GPL-covered program?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLUSGovAdd\" name=\"TOCGPLUSGovAdd\">"
-"合衆国政府はGPLで保護されたプログラム
に対して改善をリリースできますか?</a>"
+"<a href=\"#GPLUSGovAdd\" 
name=\"TOCGPLUSGovAdd\">合衆国政府はGPLで保護された"
+"プログラムに対して改善をリリースできますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#VersionTwoOrLater\" name=\"TOCVersionTwoOrLater\">Why should "
 "programs say &ldquo;Version 2 of the GPL or any later version&rdquo;?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#VersionTwoOrLater\" name=\"TOCVersionTwoOrLater\">"
-"プログラム
で「GPLのバージョン2かそれ以降のすべてのバージョン」というように述べる"
-"べきなのはなぜですか?</a>"
+"<a href=\"#VersionTwoOrLater\" name=\"TOCVersionTwoOrLater\">プログラム
で"
+"「GPLのバージョン2かそれ以降のすべてのバージョン」というように述べるべきなの"
+"はなぜですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -498,34 +496,34 @@
 "is used to develop hardware designs, can I require that these designs must "
 "be free?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLOutput\" name=\"TOCGPLOutput\">"
-"人々がわたしのプログラム
を利用して得た出力結果にGPLを適用する方法はないでしょう"
-"か? たとえば、わたしのプログラム
がハードウェアの設計に使われているとして、その設"
-"計も自由でなければならないと要求することはできるでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#GPLOutput\" name=\"TOCGPLOutput\">人々
がわたしのプログラムを利用し"
+"て得た出力結果にGPLを適用する方法はないでしょうか? 
たとえば、わたしのプログラ"
+"ム
がハードウェアの設計に使われているとして、その設計も自由でなければならない"
+"と要求することはできるでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#FontException\" name=\"TOCFontException\">How does the GPL apply "
 "to fonts?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#FontException\" name=\"TOCFontException\">"
-"GPLはフォントにどのように適用できるでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#FontException\" 
name=\"TOCFontException\">GPLはフォントにどのよう"
+"に適用できるでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#WMS\" name=\"TOCWMS\">What license should I use for website "
 "maintenance system templates?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WMS\" name=\"TOCWMS\">"
-"ウェブサイトのシステム
・テンプレートの保守にどのライセンスを使うべきでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#WMS\" name=\"TOCWMS\">ウェブサイトのシステム
・テンプレートの保守に"
+"どのライセンスを使うべきでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#NonFreeTools\" name=\"TOCNonFreeTools\">Can I release a program "
 "under the GPL which I developed using non-free tools?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#NonFreeTools\" name=\"TOCNonFreeTools\">"
-"不自由なツールを用いて開発したプログラム
をGPLでリリースできるでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#NonFreeTools\" 
name=\"TOCNonFreeTools\">不自由なツールを用いて開発"
+"したプログラムをGPLでリリースできるでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <h4>
 msgid "Distribution of programs released under the GPL"
@@ -536,8 +534,8 @@
 "<a href=\"#ModifiedJustBinary\" name=\"TOCModifiedJustBinary\">Can I release "
 "a modified version of a GPL-covered program in binary form only?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#ModifiedJustBinary\" name=\"TOCModifiedJustBinary\">"
-"GPLで保護されたプログラム
の改変したバージョンをバイナリ形æ…
‹ã®ã¿ã§ãƒªãƒªãƒ¼ã‚¹ã§ãã¾ã™ã‹?</a>"
+"<a href=\"#ModifiedJustBinary\" 
name=\"TOCModifiedJustBinary\">GPLで保護され"
+"たプログラムの改変したバージョンをバイナリ形æ…
‹ã®ã¿ã§ãƒªãƒªãƒ¼ã‚¹ã§ãã¾ã™ã‹?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -545,9 +543,9 @@
 "downloaded just the binary from the net.  If I distribute copies, do I have "
 "to get the source and distribute that too?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#UnchangedJustBinary\" name=\"TOCUnchangedJustBinary\">"
-"バイナリだ
けをネットからダウンロードしました。もし、わたしがコピーをé
…å¸ƒã™ã‚‹ã¨ãã€"
-"ソースコードを取得してそれもé…
å¸ƒã—なければなりませんか?</a>"
+"<a href=\"#UnchangedJustBinary\" 
name=\"TOCUnchangedJustBinary\">バイナリだけ"
+"をネットからダウンロードしました。もし、わたしがコピーをé
…å¸ƒã™ã‚‹ã¨ãã€ã‚½ãƒ¼ã‚¹"
+"コードを取得してそれも配布しなければなりませんか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -557,9 +555,9 @@
 "FTP instead of by mail order?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#DistributeWithSourceOnInternet\" name="
-"\"TOCDistributeWithSourceOnInternet\">"
-"バイナリを、対応するソース抜きで物理的媒体でé…
å¸ƒã—たいのですが、メールオーダーの代わり"
-"に、FTPでソースコードを提供してもよいでしょうか?</a>"
+"\"TOCDistributeWithSourceOnInternet\">バイナリを、対応するソース抜きで物理的"
+"媒体でé…
å¸ƒã—たいのですが、メールオーダーの代わりに、FTPでソースコードを提供し"
+"てもよいでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -569,10 +567,9 @@
 "to obtain the source?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#RedistributedBinariesGetSource\" name="
-"\"TOCRedistributedBinariesGetSource\">"
-"わたしの友達がGPLで保護されたバイナリをソースコードの申し出とともに取得しました。"
-"そして、ひとつコピーをわたしにくれました。その申し出を使って、わたしはソースを得ることが"
-"できますか?</a>"
+"\"TOCRedistributedBinariesGetSource\">わたしの友達がGPLで保護されたバイナリを"
+"ソースコードの申し出とともに取得しました。そして、ひとつコピーをわたしにくれ"
+"ました。その申し出を使って、わたしはソースを得ることができますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -581,9 +578,9 @@
 "server and put the source on a different Internet site?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#SourceAndBinaryOnDifferentSites\" name="
-"\"TOCSourceAndBinaryOnDifferentSites\">"
-"バイナリをわたしのインターネットサーバに置き、ソースは他のインターネットサイトに"
-"置くということはできるでしょうか?</a>"
+"\"TOCSourceAndBinaryOnDifferentSites\">バイナリをわたしのインターネットサーバ"
+"に置き、ソースは他のインターネットサイトに置くということはできるでしょうか?</"
+"a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -591,9 +588,9 @@
 "want to distribute an extended version of a GPL-covered program in binary "
 "form.  Is it enough to distribute the source for the original version?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#DistributeExtendedBinary\" name=\"TOCDistributeExtendedBinary\">"
-"あるGPLで保護されたプログラム
の拡張したバージョンをバイナリ形式で配布したいの"
-"ですが、オリジナルバージョンのソースを配布するだ
けで十分ですか?</a>"
+"<a href=\"#DistributeExtendedBinary\" 
name=\"TOCDistributeExtendedBinary\">あ"
+"るGPLで保護されたプログラム
の拡張したバージョンをバイナリ形式で配布したいので"
+"すが、オリジナルバージョンのソースを配布するだ
けで十分ですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -603,10 +600,9 @@
 "diffs from the &ldquo;standard&rdquo; version along with the binaries?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#DistributingSourceIsInconvenient\" name="
-"\"TOCDistributingSourceIsInconvenient\">"
-"バイナリを配布したいのですが、完全なソースをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã®ã¯ä¸ä¾¿ã§ã™ã€‚ユーザに、"
-"バイナリといっしょに「標準」バージョンからの差分(diff)を提供するã
 ã‘で良いで"
-"すか?</a>"
+"\"TOCDistributingSourceIsInconvenient\">バイナリをé…
å¸ƒã—たいのですが、完全な"
+"ソースをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã®ã¯ä¸ä¾¿ã§ã™ã€‚ユーザに、バイナリといっしょに「標準」バージョ"
+"ンからの差分(diff)を提供するだけで良いですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -614,9 +610,9 @@
 "to make binaries available for anonymous FTP, but send sources only to "
 "people who order them.</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#AnonFTPAndSendSources\" name=\"TOCAnonFTPAndSendSources\">"
-"Anonymous FTPでバイナリをå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã—たいのですが、ソースはそれを注文し"
-"た人にのみ送りたいのです。</a>"
+"<a href=\"#AnonFTPAndSendSources\" name=\"TOCAnonFTPAndSendSources"
+"\">Anonymous FTPでバイナリをå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã—たいのですが、ソースはそれを注文した"
+"人にのみ送りたいのです。</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -625,9 +621,8 @@
 "who downloads the binaries also gets the source?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#HowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource\" name="
-"\"TOCHowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource\">"
-"バイナリをダウンロードした各ユーザがソースもå…
¥æ‰‹ã—たということを確認するには"
-"どうしたらいいですか?</a>"
+"\"TOCHowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource\">バイナリをダウンロードした各ユー"
+"ザがソースもå…
¥æ‰‹ã—たということを確認するにはどうしたらいいですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -636,10 +631,10 @@
 "versions of it under the GPL but you can't distribute the original itself "
 "under the GPL?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#ReleaseNotOriginal\" name=\"TOCReleaseNotOriginal\">"
-"改変を加えたバージョンはGPLのもとでé…
å¸ƒã—て良いが、オリジナル自体はGPLのもとで頒"
-"布してはならない、このようなライセンスを付けてプログラãƒ
 ã‚’リリースすることは"
-"可能でしょうか?</a>"
+"<a href=\"#ReleaseNotOriginal\" name=\"TOCReleaseNotOriginal\">改変を加
えた"
+"バージョンはGPLのもとでé…
å¸ƒã—て良いが、オリジナル自体はGPLのもとで頒布しては"
+"ならない、このようなライセンスを付けてプログラム
をリリースすることは可能で"
+"しょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -648,30 +643,29 @@
 "to get it.  Aren't they violating the GPL by not making it available on the "
 "Internet?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#CompanyGPLCostsMoney\" name=\"TOCCompanyGPLCostsMoney\">"
-"ある企業がGPLの適用されたプログラム
の複製を所有しており、それを入手するために"
-"はお金がかかります。インターネット上でå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—ないという点で、かれら"
-"はGPLに違反しているのではないでしょうか?</a>"
-
-#~##############################
+"<a href=\"#CompanyGPLCostsMoney\" 
name=\"TOCCompanyGPLCostsMoney\">ある企業が"
+"GPLの適用されたプログラム
の複製を所有しており、それを入手するためにはお金がか"
+"かります。インターネット上でå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—ないという点で、かれらはGPLに違"
+"反しているのではないでしょうか?</a>"
 
+# #############################
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#UnreleasedMods\" name=\"TOCUnreleasedMods\"> A company is running "
 "a modified version of a GPL'ed program on a web site.  Does the GPL say they "
 "must release their modified sources?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#UnreleasedMods\" name=\"TOCUnreleasedMods\">"
-"ある会社がGPLのプログラム
の改変バージョンをウェブサイトで動かしています。"
-"GPLはかれらは改変したソースコードをé…
å¸ƒã—なければならないと言ってますか?</a>"
+"<a href=\"#UnreleasedMods\" 
name=\"TOCUnreleasedMods\">ある会社がGPLのプログ"
+"ラム
の改変バージョンをウェブサイトで動かしています。GPLはかれらは改変したソー"
+"スコードを配布しなければならないと言ってますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#InternalDistribution\" name=\"TOCInternalDistribution\"> Is use "
 "within one organization or company &ldquo;distribution&rdquo;?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#InternalDistribution\" name=\"TOCInternalDistribution\">"
-"一つの組織あるいは会社で使うことは「é…
å¸ƒã€ã¨ãªã‚Šã¾ã™ã‹?</a>"
+"<a href=\"#InternalDistribution\" 
name=\"TOCInternalDistribution\">一つの組織"
+"あるいは会社で使うことは「配布」となりますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -679,26 +673,25 @@
 "containing a version of a GPL-covered program, does the GPL give him the "
 "right to redistribute that version?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#StolenCopy\" name=\"TOCStolenCopy\">"
-"誰かがGPLで保護されたプログラムのバージョンがå…
¥ã£ãŸCDを盗みました。"
-"GPLはかれにこのバージョンを再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’与えますか?</a>"
+"<a href=\"#StolenCopy\" 
name=\"TOCStolenCopy\">誰かがGPLで保護されたプログラ"
+"ムのバージョンがå…
¥ã£ãŸCDを盗みました。GPLはかれにこのバージョンを再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©"
+"利を与えますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#TradeSecretRelease\" name=\"TOCTradeSecretRelease\"> What if a "
 "company distributes a copy as a trade secret?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#TradeSecretRelease\" name=\"TOCTradeSecretRelease\">"
-"ある会社があるコピーをトレード・シークレットとしてé…
å¸ƒã—たらどうですか?</a>"
+"<a href=\"#TradeSecretRelease\" 
name=\"TOCTradeSecretRelease\">ある会社がある"
+"コピーをトレード・シークレットとしてé…
å¸ƒã—たらどうですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#GPLFairUse\" name=\"TOCGPLFairUse\">Do I have &ldquo;fair "
 "use&rdquo; rights in using the source code of a GPL-covered program?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLFairUse\" name=\"TOCGPLFairUse\">"
-"GPLで保護されたプログラムのソースコードを「å…
¬æ­£ä½¿ç”¨(fair use)」する権利はあり"
-"ますか?</a>"
+"<a href=\"#GPLFairUse\" 
name=\"TOCGPLFairUse\">GPLで保護されたプログラムの"
+"ソースコードを「公正使用(fair 
use)」する権利はありますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -706,8 +699,8 @@
 "moving a copy to a majority-owned, and controlled, subsidiary constitute "
 "distribution?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#DistributeSubsidiary\" name=\"TOCDistributeSubsidiary\">"
-"(親会社にæ 
ªã®)多数が有されて支えられた子会社にコピーを移すことはé
…å¸ƒã¨ãªã‚Šã¾ã™ã‹?</a>"
+"<a href=\"#DistributeSubsidiary\" 
name=\"TOCDistributeSubsidiary\">(親会社に"
+"æ 
ªã®)多数が有されて支えられた子会社にコピーを移すことはé
…å¸ƒã¨ãªã‚Šã¾ã™ã‹?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -715,9 +708,9 @@
 "ask people to click to agree to the GPL? If I get some software under the "
 "GPL, do I have to agree to anything?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#ClickThrough\" name=\"TOCClickThrough\">"
-"ソフトウェア・インストーラが人々
にGPLに同意するかクリックさせることはできますか?"
-"もし、あるソフトウェアをGPLでå…
¥æ‰‹ã—たとき、何かに同意しないといけないのですか?</a>"
+"<a href=\"#ClickThrough\" 
name=\"TOCClickThrough\">ソフトウェア・インストーラ"
+"が人々
にGPLに同意するかクリックさせることはできますか?もし、あるソフトウェア"
+"をGPLでå…
¥æ‰‹ã—たとき、何かに同意しないといけないのですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -725,8 +718,8 @@
 "to bundle GPLed software with some sort of installation software.  Does that "
 "installer need to have a GPL-compatible license?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLCompatInstaller\" name=\"TOCGPLCompatInstaller\">"
-"GPLのソフトウェアをある種のインストレーション・ソフトウェアと組み合わせたいと思います。"
+"<a href=\"#GPLCompatInstaller\" 
name=\"TOCGPLCompatInstaller\">GPLのソフト"
+"ウェアをある種のインストレーション・ソフトウェアと組み合わせたいと思います。"
 "このインストーラはGPLと両立するライセンスの必
要がありますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <h4>
@@ -739,18 +732,18 @@
 "GPL-covered editors such as GNU Emacs to develop non-free programs? Can I "
 "use GPL-covered tools such as GCC to compile them?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#CanIUseGPLToolsForNF\" name=\"TOCCanIUseGPLToolsForNF\">"
-"自由でないプログラムを開発するために、GNU 
EmacsのようなGPLで保護されたエ"
-"ディタを使っても良いでしょうか? 
GCCのようなGPLで保護されたツールを使って"
-"自由でないプログラム
をコンパイルすることはできますか?</a>"
+"<a href=\"#CanIUseGPLToolsForNF\" 
name=\"TOCCanIUseGPLToolsForNF\">自由でない"
+"プログラムを開発するために、GNU 
EmacsのようなGPLで保護されたエディタを使って"
+"も良いでしょうか? 
GCCのようなGPLで保護されたツールを使って自由でないプログラ"
+"ムをコンパイルすることはできますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#WhatCaseIsOutputGPL\" name=\"TOCWhatCaseIsOutputGPL\">In what "
 "cases is the output of a GPL program covered by the GPL too?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WhatCaseIsOutputGPL\" name=\"TOCWhatCaseIsOutputGPL\">"
-"GPLプログラム
の出力結果もGPLによって保護されるのは、どんなå 
´åˆã§ã™ã‹?</a>"
+"<a href=\"#WhatCaseIsOutputGPL\" 
name=\"TOCWhatCaseIsOutputGPL\">GPLプログラ"
+"ムの出力結果もGPLによって保護されるのは、どんなå 
´åˆã§ã™ã‹?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -758,10 +751,9 @@
 "program to GNU/Linux, does that mean I have to release it as Free Software "
 "under the GPL or some other Free Software license?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#PortProgramToGL\" name=\"TOCPortProgramToGL\">"
-"自分のプログラム
をGNU/Linux上へ移植したら、わたしはそれを自由ソフトウェアとして"
-"GPLやその他の自由ソフトウェア・ライセンスのもとでリリースしなければならないので"
-"しょうか?</a>"
+"<a href=\"#PortProgramToGL\" 
name=\"TOCPortProgramToGL\">自分のプログラムを"
+"GNU/Linux上へ移植したら、わたしはそれを自由ソフトウェアとしてGPLやその他の自"
+"由ソフトウェア・ライセンスのもとでリリースしなければならないのでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -769,17 +761,17 @@
 "like to incorporate GPL-covered software in my proprietary system.  Can I do "
 "this?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLInProprietarySystem\" name=\"TOCGPLInProprietarySystem\">"
-"わたしのプロプライエタリ・システム
に、GPLで保護されたソフトウェアを組みå…
¥ã‚ŒãŸã„のですが、そ"
-"れは可能ですか?</a>"
+"<a href=\"#GPLInProprietarySystem\" 
name=\"TOCGPLInProprietarySystem\">わたし"
+"のプロプライエタリ・システム
に、GPLで保護されたソフトウェアを組み入れたいので"
+"すが、それは可能ですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#LibGCCException\" name=\"TOCLibGCCException\">Does the libstdc++ "
 "exception permit dynamic linking?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#LibGCCException\" name=\"TOCLibGCCException\">"
-"libstdc++例外は動的リンクを許可しますか?</a>"
+"<a href=\"#LibGCCException\" 
name=\"TOCLibGCCException\">libstdc++例外は動的"
+"リンクを許可しますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <h4>
 msgid "Combining work with code released under the GPL"
@@ -791,9 +783,9 @@
 "released under the GPL (not the LGPL), does that mean that any program which "
 "uses it has to be under the GPL?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#IfLibraryIsGPL\" name=\"TOCIfLibraryIsGPL\">"
-"ライブラリが(LGPLではなく)GPLのもとでリリースされているå
 ´åˆã€ãã®ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリを利用す"
-"るプログラムはGPLでなければならないのでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#IfLibraryIsGPL\" 
name=\"TOCIfLibraryIsGPL\">ライブラリが(LGPLでは"
+"なく)GPLのもとでリリースされているå 
´åˆã€ãã®ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリを利用するプログラムは"
+"GPLでなければならないのでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -802,19 +794,18 @@
 "Does the fact that I link with your program mean I have to GPL my program?</"
 "a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#LinkingWithGPL\" name=\"TOCLinkingWithGPL\">"
-"GPLが適用されたプログラム
をわたしのコードとリンクしてプロプライエタリ・プログラãƒ
 ã‚’ビルドし"
-"たいと考えているのですが、わたしのコードとそのプログラãƒ
 ã¨ã‚’リンクするとわたしのプロ"
-"グラム
にもGPLを適用しなければならなくなるというのは事実でしょうか?</a>"
+"<a href=\"#LinkingWithGPL\" 
name=\"TOCLinkingWithGPL\">GPLが適用されたプログ"
+"ラム
をわたしのコードとリンクしてプロプライエタリ・プログラãƒ
 ã‚’ビルドしたいと"
+"考えているのですが、わたしのコードとそのプログラム
とをリンクするとわたしのプ"
+"ログラム
にもGPLを適用しなければならなくなるというのは事実でしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#SwitchToLGPL\" name=\"TOCSwitchToLGPL\">If so, is there any "
 "chance I could get a license of your program under the Lesser GPL?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#SwitchToLGPL\" name=\"TOCSwitchToLGPL\">"
-"もしそうならば、プログラム
を劣等GPLのもとでライセンスしてもら"
-"うことはできないでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#SwitchToLGPL\" 
name=\"TOCSwitchToLGPL\">もしそうならば、プログラム"
+"を劣等GPLのもとでライセンスしてもらうことはできないでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -823,11 +814,11 @@
 "proprietary software.  Will you make an exception for us? It would mean more "
 "users of that program.</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WillYouMakeAnException\" name=\"TOCWillYouMakeAnException\">"
-"プロプライエタリ・ソフトウェアを作ろうとするわたしたちのプロジェクトにおいて、あるGPLが適用"
-"されたGNUプログラム
を使いたいのですが、GPLがそれを許してくれません。わたしたちの"
-"ために例外を設けてくれませんか? 
そうすればそのプログラムはより多くのユーザを"
-"得ることになるんです。</a>"
+"<a href=\"#WillYouMakeAnException\" 
name=\"TOCWillYouMakeAnException\">プロプ"
+"ライエタリ・ソフトウェアを作ろうとするわたしたちのプロジェクトにおいて、ある"
+"GPLが適用されたGNUプログラム
を使いたいのですが、GPLがそれを許してくれません。"
+"わたしたちのために例外を設けてくれませんか? 
そうすればそのプログラムはより多"
+"くのユーザを得ることになるんです。</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -837,9 +828,9 @@
 "licenses?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#IfInterpreterIsGPL\" 
name=\"TOCIfInterpreterIsGPL\">プログラミング"
-"言語のインタープリタがGPLのもとでリリースされていたå 
´åˆã€ãã®ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ¼ãƒ—リタで解釈さ"
-"れるように書かれたプログラム
は、GPLと両立するライセンスでなければならないでしょう"
-"か?</a>"
+"言語のインタープリタがGPLのもとでリリースされていたå 
´åˆã€ãã®ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ¼ãƒ—リタで"
+"解釈されるように書かれたプログラム
は、GPLと両立するライセンスでなければならな"
+"いでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -847,9 +838,9 @@
 "programming language interpreter has a license that is incompatible with the "
 "GPL, can I run GPL-covered programs on it?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#InterpreterIncompat\" name=\"TOCInterpreterIncompat\">"
-"プログラミング言語のインタープリタにGPLと両立しないライセンスが適用されていたå
 ´"
-"合、その上でGPLで保護されたプログラム
を実行することは可能でしょうか?</a>"
+"<a href=\"#InterpreterIncompat\" 
name=\"TOCInterpreterIncompat\">プログラミン"
+"グ言語のインタープリタにGPLと両立しないライセンスが適用されていたå
 ´åˆã€ãã®ä¸Š"
+"でGPLで保護されたプログラム
を実行することは可能でしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -857,9 +848,9 @@
 "to a GPL-covered program, do I have to use the GPL as the license for my "
 "module?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLModuleLicense\" name=\"TOCGPLModuleLicense\">"
-"GPLで保護されたプログラムに対してあるモジュールを追加
する場合、わたしのモジュール"
-"にもライセンスとしてGPLを適用しなければなりませんか?</a>"
+"<a href=\"#GPLModuleLicense\" 
name=\"TOCGPLModuleLicense\">GPLで保護されたプ"
+"ログラムに対してあるモジュールを追加するå 
´åˆã€ã‚ãŸã—のモジュールにもライセン"
+"スとしてGPLを適用しなければなりませんか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -867,26 +858,26 @@
 "under the GPL uses plug-ins, what are the requirements for the licenses of a "
 "plug-in?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLAndPlugins\" name=\"TOCGPLAndPlugins\">"
-"GPLのもとでリリースされていたプログラム
がプラグインを使うとして、プラグインのラ"
-"イセンスにはどのような条件がありますか?</a>"
+"<a href=\"#GPLAndPlugins\" 
name=\"TOCGPLAndPlugins\">GPLのもとでリリースされ"
+"ていたプログラム
がプラグインを使うとして、プラグインのライセンスにはどのよう"
+"な条件がありますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#GPLPluginsInNF\" name=\"TOCGPLPluginsInNF\">Can I apply the GPL "
 "when writing a plug-in for a non-free program?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLPluginsInNF\" name=\"TOCGPLPluginsInNF\">"
-"自由でないプログラム
向けのプラグインにGPLを適用することはできますか?</a>"
+"<a href=\"#GPLPluginsInNF\" 
name=\"TOCGPLPluginsInNF\">自由でないプログラム向"
+"けのプラグインにGPLを適用することはできますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#NFUseGPLPlugins\" name=\"TOCNFUseGPLPlugins\">Can I release a non-"
 "free program that's designed to load a GPL-covered plug-in?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#NFUseGPLPlugins\" name=\"TOCNFUseGPLPlugins\">"
-"GPLで保護されたプラグインをロードするように設計された不自由なプログラãƒ
 ã‚’リリースすることは"
-"できるでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#NFUseGPLPlugins\" 
name=\"TOCNFUseGPLPlugins\">GPLで保護されたプラ"
+"グインをロードするように設計された不自由なプログラム
をリリースすることはでき"
+"るでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -896,27 +887,28 @@
 "(such as the X11 license) in between the GPL-covered part and the "
 "proprietary part?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLWrapper\" name=\"TOCGPLWrapper\">"
-"GPLで保護されたソフトウェアをわたしのプロプライエタリ・システãƒ
 ã«çµ„み込みたいと考えています。"
-"GPLで保護された部分とプロプライエタリの部分との間に"
-"GPLと両立するゆるい寛容なライセンス(X11ライセンスのような)の「ラッパー」モジュールを"
-"はさむことにより、これは可能ですか?</a>"
+"<a href=\"#GPLWrapper\" 
name=\"TOCGPLWrapper\">GPLで保護されたソフトウェアを"
+"わたしのプロプライエタリ・システム
に組み込みたいと考えています。GPLで保護され"
+"た部分とプロプライエタリの部分との間にGPLと両立するゆるい寛容なライセンス(X11"
+"ライセンスのような)の「ラッパー」モジュールをはさむことにより、これは可能です"
+"か?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#FSWithNFLibs\" name=\"TOCFSWithNFLibs\"> Can I write free "
 "software that uses non-free libraries?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#FSWithNFLibs\" name=\"TOCFSWithNFLibs\">"
-"自由でないライブラリを利用する自由ソフトウェアを書けますか?</a>"
+"<a href=\"#FSWithNFLibs\" 
name=\"TOCFSWithNFLibs\">自由でないライブラリを利用"
+"する自由ソフトウェアを書けますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
 "<a href=\"#GPLIncompatibleLibs\" name=\"TOCGPLIncompatibleLibs\"> What legal "
 "issues come up if I use GPL-incompatible libraries with GPL software?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#GPLIncompatibleLibs\" name=\"TOCGPLIncompatibleLibs\">"
-"GPLソフトウェアにGPLと両立しないライブラリを用いたå 
´åˆã©ã®ã‚ˆã†ãªæ³•çš„問題が発生するでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#GPLIncompatibleLibs\" name=\"TOCGPLIncompatibleLibs\">GPLソフト"
+"ウェアにGPLと両立しないライブラリを用いたå 
´åˆã©ã®ã‚ˆã†ãªæ³•çš„問題が発生するで"
+"しょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -925,11 +917,10 @@
 "releasing it under the GPL.  Is dynamically linking my program with the "
 "Visual C++ run-time library permitted under the GPL?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#WindowsRuntimeAndGPL\" name=\"TOCWindowsRuntimeAndGPL\">"
-"Microsoft Visual C++を使ったWindowsアプリケーション"
-"を書いているのですが、これをGPLのもとでリリースする予定です。GPLは、わたしのプログラãƒ
 "
-"がVisual C++のランタイムライブラリとダイナミックリンク"
-"するのを許可していますか?</a>"
+"<a href=\"#WindowsRuntimeAndGPL\" name=\"TOCWindowsRuntimeAndGPL\">Microsoft "
+"Visual 
C++を使ったWindowsアプリケーションを書いているのですが、これをGPLのも"
+"とでリリースする予定です。GPLは、わたしのプログラム
がVisual C++のランタイムラ"
+"イブラリとダイナミックリンクするのを許可していますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -939,13 +930,12 @@
 "any user who wanted to change these versions would have to obtain those "
 "libraries separately.  Why doesn't the GPL permit this?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#MoneyGuzzlerInc\" name=\"TOCMoneyGuzzlerInc\">"
-"GPLで保護されたプログラムを改変し、カネヨコセ社(Money 
Guzzler Inc.)から出"
-"ているポータビリティ・ライブラリとリンクしたいのですが、カネヨコセ社のライブ"
-"ラリとリンクしたバージョンを改変したいユーザは、それらのライブラリを別にå
…¥æ‰‹"
-"しなければなりませんので、わたしはカネヨコセ社のライ"
-"ブラリのソースコードを配布することができません。"
-"どうしてGPLはこれを許可していないのですか?</a>"
+"<a href=\"#MoneyGuzzlerInc\" 
name=\"TOCMoneyGuzzlerInc\">GPLで保護されたプロ"
+"グラムを改変し、カネヨコセ社(Money Guzzler 
Inc.)から出ているポータビリティ・"
+"ライブラリとリンクしたいのですが、カネヨコセ社のライブラリとリンクしたバー"
+"ジョンを改変したいユーザは、それらのライブラリを別にå
…¥æ‰‹ã—なければなりません"
+"ので、わたしはカネヨコセ社のライブラリのソースコードをé
…å¸ƒã™ã‚‹ã“とができませ"
+"ん。どうしてGPLはこれを許可していないのですか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -956,11 +946,10 @@
 "Can I combine or link Q with a GPL-covered program?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#GPLIncompatibleAlone\" name=\"TOCGPLIncompatibleAlone\">あるモ"
-"ジュールQのライセンスの条件がGPLと両立しないのですが、しかしその条件はQが単"
-"体でé…
å¸ƒã•ã‚ŒãŸã¨ãã®ã¿é©ç”¨ã•ã‚Œã€Qがより大規模なプログラム
に含まれているときに"
-"は適用されないというものだ
ったとします。このライセンスはGPLと両立するでしょ"
-"うか? QをGPLで保護されたプログラム
とリンクあるいは結合することができますか?</"
-"a>"
+"ジュールQのライセンスの条件がGPLと両立しないのですが、しかしその条件はQが単体"
+"でé…
å¸ƒã•ã‚ŒãŸã¨ãã®ã¿é©ç”¨ã•ã‚Œã€Qがより大規模なプログラム
に含まれているときには"
+"適用されないというものだ
ったとします。このライセンスはGPLと両立するでしょう"
+"か? QをGPLで保護されたプログラム
とリンクあるいは結合することができますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -968,10 +957,10 @@
 "such as Java, if I use a class that is GPL'ed without modifying, and "
 "subclass it, in what way does the GPL affect the larger program?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#OOPLang\" name=\"TOCOOPLANG\">"
-"Javaのようなオブジェクト指向言語において、GPLが適用されたあるクラスをそれ自体"
-"は改変せず、サブクラス化して利用するとします。このようなå
 ´åˆã€GPLは結果として"
-"のプログラムにはどのように影響するのでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#OOPLang\" 
name=\"TOCOOPLANG\">Javaのようなオブジェクト指向言語にお"
+"いて、GPLが適用されたあるクラスをそれ自体は改変せず、サブクラス化して利用する"
+"とします。このような場合、GPLは結果としてのプログラム
にはどのように影響するの"
+"でしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -980,9 +969,9 @@
 "modules with my GPL-covered library under a controlled interface only?</a>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#LinkingOverControlledInterface\" name="
-"\"TOCLinkingOverControlledInterface\">プロプライエタリ・モジュールを、わたしのGPLで保護され"
-"たライブラリと指定したインターフェースのもとでのみリンクすることを許可するには"
-"どうしたらよいでしょうか?</a>"
+"\"TOCLinkingOverControlledInterface\">プロプライエタリ・モジュールを、わたし"
+"のGPLで保護されたライブラリと指定したインターフェースのもとでのみリンクするこ"
+"とを許可するにはどうしたらよいでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -991,11 +980,11 @@
 "of V2 with changes and new code based on V1.  3. X wants to convert V2 to a "
 "non-GPL license.  Does X need Y's permission?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#Consider\" 
name=\"TOCConsider\">以下のような状況を考えてみましょう:"
-"1. 
Xがあるプロジェクトのバージョン1をGPLのもとでリリースする。"
-"2. Yがバージョン1をもとに改変や新規のコードを加
え、バージョン2の開発に貢献する。"
-"3. 
Xがバージョン2をGPLではないライセンスに改変しようとする。"
-"この場合XはYの許可を得る必要がありますか?</a>"
+"<a href=\"#Consider\" 
name=\"TOCConsider\">以下のような状況を考えてみましょ"
+"う:1. 
Xがあるプロジェクトのバージョン1をGPLのもとでリリースする。2.
 Yがバー"
+"ジョン1をもとに改変や新規のコードを加
え、バージョン2の開発に貢献する。3. Xが"
+"バージョン2をGPLではないライセンスに改変しようとする。このå
 ´åˆXはYの許可を得"
+"る必要がありますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -1005,11 +994,11 @@
 "are placed on my program.  Can you please tell me what licenses I may use?</"
 "a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#ManyDifferentLicenses\" name=\"TOCManyDifferentLicenses\">"
-"わたしは多くの異なるコンポーネントとリンクするアプリケーションを書いたのですが、"
-"それらは様々
なライセンスが適用されています。わたしは自分のプログラãƒ
 ã«ã©ã®ã‚ˆã†ãª"
-"ライセンシング条件が課されるのがさっぱり分かりません。わたしが適用できるライセン"
-"スを教えて頂けませんか?</a>"
+"<a href=\"#ManyDifferentLicenses\" 
name=\"TOCManyDifferentLicenses\">わたしは"
+"多くの異なるコンポーネントとリンクするアプリケーションを書いたのですが、それ"
+"らは様々
なライセンスが適用されています。わたしは自分のプログラãƒ
 ã«ã©ã®ã‚ˆã†ãª"
+"ライセンシング条件が課されるのがさっぱり分かりません。わたしが適用できるライ"
+"センスを教えて頂けませんか?</a>"
 
 #. type: Content of: <h4>
 msgid "Questions about violations of the GPL"
@@ -1029,9 +1018,9 @@
 "someone got a copy of a GPL'ed program under another license.  Is this "
 "possible?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#HeardOtherLicense\" name=\"TOCHeardOtherLicense\">"
-"GPLで保護されたプログラム
の複製を、他のライセンスのもとで手にå…
¥ã‚ŒãŸäººãŒã„ると聞"
-"きました。こんなことはあり得るのでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#HeardOtherLicense\" 
name=\"TOCHeardOtherLicense\">GPLで保護された"
+"プログラムの複製を、他のライセンスのもとで手にå…
¥ã‚ŒãŸäººãŒã„ると聞きました。こ"
+"んなことはあり得るのでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <ul><li>
 msgid ""
@@ -1039,17 +1028,17 @@
 "of a GPL-covered program bound by the GPL? Could the developer's actions "
 "ever be a violation of the GPL?</a>"
 msgstr ""
-"<a href=\"#DeveloperViolate\" name=\"TOCDeveloperViolate\">"
-"GPLで保護されたプログラムの開発者
はGPLによって束縛されますか? 開発者がGPL違反"
-"を犯すことはあり得るでしょうか?</a>"
+"<a href=\"#DeveloperViolate\" 
name=\"TOCDeveloperViolate\">GPLで保護されたプ"
+"ログラムの開発者はGPLによって束縛されますか? 開発者
がGPL違反を犯すことはあり"
+"得るでしょうか?</a>"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCWhatDoesGPLStandFor\" name=\"WhatDoesGPLStandFor\">What "
 "does &ldquo;GPL&rdquo; stand for?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWhatDoesGPLStandFor\" name=\"WhatDoesGPLStandFor\">"
-"&ldquo;GPL&rdquo;とは何の略ですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCWhatDoesGPLStandFor\" name=\"WhatDoesGPLStandFor\">&ldquo;"
+"GPL&rdquo;とは何の略ですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1058,10 +1047,10 @@
 "short.  This can be further shortened to &ldquo;GPL&rdquo;, when it is "
 "understood that the GNU GPL is the one intended."
 msgstr ""
-"「GPL」は「一般公衆ライセンス(General Public 
License)」の略です。この種の"
-"ライセンスで最も普及しているのが「GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹(GNU General "
-"Public License)」であり、短くGNU 
GPLと呼ばれることもあります。GNU GPLの話をし"
-"ているのが明らかなå 
´åˆã«ã¯ã€ã•ã‚‰ã«ã€ŒGPL」と縮めてもかまいません。"
+"「GPL」は「一般公衆ライセンス(General Public 
License)」の略です。この種のライ"
+"センスで最も普及しているのが「GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹(GNU General Public "
+"License)」であり、短くGNU 
GPLと呼ばれることもあります。GNU GPLの話をしている"
+"のが明らかなå 
´åˆã«ã¯ã€ã•ã‚‰ã«ã€ŒGPL」と縮めてもかまいません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1070,8 +1059,8 @@
 "a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCDoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL\" name="
-"\"DoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL\">「自由ソフトウェアである」とは、GPLを使って"
-"いるという意味ですか?</a></b>"
+"\"DoesFreeSoftwareMeanUsingTheGPL\">「自由ソフトウェアである」とは、GPLを使っ"
+"ているという意味ですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1080,19 +1069,19 @@
 "provides the user <a href=\"/philosophy/free-sw.html\">certain specific "
 "freedoms</a> is a free software license."
 msgstr ""
-"そんなことはありません。自由ソフトウェアのライセンスは、GPLの他にも多数"
-"存在します。全てを網羅
しているわけではありませんが、<a "
-"href=\"/licenses/license-list.html\">ライセンスの一覧</a>"
-"を用意していますのでご覧ください。ユーザに、<a 
href=\"/philosophy/free-sw.html\">"
-"定められた自由</a>を提供するライセンスは、すべて自由ソフトウェアのライセンスです。"
+"そんなことはありません。自由ソフトウェアのライセンスは、GPLの他にも多数存在し"
+"ます。全てを網羅しているわけではありませんが、<a 
href=\"/licenses/license-"
+"list.html\">ライセンスの一覧</a>を用意していますのでご覧くã
 ã•ã„。ユーザに、"
+"<a 
href=\"/philosophy/free-sw.html\">定められた自由</a>を提供するライセンス"
+"は、すべて自由ソフトウェアのライセンスです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCWhyUseGPL\" name=\"WhyUseGPL\"> Why should I use the GNU "
 "GPL rather than other free software licenses?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWhyUseGPL\" 
name=\"WhyUseGPL\">他の自由ソフトウェア・ライセンスでは"
-"なく、GNU GPLを使ったほうが良いのはなぜですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCWhyUseGPL\" 
name=\"WhyUseGPL\">他の自由ソフトウェア・ライセ"
+"ンスではなく、GNU 
GPLを使ったほうが良いのはなぜですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1102,13 +1091,12 @@
 "your own work.  However, in some special situations it can be better to use "
 "a <a href=\"/licenses/why-not-lgpl.html\"> more permissive license</a>."
 msgstr ""
-"GNU GPLを適用することによって、<a href=\"/philosophy/pragmatic."
-"html\">リリースされる改良バージョンがすべて自由ソフトウェアであること"
-"を要求することができます</a>。これにより、å…
ƒã¯è‡ªåˆ†ã®è‘—作物なのに、それに"
-"プロプライエタリな改変が行われたバージョンと自分が競争しなければならなくなるといった事"
-"æ…
‹ã«é™¥ã‚‹ãƒªã‚¹ã‚¯ã‚’回避することができます。しかし、特別なå
 ´åˆã«ã¯"
-"<a href=\"/licenses/why-not-lgpl.html\">より寛容なライセンス</a>"
-"を適用したほうが良いこともあります。"
+"GNU GPLを適用することによって、<a 
href=\"/philosophy/pragmatic.html\">リリー"
+"スされる改良バージョンがすべて自由ソフトウェアであることを要求することができ"
+"ます</a>。これにより、å…
ƒã¯è‡ªåˆ†ã®è‘—作物なのに、それにプロプライエタリな改変が"
+"行われたバージョンと自分が競争しなければならなくなるといった事æ
…‹ã«é™¥ã‚‹ãƒªã‚¹ã‚¯"
+"を回避することができます。しかし、特別な場合には<a 
href=\"/licenses/why-not-"
+"lgpl.html\">より寛容なライセンス</a>を適用したほうが良いこともあります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1117,8 +1105,8 @@
 "the GNU GPL as its license?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCDoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense\" name="
-"\"DoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense\">すべてのGNUソフトウェアには"
-"ライセンスとしてGNU GPLが使われているのですか?</a></b>"
+"\"DoesAllGNUSoftwareUseTheGNUGPLAsItsLicense\">すべてのGNUソフトウェアにはラ"
+"イセンスとしてGNU GPLが使われているのですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1128,10 +1116,9 @@
 "strategy</a>."
 msgstr ""
 "ほとんどのGNUソフトウェアパッケージにはGNU 
GPLが適用されていますが、いくつか"
-"のGNUプログラム(およびプログラム
の一部)には、劣等GPLのようなより緩"
-"いライセンスが適用されています。これには、わたしたちの"
-"<a href=\"/licenses/why-not-lgpl.html\">戦略</a>"
-"が関係しています。"
+"のGNUプログラム(およびプログラム
の一部)には、劣等GPLのようなより緩いライセン"
+"スが適用されています。これには、わたしたちの<a 
href=\"/licenses/why-not-lgpl."
+"html\">戦略</a>が関係しています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1140,15 +1127,16 @@
 "program make it GNU software?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCDoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware\" name="
-"\"DoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware\">GPLを使うとそのプログラãƒ
 ã¯GNUソフトウェアになるのですか?</a></b>"
+"\"DoesUsingTheGPLForAProgramMakeItGNUSoftware\">GPLを使うとそのプログラãƒ
 ã¯"
+"GNUソフトウェアになるのですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
 "Anyone can release a program under the GNU GPL but that does not make it a "
 "GNU package."
 msgstr ""
-"GNU GPLのもとでプログラム
をリリースするのは誰にでも出来ますが、それによってそのプロ"
-"グラム
がGNUパッケージの一つになるということではありません。"
+"GNU GPLのもとでプログラム
をリリースするのは誰にでも出来ますが、それによってそ"
+"のプログラム
がGNUパッケージの一つになるということではありません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1158,20 +1146,19 @@
 "the GNU Project, please write to <a href=\"mailto:address@hidden";>&lt;"
 "address@hidden&gt;</a>."
 msgstr ""
-"プログラムをGNUソフトウェアにするとは、そのプログラム
をGNUプロジェクトに"
-"明示的に寄贈することです。プログラムの開発者
とGNUプロジェクトが寄贈に同意する"
-"と、そのプログラム
はGNUソフトウェアになります。プログラム
をGNUプロジェクトに"
-"寄贈することに興味がある方は、"
-"<a href=\"mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</a>"
-"まで連絡ください。"
+"プログラムをGNUソフトウェアにするとは、そのプログラム
をGNUプロジェクトに明示"
+"的に寄贈することです。プログラムの開発者
とGNUプロジェクトが寄贈に同意すると、"
+"そのプログラムはGNUソフトウェアになります。プログラム
をGNUプロジェクトに寄贈"
+"することに興味がある方は、<a href=\"mailto:address@hidden";>&lt;"
+"address@hidden&gt;</a>まで連絡ください。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCReportingViolation\" name=\"ReportingViolation\"> What "
 "should I do if I discover a possible violation of the GPL?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#ReportingViolation\" 
name=\"TOCReportingViolation\">GPL違反の可能"
-"性がある事例を見つけたら、どうすれば良いですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#ReportingViolation\" 
name=\"TOCReportingViolation\">GPL違反の可"
+"能性がある事例を見つけたら、どうすれば良いですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1183,14 +1170,14 @@
 "be the copyright holder, or else could tell you how to contact the copyright "
 "holder, so report it to the maintainer."
 msgstr ""
-"その旨を<a href=\"/licenses/gpl-violation.html\">報告してくだ
さい</a>。"
-"まず事実をできるだ
け注意深く調べ、その上で問題となっている"
-"GPLで保護されたプログラムの出版者や著作権者に事æ…
‹ã‚’伝えましょう。著作権者"
-"がフリーソフトウェアファウンデーションならば、"
-"<a href=\"mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;"
-"</a>までご一報ください。著作権者
がフリーソフトウェアファウンデーション以外のå 
´åˆã«ã¯ã€ãƒ—ログ"
-"ラムのメンテナーが著作権者
であることもありますし、そうでなければどうすれば著作"
-"権者
に連絡できるか教えてくれるでしょうから、メンテナーに連絡しましょう。"
+"その旨を<a href=\"/licenses/gpl-violation.html\">報告してくだ
さい</a>。まず事"
+"実をできるだ
け注意深く調べ、その上で問題となっているGPLで保護されたプログラãƒ
 "
+"の出版者や著作権者に事態を伝えましょう。著作権者
がフリーソフトウェアファウン"
+"デーションならば、<a href=\"mailto:address@hidden";>&lt;license-"
+"address@hidden&gt;</a>までご一報ください。著作権者
がフリーソフトウェアファ"
+"ウンデーション以外の場合には、プログラム
のメンテナーが著作権者であることもあ"
+"りますし、そうでなければどうすれば著作権者
に連絡できるか教えてくれるでしょう"
+"から、メンテナーに連絡しましょう。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1199,8 +1186,8 @@
 "the GPL permit users to publish their modified versions?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCWhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions\" "
-"name=\"WhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions\">"
-"GPLがユーザの改変した版のå…
¬é–‹ã‚’許可しているのはなぜですか?</a></b>"
+"name=\"WhyDoesTheGPLPermitUsersToPublishTheirModifiedVersions\">GPLがユーザの"
+"改変した版の公開を許可しているのはなぜですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1208,9 +1195,9 @@
 "is absolutely essential to permit users who wish to help each other to share "
 "their bug fixes and improvements with other users."
 msgstr ""
-"自由ソフトウェアのきわめて重要なポイントは、ユーザが自由に協力できるという"
-"ことです。バグフィックスや改良を他のユーザとå…
±æœ‰ã™ã‚‹ã“とによって、お互いに助"
-"け合いたいと望むユーザの願いをかなえることは絶対に必
要なことなのです。"
+"自由ソフトウェアのきわめて重要なポイントは、ユーザが自由に協力できるというこ"
+"とです。バグフィックスや改良を他のユーザとå…
±æœ‰ã™ã‚‹ã“とによって、お互いに助け"
+"合いたいと望むユーザの願いをかなえることは絶対に必
要なことなのです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1221,12 +1208,12 @@
 "the users' needs, this scheme falls down.  Aside from the practical "
 "problems, this scheme does not allow users to help each other."
 msgstr ""
-"GPLの代替案として、改変された版は原作者の許可を必
要とする、というよう"
-"な条件を提案した人がいました。実際問題として、このやり方は原作è€
…がメンテナン"
-"スの必
要に対応し切れている間はうまく行くでしょうが、もし作è€
…が(多かれ少なか"
-"れ)何か作業をすることを止めてしまったり、ユーザのニーズすべての面倒を見なく"
-"なったりしたら、このやり方は行き詰まってしまいます。実際上の問題は別として"
-"も、このやり方はユーザが互いに助け合うことを許可していません。"
+"GPLの代替案として、改変された版は原作者の許可を必
要とする、というような条件を"
+"提案した人がいました。実際問題として、このやり方は原作è€
…がメンテナンスの必要"
+"に対応し切れている間はうまく行くでしょうが、もし作者
が(多かれ少なかれ)何か作"
+"業をすることを止めてしまったり、ユーザのニーズすべての面倒を見なくなったりし"
+"たら、このやり方は行き詰まってしまいます。実際上の問題は別としても、このやり"
+"方はユーザが互いに助け合うことを許可していません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1240,11 +1227,11 @@
 msgstr ""
 "ユーザによって作られた様々
なバージョン間での混乱を避けるための手段として、改"
 
"変されたバージョンをコントロールすることが提案されることがあります。しかし、"
-"わたしたちの経験では、この種の混乱は大きな問題ではありません。Emacsの多くのバー"
-"ジョンがGNUプロジェクトの外部で作られて来ましたが、ユーザはそれらを別ã€
…のもの"
-"として見分けることができています。GPLでは、他のバージョンと見分けがつくように"
-"して他のメンテナたちの名声を守るため、あるバージョンの作è€
…には彼または彼女の名"
-"前を載せることを要求しています。"
+"わたしたちの経験では、この種の混乱は大きな問題ではありません。Emacsの多くの"
+"バージョンがGNUプロジェクトの外部で作られて来ましたが、ユーザはそれらを別ã€
…の"
+"ものとして見分けることができています。GPLでは、他のバージョンと見分けがつくよ"
+"うにして他のメンテナたちの名声を守るため、あるバージョンの作è€
…には彼または彼"
+"女の名前を載せることを要求しています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1253,8 +1240,8 @@
 "modified versions be posted to the public?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCGPLRequireSourcePostedPublic\" name="
-"\"GPLRequireSourcePostedPublic\">"
-"GPLは、改変された版のソースコードをå…
¬ã«ç™ºè¡¨ã™ã‚‹ã“とを要求しますか?</a></b>"
+"\"GPLRequireSourcePostedPublic\">GPLは、改変された版のソースコードをå
…¬ã«ç™ºè¡¨"
+"することを要求しますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1264,10 +1251,10 @@
 "can make a modified version and use it internally without ever releasing it "
 "outside the organization."
 msgstr ""
-"GPLでは、あなたが改変した版をリリースすることは要求してはいません。改変を"
-"加
えて、リリースせずに個人的に使うのはあなたの自由です。これは組織(企業を含む)で"
-"も同様で、ある組織は、改変した版を用意してそれを組織外にリリースすること"
-"なく内部的に利用することができます。"
+"GPLでは、あなたが改変した版をリリースすることは要求してはいません。改変をåŠ
 ãˆ"
+"て、リリースせずに個人的に使うのはあなたの自由です。これは組織(企業を含む)で"
+"も同様で、ある組織は、改変した版を用意してそれを組織外にリリースすることなく"
+"内部的に利用することができます。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1275,9 +1262,9 @@
 "the GPL requires you to make the modified source code available to the "
 "program's users, under the GPL."
 msgstr ""
-"しかし、<em>もし</em>あなたが改変された版を何らかの形でå
…¬ã«ã™ã‚‹ãªã‚‰"
-"ば、GPLはあなたが改変したソースコードをユーザがGPLのもとでå
…¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã™ã‚‹"
-"ことを要求します。"
+"しかし、<em>もし</em>あなたが改変された版を何らかの形でå
…¬ã«ã™ã‚‹ãªã‚‰ã°ã€GPLは"
+"あなたが改変したソースコードをユーザがGPLのもとでå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã™ã‚‹ã“とを要"
+"求します。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1285,9 +1272,9 @@
 "ways, and not in other ways; but the decision of whether to release it is up "
 "to you."
 msgstr ""
-"すなわち、GPLは改変されたプログラム
を特定のやり方でリリースする許可を与えています"
-"が、別の形でのリリースは許可していないのです。しかし、リリースするかどうかはあなた次"
-"第です。"
+"すなわち、GPLは改変されたプログラム
を特定のやり方でリリースする許可を与えてい"
+"ますが、別の形でのリリースは許可していないのです。しかし、リリースするかどう"
+"かはあなた次第です。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1296,9 +1283,8 @@
 "unrelated non-free program on the same computer?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCGPLAndNonfreeOnSameMachine\" name="
-"\"GPLAndNonfreeOnSameMachine\">"
-"あるGPLで保護されたプログラム
と、それと関係のない不自由なプログラムを"
-"同じコンピュータに置いても問題ありませんか?</a></b>"
+"\"GPLAndNonfreeOnSameMachine\">あるGPLで保護されたプログラム
と、それと関係の"
+"ない不自由なプログラム
を同じコンピュータに置いても問題ありませんか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1306,9 +1292,9 @@
 "permission explicit, but that only reinforces what we believe would be true "
 "anyway."
 msgstr ""
-"はい。GPLの条項
の「単に集めたもの」がこれに対する許可を明確に与えています。"
-"しかし、これは、いずれにしろ正しいとわたしたちが考えていることを強化している"
-"にすぎません。"
+"はい。GPLの条項
の「単に集めたもの」がこれに対する許可を明確に与えています。し"
+"かし、これは、いずれにしろ正しいとわたしたちが考えていることを強化しているに"
+"すぎません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1316,10 +1302,9 @@
 "someone has a copy of a GPL-covered program, can I demand he give me a copy?"
 "</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCCanIDemandACopy\" name=\"CanIDemandACopy\">"
-"GPLで保護されたプログラム
のコピーを誰かが持っていると知っている場合、"
-"わたしはかれにコピーを下さいと要求できますか?"
-"</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCCanIDemandACopy\" 
name=\"CanIDemandACopy\">GPLで保護されたプ"
+"ログラムのコピーを誰かが持っていると知っているå 
´åˆã€ã‚ãŸã—はかれにコピーを下"
+"さいと要求できますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1327,9 +1312,9 @@
 "program <em>if he chooses to do so</em>.  He also has the right not to "
 "redistribute the program, if that is what he chooses."
 msgstr ""
-"いいえ。GPLは、かれに<em>かれがそれを選んだå 
´åˆ</em>、プログラムのコピーを作成し、"
-"再é…
å¸ƒã™ã‚‹è¨±å¯ã‚’与えます。それをかれが選ぶのならば、かれは、プログラãƒ
 ã‚’再配布しない"
-"権利も持つのです。"
+"いいえ。GPLは、かれに<em>かれがそれを選んだå 
´åˆ</em>、プログラムのコピーを作"
+"成し、再é…
å¸ƒã™ã‚‹è¨±å¯ã‚’与えます。それをかれが選ぶのならば、かれは、プログラãƒ
 "
+"を再配布しない権利も持つのです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1339,18 +1324,17 @@
 "program no matter what?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCWhatDoesWrittenOfferValid\" name=\"WhatDoesWrittenOfferValid"
-"\">この「いかなる第三者
に対しても法的に有効な書面による申し出」とは何のことですか?"
-"これは、世界中の誰もが、GPLが"
-"適用たどんなプログラムのソースでも手にå…
¥ã‚Œã‚‰ã‚Œã‚‹ã¨ã„うことなので"
-"しょうか?</a></b>"
+"\">この「いかなる第三者
に対しても法的に有効な書面による申し出」とは何のことで"
+"すか?これは、世界中の誰もが、GPLが適用たどんなプログラãƒ
 ã®ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã§ã‚‚手に入れ"
+"られるということなのでしょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
 "If you choose to provide source through a written offer, then anybody who "
 "requests the source from you is entitled to receive it."
 msgstr ""
-"あなたがソースコードを書面による申し出で提供することを選択したå
 ´åˆã€ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã‚’あな"
-"たに要求するすべての人にそれを受領する資æ 
¼ãŒã‚ります。"
+"あなたがソースコードを書面による申し出で提供することを選択したå
 ´åˆã€ã‚½ãƒ¼ã‚¹"
+"コードをあなたに要求するすべての人にそれを受é 
˜ã™ã‚‹è³‡æ ¼ãŒã‚ります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1364,9 +1348,9 @@
 "GPLには、バイナリをソースコード抜きで商業的にé…
å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã€ã‚なたが後にソース"
 "コードをé…
å¸ƒã™ã‚‹æ—¨ãŒæ›¸ã‹ã‚ŒãŸæ›¸é¢ã«ã‚ˆã‚‹ç”³ã—出を提供しなければならないとありま"
 
"す。ユーザがあなたから受け取ったバイナリを非商業的に再é
…å¸ƒã™ã‚‹ã¨ãã«ã¯ã€ã“の"
-"書面による申し出の複製を一緒に渡さなければなりません。これは、バイナリを直"
-"接あなたから入手しなかった人々
も、書面による申し出に則してソースコードの複"
-"製を受け取ることができるということを意味します。"
+"書面による申し出の複製を一緒に渡さなければなりません。これは、バイナリを直接"
+"あなたから入手しなかった人々
も、書面による申し出に則してソースコードの複製を"
+"受け取ることができるということを意味します。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1374,9 +1358,9 @@
 "people who receive the binaries indirectly in that way can order the source "
 "code from you."
 msgstr ""
-"わたしたちが、申し出がいかなる第三者
にとっても法的に有効であることを要求するの"
-"は、そうすることによって、バイナリを間接的に受け取った人ã€
…もソースコードをあ"
-"なたに注文することができるからです。"
+"わたしたちが、申し出がいかなる第三者
にとっても法的に有効であることを要求する"
+"のは、そうすることによって、バイナリを間接的に受け取った人ã€
…もソースコードを"
+"あなたに注文することができるからです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1386,9 +1370,9 @@
 "are these third parties?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCTheGPLSaysModifiedVersions\" name="
-"\"TheGPLSaysModifiedVersions\">GPLでは、改変されたバージョンがリリースされたå
 ´åˆã€"
-"「すべての第三者に&hellip; 
ライセンスされ」なければならないとされています。このå 
´åˆã€ç¬¬"
-"三者とは誰のことですか?</a></b>"
+"\"TheGPLSaysModifiedVersions\">GPLでは、改変されたバージョンがリリースされた"
+"場合、「すべての第三者に&hellip; 
ライセンスされ」なければならないとされていま"
+"す。この場合、第三者とは誰のことですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1399,11 +1383,11 @@
 "from you, under the GPL, for your version."
 msgstr ""
 "GPLの第2節では、改変されたバージョンを配布するå 
´åˆã«ã¯ã™ã¹ã¦ã®ç¬¬ä¸‰è€…に対しGPL"
-"のもとでライセンスされなければならないと述べています。「すべての第三è€
…」とは、"
-"完å…
¨ã«èª°ã«ã§ã‚‚、ということです。しかしこれは、あなたがかれらに何か物理的に"
-"<strong>行う</strong>ことを要求するものではありません。これは、かれらがあなた"
-"のバージョンに関して、あなたからGPLのもとでライセンスされているということã
 ã‘ã‚’"
-"意味します。"
+"のもとでライセンスされなければならないと述べています。「すべての第三è€
…」と"
+"は、完å…
¨ã«èª°ã«ã§ã‚‚、ということです。しかしこれは、あなたがかれらに何か物理的"
+"に<strong>行う</strong>ことを要求するものではありません。これは、かれらがあな"
+"たのバージョンに関して、あなたからGPLのもとでライセンスされているということã
 "
+"けを意味します。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1422,9 +1406,9 @@
 "place your changes explicitly in the public domain if you do not want them "
 "to be copyrighted."
 msgstr ""
-"あなたの変更に関して著作権を主張する必
要はありませんが、多くの国々では"
-"著作権は何もしなくても自動的に生じることになるので、あなたが改変した点に著作"
-"権を主張したくないならば、明示的にパブリックドメインに置くå¿
…要があります。"
+"あなたの変更に関して著作権を主張する必
要はありませんが、多くの国々では著作権"
+"は何もしなくても自動的に生じることになるので、あなたが改変した点に著作権を主"
+"張したくないならば、明示的にパブリックドメインに置くå¿
…要があります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1434,9 +1418,9 @@
 "all</a>)"
 msgstr ""
 
"著作権を主張するかしないかに関わらず、あなたは自分が改変したバージョンをå
…¨ä½“"
-"としてはGPLのもとでリリースしなければなりません。"
-"(<a 
href=\"#GPLRequireSourcePostedPublic\">もし、あなたの改変したバージョンを"
-"リリースするならば</a>)"
+"としてはGPLのもとでリリースしなければなりません。(<a 
href="
+"\"#GPLRequireSourcePostedPublic\">もし、あなたの改変したバージョンをリリース"
+"するならば</a>)"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1445,10 +1429,11 @@
 "GPL-covered code, can I take the public-domain part and use it as public "
 "domain code?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCCombinePublicDomainWithGPL\" 
name=\"CombinePublicDomainWithGPL"
-"\">あるプログラム
がパブリックドメインに置かれたコードとGPLで保護されたコード"
-"から構成されていたとして、パブリックドメインな部分を取り出してパブリックドメ"
-"インなコードとして利用することができますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCCombinePublicDomainWithGPL\" name="
+"\"CombinePublicDomainWithGPL\">あるプログラム
がパブリックドメインに置かれた"
+"コードとGPLで保護されたコードから構成されていたとして、パブリックドメインな部"
+"分を取り出してパブリックドメインなコードとして利用することができますか?</a></"
+"b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1466,8 +1451,8 @@
 "<b><a href=\"#TOCDoesTheGPLAllowMoney\" name=\"DoesTheGPLAllowMoney\"> Does "
 "the GPL allow me to sell copies of the program for money?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCDoesTheGPLAllowMoney\" name=\"DoesTheGPLAllowMoney\">GPLは"
-"金銭目的でプログラム
の複製を販売することを許可していますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCDoesTheGPLAllowMoney\" 
name=\"DoesTheGPLAllowMoney\">GPLは金"
+"銭目的でプログラム
の複製を販売することを許可していますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1477,11 +1462,11 @@
 "you can charge.  (The one exception is the required written offer to provide "
 "source code that must accompany binary-only release.)"
 msgstr ""
-"はい。GPLは、誰もが販売することを許可しています。<a 
href=\"/philosophy/selling."
-"html\">複製を販売する権利</a>は自由ソフトウェアの定義の一部です。"
-"一つの特別な状況を除いて、請求できる値段に制限はありません。"
-"(ひとつの例外とは、バイナリのみのリリースに要請されるソースコードを提供する書面による"
-"申し出(におけるソースコードの提供に関する料金)です。)"
+"はい。GPLは、誰もが販売することを許可しています。<a 
href=\"/philosophy/"
+"selling.html\">複製を販売する権利</a>は自由ソフトウェアの定義の一部です。一つ"
+"の特別な状況を除いて、請求できる値段に制限はありません。(ひとつの例外とは、バ"
+"イナリのみのリリースに要請されるソースコードを提供する書面による申し出(におけ"
+"るソースコードの提供に関する料金)です。)"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1490,8 +1475,8 @@
 "downloading the program from my site?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCDoesTheGPLAllowDownloadFee\" name="
-"\"DoesTheGPLAllowDownloadFee\">GPLは、わたしのサイトからプログラãƒ
 ã‚’"
-"ダウンロードする人に料金を課すことを許可していますか?</a></b>"
+"\"DoesTheGPLAllowDownloadFee\">GPLは、わたしのサイトからプログラãƒ
 ã‚’ダウン"
+"ロードする人に料金を課すことを許可していますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1500,11 +1485,11 @@
 "equivalent access&rdquo; to download the source&mdash;therefore, the fee to "
 "download source may not be greater than the fee to download the binary."
 msgstr ""
-"はい。あなたはプログラムの複製をé…
å¸ƒã™ã‚‹ã«ã‚たり、望むだけの料金を課すこと"
-"ができます。ただ
し、もしあなたがバイナリをダウンロードによってé…
å¸ƒã™ã‚‹ãªã‚‰"
-"ば、あなたはソースのダウンロードに関しても「同等のアクセス」を提供しなければ"
-"なりませんので、ソースのダウンロードに課す料金はバイナリをダウンロードする"
-"ための料金よりも高くなってはならないということになります。"
+"はい。あなたはプログラムの複製をé…
å¸ƒã™ã‚‹ã«ã‚たり、望むだけの料金を課すことが"
+"できます。ただ
し、もしあなたがバイナリをダウンロードによってé…
å¸ƒã™ã‚‹ãªã‚‰ã°ã€"
+"あなたはソースのダウンロードに関しても「同等のアクセス」を提供しなければなり"
+"ませんので、ソースのダウンロードに課す料金はバイナリをダウンロードするための"
+"料金よりも高くなってはならないということになります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1513,8 +1498,8 @@
 "must pay me a fee and/or notify me?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCDoesTheGPLAllowRequireFee\" name=\"DoesTheGPLAllowRequireFee"
-"\">GPLは、ソフトウェアを受け取った人間がわたしに料金を支払うこと、およびまたは、受け取った"
-"旨を通知することを義務づけることを許可していますか?</a></b>"
+"\">GPLは、ソフトウェアを受け取った人間がわたしに料金を支払うこと、およびまた"
+"は、受け取った旨を通知することを義務づけることを許可していますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1523,11 +1508,11 @@
 "notify anyone in particular, then the program is not free.  See the <a href="
 "\"/philosophy/free-sw.html\"> definition of free software</a>."
 msgstr ""
-"いいえ。実際のところ、そのような要求はプログラム
を不自由にしてしまいま"
-"す。もし人々がプログラムの複製を手にå…
¥ã‚ŒãŸã¨ãã«æ–™é‡‘を支払ったり、誰か特定の"
-"人物にそのことを知らせたりしなければならないなら、そのプログラãƒ
 ã¯è‡ªç”±ã§ã¯"
-"ありません。<a 
href=\"/philosophy/free-sw.html\">自由ソフトウェアの定義</a>"
-"を参照してください。"
+"いいえ。実際のところ、そのような要求はプログラム
を不自由にしてしまいます。も"
+"し人々がプログラムの複製を手にå…
¥ã‚ŒãŸã¨ãã«æ–™é‡‘を支払ったり、誰か特定の人物に"
+"そのことを知らせたりしなければならないなら、そのプログラãƒ
 ã¯è‡ªç”±ã§ã¯ã‚りませ"
+"ん。<a 
href=\"/philosophy/free-sw.html\">自由ソフトウェアの定義</a>を参ç…
§ã—て"
+"ください。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1535,8 +1520,9 @@
 "and even redistribute the software without being required to pay anyone a "
 "fee for doing so."
 msgstr ""
-"GPLは自由ソフトウェア・ライセンスの一つですから、そのために誰かに料金を払うことなく、"
-"人々がソフトウェアを使うこと、そして再é…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とさえ許可しています。"
+"GPLは自由ソフトウェア・ライセンスの一つですから、そのために誰かに料金を払うこ"
+"となく、人々がソフトウェアを使うこと、そして再é…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とさえ許可していま"
+"す。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1546,9 +1532,9 @@
 "charge?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCDoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic\" name="
-"\"DoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic\">"
-"GPLが適用されたソフトウェアを料金を取って配布するå 
´åˆã€ã‚ãŸã—は公衆が料金なし"
-"でもソフトウェアを手にå…
¥ã‚Œã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—なければならないでしょうか?</a></b>"
+"\"DoesTheGPLRequireAvailabilityToPublic\">GPLが適用されたソフトウェアを料金を"
+"取って配布する場合、わたしはå…
¬è¡†ãŒæ–™é‡‘なしでもソフトウェアを手に入れられるよ"
+"うにしなければならないでしょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1557,18 +1543,18 @@
 "example, someone could pay your fee, and then put her copy on a web site for "
 "the general public."
 msgstr ""
-"いいえ。しかし、もし誰かがあなたに料金を払って複製を手にå
…¥ã‚ŒãŸãª"
-"らば、GPLはその人がå…
¬è¡†ã«ãã®è¤‡è£½ã‚’、料金のありでもなしでも、リリースする自由を与え"
-"ています。たとえば、誰かがあなたに料金を払ったならば、その人は複製を一般å
…¬è¡†"
-"に向けてウェブサイトで公開することが可能です。"
+"いいえ。しかし、もし誰かがあなたに料金を払って複製を手にå
…¥ã‚ŒãŸãªã‚‰ã°ã€GPLはそ"
+"の人がå…
¬è¡†ã«ãã®è¤‡è£½ã‚’、料金のありでもなしでも、リリースする自由を与えていま"
+"す。たとえば、誰かがあなたに料金を払ったならば、その人は複製を一般å
…¬è¡†ã«å‘け"
+"てウェブサイトで公開することが可能です。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCDoesTheGPLAllowNDA\" name=\"DoesTheGPLAllowNDA\"> Does the "
 "GPL allow me to distribute copies under a nondisclosure agreement?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCDoesTheGPLAllowNDA\" name=\"DoesTheGPLAllowNDA\">"
-"GPLは、複製物を機密保持契約(NDA)のもとでé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とを許可していますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCDoesTheGPLAllowNDA\" 
name=\"DoesTheGPLAllowNDA\">GPLは、複製"
+"物を機密保持契約(NDA)のもとでé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とを許可していますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1576,9 +1562,9 @@
 "redistribute copies, modified or not.  You are not allowed to distribute the "
 "work on any more restrictive basis."
 msgstr ""
-"いいえ。GPLは、あなたから複製をå…
¥æ‰‹ã—た人は皆、その複製を、"
-"改変ありでも、なしでも、再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’有していると述べています。あ"
-"なたには、著作物のé…
å¸ƒã«é–¢ã—て、より厳しい制限をかけることは、認められません。"
+"いいえ。GPLは、あなたから複製をå…
¥æ‰‹ã—た人は皆、その複製を、改変ありでも、なし"
+"でも、再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’有していると述べています。あなたには、著作物のé
…å¸ƒã«é–¢"
+"して、より厳しい制限をかけることは、認められません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1586,10 +1572,10 @@
 "copyrighted by the FSF, please inform us immediately by writing to <a href="
 "\"mailto:address@hidden";>address@hidden</a>."
 msgstr ""
-"もし、誰かが、あなたにFSFのGPLで保護されたソフトウェアを受けとるのにNDAに"
-"サインすることを求めるのであれば、すぐにわたしたちに知らせてくã
 ã•ã„。"
-"連絡先は、<a href="
-"\"mailto:address@hidden";>address@hidden</a>です。"
+"もし、誰かが、あなたにFSFのGPLで保護されたソフトウェアを受けとるのにNDAにサイ"
+"ンすることを求めるのであれば、すぐにわたしたちに知らせてくã
 ã•ã„。連絡先は、"
+"<a href=\"mailto:address@hidden";>address@hidden</a>で"
+"す。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1597,9 +1583,8 @@
 "holder, please inform that copyright holder, just as you would for any other "
 "kind of violation of the GPL."
 msgstr ""
-"もし、違反が誰か他の著作権者
のGPLで保護されたコードを含むならば、"
-"その著作権者に知らせてくだ
さい。あなたが、他の種類のGPLの違反に"
-"対するのと同じように。"
+"もし、違反が誰か他の著作権者
のGPLで保護されたコードを含むならば、その著作権者"
+"に知らせてくだ
さい。あなたが、他の種類のGPLの違反に対するのと同じように。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1607,9 +1592,9 @@
 "Does the GPL allow me to distribute a modified or beta version under a "
 "nondisclosure agreement?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCDoesTheGPLAllowModNDA\" name=\"DoesTheGPLAllowModNDA\"> "
-"GPLは、改変されたバージョン、あるいはベータ版を機密保持契約(NDA)のもとでé
…å¸ƒã™"
-"ることを許可していますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCDoesTheGPLAllowModNDA\" name=\"DoesTheGPLAllowModNDA\"> GPL"
+"は、改変されたバージョン、あるいはベータ版を機密保持契約(NDA)のもとでé
…å¸ƒã™ã‚‹"
+"ことを許可していますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1618,11 +1603,11 @@
 "you has the right to redistribute copies (modified or not) of that version.  "
 "You may not distribute any version of the work on a more restrictive basis."
 msgstr ""
-"いいえ。GPLは、あなたの改変したバージョンはGPLに述べられたすべての自由を"
-"持たなければならないと述べています。ですから、あなたからあなたのバージョンを"
-"受け取った誰もが、そのバージョンの複製を(改変しても、改変なしでも)再é
…å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’"
-"有しているのです。あなたは、著作物のどのバージョンであっても、より厳しい制限をつけて"
-"配布することはできません。"
+"いいえ。GPLは、あなたの改変したバージョンはGPLに述べられたすべての自由を持た"
+"なければならないと述べています。ですから、あなたからあなたのバージョンを受け"
+"取った誰もが、そのバージョンの複製を(改変しても、改変なしでも)再é
…å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©"
+"を有しているのです。あなたは、著作物のどのバージョンであっても、より厳しい制"
+"限をつけて配布することはできません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1630,9 +1615,9 @@
 "Does the GPL allow me to develop a modified version under a nondisclosure "
 "agreement?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCDevelopChangesUnderNDA\" name=\"DevelopChangesUnderNDA\">"
-"GPLは、わたしが機密保持契約(NDA)のもとで改変されたバージョンを開発することを許可し"
-"ていますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCDevelopChangesUnderNDA\" name=\"DevelopChangesUnderNDA\">GPL"
+"は、わたしが機密保持契約(NDA)のもとで改変されたバージョンを開発することを許可"
+"していますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1641,9 +1626,9 @@
 "permitted because in this case no GPL-covered code is being distributed "
 "under an NDA."
 msgstr ""
-"はい。たとえば、あなたはあるプログラムに改変を加
え、その<em>あなたの変更</em>を"
-"クライアントがOKを出すまでリリースしないことに同意するという契約を受諾す"
-"ることができます。このå 
´åˆã€GPLによって保護されているコードがNDAのもとで配布さ"
+"はい。たとえば、あなたはあるプログラムに改変を加
え、その<em>あなたの変更</em>"
+"をクライアントがOKを出すまでリリースしないことに同意するという契約を受諾する"
+"ことができます。このå 
´åˆã€GPLによって保護されているコードがNDAのもとで配布さ"
 
"れているということにはなりませんので、こういったことが可能になるのです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
@@ -1654,9 +1639,9 @@
 "additional restrictions."
 msgstr ""
 
"また、あなたはクライアントに対して自分の変更をGPLのもとでリリースし、しかしそ"
-"れらをクライアントがOKと言うまで他の人にはリリースしないということに合意すること"
-"もできます。このå 
´åˆã‚‚、GPLで保護されたコードがNDAや他の追加
的な制限のもとで"
-"配布されるということにはなりません。"
+"れらをクライアントがOKと言うまで他の人にはリリースしないということに合意する"
+"こともできます。このå 
´åˆã‚‚、GPLで保護されたコードがNDAや他の追加的な制限のも"
+"とで配布されるということにはなりません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1664,9 +1649,9 @@
 "this scenario, the client will probably choose not to exercise that right, "
 "but does <em>have</em> the right."
 msgstr ""
-"GPLはクライアントがあなたのバージョンを再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’与えます。しかし、この筋"
-"書きでは、クライアントはおそらく、その権利を行使しないことを選択するでしょうが、"
-"その権利は<em>有している</em>わけです。"
+"GPLはクライアントがあなたのバージョンを再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’与えます。しかし、この"
+"筋書きでは、クライアントはおそらく、その権利を行使しないことを選択するでしょ"
+"うが、その権利は<em>有している</em>わけです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1674,9 +1659,9 @@
 "my work.  I want people to know what I wrote.  Can I still get credit if I "
 "use the GPL?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCIWantCredit\" name=\"IWantCredit\">"
-"わたしは、自分の著作物によって名声を得たいし、人々
に自分が書いたもののことを知っ"
-"て欲しいのです。GPLを適用しても、わたしはそのような名声を得ることができますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCIWantCredit\" 
name=\"IWantCredit\">わたしは、自分の著作物に"
+"よって名声を得たいし、人々
に自分が書いたもののことを知って欲しいのです。GPLを"
+"適用しても、わたしはそのような名声を得ることができますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1687,16 +1672,16 @@
 msgstr ""
 
"もちろんあなたはご自分の著作物について名声を得ることができます。あなた自身の"
 "名前(ここではあなたが著作権者
と仮定)を著作権表示に書くのは、GPLのもとでプログ"
-"ラム
をリリースすることの一部です。GPLでは、すべての複製に適切な著作権表示を載せる"
-"ことを要求しています。"
+"ラム
をリリースすることの一部です。GPLでは、すべての複製に適切な著作権表示を載"
+"せることを要求しています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCWhyMustIInclude\" name=\"WhyMustIInclude\">Why does the GPL "
 "require including a copy of the GPL with every copy of the program?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWhyMustIInclude\" name=\"WhyMustIInclude\">"
-"GPLが、プログラム
の複製すべてにGPLの複製を含めることを要求するのはなぜですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCWhyMustIInclude\" 
name=\"WhyMustIInclude\">GPLが、プログラム"
+"の複製すべてにGPLの複製を含めることを要求するのはなぜですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1714,9 +1699,9 @@
 "know them today may no longer exist."
 msgstr ""
 
"ライセンス自体の代わりに、ライセンスの在処を指すURLを含めたくなるかも知れませ"
-"ん。しかし、URLが今後5年、10年とずっと有効であり続けるという確証はありません。20年"
-"も経てば、今日わたしたちがURLとして知っているものそのもの、がもはや存在しないかもし"
-"れないのです。"
+"ん。しかし、URLが今後5年、10年とずっと有効であり続けるという確証はありませ"
+"ん。20年も経てば、今日わたしたちがURLとして知っているものそのもの、がもはや存"
+"在しないかもしれないのです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1733,16 +1718,16 @@
 "<b><a href=\"#TOCWhatIfWorkIsShort\" name=\"WhatIfWorkIsShort\">What if the "
 "work is not much longer than the license itself?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWhatIfWorkIsShort\" name=\"WhatIfWorkIsShort\">"
-"著作物がライセンス自身よりもそんなに長くないå 
´åˆã¯ã©ã†ã—たらよいですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCWhatIfWorkIsShort\" 
name=\"WhatIfWorkIsShort\">著作物がライ"
+"センス自身よりもそんなに長くないå 
´åˆã¯ã©ã†ã—たらよいですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
 "If a single program is that short, you may as well use a simple all-"
 "permissive license for it, rather than the GNU GPL."
 msgstr ""
-"もし単一のプログラムでそんなに短いならば、GNU 
GPLではなく、より単純で"
-"すべてに寛容なライセンスを適用したほうが良いでしょう。"
+"もし単一のプログラムでそんなに短いならば、GNU 
GPLではなく、より単純ですべてに"
+"寛容なライセンスを適用したほうが良いでしょう。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1750,9 +1735,9 @@
 "preamble of the GPL, or the instructions for how to use it on your own "
 "programs, to save space?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLOmitPreamble\" name=\"GPLOmitPreamble\">"
-"スペース節約のため、GPLの前文か自分のプログラム
への適用方法の説明を省いても良"
-"いですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLOmitPreamble\" 
name=\"GPLOmitPreamble\">スペース節約のた"
+"め、GPLの前文か自分のプログラム
への適用方法の説明を省いても良いですか?</a></"
+"b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1762,10 +1747,9 @@
 "href=\"#ModifyGPL\">another license</a> but it won't be the GNU GPL.)"
 msgstr ""
 "前文と適用方法の説明はGNU GPLの不可欠
な一部であり、省略することはできません。"
-"実際のところ、GPLには著作権が主張されており、そ"
-"のライセンスではGPLå…
¨ä½“のそのままの複製のみ許可しています。"
-"(法的な条項を使って<a 
href=\"#ModifyGPL\">別のライセンス</a>を作る"
-"ことはできるでしょうが、それはGNU 
GPLではないでしょう。)"
+"実際のところ、GPLには著作権が主張されており、そのライセンスではGPLå
…¨ä½“のその"
+"ままの複製のみ許可しています。(法的な条項を使って<a 
href=\"#ModifyGPL\">別の"
+"ライセンス</a>を作ることはできるでしょうが、それはGNU 
GPLではないでしょう。)"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1777,8 +1761,8 @@
 msgstr ""
 "前文と適用方法の説明は5000文字あまりに過ぎず、GPLå…
¨ä½“のサイズの1/3以下を占め"
 
"るに過ぎません。ソフトウェアパッケージ自体が相当小さいのでない限り、前文と説"
-"明はパッケージのサイズに実質的にわずかな変化しかもたらさないでしょう。もしソフ"
-"トウェアパッケージが小さいのであれば、GNU 
GPLではなく、単純ですべてに寛容な"
+"明はパッケージのサイズに実質的にわずかな変化しかもたらさないでしょう。もしソ"
+"フトウェアパッケージが小さいのであれば、GNU 
GPLではなく、単純ですべてに寛容な"
 "ライセンスを適用したほうがいいでしょう。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
@@ -1786,8 +1770,8 @@
 "<b><a href=\"#TOCWhatIsCompatible\" name=\"WhatIsCompatible\">What does it "
 "mean to say that two licenses are &ldquo;compatible&rdquo;?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWhatIsCompatible\" name=\"WhatIsCompatible\">"
-"二つのライセンスが「両立する」とはどういう意味ですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCWhatIsCompatible\" 
name=\"WhatIsCompatible\">二つのライセン"
+"スが「両立する」とはどういう意味ですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1798,9 +1782,9 @@
 msgstr ""
 "二つのプログラム(あるいは両者
の本質的な部分)を結合して一つの大きな著作物にす"
 "るためには、そういったやり方で両方のプログラム
を利用する許可を得ていなければ"
-"なりません。二つのプログラム
のライセンスがこれを許可していれば、それ"
-"らのライセンスは両立します。両方のライセンスを同時に満たす手段が存在しない"
-"場合、それらは両立しません。"
+"なりません。二つのプログラム
のライセンスがこれを許可していれば、それらのライ"
+"センスは両立します。両方のライセンスを同時に満たす手段が存在しないå
 ´åˆã€ãã‚Œ"
+"らは両立しません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1808,10 +1792,10 @@
 "whether they are compatible&mdash;for instance, they may allow linking two "
 "modules together, but not allow merging their code into one module."
 msgstr ""
-"いくつかのライセンスでは、結合の方法がそれらが両立するかどうかに影響するこ"
-"とがあります。たとえば、あるライセンスは、二つのモジュールを一緒にリンクする"
-"ことは許可しているが、コードをマージして一つのモジュールにすることは許可して"
-"いない、といったたぐいです。"
+"いくつかのライセンスでは、結合の方法がそれらが両立するかどうかに影響すること"
+"があります。たとえば、あるライセンスは、二つのモジュールを一緒にリンクするこ"
+"とは許可しているが、コードをマージして一つのモジュールにすることは許可してい"
+"ない、といったたぐいです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1819,17 +1803,17 @@
 "necessary that their licenses be compatible, because this does not combine "
 "them into a larger work."
 msgstr ""
-"単に二つの別々のプログラムを同じシステム
にインストールする場合、"
-"それらのライセンスが両立する必要はありません。"
-"なぜなら、これは別々のプログラム
を一つの大きな著作物に組み合わせてはいないからです。"
+"単に二つの別々のプログラムを同じシステム
にインストールする場合、それらのライ"
+"センスが両立する必
要はありません。なぜなら、これは別々のプログラム
を一つの大"
+"きな著作物に組み合わせてはいないからです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCWhatDoesCompatMean\" name=\"WhatDoesCompatMean\">What does "
 "it mean to say a license is &ldquo;compatible with the GPL&rdquo;.</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWhatDoesCompatMean\" name=\"WhatDoesCompatMean\">"
-"ライセンスが「GPLと両立する」とはどういう意味ですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCWhatDoesCompatMean\" 
name=\"WhatDoesCompatMean\">ライセンス"
+"が「GPLと両立する」とはどういう意味ですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1837,25 +1821,26 @@
 "combine code released under the other license with code released under the "
 "GNU GPL in one larger program."
 msgstr ""
-"他のライセンスとGNU 
GPLが両立するという意味です。あなたは、他のライセンスの"
-"もとでリリースされたコードをGNU 
GPLのもとでリリースされたコードと結合して一つの大きなプロ"
-"グラムにすることができます。"
+"他のライセンスとGNU 
GPLが両立するという意味です。あなたは、他のライセンスのも"
+"とでリリースされたコードをGNU 
GPLのもとでリリースされたコードと結合して一つの"
+"大きなプログラムにすることができます。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
 "The GPL permits such a combination provided it is released under the GNU "
 "GPL.  The other license is compatible with the GPL if it permits this too."
 msgstr ""
-"GPLでは、そのような結合著作物がGNU 
GPLのもとでリリースされる限り、結合を許可してい"
-"ます。他のライセンスもそれを許可しているならば、そのライセンスは
 GPLと両立します。"
+"GPLでは、そのような結合著作物がGNU 
GPLのもとでリリースされる限り、結合を許可"
+"しています。他のライセンスもそれを許可しているならば、そのライセンスは
 GPLと"
+"両立します。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCFSWithNFLibs\" name=\"FSWithNFLibs\">Can I write free "
 "software that uses non-free libraries?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCFSWithNFLibs\" name=\"FSWithNFLibs\">"
-"自由でないライブラリを利用する自由ソフトウェアを書けますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCFSWithNFLibs\" 
name=\"FSWithNFLibs\">自由でないライブラリを"
+"利用する自由ソフトウェアを書けますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1865,22 +1850,22 @@
 "all, it cannot be part of a free operating system such as GNU; it is "
 "entirely off limits to the Free World."
 msgstr ""
-"もし、そうすると、あなたのプログラム
は自由な環境のもとでは完全に使用できる"
-"わけではありません。あなた"
-"のプログラム
がある特定の作業をするために自由でないライブラリに依存してい"
-"る場合、自由な世界ではそのプログラム
はその作業ができないということになりま"
-"す。自由でないライブラリがなければ実行することすらできないならば、そのプ"
-"ログラムはGNUのような自由なオペレーティングシステム
の一部となることができませ"
-"ん。プログラムは自由な世界には完全に出å…
¥ã‚Šç¦æ­¢ã¨ã•ã‚Œã¦ã—まいます。"
+"もし、そうすると、あなたのプログラム
は自由な環境のもとでは完全に使用できるわ"
+"けではありません。あなたのプログラム
がある特定の作業をするために自由でないラ"
+"イブラリに依存しているå 
´åˆã€è‡ªç”±ãªä¸–界ではそのプログラムはその作業ができない"
+"ということになります。自由でないライブラリがなければ実行することすらできない"
+"ならば、そのプログラム
はGNUのような自由なオペレーティングシステム
の一部となる"
+"ことができません。プログラムは自由な世界には完å…
¨ã«å‡ºå…¥ã‚Šç¦æ­¢ã¨ã•ã‚Œã¦ã—まいま"
+"す。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
 "So please consider: can you find a way to get the job done without using "
 "this library? Can you write a free replacement for that library?"
 msgstr ""
-"ですから、どうか考えてくだ
さい。その作業を、この自由でないライブラリを利"
-"用せずに行うことはできませんか? 
あなたはそのライブラリの自由な代替品を書く"
-"ことはできませんか?"
+"ですから、どうか考えてくだ
さい。その作業を、この自由でないライブラリを利用せ"
+"ずに行うことはできませんか? 
あなたはそのライブラリの自由な代替品を書くことは"
+"できませんか?"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1892,13 +1877,13 @@
 "library.  Please suggest that anyone who thinks of doing substantial further "
 "work on the program first free it from dependence on the non-free library."
 msgstr ""
-"もしプログラム
がすでに自由でないライブラリを利用して書かれていたならば、"
-"おそらく決断を変えるには遅
すぎるでしょうから、リリースしないよりは、プログラム
を"
+"もしプログラム
がすでに自由でないライブラリを利用して書かれていたならば、おそ"
+"らく決断を変えるには遅
すぎるでしょうから、リリースしないよりは、プログラム
を"
 
"そのままリリースした方がいいでしょう。しかしREADMEにおいて、自由でないライブ"
 "ラリが必要であることは欠
点であることに言及し、プログラムを改変して同じ作業を"
-"自由でないライブラリ抜きで行えるようにするということを提案してくã
 ã•ã„。"
-"このプログラム
になにか重要な仕事をさらに進めることを考える誰かに対して、"
-"まず、自由でないライブラリに対する依存から脱却することを提案してくã
 ã•ã„。"
+"自由でないライブラリ抜きで行えるようにするということを提案してくã
 ã•ã„。この"
+"プログラム
になにか重要な仕事をさらに進めることを考える誰かに対して、まず、自"
+"由でないライブラリに対する依存から脱却することを提案してくã
 ã•ã„。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1907,10 +1892,10 @@
 "\"#GPLIncompatibleLibs\">the question on GPL software with GPL-incompatible "
 "libraries</a> for more information."
 msgstr ""
-"GPLで保護された自由ソフトウェアとある自由でないライブラリを結合することに関して、"
-"法的問題があるかも知れないことに注意くだ
さい。詳しくは、<a href="
-"\"#GPLIncompatibleLibs\">GPLソフトウェアにGPLと両立しないライブラリを用いたå
 ´åˆ"
-"の質問</a>をご覧ください。"
+"GPLで保護された自由ソフトウェアとある自由でないライブラリを結合することに関し"
+"て、法的問題があるかも知れないことに注意くだ
さい。詳しくは、<a href="
+"\"#GPLIncompatibleLibs\">GPLソフトウェアにGPLと両立しないライブラリを用いたå
 ´"
+"合の質問</a>をご覧ください。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -1918,9 +1903,9 @@
 "legal issues come up if I use GPL-incompatible libraries with GPL software?</"
 "a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLIncompatibleLibs\" name=\"GPLIncompatibleLibs\">"
-"GPLソフトウェアにGPLと両立しないライブラリを用いたå 
´åˆã©ã®ã‚ˆã†ãªæ³•çš„問題が"
-"発生するでしょうか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLIncompatibleLibs\" 
name=\"GPLIncompatibleLibs\">GPLソフト"
+"ウェアにGPLと両立しないライブラリを用いたå 
´åˆã©ã®ã‚ˆã†ãªæ³•çš„問題が発生するで"
+"しょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -1937,11 +1922,11 @@
 "operating system on which the executable runs, unless that component itself "
 "accompanies the executable."
 msgstr ""
-"しかしながら、特別な例外として、é…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã«å½“該プログラ"
-"ムの実行形式が実行されるオペレーティングシステム
の主要なコンポーネント(コンパ"
-"イラやカーネルなど)に通常付随して(ソースあるいはバイナリ形式で)é
…å¸ƒã•ã‚Œã‚‹ã‚‚の"
-"が含まれている必要はないとします。ただ
し、コンポーネント自体が実行形式と一緒に"
-"配布される場合は除く。"
+"しかしながら、特別な例外として、é…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã«å½“該プログラムの実行"
+"形式が実行されるオペレーティングシステム
の主要なコンポーネント(コンパイラや"
+"カーネルなど)に通常付随して(ソースあるいはバイナリ形式で)é
…å¸ƒã•ã‚Œã‚‹ã‚‚のが含ま"
+"れている必要はないとします。ただ
し、コンポーネント自体が実行形式と一緒に配布"
+"される場合は除く。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1953,9 +1938,9 @@
 "without any conditions."
 msgstr ""
 
"上記にあてはまれば、そういったライブラリを使う上で何か特別なことをするå¿
…要は"
-"ありません。言い換えれば、あなたが必
要とするライブラリがプロプライエタリ・オペレーティ"
-"ングシステム
の主要な一部として提供されるならば、GPLは人々
があなたのプログラム"
-"をそういったライブラリとリンクすることができると述べています。"
+"ありません。言い換えれば、あなたが必
要とするライブラリがプロプライエタリ・オ"
+"ペレーティングシステム
の主要な一部として提供されるならば、GPLは人々
があなたの"
+"プログラム
をそういったライブラリとリンクすることができると述べています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1984,10 +1969,10 @@
 "under the terms of the GNU General Public License as published by the Free "
 "Software Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) "
 "any later version.\n"
-"日本語訳: このプログラム
は自由ソフトウェアです。フリーソフトウェアファウンデーション"
-"により発行されたGNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹(バージョン2のライセンスあるいは、(あなたの"
-"選択として)それ以降のバージョンのどれでも)の条項
のもとで、あなたは、再配布、"
-"およびまたは、改変することができます。"
+"日本語訳: このプログラム
は自由ソフトウェアです。フリーソフトウェアファウン"
+"デーションにより発行されたGNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹(バージョン2のライセンスあるい"
+"は、(あなたの選択として)それ以降のバージョンのどれでも)の条é
 …のもとで、あなた"
+"は、再配布、およびまたは、改変することができます。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><blockquote><p>
 msgid ""
@@ -2000,10 +1985,9 @@
 "ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or "
 "FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License for "
 "more details.\n"
-"日本語訳: このプログラムは有用であることを願ってé…
å¸ƒã•ã‚Œã¦ã„ますが、"
-"まったくの **無保証** 
です。商品性または特定の目的に対する適合性"
-"の暗黙の保証さえも **ありません** 。詳細は、"
-"GNU一般公衆ライセンスをご覧ください。"
+"日本語訳: このプログラムは有用であることを願ってé…
å¸ƒã•ã‚Œã¦ã„ますが、まったく"
+"の **無保証** 
です。商品性または特定の目的に対する適合性の暗黙の保証さえも
 **"
+"ありません** 。詳細は、GNU一般公衆ライセンスをご覧くだ
さい。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><blockquote><p>
 msgid ""
@@ -2014,10 +1998,10 @@
 "You should have received a copy of the GNU General Public License along with "
 "this program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 51 "
 "Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA\n"
-"日本語訳: "
-"あなたは、GNU一般公衆ライセンスの複製をこのプログラム
とともに受け取っているべきです。"
-"もし、受け取ってない場合、Free Software Foundation, Inc., 51 "
-"Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA まで連絡くだ
さい。"
+"日本語訳: あなたは、GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã®è¤‡è£½ã‚’このプログラムとともに受け"
+"取っているべきです。もし、受け取ってない場合、Free 
Software Foundation, "
+"Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA 
まで連絡くださ"
+"い。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><blockquote><p>
 msgid ""
@@ -2028,9 +2012,9 @@
 "Linking ABC statically or dynamically with other modules is making a "
 "combined work based on ABC.  Thus, the terms and conditions of the GNU "
 "General Public License cover the whole combination.\n"
-"日本語訳: 
ABCを静的もしくは動的にほかのモジュールとリンクすることは、"
-"ABCをもとにして結合著作物を作成することです。ですから、å
…¨ä½“として、"
-"GNU一般公衆ライセンスの条項が適用されます。"
+"日本語訳: 
ABCを静的もしくは動的にほかのモジュールとリンクすることは、ABCをも"
+"とにして結合著作物を作成することです。ですから、å…
¨ä½“として、GNU一般公衆ライセ"
+"ンスの条項が適用されます。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><blockquote><p>
 msgid ""
@@ -2051,16 +2035,14 @@
 "following the terms of the GNU GPL for ABC and the licenses of the other "
 "code concerned, provided that you include the source code of that other code "
 "when and as the GNU GPL requires distribution of source code.\n"
-"日本語訳: 加えて、特別の例外として、ABCの著作権者は、"
-"ABCプログラムを、自由ソフトウェア・プログラム
もしくは"
-"GNU 
LGPLでリリースされている自由ソフトウェア・ライブラリ、そして、"
-"XYZライセンスのDEFの標準リリースに含まれるコード"
-"(もしくは、ライセンスの変更されていない、そのコードの改変バージョン)"
-"と結合することを許可します。"
-"そのようなシステムを、ABCに対するGNU GPLの条項
と、その他の関係するコードの"
-"ライセンスに従って、コピーし、é…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とができます。"
-"ただし、GNU GPLがソースコードのé…
å¸ƒã‚’要求する時は、それに従って、"
-"その他のコードのソースコードを含める必
要があります。"
+"日本語訳: 加えて、特別の例外として、ABCの著作権者
は、ABCプログラムを、自由ソ"
+"フトウェア・プログラムもしくはGNU 
LGPLでリリースされている自由ソフトウェア・"
+"ライブラリ、そして、XYZライセンスのDEFの標準リリースに含まれるコード(もしく"
+"は、ライセンスの変更されていない、そのコードの改変バージョン)と結合することを"
+"許可します。そのようなシステムを、ABCに対するGNU 
GPLの条項と、その他の関係す"
+"るコードのライセンスに従って、コピーし、é…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とができます。ただし、GNU "
+"GPLがソースコードのé…
å¸ƒã‚’要求する時は、それに従って、その他のコードのソース"
+"コードを含める必要があります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><blockquote><p>
 msgid ""
@@ -2077,11 +2059,11 @@
 "release a modified version without this exception; this exception also makes "
 "it possible to release a modified version which carries forward this "
 "exception.\n"
-"日本語訳: ABCの改変バージョンを作成する人々
はこの特別の例外をかれらの改変バージョンで"
-"許す義務はないことに注意くだ
さい。そうするかどうかは、はかれらの選択です。"
-"GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã¯æ”¹å¤‰ã—たバージョンを、この例外なしにリリースすることを"
-"許可しています。この例外は、また、改変バージョンが、この例外をそのまま持つこと"
-"も可能としています。"
+"日本語訳: ABCの改変バージョンを作成する人々
はこの特別の例外をかれらの改変バー"
+"ジョンで許す義務はないことに注意くだ
さい。そうするかどうかは、はかれらの選択"
+"です。GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã¯æ”¹å¤‰ã—たバージョンを、この例外なしにリリースする"
+"ことを許可しています。この例外は、また、改変バージョンが、この例外をそのまま"
+"持つことも可能としています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid "You should put this text in each file to which the exception applies."
@@ -2097,21 +2079,21 @@
 "cannot authorize the exception for them. You have to get the approval of the "
 "copyright holders of those programs."
 msgstr ""
-"プログラムの著作だ
けが、このような例外を設けることについて法的な権限を持っています。"
-"あなたがプログラム全体を自分自身で書き、また雇用者
あるいは学校"
-"が著作権を主張しないと仮定すれば、あなたが著作権者
です。よって、あなたは例外"
-"を正式に許可することができます。しかしあなたが、他の作è€
…の手によるGPLで保護さ"
-"れた他のプログラム
の一部分をあなたのコードで使いたいからといって、あなたが自"
-"分でそれらのための例外を正式に許可することはできません。それらのプログラãƒ
 ã®"
-"著作権者の承認を得る必要があります。"
+"プログラムの著作だ
けが、このような例外を設けることについて法的な権限を持って"
+"います。あなたがプログラムå…
¨ä½“を自分自身で書き、また雇用者あるいは学校が著作"
+"権を主張しないと仮定すれば、あなたが著作権者
です。よって、あなたは例外を正式"
+"に許可することができます。しかしあなたが、他の作者
の手によるGPLで保護された他"
+"のプログラム
の一部分をあなたのコードで使いたいからといって、あなたが自分でそ"
+"れらのための例外を正式に許可することはできません。それらのプログラãƒ
 ã®è‘—作権"
+"者の承認を得る必要があります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
 "When other people modify the program, they do not have to make the same "
 "exception for their code&mdash;it is their choice whether to do so."
 msgstr ""
-"他の人々がプログラムを改変したå 
´åˆã€ã‹ã‚Œã‚‰ã¯è‡ªåˆ†ã®ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã«ã¾ã§åŒã˜ä¾‹å¤–を設ける"
-"必
要はありません。そうするかどうかはかれらの選択に任されています。"
+"他の人々がプログラムを改変したå 
´åˆã€ã‹ã‚Œã‚‰ã¯è‡ªåˆ†ã®ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã«ã¾ã§åŒã˜ä¾‹å¤–を設け"
+"る必
要はありません。そうするかどうかはかれらの選択に任されています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2119,18 +2101,18 @@
 "href=\"#FSWithNFLibs\">the section on writing Free Software which uses non-"
 "free libraries</a>."
 msgstr ""
-"もし、ライブラリを不自由なものとリンクすることを考えているのであれば、"
-"<a 
href=\"#FSWithNFLibs\">自由でないライブラリを利用する自由ソフトウェアを書く"
-"には、の節</a>もご覧ください。"
+"もし、ライブラリを不自由なものとリンクすることを考えているのであれば、<a
 "
+"href=\"#FSWithNFLibs\">自由でないライブラリを利用する自由ソフトウェアを書くに"
+"は、の節</a>もご覧ください。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCHowIGetCopyright\" name=\"HowIGetCopyright\">How do I get a "
 "copyright on my program in order to release it under the GPL?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCHowIGetCopyright\" name=\"HowIGetCopyright\">"
-"GPLのもとでリリースするために、わたしのプログラム
に対する著作権を得るにはどうしたら良い"
-"ですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCHowIGetCopyright\" 
name=\"HowIGetCopyright\">GPLのもとでリ"
+"リースするために、わたしのプログラム
に対する著作権を得るにはどうしたら良いで"
+"すか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2139,10 +2121,10 @@
 "&ldquo;get&rdquo; the copyright on what you write&mdash;as long as nobody "
 "else can claim to own your work."
 msgstr ""
-"ベルヌ条約のもとでは、書かれたものには、それが確固たる形式に置かれた時から、すべ"
-"て自動的に著作権が発生することになっています。ですから、誰かがあなたの著作物"
-"の所有を主張しない限り、あなたは自分が書いたものに関して著作権を「得る」た"
-"めに何かしなければならないということはありません。"
+"ベルヌ条約のもとでは、書かれたものには、それが確固たる形式に置かれた時から、"
+"すべて自動的に著作権が発生することになっています。ですから、誰かがあなたの著"
+"作物の所有を主張しない限り、あなたは自分が書いたものに関して著作権を「得る」"
+"ために何かしなければならないということはありません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2162,11 +2144,11 @@
 "you do.  It is best to consult a lawyer if there is any possible doubt."
 msgstr ""
 
"誰か他人が著作権を主張する可能性があるのは、あなたが従業員や学生ã
 ã£ãŸå ´åˆã§"
-"す。その場合、雇用者や学æ 
¡ã¯ãã®ä½œæ¥­ã¯ã‚なたがかれらのために行ったもので、著作"
-"権はかれらに帰属すると主張する可能性があります。その主張が正当なものかどうか"
-"は、あなたがお住まいのå 
´æ‰€ã®æ³•å¾‹ã‚„雇用契約、どのような種類の仕事をあなたがし"
-"ているかなど、状況によります。疑いの可能性があるå 
´åˆã«ã¯å¼è­·å£«ã«ç›¸è«‡ã™ã‚‹ã®ãŒ"
-"最善です。"
+"す。その場合、雇用者や学æ 
¡ã¯ãã®ä½œæ¥­ã¯ã‚なたがかれらのために行ったもので、著"
+"作権はかれらに帰属すると主張する可能性があります。その主張が正当なものかどう"
+"かは、あなたがお住まいのå 
´æ‰€ã®æ³•å¾‹ã‚„雇用契約、どのような種類の仕事をあなたが"
+"しているかなど、状況によります。疑いの可能性があるå 
´åˆã«ã¯å¼è­·å£«ã«ç›¸è«‡ã™ã‚‹ã®"
+"が最善です。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2176,10 +2158,9 @@
 "professor is usually NOT authorized to sign such a disclaimer.)"
 msgstr ""
 "もし雇用者や学æ 
¡ãŒè‘—作権を主張するようなことがあり得ると思うのでしたら、会社"
-"や学æ 
¡ã®é©åˆ‡ãªæ¨©é™ã®ã‚る役員によって署名された著作権放棄声明"
-"(copyright 
disclaimer)を得ることで、この問題をはっきり解決することができま"
-"す。(あなたの直接の上司や教授には、通常そのような声明にサインする権限は*あり"
-"ません*。)"
+"や学æ 
¡ã®é©åˆ‡ãªæ¨©é™ã®ã‚る役員によって署名された著作権放棄声明(copyright
 "
+"disclaimer)を得ることで、この問題をはっきり解決することができます。(あなたの"
+"直接の上司や教授には、通常そのような声明にサインする権限は*ありません*。)"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -2187,9 +2168,9 @@
 "might want to make my program into its own proprietary software product?</"
 "a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWhatIfSchool\" name=\"WhatIfSchool\">"
-"わたしの学校が、わたしのプログラムを学æ 
¡è‡ªèº«ã®ãƒ—ロプライエタリ・ソフトウェア製品にしたいと思っ"
-"たらどうしましょう?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCWhatIfSchool\" name=\"WhatIfSchool\">わたしの学æ 
¡ãŒã€ã‚ãŸã—"
+"のプログラムを学æ 
¡è‡ªèº«ã®ãƒ—ロプライエタリ・ソフトウェア製品にしたいと思ったら"
+"どうしましょう?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2212,11 +2193,11 @@
 "temptation the administration might feel to take it from you and finish it "
 "without you.  At an earlier stage, you have more leverage."
 msgstr ""
-"あなたの学校が、ご自分のプログラム
を自由ソフトウェアとしてリリースすることを許"
-"可しないかも知れないという可能性を察知したら、その問題をできる限り早い段階で"
-"提起することが最善です。プログラム
が便利に動くように近づけば近づくほど、学校"
-"当局側はそれをあなたから取り上げてあなた抜きで仕上げようという誘惑に駆られる"
-"ことになります。初期の段階であれば、あなたはより強い影響力を振るえます。"
+"あなたの学校が、ご自分のプログラム
を自由ソフトウェアとしてリリースすることを"
+"許可しないかも知れないという可能性を察知したら、その問題をできる限り早い段階"
+"で提起することが最善です。プログラム
が便利に動くように近づけば近づくほど、学"
+"æ 
¡å½“局側はそれをあなたから取り上げてあなた抜きで仕上げようという誘惑に駆られ"
+"ることになります。初期の段階であれば、あなたはより強い影響力を振るえます。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2226,11 +2207,11 @@
 "the courage to say, &ldquo;My program will have liberty, or never be born."
 "&rdquo;"
 msgstr ""
-"そこで、わたしたちは、プログラムがまだ
半分できかかったような状態に過ぎないときに"
-"å­¦æ 
¡å´ã«è¿‘づき、こう言うことをおすすめします。「もしあなたがたがこれを自由"
-"ソフトウェアとしてリリースすることに同意するならば、仕上げます」。これをè„
…しと考"
-"えてはいけません。説得するには、こう言う勇気が必
要です。「わたしのプログラムは自"
-"由を持つか、あるいは決して生まれないか、どちらかだ
。」"
+"そこで、わたしたちは、プログラムがまだ
半分できかかったような状態に過ぎないと"
+"きに学æ 
¡å´ã«è¿‘づき、こう言うことをおすすめします。「もしあなたがたがこれを自"
+"由ソフトウェアとしてリリースすることに同意するならば、仕上げます」。これをè„
…"
+"しと考えてはいけません。説得するには、こう言う勇気がå¿
…要です。「わたしのプロ"
+"グラム
は自由を持つか、あるいは決して生まれないか、どちらかã
 ã€‚」"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -2238,16 +2219,16 @@
 "you give me step by step instructions on how to apply the GPL to my program?"
 "</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCCouldYouHelpApplyGPL\" name=\"CouldYouHelpApplyGPL\">"
-"GPLをわたしのプログラム
に適用するにはどうしたらよいか、逐一説明していただ
けません"
-"か?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCCouldYouHelpApplyGPL\" 
name=\"CouldYouHelpApplyGPL\">GPLをわ"
+"たしのプログラム
に適用するにはどうしたらよいか、逐一説明していただ
けませんか?"
+"</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
 "See the page of <a href=\"/licenses/gpl-howto.html\"> GPL instructions</a>."
 msgstr ""
-"こちらの<a href=\"/licenses/gpl-howto.html\">"
-"GPLの手順の説明</a>をご覧ください。"
+"こちらの<a href=\"/licenses/gpl-howto.html\">GPLの手é 
†ã®èª¬æ˜Ž</a>をご覧くださ"
+"い。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -2255,9 +2236,9 @@
 "someone got a copy of a GPL'ed program under another license.  Is this "
 "possible?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCHeardOtherLicense\" name=\"HeardOtherLicense\">"
-"GPLで保護されたプログラム
の複製を、他のライセンスのもとで手にå…
¥ã‚ŒãŸäººãŒã„ると聞"
-"きました。こんなことはあり得るのでしょうか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCHeardOtherLicense\" 
name=\"HeardOtherLicense\">GPLで保護され"
+"たプログラムの複製を、他のライセンスのもとで手にå…
¥ã‚ŒãŸäººãŒã„ると聞きました。"
+"こんなことはあり得るのでしょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2266,8 +2247,8 @@
 "several different licenses in parallel.  One of them may be the GNU GPL."
 msgstr ""
 "GNU GPLは、ユーザが他のライセンスをプログラムに添加
することを認めていません。"
-"しかしプログラムの著作権者はプログラム
をいくつかの異なるライセンスのもとで並行"
-"してリリースすることができます。その一つがGNU 
GPLなのかも知れません。"
+"しかしプログラムの著作権者はプログラム
をいくつかの異なるライセンスのもとで並"
+"行してリリースすることができます。その一つがGNU 
GPLなのかも知れません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2285,9 +2266,9 @@
 "would like to release a program I wrote under the GNU GPL, but I would like "
 "to use the same code in non-free programs.</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCReleaseUnderGPLAndNF\" name=\"ReleaseUnderGPLAndNF\">"
-"自分が書いたプログラムをGNU 
GPLのもとでリリースしたいのですが、同じコードを自由で"
-"はないプログラムでも使いたいのです。</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCReleaseUnderGPLAndNF\" 
name=\"ReleaseUnderGPLAndNF\">自分が"
+"書いたプログラムをGNU 
GPLのもとでリリースしたいのですが、同じコードを自由では"
+"ないプログラムでも使いたいのです。</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2296,10 +2277,10 @@
 "code, you can release it under various different non-exclusive licenses at "
 "various times."
 msgstr ""
-"自由でないプログラム
をリリースするのは常に道徳的に悪いことですが、法的に"
-"はあなたがそうすることについて何の障害もありません。あなたがコードの著作権è€
…"
-"ならば、あなたは場合に応じて様々
な異なる非排他的ライセンスのもとでリリースすること"
-"ができます。"
+"自由でないプログラム
をリリースするのは常に道徳的に悪いことですが、法的にはあ"
+"なたがそうすることについて何の障害もありません。あなたがコードの著作権è€
…なら"
+"ば、あなたは場合に応じて様々
な異なる非排他的ライセンスのもとでリリースするこ"
+"とができます。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -2307,9 +2288,9 @@
 "developer of a GPL-covered program bound by the GPL? Could the developer's "
 "actions ever be a violation of the GPL?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCDeveloperViolate\" name=\"DeveloperViolate\">"
-"GPLで保護されたプログラムの開発者
はGPLによって束縛されますか? 開発者がGPL違反"
-"を犯すことはあり得るでしょうか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCDeveloperViolate\" 
name=\"DeveloperViolate\">GPLで保護された"
+"プログラムの開発者はGPLによって束縛されますか? 開発者
がGPL違反を犯すことはあ"
+"り得るでしょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2338,17 +2319,17 @@
 "\">Can the developer of a program who distributed it under the GPL later "
 "license it to another party for exclusive use?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCCanDeveloperThirdParty\" name=\"CanDeveloperThirdParty"
-"\">GPLで配布されているあるプログラムの開発者
が、後になって他の人に排他的利用を認"
-"めるということはあり得ますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCCanDeveloperThirdParty\" name=\"CanDeveloperThirdParty\">GPL"
+"で配布されているあるプログラムの開発者
が、後になって他の人に排他的利用を認め"
+"るということはあり得ますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
 "No, because the public already has the right to use the program under the "
 "GPL, and this right cannot be withdrawn."
 msgstr ""
-"いいえ、公衆はすでにプログラム
をGPLのもとで利用する権利を得ていますので、この権"
-"利を撤回することはできません。"
+"いいえ、公衆はすでにプログラム
をGPLのもとで利用する権利を得ていますので、この"
+"権利を撤回することはできません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -2356,10 +2337,10 @@
 "use GPL-covered editors such as GNU Emacs to develop non-free programs? Can "
 "I use GPL-covered tools such as GCC to compile them?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCCanIUseGPLToolsForNF\" name=\"CanIUseGPLToolsForNF\">"
-"自由でないプログラムを開発するために、GNU 
EmacsのようなGPLで保護されたエ"
-"ディタを使っても良いでしょうか? 
GCCのようなGPLで保護されたツールを使って自由"
-"でないプログラム
をコンパイルすることはできますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCCanIUseGPLToolsForNF\" 
name=\"CanIUseGPLToolsForNF\">自由で"
+"ないプログラムを開発するために、GNU 
EmacsのようなGPLで保護されたエディタを"
+"使っても良いでしょうか? 
GCCのようなGPLで保護されたツールを使って自由でないプ"
+"ログラムをコンパイルすることはできますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2367,9 +2348,9 @@
 "you write.  Using them does not place any restrictions, legally, on the "
 "license you use for your code."
 msgstr ""
-"はい、なぜならばエディタやツールの著作権はあなたが書くコードには影響しないから"
-"です。法的には、あなたがどんなツールを使っても、あなたがご自分のコードに適用"
-"するライセンスに関しては何の制限も課されません。"
+"はい、なぜならばエディタやツールの著作権はあなたが書くコードには影響しないか"
+"らです。法的には、あなたがどんなツールを使っても、あなたがご自分のコードに適"
+"用するライセンスに関しては何の制限も課されません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2381,10 +2362,10 @@
 "status of the input."
 msgstr ""
 "プログラム
によっては、技術的な都合から自身の一部を出力結果にコピーするものが"
-"あります。たとえば、Bisonは標準パーザ・プログラム
を出力ファイルにコピーします。そ"
-"のようなå 
´åˆã€å‡ºåŠ›çµæžœã«ã‚³ãƒ”ーされたテキストはそのソースコードを保護している"
-"のと同じライセンスによって保護されます。一方、プログラãƒ
 ã«ä¸Žãˆã‚‰ã‚ŒãŸå…¥åŠ›ã‹ã‚‰"
-"派生した出力結果の一部は入力側の著作権状æ…
‹ã‚’継承します。"
+"あります。たとえば、Bisonは標準パーザ・プログラム
を出力ファイルにコピーしま"
+"す。そのようなå 
´åˆã€å‡ºåŠ›çµæžœã«ã‚³ãƒ”ーされたテキストはそのソースコードを保護し"
+"ているのと同じライセンスによって保護されます。一方、プログラãƒ
 ã«ä¸Žãˆã‚‰ã‚ŒãŸå…¥"
+"力から派生した出力結果の一部は入力側の著作権状æ…
‹ã‚’継承します。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2394,20 +2375,19 @@
 "because there were other tools comparable to Bison which already permitted "
 "use for non-free programs."
 msgstr ""
-"たまたま、Bisonは自由でないプログラム
を開発するのにも使うことができます。"
-"これは、わたしたちがBisonの出力結果に含まれるBisonの標準パーザ・プログラãƒ
 ã¯åˆ¶é™ãª"
-"しに利用できるということを明確に認めることを決定したからです。わたしたちがこう決めたのは、"
-"Bisonと同様の他のツールで自由でないプログラム
での利用を認めているものがす"
-"でに存在したからです。"
+"たまたま、Bisonは自由でないプログラム
を開発するのにも使うことができます。これ"
+"は、わたしたちがBisonの出力結果に含まれるBisonの標準パーザ・プログラãƒ
 ã¯åˆ¶é™"
+"なしに利用できるということを明確に認めることを決定したからです。わたしたちが"
+"こう決めたのは、Bisonと同様の他のツールで自由でないプログラãƒ
 ã§ã®åˆ©ç”¨ã‚’認めて"
+"いるものがすでに存在したからです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCGPLFairUse\" name=\"GPLFairUse\">Do I have &ldquo;fair "
 "use&rdquo; rights in using the source code of a GPL-covered program?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLFairUse\" name=\"GPLFairUse\">"
-"GPLで保護されたプログラムのソースコードを「å…
¬æ­£ä½¿ç”¨(fair use)」する権利はあり"
-"ますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLFairUse\" 
name=\"GPLFairUse\">GPLで保護されたプログラムの"
+"ソースコードを「公正使用(fair 
use)」する権利はありますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2419,8 +2399,8 @@
 msgstr ""
 "はい、あります。「å…
¬æ­£ä½¿ç”¨ã€ã¨ã¯ã€ç‰¹åˆ¥ãªè¨±å¯ãŒãªãã¦ã‚‚認められている利用のこ"
 "とです。そのような利用に関しては開発者の許可は必
要ではありませんから、開発者"
-"がライセンスその他で何を言おうと、あるいはライセンスがGNU
 GPLであろうが他の"
-"自由ソフトウェア・ライセンスであろうが、あなたは「å…
¬æ­£ä½¿ç”¨ã€ã™ã‚‹ã“とができま"
+"がライセンスその他で何を言おうと、あるいはライセンスがGNU
 GPLであろうが他の自"
+"由ソフトウェア・ライセンスであろうが、あなたは「å…
¬æ­£ä½¿ç”¨ã€ã™ã‚‹ã“とができま"
 "す。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
@@ -2436,8 +2416,8 @@
 "<b><a href=\"#TOCGPLUSGov\" name=\"GPLUSGov\">Can the US Government release "
 "a program under the GNU GPL?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLUSGov\" name=\"GPLUSGov\">合衆国政府は"
-"プログラムをGNU GPLでリリースできますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLUSGov\" 
name=\"GPLUSGov\">合衆国政府はプログラムをGNU GPL"
+"でリリースできますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2447,12 +2427,12 @@
 "be released under the GNU GPL.  (It can still be <a href=\"/philosophy/free-"
 "sw.html\"> free software</a>, however; a public domain program is free.)"
 msgstr ""
-"もし合衆国連邦政府の被雇用者にその雇用の内
で、そのプログラムが書かれたのであれば、"
-"それはパブリックドメインであり、著作権が主張されないことを意味します。"
-"GNU 
GPLは著作権をもとにしているので、そのようなプログラム
は"
-"GNU 
GPLのもとではリリースされることはできません。(それは、なお、"
-"<a 
href=\"/philosophy/free-sw.html\">自由ソフトウェア</a>であることは可能です、"
-"パブリックドメインのプログラムは自由だからです。)"
+"もし合衆国連邦政府の被雇用者にその雇用の内
で、そのプログラムが書かれたのであ"
+"れば、それはパブリックドメインであり、著作権が主張されないことを意味します。"
+"GNU 
GPLは著作権をもとにしているので、そのようなプログラム
はGNU GPLのもとでは"
+"リリースされることはできません。(それは、なお、<a 
href=\"/philosophy/free-sw."
+"html\">自由ソフトウェア</a>であることは可能です、パブリックドメインのプログラ"
+"ムは自由だからです。)"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2462,19 +2442,19 @@
 "way.)  Or the contract can assign the copyright to the government agency, "
 "which can then release the software under the GNU GPL."
 msgstr ""
-"しかし、合衆国連邦政府の政府機関がコントラクタを使ってソフトウェアを開発したとき、"
-"これは異なる状況です。契約によってコントラクタがGNU 
GPLでリリースすることを要請で"
-"きます。(GNU Adaはこのようにして開発されました。) 
もしくは、契約で、著作権を"
-"政府機関に移譲するとして、それでそのソフトウェアをGNU
 GPLでリリースすると"
-"することが可能です。"
+"しかし、合衆国連邦政府の政府機関がコントラクタを使ってソフトウェアを開発した"
+"とき、これは異なる状況です。契約によってコントラクタがGNU
 GPLでリリースするこ"
+"とを要請できます。(GNU 
Adaはこのようにして開発されました。) もしくは、契約"
+"で、著作権を政府機関に移譲するとして、それでそのソフトウェアをGNU
 GPLでリリー"
+"スするとすることが可能です。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCGPLUSGovAdd\" name=\"GPLUSGovAdd\">Can the US Government "
 "release improvements to a GPL-covered program?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLUSGovAdd\" name=\"GPLUSGovAdd\">"
-"合衆国政府はGPLで保護されたプログラム
に対して改善をリリースできますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLUSGovAdd\" 
name=\"GPLUSGovAdd\">合衆国政府はGPLで保護され"
+"たプログラムに対して改善をリリースできますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2484,17 +2464,16 @@
 "There is no problem in this situation."
 msgstr ""
 "はい。もし合衆国政府の被雇用者によってその雇用の内
で改善が書かれたのならば、"
-"その改善はパブリックドメインです。"
-"しかし、改善バージョンが全体としては、GNU 
GPLで、なお、保護されます。"
-"この状況では、なんの問題もありません。"
+"その改善はパブリックドメインです。しかし、改善バージョンがå
…¨ä½“としては、GNU "
+"GPLで、なお、保護されます。この状況では、なんの問題もありません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
 "If the US government uses contractors to do the job, then the improvements "
 "themselves can be GPL-covered."
 msgstr ""
-"もし合衆国政府がその仕事をするのにコントラクタを使っているå
 ´åˆã€"
-"改善自身はGPLで保護されることができます。"
+"もし合衆国政府がその仕事をするのにコントラクタを使っているå
 ´åˆã€æ”¹å–„自身はGPL"
+"で保護されることができます。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -2503,10 +2482,10 @@
 "is used to develop hardware designs, can I require that these designs must "
 "be free?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLOutput\" name=\"GPLOutput\">"
-"人々がわたしのプログラム
を利用して得た出力結果にGPLを適用する方法はないでしょう"
-"か? たとえば、わたしのプログラム
がハードウェアの設計に使われているとして、その設"
-"計図も自由でなければならないと要求することはできるでしょうか</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLOutput\" name=\"GPLOutput\">人々
がわたしのプログラムを利"
+"用して得た出力結果にGPLを適用する方法はないでしょうか?
 たとえば、わたしのプロ"
+"グラム
がハードウェアの設計に使われているとして、その設計図も自由でなければな"
+"らないと要求することはできるでしょうか</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2518,11 +2497,11 @@
 "the output inherits that of the input it was generated from."
 msgstr ""
 
"一般的に言って、それは法的に不可能です。著作権法は人ã€
…があなたのプログラムと"
-"かれらのデータを使って作った出力結果の利用に関して、あなたに何の発言権も与えて"
-"いません。ユーザがあなたのプログラム
を使ってかれ自身のデータを入力ないし変換し"
-"たå 
´åˆã€å‡ºåŠ›çµæžœã®è‘—作権はかれに属すのであって、あなたにではありません。もっと"
-"一般的に言えば、あるプログラムがå…
¥åŠ›ã‚’他の形式に変換する場合、出力結果の著作"
-"権の状態は、生成の元となったå…
¥åŠ›ã®ãã‚Œã‚’継承するのです。"
+"かれらのデータを使って作った出力結果の利用に関して、あなたに何の発言権も与え"
+"ていません。ユーザがあなたのプログラム
を使ってかれ自身のデータを入力ないし変"
+"換したå 
´åˆã€å‡ºåŠ›çµæžœã®è‘—作権はかれに属すのであって、あなたにではありません。"
+"もっと一般的に言えば、あるプログラムがå…
¥åŠ›ã‚’他の形式に変換する場合、出力結果"
+"の著作権の状態は、生成の元となったå…
¥åŠ›ã®ãã‚Œã‚’継承するのです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2531,10 +2510,10 @@
 "For instance, part of the output of Bison (see above)  would be covered by "
 "the GNU GPL, if we had not made an exception in this specific case."
 msgstr ""
-"ですから、あなたが出力結果の利用に関して発言権を持つ唯一の方法は、出力結果"
-"の本質的な部分が(多かれ少なかれ)あなたのプログラム
のテキストから複製されてい"
-"る場合です。たとえば、Bison(上記を参ç…
§)の出力結果は、もしわたしたちがこの特定のケー"
-"スに関して例外を設けなければ、GNU 
GPLで保護されていたでしょう。"
+"ですから、あなたが出力結果の利用に関して発言権を持つ唯一の方法は、出力結果の"
+"本質的な部分が(多かれ少なかれ)あなたのプログラム
のテキストから複製されている"
+"場合です。たとえば、Bison(上記を参ç…
§)の出力結果は、もしわたしたちがこの特定の"
+"ケースに関して例外を設けなければ、GNU 
GPLで保護されていたでしょう。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2544,19 +2523,19 @@
 "and use only the rest.  Then he would not have to obey the conditions on "
 "redistribution of the copied text."
 msgstr ""
-"そうする技術的な理由がなくても、人為的にプログラム
の出力にあるテキストをコピーす"
-"るようにさせることはできます。しかし、複製されたテキストは実用的な目的を何ら果さな"
-"いでしょうから、ユーザは単にそのテキストを出力結果から削除して残りã
 ã‘を使う"
-"ということができます。そうすれば、複製されたテキストの再é
…å¸ƒã«èª²ã›ã‚‰ã‚ŒãŸæ¡ä»¶"
-"に従う必要はなくなります。"
+"そうする技術的な理由がなくても、人為的にプログラム
の出力にあるテキストをコ"
+"ピーするようにさせることはできます。しかし、複製されたテキストは実用的な目的"
+"を何ら果さないでしょうから、ユーザは単にそのテキストを出力結果から削除して残"
+"りだ
けを使うということができます。そうすれば、複製されたテキストの再é
…å¸ƒã«èª²"
+"せられた条件に従う必要はなくなります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCWhatCaseIsOutputGPL\" name=\"WhatCaseIsOutputGPL\">In what "
 "cases is the output of a GPL program covered by the GPL too?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWhatCaseIsOutputGPL\" name=\"WhatCaseIsOutputGPL\">"
-"GPLプログラム
の出力結果もGPLによって保護されるのは、どんなå 
´åˆã§ã™ã‹?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCWhatCaseIsOutputGPL\" 
name=\"WhatCaseIsOutputGPL\">GPLプログ"
+"ラムの出力結果もGPLによって保護されるのは、どんなå 
´åˆã§ã™ã‹?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid "Only when the program copies part of itself into the output."
@@ -2568,18 +2547,18 @@
 "module to a GPL-covered program, do I have to use the GPL as the license for "
 "my module?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLModuleLicense\" name=\"GPLModuleLicense\">"
-"GPLで保護されたプログラムに対してあるモジュールを追加
する場合、わたしのモジュール"
-"にもライセンスとしてGPLを適用しなければなりませんか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLModuleLicense\" 
name=\"GPLModuleLicense\">GPLで保護された"
+"プログラムに対してあるモジュールを追加するå 
´åˆã€ã‚ãŸã—のモジュールにもライセ"
+"ンスとしてGPLを適用しなければなりませんか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
 "The GPL says that the whole combined program has to be released under the "
 "GPL.  So your module has to be available for use under the GPL."
 msgstr ""
-"GPLでは、結合されたプログラムのå…
¨ä½“はGPLのもとでリリースされなければならないとして"
-"います。ですから、あなたのモジュールはGPLのもとでの利用が可能でなければなりませ"
-"ん。"
+"GPLでは、結合されたプログラムのå…
¨ä½“はGPLのもとでリリースされなければならない"
+"としています。ですから、あなたのモジュールはGPLのもとでの利用が可能でなければ"
+"なりません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2589,10 +2568,10 @@
 "\">license list page</a> gives a partial list of GPL-compatible licenses."
 msgstr ""
 "しかし、あなたが自分のコードの利用に関して追加
的な許可を与えることは可能で"
-"す。そうしたければ、自分のプログラム
を、GPLより制約が緩いが、GPLと両立する"
-"ライセンスのもとでリリースしてください。<a 
href=\"/licenses/license-list.html"
-"\">ライセンス一覧のページ</a>には、"
-"GPLと両立するライセンスの(不完å…
¨ãª)リストが用意されています。"
+"す。そうしたければ、自分のプログラム
を、GPLより制約が緩いが、GPLと両立するラ"
+"イセンスのもとでリリースしてください。<a 
href=\"/licenses/license-list.html"
+"\">ライセンス一覧のページ</a>には、GPLと両立するライセンスの(不完å
…¨ãª)リスト"
+"が用意されています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -2600,9 +2579,9 @@
 "released under the GPL (not the LGPL), does that mean that any program which "
 "uses it has to be under the GPL?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCIfLibraryIsGPL\" name=\"IfLibraryIsGPL\">"
-"ライブラリが(LGPLではなく)GPLのもとでリリースされているå
 ´åˆã€ãã®ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリを利用す"
-"るプログラム
はGPLでなければならないのでしょうか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCIfLibraryIsGPL\" 
name=\"IfLibraryIsGPL\">ライブラリが(LGPLで"
+"はなく)GPLのもとでリリースされているå 
´åˆã€ãã®ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリを利用するプログラム"
+"はGPLでなければならないのでしょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid "Yes, because the program as it is actually run includes the library."
@@ -2616,11 +2595,10 @@
 "programs written to be interpreted by it must be under GPL-compatible "
 "licenses?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCIfInterpreterIsGPL\" name=\"IfInterpreterIsGPL\">"
-"プログラミング"
-"言語のインタープリタがGPLのもとでリリースされていたå 
´åˆã€ãã®ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ¼ãƒ—リタで解釈さ"
-"れるように書かれたプログラム
は、GPLと両立するライセンスでなければならないでしょう"
-"か?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCIfInterpreterIsGPL\" 
name=\"IfInterpreterIsGPL\">プログラミ"
+"ング言語のインタープリタがGPLのもとでリリースされていたå
 ´åˆã€ãã®ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ¼ãƒ—リ"
+"タで解釈されるように書かれたプログラム
は、GPLと両立するライセンスでなければな"
+"らないでしょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2657,15 +2635,15 @@
 "しかし、インタープリタが他の機能(多くのå 
´åˆãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリですが、ライブラリである"
 "必
要はありません)への「バインディング」を提供するように拡張されているå
 ´åˆã€è§£"
 "釈されるプログラム
はバインディングを使うことによって事実上それらの機能とリン"
-"クされることになります。ですから、もしそういった機能がGPLのもとでリリースされている"
-"ならば、機能を利用した解釈されるプログラム
はGPLと両立する形でリリースされ"
-"なければなりません。JNI(Javaネイティヴインターフェース)はそのような機能の一例"
-"です。JNIによってアクセスされるライブラリは、それらを呼ぶJavaプログラãƒ
 ã¨å‹•çš„"
-"にリンクされています。これらのライブラリはインタプリタともリンクされています。"
-"もしインタプリタがそれらのライブラリと静的にリンクされていれば、"
-"あるいは、<a 
href=\"#GPLPluginsInNF\">動的にそれらの特定のライブラリとリンク"
-"する</a>ように設計されていれば、それもGPLと両立する形でリリースされる"
-"必要があります。"
+"クされることになります。ですから、もしそういった機能がGPLのもとでリリースされ"
+"ているならば、機能を利用した解釈されるプログラム
はGPLと両立する形でリリースさ"
+"れなければなりません。JNI(Javaネイティヴインターフェース)はそのような機能の一"
+"例です。JNIによってアクセスされるライブラリは、それらを呼ぶJavaプログラãƒ
 ã¨å‹•"
+"的にリンクされています。これらのライブラリはインタプリタともリンクされていま"
+"す。もしインタプリタがそれらのライブラリと静的にリンクされていれば、あるい"
+"は、<a 
href=\"#GPLPluginsInNF\">動的にそれらの特定のライブラリとリンクする</"
+"a>ように設計されていれば、それもGPLと両立する形でリリースされるå¿
…要がありま"
+"す。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2689,10 +2667,10 @@
 "combined Perl or Java program will run on."
 msgstr ""
 "結果として、あなたのプログラム
でGPLが適用されたPerlモジュールやJavaクラスを利"
-"用することにした場合、GPLと両立する形でプログラム
をリリースしなければなら"
-"ないということがありえます。このå 
´åˆã€çµåˆã•ã‚ŒãŸPerlやJavaプログラムが実行さ"
-"れるPerlなりJavaなりのインタープリタに適用されているライセンスが何であるかは"
-"関係ありません。"
+"用することにした場合、GPLと両立する形でプログラム
をリリースしなければならない"
+"ということがありえます。このå 
´åˆã€çµåˆã•ã‚ŒãŸPerlやJavaプログラムが実行される"
+"PerlなりJavaなりのインタープリタに適用されているライセンスが何であるかは関係"
+"ありません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -2702,11 +2680,10 @@
 "with the Visual C++ (or Visual Basic) run-time library permitted under the "
 "GPL?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWindowsRuntimeAndGPL\" name=\"WindowsRuntimeAndGPL\">"
-"Microsoft Visual C++を使ったWindowsアプリケーションを書"
-"いているのですが、これをGPLのもとでリリースする予定です。GPLは、わたしのプログラãƒ
 ãŒ"
-"Visual C++のランタイムライブラリとダイナミックリンクす"
-"るのを許可していますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCWindowsRuntimeAndGPL\" name=\"WindowsRuntimeAndGPL"
+"\">Microsoft Visual 
C++を使ったWindowsアプリケーションを書いているのですが、"
+"これをGPLのもとでリリースする予定です。GPLは、わたしのプログラãƒ
 ãŒVisual C+"
+"+のランタイム
ライブラリとダイナミックリンクするのを許可していますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2714,9 +2691,9 @@
 "compiler or interpreter you are using.  So it falls under the exception in "
 "GPL section 3."
 msgstr ""
-"GPLはこれを許可します。なぜならランタイム
ライブラリは通常あなたがお使いのコンパイラ"
-"あるいはインタープリタに付随するからです。ですから、GPL第三節の例外にあたることに"
-"なります。"
+"GPLはこれを許可します。なぜならランタイム
ライブラリは通常あなたがお使いのコン"
+"パイラあるいはインタープリタに付随するからです。ですから、GPL第三節の例外にあ"
+"たることになります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2728,21 +2705,20 @@
 "\"http://www.fsf.org/news/fsf-welcomes-gpl-java.html\";>rereleasing its Java "
 "platform under GNU GPL</a>.)"
 msgstr ""
-"Windowsだけで動くプログラム
を書くことが良い、とは意味しません。"
-"あるプログラム
でそうすることは、自由ソフトウェアをもたらしますが、<a
 "
-"href=\"/philosophy/java-trap.html\">&ldquo;ç½ 
にはまっている&rdquo;</a>"
-"のです(この場合はJavaではなくWindows という罠
に。効果は同じです)。"
-"(歴史的注釈: 2006年12月、Sunは<a href="
-"\"http://www.fsf.org/news/fsf-welcomes-gpl-java.html\";>Java "
-"プラットフォームをGNU 
GPLでリリース</a>している途中です。)"
+"Windowsだけで動くプログラム
を書くことが良い、とは意味しません。あるプログラム"
+"でそうすることは、自由ソフトウェアをもたらしますが、<a
 href=\"/philosophy/"
+"java-trap.html\">&ldquo;罠にはまっている&rdquo;</a>のです(このå 
´åˆã¯Javaでは"
+"なくWindows という罠に。効果は同じです)。(歴史的注釈: 
2006年12月、Sunは<a "
+"href=\"http://www.fsf.org/news/fsf-welcomes-gpl-java.html\";>Java プラット"
+"フォームをGNU GPLでリリース</a>している途中です。)"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCOrigBSD\" name=\"OrigBSD\">Why is the original BSD license "
 "incompatible with the GPL?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCOrigBSD\" name=\"OrigBSD\">"
-"どうしてオリジナルのBSDライセンスはGPLと両立しないのですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCOrigBSD\" 
name=\"OrigBSD\">どうしてオリジナルのBSDライセンス"
+"はGPLと両立しないのですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2766,8 +2742,8 @@
 "The advertising clause provides just such a further restriction, and thus is "
 "GPL-incompatible."
 msgstr ""
-"宣伝条項
はまさしくそのような、さらなる制限、を規定していて、よっ"
-"てGPLと両立しません。"
+"宣伝条項
はまさしくそのような、さらなる制限、を規定していて、よってGPLと両立し"
+"ません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2781,9 +2757,9 @@
 "released under the GPL uses plug-ins, what are the requirements for the "
 "licenses of a plug-in?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLAndPlugins\" name=\"GPLAndPlugins\">"
-"GPLのもとでリリースされていたプログラム
がプラグインを使うとして、プラグインのラ"
-"イセンスにはどのような条件がありますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLAndPlugins\" 
name=\"GPLAndPlugins\">GPLのもとでリリースさ"
+"れていたプログラム
がプラグインを使うとして、プラグインのライセンスにはどのよ"
+"うな条件がありますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2807,10 +2783,9 @@
 "もしプログラム
がプラグインと動的にリンクされており、お互いにファンクション"
 "コールを使ってデータ構造を共有しているå 
´åˆã€ãã‚Œã‚‰ã¯å˜ä¸€ã®ãƒ—ログラムを形成し"
 "ているとみなされますので、その単一プログラム
は、メインプログラムとプラグイン"
-"の両方の拡張部分として扱われなければなりません。"
-"プラグインはGPLかGPLと両立する"
-"自由ソフトウェア・ライセンスのもとでリリースされなければならず、"
-"プラグインが配布される時には、GPLの条項
に従わなければならないということです。"
+"の両方の拡張部分として扱われなければなりません。プラグインはGPLかGPLと両立す"
+"る自由ソフトウェア・ライセンスのもとでリリースされなければならず、プラグイン"
+"が配布される時には、GPLの条項
に従わなければならないということです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -2827,8 +2802,8 @@
 "<b><a href=\"#TOCGPLPluginsInNF\" name=\"GPLPluginsInNF\">Can I apply the "
 "GPL when writing a plug-in for a non-free program?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLPluginsInNF\" name=\"GPLPluginsInNF\">"
-"自由でないプログラム
向けのプラグインにGPLを適用することはできますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLPluginsInNF\" 
name=\"GPLPluginsInNF\">自由でないプログラ"
+"ム
向けのプラグインにGPLを適用することはできますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2856,25 +2831,25 @@
 "されますので、プラグインはメインプログラム
の拡張部分として扱われなければなり"
 
"ません。このことは、GPLで保護されたプラグインをメインプログラãƒ
 ã¨ãƒªãƒ³ã‚¯ã™ã‚‹ã®"
 
"はGPL違反となることを意味しています。しかし、あなたはこの法的問題を、あなたの"
-"プログラムのライセンスに自由でないメインプログラム
とのリンクを許可する例"
-"外を加えることで解決できます。"
+"プログラムのライセンスに自由でないメインプログラム
とのリンクを許可する例外を"
+"加えることで解決できます。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
 "See also the question <a href=\"#FSWithNFLibs\">I am writing free software "
 "that uses a non-free library.</a>"
 msgstr ""
-"質問、<a 
href=\"#FSWithNFLibs\">自由でないライブラリを利用する自由ソフトウェアを書いて"
-"います</a>もご覧ください。"
+"質問、<a 
href=\"#FSWithNFLibs\">自由でないライブラリを利用する自由ソフトウェ"
+"アを書いています</a>もご覧ください。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCNFUseGPLPlugins\" name=\"NFUseGPLPlugins\">Can I release a "
 "non-free program that's designed to load a GPL-covered plug-in?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCNFUseGPLPlugins\" name=\"NFUseGPLPlugins\">"
-"GPLで保護されたプラグインをロードするように設計された不自由なプログラãƒ
 ã‚’"
-"リリースすることはできるでしょうか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCNFUseGPLPlugins\" 
name=\"NFUseGPLPlugins\">GPLで保護されたプ"
+"ラグインをロードするように設計された不自由なプログラãƒ
 ã‚’リリースすることはで"
+"きるでしょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2899,11 +2874,10 @@
 "もしプログラム
がプラグインと動的にリンクされており、お互いにファンクション"
 "コールを使ってデータ構造を共有しているå 
´åˆã€ãã‚Œã‚‰ã¯å˜ä¸€ã®ãƒ—ログラムを形成し"
 "ているとみなされますので、その単一プログラム
は、メインプログラムとプラグイン"
-"の両方の拡張部分として扱われなければなりません。"
-"GPLで保護されたプラグインを使うためには、メインプログラãƒ
 ã¯GPLかGPLと両立する"
-"自由ソフトウェア・ライセンスのもとでリリースされなければならず、"
-"メインプログラムがそれらのプラグインの使用のためにé…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹æ™‚には、"
-"GPLの条項に従わなければならないということです。"
+"の両方の拡張部分として扱われなければなりません。GPLで保護されたプラグインを使"
+"うためには、メインプログラム
はGPLかGPLと両立する自由ソフトウェア・ライセンス"
+"のもとでリリースされなければならず、メインプログラム
がそれらのプラグインの使"
+"用のために配布される時には、GPLの条項
に従わなければならないということです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -2912,10 +2886,11 @@
 "Does the fact that I link with your program mean I have to GPL my program?</"
 "a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCLinkingWithGPL\" name=\"LinkingWithGPL\">"
-"GPLが適用されたプログラム
をわたしのコードとリンクしてプロプライエタリ・プログラãƒ
 ã‚’ビルドし"
-"たいと考えているのですが、わたしのコードとそのプログラãƒ
 ã¨ã‚’リンクするとわたしのプロ"
-"グラム
にもGPLを適用しなければならなくなるというのは事実でしょうか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCLinkingWithGPL\" 
name=\"LinkingWithGPL\">GPLが適用されたプロ"
+"グラム
をわたしのコードとリンクしてプロプライエタリ・プログラãƒ
 ã‚’ビルドしたい"
+"と考えているのですが、わたしのコードとそのプログラム
とをリンクするとわたしの"
+"プログラム
にもGPLを適用しなければならなくなるというのは事実でしょうか?</a></"
+"b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid "Yes."
@@ -2926,9 +2901,9 @@
 "<b><a href=\"#TOCSwitchToLGPL\" name=\"SwitchToLGPL\">If so, is there any "
 "chance I could get a license of your program under the Lesser GPL?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCSwitchToLGPL\" name=\"SwitchToLGPL\">"
-"もしそうならば、プログラムを劣等GPL(Lesser GPL, 
LGPL)のもとでライセンスしてもら"
-"うことはできないでしょうか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCSwitchToLGPL\" 
name=\"SwitchToLGPL\">もしそうならば、プログ"
+"ラムを劣等GPL(Lesser GPL, 
LGPL)のもとでライセンスしてもらうことはできないで"
+"しょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -2938,10 +2913,10 @@
 "release your program in a way that makes it part of our community."
 msgstr ""
 "頼むことはできますが、作者
の多くはきっぱりとノーと言うでしょう。GPLの考え方と"
-"は、あなたがわたしたちのコードをあなたのプログラム
に含めたいならば、あなたのプロ"
-"グラム
もまた自由ソフトウェアでなければならないということです。これによって"
-"あなたに対し、ご自分のプログラム
をわたしたちのコミュニティの一部とするような方法"
-"でリリースしなければならないという圧力がかかることが期å¾
…されています。"
+"は、あなたがわたしたちのコードをあなたのプログラム
に含めたいならば、あなたの"
+"プログラム
もまた自由ソフトウェアでなければならないということです。これによっ"
+"てあなたに対し、ご自分のプログラム
をわたしたちのコミュニティの一部とするよう"
+"な方法でリリースしなければならないという圧力がかかることが期å¾
…されています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid "You always have the legal alternative of not using our code."
@@ -2956,18 +2931,17 @@
 "b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCLinkingOverControlledInterface\" name="
-"\"LinkingOverControlledInterface\">プロプライエタリ・モジュールを、わたしのGPLで保護された"
-"ライブラリと指定したインターフェースのもとでのみリンクすることを許可するにはど"
-"うしたらよいでしょうか?</a></b>"
+"\"LinkingOverControlledInterface\">プロプライエタリ・モジュールを、わたしの"
+"GPLで保護されたライブラリと指定したインターフェースのもとでのみリンクすること"
+"を許可するにはどうしたらよいでしょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
 "Add this text to the license notice of each file in the package, at the end "
 "of the text that says the file is distributed under the GNU GPL:"
 msgstr ""
-"パッケージに含まれるそれぞれのファイルのライセンス表示で"
-"そのファイルがGNU GPLのもとでé…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹æ—¨ã‚’述べますが、その最後に"
-"以下の文面を加えてください:"
+"パッケージに含まれるそれぞれのファイルのライセンス表示でそのファイルがGNU
 GPL"
+"のもとでé…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹æ—¨ã‚’述べますが、その最後に以下の文面を加
えてください:"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><pre>
 #, no-wrap
@@ -2995,8 +2969,7 @@
 msgstr ""
 
"ABCを静的ないし動的に他のモジュールとリンクすることはABCをもとにした結合著作物を\n"
 "作るということになります。そこで、GNU一般å…
¬è¡†åˆ©ç”¨ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã®æ¡é …は結合物全体を\n"
-"保護します。"
-"特別な例外として、ABCの著作権者
はあなたに対し、結合著作物のすべての複製にABCのソ\n"
+"保護します。特別な例外として、ABCの著作権者
はあなたに対し、結合著作物のすべての複製にABCのソ\n"
 "ースコードの完å…
¨ãªè¤‡è£½(結合著作物を作成するのに使ったバージョンのABCのもの)が付\n"
 "随し、GNU一般公衆ライセンスにこの例外を追加
したもののもとで配布される場合に限り、\n"
 
"ABC、ABCDEFインターフェースを通してのみABCとコミュニケートする独立モジュールと、\n"
@@ -3019,11 +2992,11 @@
 "requirements are placed on my program.  Can you please tell me what licenses "
 "I may use?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCManyDifferentLicenses\" name=\"ManyDifferentLicenses\">"
-"わたしは多くの異なるコンポーネントとリンクするアプリケーションを書いたのですが、"
-"それらは様々
なライセンスが適用されています。わたしは自分のプログラãƒ
 ã«ã©ã®ã‚ˆã†ãª"
-"ライセンシング条件が課されるのがさっぱり分かりません。わたしが適用できるライセン"
-"スを教えて頂けませんか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCManyDifferentLicenses\" 
name=\"ManyDifferentLicenses\">わた"
+"しは多くの異なるコンポーネントとリンクするアプリケーションを書いたのですが、"
+"それらは様々
なライセンスが適用されています。わたしは自分のプログラãƒ
 ã«ã©ã®ã‚ˆ"
+"うなライセンシング条件が課されるのがさっぱり分かりません。わたしが適用できる"
+"ライセンスを教えて頂けませんか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3032,18 +3005,18 @@
 "sentences for each should suffice) describing how your library uses that "
 "component.  Two examples would be:"
 msgstr ""
-"この質問に答えるには、わたしたちはあなたのプログラム
が利用するそれぞれのコンポー"
-"ネントとそのコンポーネントのライセンスのリスト、そしてあなたのライブラリがそ"
-"れらのコンポーネントをどう利用するか記述した簡単な(それぞれに数センテンスで十"
-"分)説明を見る必要があります。二つ例を挙げると:"
+"この質問に答えるには、わたしたちはあなたのプログラム
が利用するそれぞれのコン"
+"ポーネントとそのコンポーネントのライセンスのリスト、そしてあなたのライブラリ"
+"がそれらのコンポーネントをどう利用するか記述した簡単な(それぞれに数センテンス"
+"で十分)説明を見る必要があります。二つ例を挙げると:"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><ul><li>
 msgid ""
 "To make my software work, it must be linked to the FOO library, which is "
 "available under the Lesser GPL."
 msgstr ""
-"わたしのソフトウェアを動作させるには、劣等GPLのもとで利用可能なFOOライブラリとリン"
-"クしなければなりません。"
+"わたしのソフトウェアを動作させるには、劣等GPLのもとで利用可能なFOOライブラリ"
+"とリンクしなければなりません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><ul><li>
 msgid ""
@@ -3051,9 +3024,9 @@
 "the BAR program, which is licensed under &ldquo;the GPL, with a special "
 "exception allowing for linking with QUUX&rdquo;."
 msgstr ""
-"わたしのソフトウェアはシステム
コールで(わたしがビルトしたコマンドラインとともに)BARプ"
-"ログラムを実行します。BARプログラムは「GPLだ
が、QUUXとのリンクを許可する特別な"
-"例外を認める」とライセンスされています。"
+"わたしのソフトウェアはシステム
コールで(わたしがビルトしたコマンドラインととも"
+"に)BARプログラムを実行します。BARプログラムは「GPLだ
が、QUUXとのリンクを許可"
+"する特別な例外を認める」とライセンスされています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3061,9 +3034,8 @@
 "difference between &ldquo;mere aggregation&rdquo; and &ldquo;combining two "
 "modules into one program&rdquo;?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCMereAggregation\" name=\"MereAggregation\">"
-"「単なる集積」と「二つのモジュールを一つのプログラム
に結合すること」の違いは"
-"何ですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCMereAggregation\" 
name=\"MereAggregation\">「単なる集積」と"
+"「二つのモジュールを一つのプログラム
に結合すること」の違いは何ですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3073,9 +3045,10 @@
 "programs is covered by the GPL, it has no effect on the other program."
 msgstr ""
 "二つのプログラム
の単なる集積物とは、それらを同じCD-ROMやハードディスクに隣り"
-"合わせに置くことを意味します。わたしたちはこの用語をそれらが別ã€
…のプログラムであ"
-"るときに使い、単一のプログラム
の一部ではないときに用います。この場合、プログ"
-"ラムの一つがGPLで保護されていても、他のプログラム
には何の影響もありません。"
+"合わせに置くことを意味します。わたしたちはこの用語をそれらが別ã€
…のプログラム"
+"であるときに使い、単一のプログラム
の一部ではないときに用います。この場合、プ"
+"ログラムの一つがGPLで保護されていても、他のプログラム
には何の影響もありませ"
+"ん。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3084,11 +3057,11 @@
 "combination must also be released under the GPL&mdash;if you can't, or "
 "won't, do that, you may not combine them."
 msgstr ""
-"二つのモジュールを結合するとは、それらを一緒に接続しそれらが単一のより大き"
-"なプログラム
を形成することを意味します。もしいずれかの部分がGPLで保護されて"
-"いるならば、結合物å…
¨ä½“ã‚‚GPLのもとでリリースしなければなりません。もしそうできなけれ"
-"ば、あるいはそうするつもりがなければ、あなたはそれらを結合することはできませ"
-"ん。"
+"二つのモジュールを結合するとは、それらを一緒に接続しそれらが単一のより大きな"
+"プログラム
を形成することを意味します。もしいずれかの部分がGPLで保護されている"
+"ならば、結合物å…
¨ä½“ã‚‚GPLのもとでリリースしなければなりません。もしそうできなけ"
+"れば、あるいはそうするつもりがなければ、あなたはそれらを結合することはできま"
+"せん。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3098,11 +3071,11 @@
 "function calls within a shared address space, etc.)  and the semantics of "
 "the communication (what kinds of information are interchanged)."
 msgstr ""
-"二つの部分が一つのプログラム
に結合されるとする構成はなんでしょうか? 
これは法的な質問"
-"であり、究極的には裁判官が決めることです。わたしたちは、適切な基準はコミュニケー"
-"ションのメカニズム(exec、パイプ、rpc、å…
±æœ‰ã‚¢ãƒ‰ãƒ¬ã‚¹ç©ºé–“でのファンクションコー"
-"ルなど)とコミュニケーションのセマンティクス(どのような種のæƒ
…報が相互交換され"
-"るか)の両方によると考えています。"
+"二つの部分が一つのプログラム
に結合されるとする構成はなんでしょうか? これは法"
+"的な質問であり、究極的には裁判官が決めることです。わたしたちは、適切な基準は"
+"コミュニケーションのメカニズム(exec、パイプ、rpc、å…
±æœ‰ã‚¢ãƒ‰ãƒ¬ã‚¹ç©ºé–“でのファン"
+"クションコールなど)とコミュニケーションのセマンティクス(どのような種のæƒ
…報が"
+"相互交換されるか)の両方によると考えています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3139,11 +3112,11 @@
 "the FSF? If I hold copyright on a GPL'ed program, should I do this, too? If "
 "so, how?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCAssignCopyright\" name=\"AssignCopyright\">"
-"どうしてFSFは、FSFが著作権を有するプログラムへの貢献者
が自らの著作権をFSFに"
-"譲渡することを要求するのですか? 
もしわたしがGPLが使われたプログラムの著作権を"
-"有しているならば、わたしも著作権譲渡を要求すべきでしょうか?
 もしそうなら、どう"
-"やって?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCAssignCopyright\" 
name=\"AssignCopyright\">どうしてFSFは、"
+"FSFが著作権を有するプログラムへの貢献者
が自らの著作権をFSFに譲渡することを要"
+"求するのですか? もしわたしがGPLが使われたプログラム
の著作権を有しているなら"
+"ば、わたしも著作権譲渡を要求すべきでしょうか? 
もしそうなら、どうやって?</a></"
+"b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3154,12 +3127,11 @@
 "contribution to the FSF, or disclaim copyright on it and thus put it in the "
 "public domain."
 msgstr ""
-"わたしたちの弁護士は、侵害者に対して法廷で<a 
href=\"/licenses/why-assign."
-"html\">GPLを強制する上で最良の立場</a>"
-"に立つには、プログラムの著作権の状æ…
‹ã‚’可能な限り単純に保つべきだと述べていま"
-"す。このため、わたしたちは貢献者
のみなさんに対し、FSFに対するご自分の貢献に関する"
-"著作権を譲渡するか、著作権を主張せずパブリックドメインに置くことをお願いして"
-"います。"
+"わたしたちの弁護士は、侵害者に対して法廷で<a 
href=\"/licenses/why-assign.html"
+"\">GPLを強制する上で最良の立å 
´</a>に立つには、プログラムの著作権の状態を可能"
+"な限り単純に保つべきだ
と述べています。このため、わたしたちは貢献者
のみなさん"
+"に対し、FSFに対するご自分の貢献に関する著作権を譲渡するか、著作権を主張せずパ"
+"ブリックドメインに置くことをお願いしています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3167,9 +3139,9 @@
 "employers (if any) so that we can be sure those employers won't claim to own "
 "the contributions."
 msgstr ""
-"また、わたしたちは個々の貢献者が彼らの雇用者
(もしいれば)からの著作権放棄声明を得"
-"て、そういった雇用者
たちが将来になって貢献を所有していると主張することがない"
-"よう保証することもお願いしています。"
+"また、わたしたちは個々の貢献者が彼らの雇用者
(もしいれば)からの著作権放棄声明"
+"を得て、そういった雇用者
たちが将来になって貢献を所有していると主張することが"
+"ないよう保証することもお願いしています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3179,9 +3151,9 @@
 "in the public domain."
 msgstr ""
 "もちろん、すべての貢献者
が彼らのコードをパブリックドメインに置いたならば、GPL"
-"を強制すべき著作権は存在しません。ですからわたしたちは、大量のコードを貢献して下"
-"さったå 
´åˆã¯è‘—作権を譲渡し、小さな改変点に関してはパブリックドメインに置くこ"
-"とを推奨しています。"
+"を強制すべき著作権は存在しません。ですからわたしたちは、大量のコードを貢献し"
+"て下さったå 
´åˆã¯è‘—作権を譲渡し、小さな改変点に関してはパブリックドメインに置"
+"くことを推奨しています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3191,17 +3163,16 @@
 "more information."
 msgstr ""
 "あなたのプログラム
に関してGPLを強制したいならば、同じようなポリシーに従うのは"
-"おそらくあなたにとっても良い考えでしょう。詳しくは<a 
"
-"href=\"mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</a>"
-"に連絡ください。"
+"おそらくあなたにとっても良い考えでしょう。詳しくは<a 
href=\"mailto:";
+"address@hidden">&lt;address@hidden&gt;</a>に連絡ください。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCModifyGPL\" name=\"ModifyGPL\">Can I modify the GPL and "
 "make a modified license?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCModifyGPL\" name=\"ModifyGPL\">"
-"わたしがGPLを修正して修正版のライセンスを作ることはできますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCModifyGPL\" 
name=\"ModifyGPL\">わたしがGPLを修正して修正版の"
+"ライセンスを作ることはできますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3211,10 +3182,10 @@
 "to make it clearly different in wording and not mention GNU (though the "
 "actual procedure you describe may be similar)."
 msgstr ""
-"あなたのライセンスを別の名前で呼び、GPLの前文を含めないのであれば、"
-"GPLの条項
を(修正して)別のライセンスに使うことはできるでしょう。"
-"ここで、最後にある利用に関する手é 
†ã‚’修正して、言い回しは明らかに異なるものとし、"
-"GNUについて触れないようにする必要があります(実際の手é 
†ã¯åŒæ§˜ã¨ãªã‚‹ã§ã—ょうが)。"
+"あなたのライセンスを別の名前で呼び、GPLの前文を含めないのであれば、GPLの条é
 …"
+"を(修正して)別のライセンスに使うことはできるでしょう。ここで、最後にある利用"
+"に関する手é 
†ã‚’修正して、言い回しは明らかに異なるものとし、GNUについて触れない"
+"ようにする必要があります(実際の手é 
†ã¯åŒæ§˜ã¨ãªã‚‹ã§ã—ょうが)。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3223,10 +3194,10 @@
 "permission.  For this purpose we would want to check the actual license "
 "requirements to see if we approve of them."
 msgstr ""
-"わたしたちの前文を修正ライセンスで使いたい場合、"
-"<a href=\"mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</a>まで"
-"許可を求める連絡をくだ
さい。この目的のために、承認するかどうか、"
-"わたしたちは実際のライセンスの要件を確認したいと思います。"
+"わたしたちの前文を修正ライセンスで使いたい場合、<a 
href=\"mailto:";
+"address@hidden">&lt;address@hidden&gt;</a>まで許可を求める連絡をくã
 ã•"
+"い。この目的のために、承認するかどうか、わたしたちは実際のライセンスの要件を"
+"確認したいと思います。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3237,11 +3208,11 @@
 "combinations of modules.  The mere proliferation of different free software "
 "licenses is a burden in and of itself."
 msgstr ""
-"わたしたちは、あなたが修正ライセンスをこうやって作成することに法的な反対を"
-"しないでしょうが、わたしたちはあなたが再度検討し、そうしないことを望みます。"
-"そのような修正ライセンスは、ほとんど確実に<a 
href=\"#WhatIsCompatible\">GNU GPLと非互換</a>であり、"
-"そのような非互換性はモジュールの有用な組み合わせを阻害します。"
-"異なる自由ソフトウェア・ライセンスの単なる増殖は、それ自体è²
 æ‹…です。"
+"わたしたちは、あなたが修正ライセンスをこうやって作成することに法的な反対をし"
+"ないでしょうが、わたしたちはあなたが再度検討し、そうしないことを望みます。そ"
+"のような修正ライセンスは、ほとんど確実に<a 
href=\"#WhatIsCompatible\">GNU GPL"
+"と非互換</a>であり、そのような非互換性はモジュールの有用な組み合わせを阻害し"
+"ます。異なる自由ソフトウェア・ライセンスの単なる増殖は、それ自体è²
 æ‹…です。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3250,10 +3221,10 @@
 "the original code into a new program, then distribute and sell that new "
 "program commercially?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLCommercially\" name=\"GPLCommercially\">"
-"GNU GPLのもとでソフトウェアの一部をå…
¥æ‰‹ã—て利用するとして、わたしはオリジナルのコー"
-"ドを新しいプログラム
に合わせて取り込み、それを商業的にé…
å¸ƒã€è²©å£²ã™ã‚‹ã“とはで"
-"きるでしょうか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLCommercially\" name=\"GPLCommercially\">GNU 
GPLのもとでソ"
+"フトウェアの一部をå…
¥æ‰‹ã—て利用するとして、わたしはオリジナルのコードを新しい"
+"プログラムに合わせて取り込み、それを商業的にé…
å¸ƒã€è²©å£²ã™ã‚‹ã“とはできるでしょ"
+"うか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3263,10 +3234,10 @@
 "and they must be allowed to redistribute and modify it as described in the "
 "GPL."
 msgstr ""
-"改変したプログラム
の複製を商業的に売ることは許可されていますが、それはGNU
 "
-"GPLの条項
のもとでのみです。そこでたとえば、あなたはGPLが指定する通りソースコー"
-"ドをプログラムのユーザがå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—なければなりませんし、またユーザは"
-"GPLに書かれている通りそれを改変したり再é…
å¸ƒã—たりできなければなりません。"
+"改変したプログラム
の複製を商業的に売ることは許可されていますが、それはGNU
 GPL"
+"の条項
のもとでのみです。そこでたとえば、あなたはGPLが指定する通りソースコード"
+"をプログラムのユーザがå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ã«ã—なければなりませんし、またユーザはGPL"
+"に書かれている通りそれを改変したり再é…
å¸ƒã—たりできなければなりません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3281,8 +3252,8 @@
 "<b><a href=\"#TOCGPLOtherThanSoftware\" name=\"GPLOtherThanSoftware\">Can I "
 "use the GPL for something other than software?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLOtherThanSoftware\" name=\"GPLOtherThanSoftware\">"
-"GPLをソフトウェア以外のものに使うことはできますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLOtherThanSoftware\" 
name=\"GPLOtherThanSoftware\">GPLをソ"
+"フトウェア以外のものに使うことはできますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3307,16 +3278,16 @@
 "<b><a href=\"#TOCLGPLJava\" name=\"LGPLJava\">How does the LGPL work with "
 "Java?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCLGPLJava\" 
name=\"LGPLJava\">LGPLはJavaにどう働きますか?"
-"</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCLGPLJava\" 
name=\"LGPLJava\">LGPLはJavaにどう働きますか?</"
+"a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
 "<a href=\"/licenses/lgpl-java.html\">See this article for details.</a> It "
 "works as designed, intended, and expected."
 msgstr ""
-"<a 
href=\"/licenses/lgpl-java.html\">詳細はこちらの小論をご覧くだ
さい。</a>"
-"LGPLは設計されたように、意図されたように、そして期待
されたように働きます。"
+"<a 
href=\"/licenses/lgpl-java.html\">詳細はこちらの小論をご覧くだ
さい。</"
+"a>LGPLは設計されたように、意図されたように、そして期待
されたように働きます。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3325,11 +3296,11 @@
 "of V2 with changes and new code based on V1.  3. X wants to convert V2 to a "
 "non-GPL license. Does X need Y's permission?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#Consider\" 
name=\"TOCConsider\">以下のような状況を考えてみましょう:"
-"1. 
Xがあるプロジェクトのバージョン1をGPLのもとでリリースする。"
-"2. Yがバージョン1をもとに改変や新規のコードを加
え、バージョン2の開発に貢献する。"
-"3. 
Xがバージョン2をGPLではないライセンスに改変しようとする。"
-"この場合XはYの許可を得る必要がありますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#Consider\" 
name=\"TOCConsider\">以下のような状況を考えてみま"
+"しょう:1. 
Xがあるプロジェクトのバージョン1をGPLのもとでリリースする。2.
 Yが"
+"バージョン1をもとに改変や新規のコードを加
え、バージョン2の開発に貢献する。3. "
+"Xがバージョン2をGPLではないライセンスに改変しようとする。このå
 ´åˆXはYの許可を"
+"得る必要がありますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3339,10 +3310,10 @@
 "releasing that code under another license."
 msgstr ""
 
"はい。Xのバージョン1をもとにしたということの結果として、Yは自分のバージョンを"
-"GNU 
GPLのもとでリリースすることが要求されています。自分のコードに関してGPL以外"
-"のライセンスに同意することに関して、Yは、何も要求されていません。"
-"ですから、Xはそのコードを他のライセンスのもとでリリースする前に"
-"Yの許可を取る必要があるのです。"
+"GNU 
GPLのもとでリリースすることが要求されています。自分のコードに関してGPL以"
+"外のライセンスに同意することに関して、Yは、何も要求されていません。ですから、"
+"Xはそのコードを他のライセンスのもとでリリースする前にYの許可を取るå¿
…要がある"
+"のです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3350,9 +3321,9 @@
 "\">I'd like to incorporate GPL-covered software in my proprietary system.  "
 "Can I do this?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLInProprietarySystem\" name=\"GPLInProprietarySystem"
-"\">わたしのプロプライエタリ・システム
に、GPLで保護されたソフトウェアを組みå…
¥ã‚ŒãŸã„のですが、そ"
-"れは可能ですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLInProprietarySystem\" name=\"GPLInProprietarySystem\">わ"
+"たしのプロプライエタリ・システム
に、GPLで保護されたソフトウェアを組み入れたい"
+"のですが、それは可能ですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3362,10 +3333,10 @@
 "software into a non-free system, it would have the effect of making the GPL-"
 "covered software non-free too."
 msgstr ""
-"GPLで保護されたソフトウェアをプロプライエタリ・システãƒ
 ã«çµ„み入れることはできません。"
-"GPLの目標は、誰に対してもプログラムを複製や再é…
å¸ƒã€ç†è§£ã€æ”¹å¤‰ã™ã‚‹è‡ªç”±ã‚’与える"
-"ということです。自由でないシステム
にGPLで保護されたソフトウェアを組み入れ"
-"ることが可能なら、GPLで保護されたソフトウェアは自由ではなくなってしまうで"
+"GPLで保護されたソフトウェアをプロプライエタリ・システãƒ
 ã«çµ„み入れることはでき"
+"ません。GPLの目標は、誰に対してもプログラム
を複製や再配布、理解、改変する自由"
+"を与えるということです。自由でないシステム
にGPLで保護されたソフトウェアを組み"
+"å…
¥ã‚Œã‚‹ã“とが可能なら、GPLで保護されたソフトウェアは自由ではなくなってしまうで"
 "しょう。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
@@ -3377,11 +3348,11 @@
 "have, and to encourage people to give back improvements that they make."
 msgstr ""
 "GPLで保護されたプログラムを組み入れたシステム
は、そのプログラムの拡張バージョ"
-"ンとなります。GPLは、あるプログラム
の拡張バージョンは、それをリリースするな"
-"らばGPLのもとでリリースされなければならないと述べています。これは二つの理由がありま"
-"す。一つには、ソフトウェアをå…
¥æ‰‹ã—たユーザがかれらが持つべき自由を得ることが保"
-"証されるということ、もう一つは、人々
が行った改良点を還元するのを奨励"
-"するということです。"
+"ンとなります。GPLは、あるプログラム
の拡張バージョンは、それをリリースするなら"
+"ばGPLのもとでリリースされなければならないと述べています。これは二つの理由があ"
+"ります。一つには、ソフトウェアをå…
¥æ‰‹ã—たユーザがかれらが持つべき自由を得るこ"
+"とが保証されるということ、もう一つは、人々
が行った改良点を還元するのを奨励す"
+"るということです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3390,11 +3361,11 @@
 "free and non-free programs communicate at arms length, that they are not "
 "combined in a way that would make them effectively a single program."
 msgstr ""
-"しかし多くのå 
´åˆã€GPLで保護されたソフトウェアをプロプライエタリ・システãƒ
 ã¨ä¸€ç·’に配布す"
-"ることは可能です。これを妥当な形で行うには、自由なプログラãƒ
 ã¨è‡ªç”±ã§ã¯ãª"
-"いプログラム
とがそれぞれ独立を保った形でコミュニケートし、それらが事実上単一"
-"のプログラム
となってしまうような方法で結合されていないことを確認しなければな"
-"りません。"
+"しかし多くのå 
´åˆã€GPLで保護されたソフトウェアをプロプライエタリ・システãƒ
 ã¨ä¸€"
+"緒にé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とは可能です。これを妥当な形で行うには、自由なプログラãƒ
 ã¨è‡ªç”±"
+"ではないプログラム
とがそれぞれ独立を保った形でコミュニケートし、それらが事実"
+"上単一のプログラム
となってしまうような方法で結合されていないことを確認しなけ"
+"ればなりません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3405,10 +3376,10 @@
 "separate programs.  So the GPL has to cover the whole thing."
 msgstr ""
 "GPLで保護されたソフトウェアを一緒にé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とと「組み込む」こととの違いは、"
-"ある点では実質的な問題であり、ある点では形式の問題です。実質的な問題とは、"
-"二つのプログラム
が結合され、それらが事実上一つのプログラム
の二つの部分となる"
-"ならば、あなたはそれらを二つの別々のプログラム
として扱うことができないという"
-"ことです。よって、この場合GPLがå…
¨ä½“を保護するということになります。"
+"ある点では実質的な問題であり、ある点では形式の問題です。実質的な問題とは、二"
+"つのプログラム
が結合され、それらが事実上一つのプログラム
の二つの部分となるな"
+"らば、あなたはそれらを二つの別々のプログラム
として扱うことができないというこ"
+"とです。よって、この場合GPLがå…
¨ä½“を保護するということになります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3423,9 +3394,10 @@
 
"がきちんと分離されたものであれば、あなたはそれらを二つの別ã€
…のプログラムとし"
 
"て扱うことができます。しかし扱いには気を付けなければなりません。ここで問題と"
 
"なるのは、あなたが何をしているのかちゃんと記述するという単純に形式のことで"
-"す。どうしてわたしたちはこんなことに気を使うのでしょう?
 それは、わたしたちはユーザ"
-"に対し、あるソフトウェアのコレクションに収められたGPLで保護されたソフトウェア"
-"が自由であるということをユーザが明らかに理解することを保証したいからです。"
+"す。どうしてわたしたちはこんなことに気を使うのでしょう?
 それは、わたしたちは"
+"ユーザに対し、あるソフトウェアのコレクションに収められたGPLで保護されたソフト"
+"ウェアが自由であるということをユーザが明らかに理解することを保証したいからで"
+"す。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3435,11 +3407,11 @@
 "know that what they have received is a free program plus another program, "
 "side by side, their rights will be clear."
 msgstr ""
-"人々
が、GPLで保護されたソフトウェアをその一部がプロプライエタリであるとユーザが知ってい"
-"るシステムの「一部」と呼んで配布しようとしているå 
´åˆã€ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¯GPLで保護され"
-"たソフトウェアに関するかれらの権利について自信が持てないかもしれません。しかし"
-"かれらが受け取ったものが自由なプログラム
にそうでないものを並べて追加しただけ"
-"のものだ
ということが分かれば、かれらの権利は明確になるでしょう。"
+"人々
が、GPLで保護されたソフトウェアをその一部がプロプライエタリであるとユーザ"
+"が知っているシステムの「一部」と呼んでé…
å¸ƒã—ようとしている場合、ユーザはGPLで"
+"保護されたソフトウェアに関するかれらの権利について自信が持てないかもしれませ"
+"ん。しかしかれらが受け取ったものが自由なプログラム
にそうでないものを並べて追"
+"加しただけのものだ
ということが分かれば、かれらの権利は明確になるでしょう。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3449,11 +3421,11 @@
 "(such as the X11 license) in between the GPL-covered part and the "
 "proprietary part?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLWrapper\" name=\"GPLWrapper\">"
-"GPLで保護されたソフトウェアをわたしのプロプライエタリ・システãƒ
 ã«çµ„み込みたいと考えています。"
-"GPLで保護された部分とプロプライエタリの部分との間に"
-"GPLと両立するゆるい寛容なライセンス(X11ライセンスのような)の「ラッパー」モジュールを"
-"はさむことにより、これは可能ですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLWrapper\" 
name=\"GPLWrapper\">GPLで保護されたソフトウェア"
+"をわたしのプロプライエタリ・システム
に組み込みたいと考えています。GPLで保護さ"
+"れた部分とプロプライエタリの部分との間にGPLと両立するゆるい寛容なライセンス"
+"(X11ライセンスのような)の「ラッパー」モジュールをはさむことにより、これは可能"
+"ですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3464,10 +3436,10 @@
 "under the GNU GPL."
 msgstr ""
 
"いいえ。X11ライセンスはGPLと両立します。ですから、GPLで保護されたプログラãƒ
 ã«"
-"モジュールを追加
して、そのモジュールはX11ライセンスのもととすることができます。"
-"しかし、もし、その両方をひとつの大きなプログラム
に組み込むならば、全体はGPLに"
-"保護された部分を含みますから、<em>全体としては</em>GNU 
GPLのもとライセンス"
-"されなければならないでしょう。"
+"モジュールを追加
して、そのモジュールはX11ライセンスのもととすることができま"
+"す。しかし、もし、その両方をひとつの大きなプログラム
に組み込むならば、全体は"
+"GPLに保護された部分を含みますから、<em>å…
¨ä½“としては</em>GNU GPLのもとライセン"
+"スされなければならないでしょう。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3475,25 +3447,25 @@
 "only through X11-licensed module B is legally irrelevant; what matters is "
 "the fact that module C is included in the whole."
 msgstr ""
-"プロプライエタリのモジュールAがGPLで保護されたモジュールCと"
-"X11でライセンスされたモジュールBだ
けを通じて通信するという事実は、"
-"法的には関係ありません。問題なのはモジュールCがå…
¨ä½“の中に含まれるという事実です。"
+"プロプライエタリのモジュールAがGPLで保護されたモジュールCとX11でライセンスさ"
+"れたモジュールBだ
けを通じて通信するという事実は、法的には関係ありません。問題"
+"なのはモジュールCがå…
¨ä½“の中に含まれるという事実です。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCLibGCCException\" name=\"LibGCCException\"> Does the libstdc"
 "++ exception permit dynamic linking?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCLibGCCException\" name=\"LibGCCException\">"
-"libstdc++例外は動的リンクを許可しますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCLibGCCException\" 
name=\"LibGCCException\">libstdc++例外は動"
+"的リンクを許可しますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
 "Yes.  The intent of the exception is to allow people to compile proprietary "
 "software using gcc."
 msgstr ""
-"はい。例外の意図は、人々
がgccを使ってプロプライエタリ・ソフトウェアをコンパイルする"
-"ことを許可することです。"
+"はい。例外の意図は、人々
がgccを使ってプロプライエタリ・ソフトウェアをコンパイ"
+"ルすることを許可することです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3504,13 +3476,12 @@
 "obtained those libraries separately.  Why doesn't the GPL permit this?</a></"
 "b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCMoneyGuzzlerInc\" name=\"MoneyGuzzlerInc\">"
-"GPLで保護されたプログラムを改変し、カネヨコセ社(Money 
Guzzler Inc.)から出てい"
-"るポータビリティ・ライブラリとリンクしたいのですが、カネヨコセ社のライブラリ"
-"とリンクしたバージョンを改変したいユーザは、それらのライブラリを別にå
…¥æ‰‹ã—な"
-"ければなりませんので、わたしはカネヨコセ社のライブラ"
-"リのソースコードをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とができません。どうしてGPLはこれを許可していないのですか?"
-"</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCMoneyGuzzlerInc\" 
name=\"MoneyGuzzlerInc\">GPLで保護されたプ"
+"ログラムを改変し、カネヨコセ社(Money Guzzler 
Inc.)から出ているポータビリ"
+"ティ・ライブラリとリンクしたいのですが、カネヨコセ社のライブラリとリンクした"
+"バージョンを改変したいユーザは、それらのライブラリを別にå
…¥æ‰‹ã—なければなりま"
+"せんので、わたしはカネヨコセ社のライブラリのソースコードをé
…å¸ƒã™ã‚‹ã“とができ"
+"ません。どうしてGPLはこれを許可していないのですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid "There are two reasons for this."
@@ -3525,20 +3496,19 @@
 "all sorts of modifications and extensions to GPL-covered software."
 msgstr ""
 
"まず、一般論からご説明しましょう。わたしたちが企業Aに対してプロプライエタリ・"
-"ファイルを作る"
-"ことを認め、さらに企業BがそのファイルとGPLで保護されたソフトウェアをリンクし"
-"たものをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とを認めたとすると、それはGPLにトラックが悠々
通れるほど大き"
-"な抜け穴を開けてしまうということにほかなりません。これは、GPLで保護されたソフト"
-"ウェアへのあらゆる種類の改変や拡張に必
要なソースコードを与えず留保するという"
-"ことに関して、企業に白紙委任状を渡すに等しいからです。"
+"ファイルを作ることを認め、さらに企業BがそのファイルとGPLで保護されたソフト"
+"ウェアをリンクしたものをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とを認めたとすると、それはGPLにトラックが"
+"悠々
通れるほど大きな抜け穴を開けてしまうということにほかなりません。これは、"
+"GPLで保護されたソフトウェアへのあらゆる種類の改変や拡張にå¿
…要なソースコードを"
+"与えず留保するということに関して、企業に白紙委任状を渡すに等しいからです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
 "Giving all users access to the source code is one of our main goals, so this "
 "consequence is definitely something we want to avoid."
 msgstr ""
-"すべてのユーザにソースコードへのアクセスを提供するということはわたしたちの主な目"
-"標の一つであり、上記のような状況はもちろんわたしたちが避けたいものです。"
+"すべてのユーザにソースコードへのアクセスを提供するということはわたしたちの主"
+"な目標の一つであり、上記のような状況はもちろんわたしたちが避けたいものです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3548,9 +3518,9 @@
 "recompile the program."
 msgstr ""
 "よりå…
·ä½“的に言えば、カネヨコセ社のライブラリとリンクされているプログラãƒ
 ã®ã‚"
-"るバージョンは、実際のところわたしたちが理解するところの「自由ソフトウェア」で"
-"はありません。ユーザがプログラム
を改変や再コンパイルすることを可能とする完全"
-"なソースコードとå…
±ã«æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„ないソフトウェアは、自由ソフトウェアとは呼"
+"るバージョンは、実際のところわたしたちが理解するところの「自由ソフトウェア」"
+"ではありません。ユーザがプログラム
を改変や再コンパイルすることを可能とする完"
+"全なソースコードとå…
±ã«æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„ないソフトウェアは、自由ソフトウェアとは呼"
 "ばないからです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
@@ -3562,11 +3532,10 @@
 "Can I combine or link Q with a GPL-covered program?</a></b>"
 msgstr ""
 "<a href=\"#TOCGPLIncompatibleAlone\" name=\"GPLIncompatibleAlone\">あるモ"
-"ジュールQのライセンスの条件がGPLと両立しないのですが、しかしその条件はQが単"
-"体でé…
å¸ƒã•ã‚ŒãŸã¨ãã®ã¿é©ç”¨ã•ã‚Œã€Qがより大規模なプログラム
に含まれているときに"
-"は適用されないというものだ
ったとします。このライセンスはGPLと両立するでしょ"
-"うか? QをGPLで保護されたプログラム
とリンクあるいは結合することができますか?</"
-"a>"
+"ジュールQのライセンスの条件がGPLと両立しないのですが、しかしその条件はQが単体"
+"でé…
å¸ƒã•ã‚ŒãŸã¨ãã®ã¿é©ç”¨ã•ã‚Œã€Qがより大規模なプログラム
に含まれているときには"
+"適用されないというものだ
ったとします。このライセンスはGPLと両立するでしょう"
+"か? QをGPLで保護されたプログラム
とリンクあるいは結合することができますか?</a>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3578,14 +3547,14 @@
 "other words, a user who obtains P+Q under the GPL can delete P, so that just "
 "Q remains, still under the GPL."
 msgstr ""
-"プログラム
PがGPLのもとでリリースされているということは、<strong>Pのあらゆる部分"
-"</strong>がGPLに従って利用できるということを意味します。"
-"もしあなたがモジュールQをPに統合し、"
-"結合されたプログラム
P+QをGPLのもとでリリースしたならば、P+Qのå…
¨éƒ¨åˆ†ãŒGPLのもとで利用"
-"できるということになります。P+Qの一部はQです。ですから、P+QをGPLのもとでリリースす"
-"るということは、Qのいかなる部分ももGPLのもとで利用できるということにほかなりませ"
-"ん。言い換えれば、あるユーザがP+QをGPL のもとでå…
¥æ‰‹ã—てPに相当する部分を削除す"
-"れば、Qだ
けが残り、しかもGPLのもとで利用できるということになるのです。"
+"プログラム
PがGPLのもとでリリースされているということは、<strong>Pのあらゆる部"
+"分</strong>がGPLに従って利用できるということを意味します。もしあなたがモ"
+"ジュールQをPに統合し、結合されたプログラム
P+QをGPLのもとでリリースしたなら"
+"ば、P+Qのå…
¨éƒ¨åˆ†ãŒGPLのもとで利用できるということになります。P+Qの一部はQで"
+"す。ですから、P+QをGPLのもとでリリースするということは、Qのいかなる部分もも"
+"GPLのもとで利用できるということにほかなりません。言い換えれば、あるユーザがP"
+"+QをGPL のもとでå…
¥æ‰‹ã—てPに相当する部分を削除すれば、Qだ
けが残り、しかもGPLの"
+"もとで利用できるということになるのです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3603,11 +3572,11 @@
 "you can't release P+Q under the GPL either.  So you cannot link or combine P "
 "with Q."
 msgstr ""
-"Qのライセンスが、Qをそれ単体で再é…
å¸ƒã™ã‚‹éš›ã«ä½•ã‹(GPLと両立しないこと)をしなけれ"
-"ばならないとはっきりと述べているå 
´åˆã«ã¯ã€QのライセンスはQをGPLのもとで配布"
-"することを許可していません。よってあなたはP+QをGPLのもとでé
…å¸ƒã™ã‚‹ã“と自体がで"
-"きません。ですからあなたはPをQとリンクしたり結合したりすることはできないので"
-"す。"
+"Qのライセンスが、Qをそれ単体で再é…
å¸ƒã™ã‚‹éš›ã«ä½•ã‹(GPLと両立しないこと)をしなけ"
+"ればならないとはっきりと述べているå 
´åˆã«ã¯ã€QのライセンスはQをGPLのもとで配布"
+"することを許可していません。よってあなたはP+QをGPLのもとでé
…å¸ƒã™ã‚‹ã“と自体が"
+"できません。ですからあなたはPをQとリンクしたり結合したりすることはできないの"
+"です。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3615,8 +3584,9 @@
 "release a modified version of a GPL-covered program in binary form only?</"
 "a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCModifiedJustBinary\" name=\"ModifiedJustBinary\">"
-"GPLで保護されたプログラム
の改変したバージョンをバイナリ形æ…
‹ã®ã¿ã§ãƒªãƒªãƒ¼ã‚¹ã§ãã¾ã™ã‹?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCModifiedJustBinary\" 
name=\"ModifiedJustBinary\">GPLで保護さ"
+"れたプログラムの改変したバージョンをバイナリ形æ…
‹ã®ã¿ã§ãƒªãƒªãƒ¼ã‚¹ã§ãã¾ã™ã‹?</"
+"a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3625,10 +3595,10 @@
 "particular, that the source code of the modified version is available to the "
 "users."
 msgstr ""
-"いいえ。GPLのå…
¨ä½“のポイントは、すべての改変バージョンが<a "
-"href=\"/philosophy/free-sw.html\">自由ソフトウェア</a>&mdash;でなければならない"
-"ということです。特にこのå 
´åˆã€æ”¹å¤‰ãƒãƒ¼ã‚¸ãƒ§ãƒ³ã®ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ãŒãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã«åˆ©ç”¨å¯èƒ½ã§ãªã‘れば"
-"ならないという意味となります。"
+"いいえ。GPLのå…
¨ä½“のポイントは、すべての改変バージョンが<a 
href=\"/philosophy/"
+"free-sw.html\">自由ソフトウェア</a>&mdash;でなければならないということです。"
+"特にこのå 
´åˆã€æ”¹å¤‰ãƒãƒ¼ã‚¸ãƒ§ãƒ³ã®ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ãŒãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã«åˆ©ç”¨å¯èƒ½ã§ãªã‘ればならな"
+"いという意味となります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3636,8 +3606,8 @@
 "downloaded just the binary from the net.  If I distribute copies, do I have "
 "to get the source and distribute that too?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCUnchangedJustBinary\" name=\"UnchangedJustBinary\">"
-"バイナリだ
けをネットからダウンロードしました。もし、わたしがコピーをé
…å¸ƒã™ã‚‹ã¨ãã€"
+"<b><a href=\"#TOCUnchangedJustBinary\" 
name=\"UnchangedJustBinary\">バイナリ"
+"だ
けをネットからダウンロードしました。もし、わたしがコピーをé
…å¸ƒã™ã‚‹ã¨ãã€"
 "ソースコードを取得してそれもé…
å¸ƒã—なければなりませんか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
@@ -3646,9 +3616,9 @@
 "the complete corresponding source code too.  The exception for the case "
 "where you received a written offer for source code is quite limited."
 msgstr ""
-"はい。一般的なルールは、バイナリをé…
å¸ƒã—たら、対応する完全なバイナリも"
-"é…
å¸ƒã—なければならない、です。ソースコードの書面による申し出を"
-"受け取った場合の例外はとても限定的なものです。"
+"はい。一般的なルールは、バイナリをé…
å¸ƒã—たら、対応する完全なバイナリも配布し"
+"なければならない、です。ソースコードの書面による申し出を受け取ったå
 ´åˆã®ä¾‹å¤–"
+"はとても限定的なものです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3658,9 +3628,9 @@
 "FTP instead of by mail order?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCDistributeWithSourceOnInternet\" name="
-"\"DistributeWithSourceOnInternet\">"
-"バイナリを、対応するソース抜きで物理的媒体でé…
å¸ƒã—たいのですが、メールオーダーの代わり"
-"に、FTPでソースコードを提供してもよいでしょうか?</a></b>"
+"\"DistributeWithSourceOnInternet\">バイナリを、対応するソース抜きで物理的媒体"
+"でé…
å¸ƒã—たいのですが、メールオーダーの代わりに、FTPでソースコードを提供しても"
+"よいでしょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3684,12 +3654,12 @@
 "code from you, which means you must be prepared to send it to them by post."
 msgstr ""
 
"ユーザがソースを注文したとき、あなたはそのユーザがソースを得られるよう保証し"
-"なければなりません。ある特定のユーザが、あなたからanonymous
 FTPでソースを便利に入"
-"手できるなら、FTPは期待
された役割を果たしているということで大いに結構です。し"
-"かしすべてのユーザがネットワークにつながっているわけではありません。そういっ"
-"たユーザたちもあなたからソースコードを得る権利は他の人同様持っているわけです"
-"から、あなたはかれらにソースを郵便経由で送るよう準備しておかなければなりませ"
-"ん。"
+"なければなりません。ある特定のユーザが、あなたからanonymous
 FTPでソースを便利"
+"に入手できるなら、FTPは期待
された役割を果たしているということで大いに結構で"
+"す。しかしすべてのユーザがネットワークにつながっているわけではありません。そ"
+"ういったユーザたちもあなたからソースコードを得る権利は他の人同様持っているわ"
+"けですから、あなたはかれらにソースを郵便経由で送るよう準備しておかなければな"
+"りません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3714,8 +3684,8 @@
 "If you distribute binaries via FTP, <a href=\"#AnonFTPAndSendSource\">you "
 "should distribute source via FTP.</a>"
 msgstr ""
-"FTPでバイナリを配布する場合、<a 
href=\"#AnonFTPAndSendSource\">あなたは"
-"ソースもFTPで配布するべきです。</a>"
+"FTPでバイナリを配布する場合、<a 
href=\"#AnonFTPAndSendSource\">あなたはソース"
+"もFTPで配布するべきです。</a>"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3725,10 +3695,9 @@
 "myself to obtain the source?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCRedistributedBinariesGetSource\" name="
-"\"RedistributedBinariesGetSource\">"
-"わたしの友達がGPLで保護されたバイナリをソースコードの申し出とともに取得しました。"
-"そして、ひとつコピーをわたしにくれました。その申し出をわたし自身が使って、"
-"ソースを得ることができますか?</a></b>"
+"\"RedistributedBinariesGetSource\">わたしの友達がGPLで保護されたバイナリを"
+"ソースコードの申し出とともに取得しました。そして、ひとつコピーをわたしにくれ"
+"ました。その申し出をわたし自身が使って、ソースを得ることができますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3737,10 +3706,10 @@
 "you a copy of the offer along with a copy of the binary&mdash;so you can "
 "take advantage of it."
 msgstr ""
-"はい、できます。申し出はそれと一緒に来たバイナリのコピーを持っている誰に対しても"
-"隠
し立てのないものでなければなりません。これが、GPLが、バイナリのコピーにそって"
-"申し出のコピーを渡さなければならないと言っている理由です。"
-"ですから、それを利用することができます。"
+"はい、できます。申し出はそれと一緒に来たバイナリのコピーを持っている誰に対し"
+"ても隠
し立てのないものでなければなりません。これが、GPLが、バイナリのコピーに"
+"そって申し出のコピーを渡さなければならないと言っている理由です。ですから、そ"
+"れを利用することができます。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3749,9 +3718,9 @@
 "server and put the source on a different Internet site?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCSourceAndBinaryOnDifferentSites\" name="
-"\"SourceAndBinaryOnDifferentSites\">"
-"バイナリをわたしのインターネットサーバに置き、ソースは他のインターネットサイトに"
-"置くということはできるでしょうか?</a></b>"
+"\"SourceAndBinaryOnDifferentSites\">バイナリをわたしのインターネットサーバに"
+"置き、ソースは他のインターネットサイトに置くということはできるでしょうか?</"
+"a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3765,8 +3734,8 @@
 
"セスを提供しなければならないと定めています。すなわち、バイナリのとなりにソー"
 
"スを置くということです。しかし、他のサイトと協定を結んで、å¿
…要なソースコード"
 "をå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã—続けてもらい、バイナリの近傍にソースコードへのリンクやクロスリ"
-"ファレンスを張って置くならば、わたしたちは「同じå 
´æ‰€ã‹ã‚‰ã€ã¨è¨€ã£ã¦ã‚ˆã„と判断しま"
-"す。"
+"ファレンスを張って置くならば、わたしたちは「同じå 
´æ‰€ã‹ã‚‰ã€ã¨è¨€ã£ã¦ã‚ˆã„と判断"
+"します。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3783,10 +3752,10 @@
 "サイトを見つけて、人々にそっちを見ろと言うだ
けでは不十分だということです。明"
 
"日になればそのサイトはソースコードを削除してしまうかもしれませんし、あるいは"
 "単に同じプログラム
の新しいバージョンで置き換えてしまうかもしれません。そうす"
-"るとあなたはもはやGPLの要件を満たしているとは言えなくなります。要件を満"
-"たすべく十分な努力を払うには、あなたは他のサイトとはっきりした協"
-"定を結び、あなたがバイナリをå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã—ておく期間中はソースがそこで入手可能"
-"であるということを保証しなければなりません。"
+"るとあなたはもはやGPLの要件を満たしているとは言えなくなります。要件を満たすべ"
+"く十分な努力を払うには、あなたは他のサイトとはっきりした協定を結び、あなたが"
+"バイナリを入手可能にしておく期間中はソースがそこでå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã§ã‚るということを"
+"保証しなければなりません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3796,8 +3765,8 @@
 "</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCDistributeExtendedBinary\" name=\"DistributeExtendedBinary"
-"\">あるGPLで保護されたプログラム
の拡張したバージョンをバイナリ形式で配布したいの"
-"ですが、オリジナルバージョンのソースを配布するだ
けで十分ですか?</a></b>"
+"\">あるGPLで保護されたプログラム
の拡張したバージョンをバイナリ形式で配布した"
+"いのですが、オリジナルバージョンのソースを配布するだ
けで十分ですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3816,7 +3785,8 @@
 msgstr ""
 
"自由ソフトウェアという考え方の一部分は、ユーザが*かれらが使うプログラãƒ
 *の"
 "ソースコードへのアクセスを得るべきだ
ということです。あなたのバージョンを使っ"
-"ている人々
は、あなたのバージョンのソースコードへのアクセスを得るべきなのです。"
+"ている人々
は、あなたのバージョンのソースコードへのアクセスを得るべきなので"
+"す。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3825,10 +3795,10 @@
 "improved version of a GPL-covered program, you must release the improved "
 "source code under the GPL."
 msgstr ""
-"GPLの主な目標は、自由なプログラム
への改良がそれら自身自由であることを保証"
-"することにより、自由な世界を構築することです。もしあなたがGPL
 で保護されたプ"
-"ログラム
の改良されたバージョンをリリースしたならば、あなたは 
GPLのもとで改良された"
-"ソースコードをリリースしなければなりません。"
+"GPLの主な目標は、自由なプログラム
への改良がそれら自身自由であることを保証する"
+"ことにより、自由な世界を構築することです。もしあなたがGPL
 で保護されたプログ"
+"ラム
の改良されたバージョンをリリースしたならば、あなたは 
GPLのもとで改良され"
+"たソースコードをリリースしなければなりません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3839,17 +3809,17 @@
 "b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCDistributingSourceIsInconvenient\" name="
-"\"DistributingSourceIsInconvenient\">"
-"バイナリを配布したいのですが、完全なソースをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã®ã¯ä¸ä¾¿ã§ã™ã€‚ユーザに、"
-"バイナリといっしょに「標準」バージョンからの差分(diff)を提供するã
 ã‘で良いで"
-"すか?</a></b>"
+"\"DistributingSourceIsInconvenient\">バイナリをé…
å¸ƒã—たいのですが、完全なソー"
+"スをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã®ã¯ä¸ä¾¿ã§ã™ã€‚ユーザに、バイナリといっしょに「標準」バージョンか"
+"らの差分(diff)を提供するだけで良いですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
 "This is a well-meaning request, but this method of providing the source "
 "doesn't really do the job."
 msgstr ""
-"これは意味のある要求ですが、このソース提供方法は実のところあまり役に立ちません。"
+"これは意味のある要求ですが、このソース提供方法は実のところあまり役に立ちませ"
+"ん。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3867,8 +3837,8 @@
 msgid ""
 "So you need to provide complete sources, not just diffs, with the binaries."
 msgstr ""
-"ですから、あなたは差分だけではなく、完å…
¨ãªã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚’バイナリと共に配布しなければな"
-"りません。"
+"ですから、あなたは差分だけではなく、完å…
¨ãªã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚’バイナリと共に配布しなけれ"
+"ばなりません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3876,9 +3846,9 @@
 "want to make binaries available for anonymous FTP, but send sources only to "
 "people who order them.</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCAnonFTPAndSendSource\" name=\"AnonFTPAndSendSources\">"
-"Anonymous FTPでバイナリをå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã—たいのですが、ソースはそれを注文し"
-"た人にのみ送りたいのです。</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCAnonFTPAndSendSource\" name=\"AnonFTPAndSendSources"
+"\">Anonymous FTPでバイナリをå…
¥æ‰‹å¯èƒ½ã«ã—たいのですが、ソースはそれを注文した"
+"人にのみ送りたいのです。</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3888,12 +3858,11 @@
 "section 3(b) allows this.  But if you can find a site to distribute your "
 "program, you can surely find one that has room for the sources."
 msgstr ""
-"Anonymous FTPでバイナリをé…
å¸ƒã—たいならば、ソースを第3節に挙げられた選択肢の一つの"
-"どれかで提供する必
要があります。これはそんなに難しいことではないはずで"
-"す。ソースの書面による申し出は、もし、それを望むならば、提供することができます。"
-"第三節(b)がそれを認めています。しかし、"
-"プログラムをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã‚µã‚¤ãƒˆã‚’見つけられたのですから、ソースを置く余地のあ"
-"るサイトも見つけられるでしょう。"
+"Anonymous FTPでバイナリをé…
å¸ƒã—たいならば、ソースを第3節に挙げられた選択肢の"
+"一つのどれかで提供する必
要があります。これはそんなに難しいことではないはずで"
+"す。ソースの書面による申し出は、もし、それを望むならば、提供することができま"
+"す。第三節(b)がそれを認めています。しかし、プログラム
を配布するサイトを見つけ"
+"られたのですから、ソースを置く余地のあるサイトも見つけられるでしょう。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3902,10 +3871,10 @@
 "are for the same version of the program&mdash;not an older version and not a "
 "newer version."
 msgstr ""
-"どのようにソースを配布するとしても、"
-"あなたが提供するソースは正確にバイナリと確実に対応していなければなりません。特に、"
-"あなたはそれらがプログラム
の同じバージョンのソースであることを保証しなければ"
-"なりません。古くても新しくてもダメです。"
+"どのようにソースをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã¨ã—ても、あなたが提供するソースは正確にバイナリと"
+"確実に対応していなければなりません。特に、あなたはそれらがプログラãƒ
 ã®åŒã˜"
+"バージョンのソースであることを保証しなければなりません。古くても新しくてもダ"
+"メです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3924,9 +3893,8 @@
 "downloads the binaries also gets the source?</a></b>"
 msgstr ""
 "<b><a href=\"#TOCHowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource\" name="
-"\"HowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource\">"
-"バイナリをダウンロードした各ユーザがソースもå…
¥æ‰‹ã—たということを確認するには"
-"どうしたらいいですか?</a></b>"
+"\"HowCanIMakeSureEachDownloadGetsSource\">バイナリをダウンロードした各ユーザ"
+"がソースもå…
¥æ‰‹ã—たということを確認するにはどうしたらいいですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3945,9 +3913,9 @@
 "get the source code, not to force users to download the source code even if "
 "they don't want it."
 msgstr ""
-"再配布者
へのわたしたちの要求は、ユーザがソースコードをå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã¨ã„うことを保証"
-"するということを意図しているのであって、ユーザが欲しくもないのにソースコード"
-"をダウンロードするよう強制しろということではありません。"
+"再配布者
へのわたしたちの要求は、ユーザがソースコードをå…
¥æ‰‹ã§ãã‚‹ã¨ã„うことを"
+"保証するということを意図しているのであって、ユーザが欲しくもないのにソース"
+"コードをダウンロードするよう強制しろということではありません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -3955,9 +3923,9 @@
 "running a modified version of a GPL'ed program on a web site.  Does the GPL "
 "say they must release their modified sources?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCUnreleasedMods\" name=\"UnreleasedMods\">"
-"ある会社がGPLのプログラム
の改変バージョンをウェブサイトで動かしています。"
-"GPLはかれらは改変したソースコードをé…
å¸ƒã—なければならないと言ってますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCUnreleasedMods\" 
name=\"UnreleasedMods\">ある会社がGPLのプロ"
+"グラム
の改変バージョンをウェブサイトで動かしています。GPLはかれらは改変した"
+"ソースコードをé…
å¸ƒã—なければならないと言ってますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -3965,9 +3933,9 @@
 "distributing it to others.  What this company is doing is a special case of "
 "that.  Therefore, the company does not have to release the modified sources."
 msgstr ""
-"GPLは誰もが改変したバージョンを作成し、他にé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“となく、"
-"使うことを許しています。この会社が行っているのはこの特別なå
 ´åˆã§ã™ã€‚"
-"ですから、この会社が改変したソースコードをリリースするå¿
…要はありません。"
+"GPLは誰もが改変したバージョンを作成し、他にé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“となく、使うことを許して"
+"います。この会社が行っているのはこの特別なå 
´åˆã§ã™ã€‚ですから、この会社が改変"
+"したソースコードをリリースする必要はありません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3978,12 +3946,12 @@
 "the source code in that special case.  We are thinking about doing something "
 "like this in GPL version 3, but we don't have precise wording in mind yet."
 msgstr ""
-"人々にとって、改変を作成し、その改変をå…
¬è¡¨ã™ã‚‹ã“となく、プライベートに使う自由を"
-"有することは重要なことです。しかしながら、そのプログラãƒ
 ã‚’公衆のためのサーバ・マシンに"
-"つなぐために置くことは、「プライベート」の利用と言うことは難しく、"
-"この特別のå 
´åˆã«ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã®ãƒªãƒªãƒ¼ã‚¹ã‚’要求することはもっともでしょう。"
-"GPLバージョン3になにかこのようなことをすることを検討していますが、"
-"まだ、具体的な言い方は考えていません。"
+"人々にとって、改変を作成し、その改変をå…
¬è¡¨ã™ã‚‹ã“となく、プライベートに使う自"
+"由を有することは重要なことです。しかしながら、そのプログラãƒ
 ã‚’公衆のための"
+"サーバ・マシンにつなぐために置くことは、「プライベート」の利用と言うことは難"
+"しく、この特別のå 
´åˆã«ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ã®ãƒªãƒªãƒ¼ã‚¹ã‚’要求することはもっともでしょ"
+"う。GPLバージョン3になにかこのようなことをすることを検討していますが、まã
 ã€"
+"具体的な言い方は考えていません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -3999,8 +3967,9 @@
 "making and using multiple copies within one organization or company &ldquo;"
 "distribution&rdquo;?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCInternalDistribution\" name=\"InternalDistribution\">"
-"一つの組織あるいは会社で複数のコピーを作成して使うことは「é
…å¸ƒã€ã¨ãªã‚Šã¾ã™ã‹?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCInternalDistribution\" 
name=\"InternalDistribution\">一つの"
+"組織あるいは会社で複数のコピーを作成して使うことは「é
…å¸ƒã€ã¨ãªã‚Šã¾ã™ã‹?</a></"
+"b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -4009,11 +3978,11 @@
 "version and install that version through its own facilities, without giving "
 "the staff permission to release that modified version to outsiders."
 msgstr ""
-"いいえ、そのケースでは、その組織は自分自身のためにコピーを作成しているã
 ã‘です。"
-"結果として、ある会社やほかの組織は、改変されたバージョンを開発したり、"
-"そのバージョンを自分自身の設備を通じてインストールできます。"
-"これは、そのスタッフに、その改変したバージョンを外部にリリースする許可を与える"
-"ことなくできます。"
+"いいえ、そのケースでは、その組織は自分自身のためにコピーを作成しているã
 ã‘で"
+"す。結果として、ある会社やほかの組織は、改変されたバージョンを開発したり、そ"
+"のバージョンを自分自身の設備を通じてインストールできます。これは、そのスタッ"
+"フに、その改変したバージョンを外部にリリースする許可を与えることなくできま"
+"す。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4021,9 +3990,9 @@
 "individuals, that is distribution.  In particular, providing copies to "
 "contractors for use off-site is distribution."
 msgstr ""
-"しかしながら、その組織がコピーをほかの組織や個人に移したとき、それはé
…å¸ƒã¨ãªã‚Šã¾ã™ã€‚"
-"特に、そのå 
´æ‰€ä»¥å¤–での利用のためにコントラクタにコピーを提供することは、"
-"配布です。"
+"しかしながら、その組織がコピーをほかの組織や個人に移したとき、それはé
…å¸ƒã¨ãª"
+"ります。特に、そのå 
´æ‰€ä»¥å¤–での利用のためにコントラクタにコピーを提供すること"
+"は、配布です。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -4031,9 +4000,9 @@
 "containing a version of a GPL-covered program, does the GPL give him the "
 "right to redistribute that version?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCStolenCopy\" name=\"StolenCopy\">"
-"誰かがGPLで保護されたプログラムのバージョンがå…
¥ã£ãŸCDを盗みました。"
-"GPLは、かれに、このバージョンを再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’与えますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCStolenCopy\" 
name=\"StolenCopy\">誰かがGPLで保護されたプログ"
+"ラムのバージョンがå…
¥ã£ãŸCDを盗みました。GPLは、かれに、このバージョンを再é…
å¸ƒ"
+"する権利を与えますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -4042,10 +4011,10 @@
 "is imprisoned for stealing the CD he may have to wait until his release "
 "before doing so."
 msgstr ""
-"そのバージョンが(盗み以前に)既にどこかにリリースされているのであれば、"
-"盗んだ人はおそらくコピーを作成し、再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’GPLのもとで有するでしょう。"
-"しかし、CDを盗んだことで刑務所にå…
¥ã‚‹ã®ãªã‚‰ã°ã€ã‹ã‚Œã¯ãã†ã™ã‚‹å‰ã«"
-"解放されるまで待つ必要があるかもしれません。"
+"そのバージョンが(盗み以前に)既にどこかにリリースされているのであれば、盗んã
 "
+"人はおそらくコピーを作成し、再é…
å¸ƒã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã‚’GPLのもとで有するでしょう。しか"
+"し、CDを盗んだことで刑務所にå…
¥ã‚‹ã®ãªã‚‰ã°ã€ã‹ã‚Œã¯ãã†ã™ã‚‹å‰ã«è§£æ”¾ã•ã‚Œã‚‹ã¾ã§å¾…"
+"つ必要があるかもしれません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4056,22 +4025,21 @@
 "that would violate the GPL, but if the company hasn't released this version, "
 "no such violation has occurred."
 msgstr ""
-"もし、問題のそのバージョンが、発表されていないもので、ある会社によって"
-"そのトレード・シークレットと考えられているのならば、"
-"その他の状況にもよりますが、それを公表することは"
-"トレード・シークレットの法律の違反となる可能性があります。"
-"GPLはこれを変更はできません。"
-"もし、その会社がそのバージョンをリリースしようとし、それでもなお、トレード・シークレット"
-"とみなそうとするのならば、それはGPLに違反するでしょう。しかし、その会社がそのバージョンを"
-"リリースしていなければ、そのような違反は起こりません。"
+"もし、問題のそのバージョンが、発表されていないもので、ある会社によってそのト"
+"レード・シークレットと考えられているのならば、その他の状況にもよりますが、そ"
+"れをå…
¬è¡¨ã™ã‚‹ã“とはトレード・シークレットの法律の違反となる可能性があります。"
+"GPLはこれを変更はできません。もし、その会社がそのバージョンをリリースしようと"
+"し、それでもなお、トレード・シークレットとみなそうとするのならば、それはGPLに"
+"違反するでしょう。しかし、その会社がそのバージョンをリリースしていなければ、"
+"そのような違反は起こりません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCTradeSecretRelease\" name=\"TradeSecretRelease\">What if a "
 "company distributes a copy as a trade secret?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCTradeSecretRelease\" name=\"TradeSecretRelease\">"
-"ある会社があるコピーをトレード・シークレットとしてé…
å¸ƒã—たらどうですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCTradeSecretRelease\" 
name=\"TradeSecretRelease\">ある会社が"
+"あるコピーをトレード・シークレットとしてé…
å¸ƒã—たらどうですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -4083,8 +4051,8 @@
 msgstr ""
 "もし、ある会社があるコピーをあなたにé…
å¸ƒã—て、それをトレード・シークレットと"
 "主張するならば、その会社はGPLに違反しており、é…
å¸ƒã‚’停止しなければなりません。"
-"これが上述の窃盗のケースと違うのは、その会社は盗まれたå
 ´åˆã«ã¯æ„å›³ã—てコピーを"
-"é…
å¸ƒã—たのではないので、そのケースではGPLには違反していないのです。"
+"これが上述の窃盗のケースと違うのは、その会社は盗まれたå
 ´åˆã«ã¯æ„å›³ã—てコピー"
+"をé…
å¸ƒã—たのではないので、そのケースではGPLには違反していないのです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -4092,8 +4060,8 @@
 "are some GNU libraries released under the ordinary GPL rather than the "
 "Lesser GPL?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWhySomeGPLAndNotLGPL\" name=\"WhySomeGPLAndNotLGPL\">"
-"いくつかのGNUライブラリが、劣等GPLではなくふつうのGPLのもとでリリースされているのは"
+"<b><a href=\"#TOCWhySomeGPLAndNotLGPL\" 
name=\"WhySomeGPLAndNotLGPL\">いくつ"
+"かのGNUライブラリが、劣等GPLではなくふつうのGPLのもとでリリースされているのは"
 "なぜですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
@@ -4103,11 +4071,11 @@
 "users' freedom, and some of the requirements to share what is built on top "
 "of GPL-covered software.  In themselves, those are changes for the worse."
 msgstr ""
-"劣等GPLを特定のライブラリに適用するのは、自由ソフトウェアにとっては後退を意"
-"味します。それはわたしたちがユーザの自由を守ろうとする試みを部分的に放棄している"
-"ということを意味し、GPLで保護されたソフトウェアの上に築かれたものをå
…±æœ‰ã™ã‚‹ãŸ"
-"めの要件の一部を放棄していることにもなります。本質的に、それらは良くない変化"
-"です。"
+"劣等GPLを特定のライブラリに適用するのは、自由ソフトウェアにとっては後退を意味"
+"します。それはわたしたちがユーザの自由を守ろうとする試みを部分的に放棄してい"
+"るということを意味し、GPLで保護されたソフトウェアの上に築かれたものをå
…±æœ‰ã™ã‚‹"
+"ための要件の一部を放棄していることにもなります。本質的に、それらは良くない変"
+"化です。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4120,9 +4088,9 @@
 "局地的な後退が良い戦略であることもあります。å 
´åˆã«ã‚ˆã£ã¦ã¯ã€LGPLをライブラリ"
 
"に適用すればそのライブラリがより広く使われるようになり、改良がより多くåŠ
 ãˆã‚‰"
 
"れ、ソフトウェアへのより広汎なサポートが得られる、といったことが起こるかもし"
-"れません。これは、もし華々
しい成果が得られるならば自由ソフトウェアにとって"
-"良いことと言えるでしょう。しかしこれがどの程度起こるのか、わたしたちにできるのは"
-"予想することだけです。"
+"れません。これは、もし華々
しい成果が得られるならば自由ソフトウェアにとって良"
+"いことと言えるでしょう。しかしこれがどの程度起こるのか、わたしたちにできるの"
+"は予想することだけです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4142,9 +4110,9 @@
 "There is a <a href=\"/licenses/why-not-lgpl.html\"> long explanation</a> of "
 "how we judge the question."
 msgstr ""
-"ですからわたしたちはそれぞれのライブラリにどのライセンスを適用するか、ケースバイ"
-"ケースで決めています。この問題をどう判断しているかについては、以下に"
-"<a href=\"/licenses/why-not-lgpl.html\">長い説明</a>があります。"
+"ですからわたしたちはそれぞれのライブラリにどのライセンスを適用するか、ケース"
+"バイケースで決めています。この問題をどう判断しているかについては、以下に<a
 "
+"href=\"/licenses/why-not-lgpl.html\">長い説明</a>があります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -4153,11 +4121,11 @@
 "make proprietary software.  Will you make an exception for us? It would mean "
 "more users of that program.</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWillYouMakeAnException\" name=\"WillYouMakeAnException"
-"\">プロプライエタリ・ソフトウェアを作ろうとするわたしたちのプロジェクトにおいて、あるGPLが適用"
-"されたGNUプログラム
を使いたいのですが、GPLがそれを許してくれません。わたしたちの"
-"ために例外を設けてくれませんか? 
そうすればそのプログラムはより多くのユーザを"
-"得ることになるんです。</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCWillYouMakeAnException\" name=\"WillYouMakeAnException\">プ"
+"ロプライエタリ・ソフトウェアを作ろうとするわたしたちのプロジェクトにおいて、"
+"あるGPLが適用されたGNUプログラム
を使いたいのですが、GPLがそれを許してくれませ"
+"ん。わたしたちのために例外を設けてくれませんか? 
そうすればそのプログラムはよ"
+"り多くのユーザを得ることになるんです。</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid "Sorry, we don't make such exceptions.  It would not be right."
@@ -4171,10 +4139,10 @@
 "give the crucial freedoms to as many users as possible.  In general, "
 "proprietary software projects hinder rather than help the cause of freedom."
 msgstr ""
-"ユーザ数を最大化することがわたしたちの目標なのではありません。むしろ、"
-"わたしたちはできる限り多くのユーザに重要な自由を与えようと努力しています。一般的"
-"にいって、プロプライエタリ・ソフトウェアのプロジェクトは自由の主張を助けるものではなく、"
-"妨げるものです。"
+"ユーザ数を最大化することがわたしたちの目標なのではありません。むしろ、わたし"
+"たちはできる限り多くのユーザに重要な自由を与えようと努力しています。一般的に"
+"いって、プロプライエタリ・ソフトウェアのプロジェクトは自由の主張を助けるもの"
+"ではなく、妨げるものです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4182,10 +4150,10 @@
 "producing free software under a license other than the GPL.  However, we "
 "have to see a good reason why this will advance the cause of free software."
 msgstr ""
-"å 
´åˆã«ã‚ˆã£ã¦ã¯ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã«ä¾‹å¤–を設け、GPL以外のライセンスのもとで"
-"自由ソフトウェアを作っているプロジェクトを支援することもありますが、しかしそ"
-"のためには、なぜそれが自由ソフトウェアの主張を促進させるのかについてきちん"
-"とした理由がないといけません。"
+"å 
´åˆã«ã‚ˆã£ã¦ã¯ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã«ä¾‹å¤–を設け、GPL以外のライセンスのもとで自由ソフト"
+"ウェアを作っているプロジェクトを支援することもありますが、しかしそのために"
+"は、なぜそれが自由ソフトウェアの主張を促進させるのかについてきちんとした理由"
+"がないといけません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4194,19 +4162,19 @@
 "very cautious about this, so you will have to show us very convincing "
 "reasons."
 msgstr ""
-"また、わたしたちはときたまパッケージのé…
å¸ƒæ¡ä»¶ã‚’変更することもありますが、それは"
-"変更が明らかに自由ソフトウェアの主張を満たす正しい道であるように考えられる"
-"ときに限ります。しかしこれに関してはわたしたちは非常にæ
…Žé‡ãªã®ã§ã€ã‚な"
-"たはわたしたちを納得させられるだ
けの十分説得力ある理由を示す必要があるでしょう。"
+"また、わたしたちはときたまパッケージのé…
å¸ƒæ¡ä»¶ã‚’変更することもありますが、そ"
+"れは変更が明らかに自由ソフトウェアの主張を満たす正しい道であるように考えられ"
+"るときに限ります。しかしこれに関してはわたしたちは非常にæ
…Žé‡ãªã®ã§ã€ã‚なたは"
+"わたしたちを納得させられるだ
けの十分説得力ある理由を示す必要があるでしょう。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCVersionTwoOrLater\" name=\"VersionTwoOrLater\">Why should "
 "programs say &ldquo;Version 2 of the GPL or any later version&rdquo;?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCVersionTwoOrLater\" name=\"VersionTwoOrLater\">"
-"プログラム
で「GPLのバージョン2かそれ以降のすべてバージョン」というように述べる"
-"べきなのはなぜですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCVersionTwoOrLater\" 
name=\"VersionTwoOrLater\">プログラムで"
+"「GPLのバージョン2かそれ以降のすべてバージョン」というように述べるべきなのは"
+"なぜですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -4217,11 +4185,12 @@
 "it possible for us to change the distribution terms on the entire collection "
 "of GNU software, when we update the GPL."
 msgstr ""
-"時の変遷に従い、数年の間を置いて、わたしたちはGPLを変更します。何かを明確化すると"
-"きもありますし、それまでは許可していなかった特定の類の利用を許可することもあ"
-"り、また要件を厳æ 
¼åŒ–することもあります。(最後の改変は1991 
年に行われました。) こ"
-"の「間接的なポインタ」をそれぞれのプログラム
で使うことで、GPLを更新するときに、"
-"GNUソフトウェアのコレクション全体のé…
å¸ƒæ¡ä»¶ã‚’改変することが可能になります。"
+"時の変遷に従い、数年の間を置いて、わたしたちはGPLを変更します。何かを明確化す"
+"るときもありますし、それまでは許可していなかった特定の類の利用を許可すること"
+"もあり、また要件を厳æ 
¼åŒ–することもあります。(最後の改変は1991 年に行われまし"
+"た。) この「間接的なポインタ」をそれぞれのプログラム
で使うことで、GPLを更新す"
+"るときに、GNUソフトウェアのコレクション全体のé…
å¸ƒæ¡ä»¶ã‚’改変することが可能にな"
+"ります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4231,9 +4200,9 @@
 "distribution terms for GNU software would be nil."
 msgstr ""
 "それぞれのプログラム
に間接的ポインタがないと、数多くの著作権者
と変更について"
-"長々
と議論せざるを得なくなるかも知れず、また事実上これは不可能でしょう。"
-"実際には、GNUソフトウェアが一様なé…
å¸ƒæ¡ä»¶ã‚’持つと言う可能性はゼロと"
-"なってしまうでしょう。"
+"長々
と議論せざるを得なくなるかも知れず、また事実上これは不可能でしょう。実際"
+"には、GNUソフトウェアが一様なé…
å¸ƒæ¡ä»¶ã‚’持つと言う可能性はゼロとなってしまうで"
+"しょう。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4248,15 +4217,15 @@
 "terms of GPL version 2&mdash;even after later versions of the GPL are "
 "available."
 msgstr ""
-"あるプログラム
が「GPLのバージョン2かそれ以降のすべてのバージョン」が適用されると"
-"述べており、GPLの新バージョンがリリースされたとしましょう。新しいGPLが追åŠ
 çš„な許可を与"
-"えるものであれば、その許可は即座にプログラム
のすべてのユーザに対して与えられ"
-"ることになります。新GPLがより厳æ 
¼ãªè¦ä»¶ã‚’課したとしても、そのプログラムは依然"
-"としてGPLバージョン2のもとで利用できますから、プログラãƒ
 ã®ç¾åœ¨ã®ãƒãƒ¼ã‚¸ãƒ§ãƒ³ã®åˆ©"
-"用が制限されることにはなりません。プログラム
が「GPLバージョン2かそれ以降のすべて"
-"」と述べていれば、GPLのより新しいバージョンが利用可能となった後でも、"
-"ユーザはGPLバージョン2の条項に従い常にそのプログラム
を利用したり、それを改変"
-"したりすることさえできるのです。"
+"あるプログラム
が「GPLのバージョン2かそれ以降のすべてのバージョン」が適用され"
+"ると述べており、GPLの新バージョンがリリースされたとしましょう。新しいGPLが追"
+"加
的な許可を与えるものであれば、その許可は即座にプログラãƒ
 ã®ã™ã¹ã¦ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã«"
+"対して与えられることになります。新GPLがより厳æ 
¼ãªè¦ä»¶ã‚’課したとしても、そのプ"
+"ログラム
は依然としてGPLバージョン2のもとで利用できますから、プログラãƒ
 ã®ç¾åœ¨"
+"のバージョンの利用が制限されることにはなりません。プログラãƒ
 ãŒã€ŒGPLバージョン"
+"2かそれ以降のすべて」と述べていれば、GPLのより新しいバージョンが利用可能と"
+"なった後でも、ユーザはGPLバージョン2の条項
に従い常にそのプログラムを利用した"
+"り、それを改変したりすることさえできるのです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4269,10 +4238,10 @@
 msgstr ""
 "GPLの新バージョンが指定するより厳æ 
¼ãªè¦ä»¶ã«æ—¢å­˜ã®ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ãŒå¾“う必要がない"
 "ならば、どのようにそれは有用なのでしょうか? 
いったんGPLバージョン3が利用可能"
-"になれば、ほとんどのGPLで保護されたプログラムの開発者
はかれらのプログラムのそれ"
-"以降のバージョンを「GPLのバージョン3かそれ以降のすべて」と指定してリリースするで"
-"しょうから、ユーザもその後にリリースされたプログラム
に関してはGPLバージョン3のよ"
-"り厳æ 
¼ãªè¦ä»¶ã«å¾“わなければならなくなるというわけです。"
+"になれば、ほとんどのGPLで保護されたプログラムの開発者
はかれらのプログラムのそ"
+"れ以降のバージョンを「GPLのバージョン3かそれ以降のすべて」と指定してリリース"
+"するでしょうから、ユーザもその後にリリースされたプログラãƒ
 ã«é–¢ã—てはGPLバー"
+"ジョン3のより厳æ 
¼ãªè¦ä»¶ã«å¾“わなければならなくなるというわけです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4288,16 +4257,16 @@
 "<b><a href=\"#TOCWhyNotGPLForManuals\" name=\"WhyNotGPLForManuals\">Why "
 "don't you use the GPL for manuals?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWhyNotGPLForManuals\" name=\"WhyNotGPLForManuals\">"
-"どうしてマニュアルにはGPLを使わないのですか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCWhyNotGPLForManuals\" 
name=\"WhyNotGPLForManuals\">どうして"
+"マニュアルにはGPLを使わないのですか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
 "It is possible to use the GPL for a manual, but the GNU Free Documentation "
 "License (GFDL) is much better for manuals."
 msgstr ""
-"マニュアルにGPLを適用することは可能ですが、マニュアル向けにはGNU自由文書"
-"ライセンス(GFDL)のほうがはるかに優れています。"
+"マニュアルにGPLを適用することは可能ですが、マニュアル向けにはGNU自由文書ライ"
+"センス(GFDL)のほうがはるかに優れています。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4308,11 +4277,11 @@
 "book along with each printed copy, or provide a written offer to send the "
 "&ldquo;source code&rdquo; later."
 msgstr ""
-"GPLはプログラムのために設計され、プログラム
にとって重要なたくさんの複雑な"
-"条項があります。これは、煩雑で本やマニュアルには必
要ないものでしょう。"
-"たとえば、(もしGPLを適用すると)紙の本を出版する誰もが、本の印刷されたコピー毎に、"
-"機械可読の「ソースコード」を含めるか、「ソースコード」を後日送る書面での申し出を"
-"提供しなければならないことになります。"
+"GPLはプログラムのために設計され、プログラム
にとって重要なたくさんの複雑な条項"
+"があります。これは、煩雑で本やマニュアルには必
要ないものでしょう。たとえば、"
+"(もしGPLを適用すると)紙の本を出版する誰もが、本の印刷されたコピー毎に、機械可"
+"読の「ソースコード」を含めるか、「ソースコード」を後日送る書面での申し出を提"
+"供しなければならないことになります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4322,11 +4291,10 @@
 "official standard.  This would permit modified versions, but they could not "
 "be labeled as &ldquo;the standard&rdquo;."
 msgstr ""
-"一方、GFDLは自由マニュアルの出版社がコピーの販売で利益を得ることを"
-"助ける条項
があります。たとえば、表紙です。エンドースメント・セクションの"
-"特別なルールがGFDLをå…
¬å¼ã®æ¨™æº–版のために使うことを可能としています。"
-"これは、改変されたバージョンを許しますが、改変されたバージョンを「標準版」"
-"と呼ぶことはできません。"
+"一方、GFDLは自由マニュアルの出版社がコピーの販売で利益を得ることを助ける条é
 …"
+"があります。たとえば、表紙です。エンドースメント・セクションの特別なルールが"
+"GFDLをå…
¬å¼ã®æ¨™æº–版のために使うことを可能としています。これは、改変されたバー"
+"ジョンを許しますが、改変されたバージョンを「標準版」と呼ぶことはできません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4335,10 +4303,10 @@
 "because people who change a program ought to change the documentation to "
 "correspond.  The freedom to do this is an ethical imperative."
 msgstr ""
-"GFDLを使い、わたしたちはマニュアルの技術的な内
容を扱った文面の変更を許可します。"
-"技術的な部分の変更ができることはじゅ
うようです。なぜなら、プ"
-"ログラムを改変する人々
はドキュメンテーションも対応して改変しなければならない"
-"からです。これが自由にできることは倫理的要請です。"
+"GFDLを使い、わたしたちはマニュアルの技術的な内
容を扱った文面の変更を許可しま"
+"す。技術的な部分の変更ができることはじゅ
うようです。なぜなら、プログラムを改"
+"変する人々
はドキュメンテーションも対応して改変しなければならないからです。こ"
+"れが自由にできることは倫理的要請です。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4347,18 +4315,18 @@
 "cannot be changed or removed.  The GFDL makes provisions for these &ldquo;"
 "invariant sections&rdquo;."
 msgstr ""
-"わたしたちのマニュアルにはわたしたちの自由ソフトウェアに関する政治的な見解"
-"を述べたセクションもあります。わたしたちは、それを「不変」とマークして、"
-"変更したり、削除できないようにします。GFDLは、これらの「不変セクション」を"
-"規定します。"
+"わたしたちのマニュアルにはわたしたちの自由ソフトウェアに関する政治的な見解を"
+"述べたセクションもあります。わたしたちは、それを「不変」とマークして、変更し"
+"たり、削除できないようにします。GFDLは、これらの「不変セクション」を規定しま"
+"す。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCFontException\" name=\"FontException\">How does the GPL "
 "apply to fonts?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCFontException\" name=\"FontException\">"
-"GPLはフォントにどのように適用できるでしょうか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCFontException\" 
name=\"FontException\">GPLはフォントにどのよ"
+"うに適用できるでしょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -4369,12 +4337,11 @@
 "and write to <a href=\"mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</"
 "a>."
 msgstr ""
-"フォントのライセンシングは複雑な問題で重視する必
要があります。"
-"以下のライセンス例外は実験的ですが、一般の利用に承認されています。"
-"これに関する提案を歓迎します。こちらの<a href="
-"\"http://www.fsf.org/blogs/licensing/20050425novalis\";>説明</a>を読み、"
-"<a href=\"mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden&gt;</"
-"a>に連絡ください。"
+"フォントのライセンシングは複雑な問題で重視する必
要があります。以下のライセン"
+"ス例外は実験的ですが、一般の利用に承認されています。これに関する提案を歓迎し"
+"ます。こちらの<a 
href=\"http://www.fsf.org/blogs/licensing/20050425novalis\";>"
+"説明</a>を読み、<a href=\"mailto:address@hidden";>&lt;address@hidden"
+"org&gt;</a>に連絡ください。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4382,10 +4349,9 @@
 "the package (to the extent possible), at the end of the text that says the "
 "file is distributed under the GNU GPL:"
 msgstr ""
-"この例外を使うには、"
-"パッケージに含まれるそれぞれのファイル(可能な範囲で)のライセンス表示で"
-"そのファイルがGNU GPLのもとでé…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹æ—¨ã‚’述べますが、"
-"その最後に以下の文面を加えてください:"
+"この例外を使うには、パッケージに含まれるそれぞれのファイル(可能な範囲で)のラ"
+"イセンス表示でそのファイルがGNU GPLのもとでé…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹æ—¨ã‚’述べますが、その最後"
+"に以下の文面を加えてください:"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4406,16 +4372,13 @@
 "Public License.  If you modify this font, you may extend this exception to "
 "your version of the font, but you are not obligated to do so. If you do not "
 "wish to do so, delete this exception statement from your version.  </tt>\n"
-"日本語訳:"
-"特別な例外として、このフォントを使って文書を作成し、このフォントまたは"
-"このフォントの変更されてない部分を文書にを埋め込んだ
とき、"
-"このフォントは、それ自身として、結果の文書を、GNU一般å
…¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹"
-"によって保護されるものとはしません。"
-"この例外は、しかしながら、GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã§æ–‡æ›¸ãŒä¿è­·ã•ã‚Œã‚‹ãã®ä»–の理由を"
-"無効とはしません。"
-"このフォントを改変したとき、あなたはこの例外をあなたのバージョンのフォントにも"
-"拡張できますが、その義務はありません。そうしたくないå
 ´åˆã¯ã€"
-"この例外の文をあなたのバージョンから削ってくだ
さい。"
+"日本語訳:特別な例外として、このフォントを使って文書を作成し、このフォントまた"
+"はこのフォントの変更されてない部分を文書にを埋め込んã
 ã¨ãã€ã“のフォントは、"
+"それ自身として、結果の文書を、GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã«ã‚ˆã£ã¦ä¿è­·ã•ã‚Œã‚‹ã‚‚のとは"
+"しません。この例外は、しかしながら、GNU一般å…
¬è¡†ãƒ©ã‚¤ã‚»ãƒ³ã‚¹ã§æ–‡æ›¸ãŒä¿è­·ã•ã‚Œã‚‹ã"
+"の他の理由を無効とはしません。このフォントを改変したとき、あなたはこの例外を"
+"あなたのバージョンのフォントにも拡張できますが、その義務はありません。そうし"
+"たくないå 
´åˆã¯ã€ã“の例外の文をあなたのバージョンから削ってくだ
さい。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
@@ -4425,11 +4388,11 @@
 "which generates web pages from templates.  What license should I use for "
 "those templates?</b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCWMS\" 
name=\"WMS\">わたしはウェブサイトの保守のシステム"
-"を書いています</a>(&ldquo;<a href=\"/philosophy/words-to-avoid.html"
-"\">コンテント管理システム
</a>&rdquo;と呼ばれます)が、ほかのアプリケーションが"
-"テンプレートからウェブ・ページを生成します。そのようなテンプレートに"
-"どのライセンスを使うべきでしょうか?</b>"
+"<b><a href=\"#TOCWMS\" 
name=\"WMS\">わたしはウェブサイトの保守のシステムを書"
+"いています</a>(&ldquo;<a 
href=\"/philosophy/words-to-avoid.html\">コンテント"
+"管理システム
</a>&rdquo;と呼ばれます)が、ほかのアプリケーションがテンプレート"
+"からウェブ・ページを生成します。そのようなテンプレートにどのライセンスを使う"
+"べきでしょうか?</b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4439,12 +4402,11 @@
 "the application and the combination is distributed.  So, we recommend that "
 "you license your templates under simple permissive terms."
 msgstr ""
-"テンプレートは、コピーレフトを使って保護するに値しない、たいしたことのないものでしょう。"
-"たいしたことのない著作物にコピーレフトを使うことは通常、害がありませんが、"
-"アプリケーションのユーザの提供したデータと組み合わさって"
-"組み合わせたものがé…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹ã®ã§ã€ãƒ†ãƒ³ãƒ—レートは特別なケースです。"
-"ですから、わたしたちは、テンプレートには簡潔な寛容の条é
 …のライセンスを用いることを"
-"推奨します。"
+"テンプレートは、コピーレフトを使って保護するに値しない、たいしたことのないも"
+"のでしょう。たいしたことのない著作物にコピーレフトを使うことは通常、害があり"
+"ませんが、アプリケーションのユーザの提供したデータと組み合わさって組み合わせ"
+"たものがé…
å¸ƒã•ã‚Œã‚‹ã®ã§ã€ãƒ†ãƒ³ãƒ—レートは特別なケースです。ですから、わたしたち"
+"は、テンプレートには簡潔な寛容の条項
のライセンスを用いることを推奨します。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4455,12 +4417,12 @@
 "between the Javascript (copylefted), and the user code (usually under "
 "incompatible terms)."
 msgstr ""
-"あるテンプレートは、Javascriptの関数を呼びます。Javascriptは"
-"しばしば、取るに足らないものではなく、コピーレフトとするに値します。"
-"テンプレートはユーザのデータと組み合わされますから、テンプレート+ユーザデータ+Javascript"
-"は著作権法のもとで一つの作品とみなされることがありえます。"
-"(コピーレフトとされる)Javascriptとユーザ・コード(通常、両立しない条件)の間に"
-"線引きがされる必要があります。"
+"あるテンプレートは、Javascriptの関数を呼びます。Javascriptはしばしば、取るに"
+"足らないものではなく、コピーレフトとするに値します。テンプレートはユーザの"
+"データと組み合わされますから、テンプレート+ユーザデータ+Javascriptは著作権法"
+"のもとで一つの作品とみなされることがありえます。(コピーレフトとされる)"
+"Javascriptとユーザ・コード(通常、両立しない条件)の間に線引きがされるå¿
…要があ"
+"ります。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p><a>
 msgid "<a href=\"/licenses/template-diagram.png\">"
@@ -4491,21 +4453,21 @@
 "to do so. If you do not wish to do so, delete this exception statement from "
 "your version."
 msgstr ""
-"GPLへの特別の例外として、このコードに単に関数呼び出しを行う(あるいはそのために"
-"参ç…
§ã¨ã—て含まれる)いかなるHTMLファイルも、著作権法の趣旨では別の作品と判断されます。"
-"加えて、このコードの著作権者は、このコードをGNU 
LGPLでリリースされた"
-"自由ソフトウェアライブラリと組み合わせる許可を与えます。もし、このコードを"
-"改変したå 
´åˆã€ã‚なたのバージョンのこのコードに、この例外を拡張することができますが、"
-"そうする義務はありません。そうしたくないå 
´åˆã€ã“の例外の文面をあなたのバージョンから"
-"削除してください。"
+"GPLへの特別の例外として、このコードに単に関数呼び出しを行う(あるいはそのため"
+"に参ç…
§ã¨ã—て含まれる)いかなるHTMLファイルも、著作権法の趣旨では別の作品と判断"
+"されます。加えて、このコードの著作権者
は、このコードをGNU LGPLでリリースされ"
+"た自由ソフトウェアライブラリと組み合わせる許可を与えます。もし、このコードを"
+"改変したå 
´åˆã€ã‚なたのバージョンのこのコードに、この例外を拡張することができ"
+"ますが、そうする義務はありません。そうしたくないå 
´åˆã€ã“の例外の文面をあなた"
+"のバージョンから削除してください。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCNonFreeTools\" name=\"NonFreeTools\">Can I release a "
 "program under the GPL which I developed using non-free tools?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCNonFreeTools\" name=\"NonFreeTools\">"
-"不自由なツールを用いて開発したプログラム
をGPLでリリースできるでしょうか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCNonFreeTools\" 
name=\"NonFreeTools\">不自由なツールを用いて"
+"開発したプログラム
をGPLでリリースできるでしょうか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -4513,9 +4475,9 @@
 "it, or record it, usually makes no difference for issues concerning the "
 "licensing of that source code."
 msgstr ""
-"ソースコードを編集する、コンパイルする、ç 
”究する、あるいは記録するのにあなたが"
-"使ったプログラム
は、ソースコードのライセンシングに関した問題に、通常、なんの違いも"
-"与えません。"
+"ソースコードを編集する、コンパイルする、ç 
”究する、あるいは記録するのにあなた"
+"が使ったプログラム
は、ソースコードのライセンシングに関した問題に、通常、なん"
+"の違いも与えません。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4527,18 +4489,18 @@
 "doing this."
 msgstr ""
 "しかしながら、不自由なライブラリをリンクするå 
´åˆã¯ã€å–り扱わなければならない"
-"問題となります。それは、ソースコードをGPLのもとでリリースすることを妨げませんが、"
-"もしライブラリが「システム
・ライブラリ」例外に適合しない場合、"
-"そのライブラリとあなたのプログラム
をリンクする許可を与える明示的な告知を"
-"添付するべきです。FSFはあなたにこれに関するアドバイスをすることができます。"
+"問題となります。それは、ソースコードをGPLのもとでリリースすることを妨げません"
+"が、もしライブラリが「システム
・ライブラリ」例外に適合しない場合、そのライブ"
+"ラリとあなたのプログラム
をリンクする許可を与える明示的な告知を添付するべきで"
+"す。FSFはあなたにこれに関するアドバイスをすることができます。"
 
 #. type: Content of: <dl><dt>
 msgid ""
 "<b><a href=\"#TOCGPLTranslations\" name=\"GPLTranslations\">Are there "
 "translations of the GPL into other languages?</a></b>"
 msgstr ""
-"<b><a href=\"#TOCGPLTranslations\" name=\"GPLTranslations\">"
-"GPLを他の言語に翻訳したものはありますか?</a></b>"
+"<b><a href=\"#TOCGPLTranslations\" 
name=\"GPLTranslations\">GPLを他の言語に翻"
+"訳したものはありますか?</a></b>"
 
 #. type: Content of: <dl><dd>
 msgid ""
@@ -4547,10 +4509,10 @@
 "have not dared to approve them as officially valid.  That carries a risk so "
 "great we do not dare accept it."
 msgstr ""
-"GPLを英語以外の言語に翻訳したものは有用ですし、実際に翻訳してわたしたちに送ってくã
 "
-"さる方々
もいます。しかしわたしたちは、そういった翻訳を正式に法的効力があるものと"
-"してはあえて承認しないことにしています。承認すると、とても容認できない非常に"
-"大きなリスクが持ち込まれてしまうのです。"
+"GPLを英語以外の言語に翻訳したものは有用ですし、実際に翻訳してわたしたちに送っ"
+"てくださる方々
もいます。しかしわたしたちは、そういった翻訳を正式に法的効力が"
+"あるものとしてはあえて承認しないことにしています。承認すると、とても容認でき"
+"ない非常に大きなリスクが持ち込まれてしまうのです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4560,9 +4522,9 @@
 "is a risk of introducing a bug."
 msgstr ""
 "法的文書はある意味プログラム
に似ています。法的文書の翻訳はプログラムをある言"
-"語やオペレーティングシステム
から他へ移植するようなものです。両方の言語に堪能な"
-"弁護士のみがそれをすることができます。しかも、そのような弁護士が行ったå
 ´åˆã§"
-"さえ、バグを持ち込んでしまうリスクは存在するのです。"
+"語やオペレーティングシステム
から他へ移植するようなものです。両方の言語に堪能"
+"な弁護士のみがそれをすることができます。しかも、そのような弁護士が行ったå
 ´åˆ"
+"でさえ、バグを持ち込んでしまうリスクは存在するのです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4572,10 +4534,10 @@
 "an error in the translation, the results could be a disaster which we could "
 "not fix."
 msgstr ""
-"わたしたちがあるGPLの翻訳を正式に承認したå 
´åˆã€ã‚ãŸã—たちはすべての人に対して、かれらが"
-"することができるとその翻訳が述べていることすべてをする許可を与えたことになり"
-"ます。もしそれが完å…
¨ã«æ­£ç¢ºãªç¿»è¨³ãªã‚‰ã°ã€ä½•ã‚‚問題ありませんが、もし誤訳があっ"
-"たå 
´åˆã€çµæžœã¯ã‚ãŸã—たちが修復不可能な災厄となりうるのです。"
+"わたしたちがあるGPLの翻訳を正式に承認したå 
´åˆã€ã‚ãŸã—たちはすべての人に対し"
+"て、かれらがすることができるとその翻訳が述べていることすべてをする許可を与え"
+"たことになります。もしそれが完å…
¨ã«æ­£ç¢ºãªç¿»è¨³ãªã‚‰ã°ã€ä½•ã‚‚問題ありませんが、も"
+"し誤訳があったå 
´åˆã€çµæžœã¯ã‚ãŸã—たちが修復不可能な災厄となりうるのです。"
 
 #. type: Content of: <dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -4584,11 +4546,11 @@
 "permission to act according to a particular translation, we have no way of "
 "taking back that permission if we find, later on, that it had a bug."
 msgstr ""
-"プログラムにバグがあるå 
´åˆã€ã‚ãŸã—たちは新しいバージョンをリリースできますし、そうす"
-"れば古いバージョンは遅
かれ早かれやがては消えることになるでしょう。しかしわたした"
-"ちがすべての人に対し、ある特定の翻訳に従って行動することを許可したならば、そ"
-"の後バグがあったことに気づいてもわたしたちはその許可を取り消すことができないので"
-"す。"
+"プログラムにバグがあるå 
´åˆã€ã‚ãŸã—たちは新しいバージョンをリリースできます"
+"し、そうすれば古いバージョンは遅
かれ早かれやがては消えることになるでしょう。"
+"しかしわたしたちがすべての人に対し、ある特定の翻訳に従って行動することを許可"
+"したならば、その後バグがあったことに気づいてもわたしたちはその許可を取り消す"
+"こと